ホームリップルリップルの相場にどう響いてくる?カストディサービスでのリップル取り扱いで機関投資家が動くか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちあき

リップルの相場にどう響いてくる?カストディサービスでのリップル取り扱いで機関投資家が動くか

リップル,相場

カストディーサービス開始では、リップルの相場に大きな影響はなかったようです。しかし、カストディーサービスを提供することで機関投資家が動きやすい状況は作られました。今後、仮想通貨市場の基盤は大きく整い始めたといえるでしょう。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ビットコインが不安定になっていると同時にリップルの相場は不安定になっており、色々な面で苦しんでいます。
しかしリップルにも、カストディサービスでのリップル取り扱いで機関投資家が動くかという面で注目が集まっています。

この記事では今後のカストディーサービスで相場はどう動くのか?影響はどの程度かを記事にまとめました。

ちあきちあき

仮想通貨の難しい取り扱いを考えなくてもいいカストディサービスっていいですよね!
リップルへの影響も気になるところ!

カストディサービスでリップルの相場の変動は?

リップル,相場

10月23日、コインベースの機関向けのカストディサービスに、リップルが新たに加わったことが発表されました。

では、そもそもカストディとは何なのか、機関投資家がなぜ動く可能性があるのでしょうか。

また、カストディーサービスでリップル相場に変動はあったのでしょうか?

そもそもカストディーサービスとは?

カストディーサービスは一言で言ってしまえば「保管及び管理」サービスのことを言います。

仮想通貨を取り扱ったことがある方ならば分かるかと思いますが、仮想通貨の保管には手間がかかります。また、高額になればなるほどその管理には神経を使うことになりますよね。

このカストディサービスはそれら煩雑になりがちな管理を代わりに行ってくれるサービスです。

今回のカストディサービスは、機関投資家が敬遠していた利益にたどり着くまでの対費用効果の低さを解消したといえます。

ちあきちあき

カストディサービスは今後期待されている業種のひとつだよね!私もカストディサービスについてたくさん調べて知識をつけていきたい!

カストディ業務に必要なビットライセンスとは?

ところで、ビットライセンスという言葉をご存知でしょうか?
実は米国NYには「Bit License(ビットライセンス)」と呼ばれる仮想通貨事業者に対する法律があります。

ニューヨーク州だけで発布している法律なので、日本でいうところの条例のようなものですね。

このビットライセンスは規制要件に適合し、マイニング事業を除く仮想通貨関連事業をしている業者に対してニューヨーク州金融サービス局(NYSDFS)より施行されました。

ただこのニューヨーク州金融サービス局の設定する規制要件は非常に厳しく、ニューヨーク内でもたった5社しかそのライセンスを獲得している企業はいませんでした。

ちなみにリップルの子会社XRP IIはこのライセンスを取得しています。その経緯にニューヨーク州金融サービス局の元局長ベン・ロースキー氏がビットライセンスを設計した人物であることは波紋を呼んでいました。

ライセンス取得までの道のりが中小企業では厳しいことから、仮想通貨市場の急激なイノベーションを停滞させる目的が強かったと考えられます。

しかし、企業にとっては狭き門のビットライセンスですが、投資家からすれば大きなメリットがあります。

まず中小企業では匙を投げてしまうような厳しい審査を通過できる経営母体のしっかりしている会社で仮想通貨取引をすることができる点です。

仮想通貨関連は法整備が整っていないこともあり、詐欺商品や草コインと言われる根拠のない仮想通貨コインが蔓延しています。金融商品関連の法案も次々に可決されていますが、まだまだ治安が悪い状態です。

治安が悪いという事は相場にも悪影響をもたらすので注意が必要です。

ユーザーの信条として「せっかくお金を投資するのだから安全なところで取引したい」という気持ちは強いといえるでしょう。そんな中、身元のはっきりしたビットライセンス認可の取引所があったらそちらを選びたくなるのは人情というものです。

ただ、このビットライセンス認可の条項に「顧客情報をニューヨーク州に提出する」といったものがあるため、仮想通貨の醍醐味の一つである匿名性が失われるのは気になるところです。

ちあきちあき

ビットライセンス法は認可が難しいっていわれているようですね。
でも、厳しい審査を通過した業者の信頼感は高いですよね。

ビットライセンスの付与先の増加

リップル,相場

当初は5社しかビットライセンスを取得していない状況が続いていたビットライセンスですが、現在では2社加わり計7社になりました。

特に直近で申請したジェネシス・グローバル・トレーディング社の承認は批判の多いビットライセンスの正常化を助ける一歩として見られています。

これは、すでにニューヨークを離れてしまった仮想通貨業者に対する呼び水ともなっています。

また、ニューヨーク州議会ではビットライセンスの規制緩和に関する法案を提出しています。この法案が可決されることでニューヨークの仮想通貨市場は加速度的に盛り返しを見せるのではないかと考えられています。

ちあきちあき

ニューヨークは魅力的な市場だけど法規制がきつかったっていう感じなのかな。
参入する業者が多くなればもっと魅力的になりそうですよね!

リップル相場は落ち着いた動き

コインベースのカストディサービスでのリップルの取り扱いで、大きく機関投資家が動くという予想もありました。

では、具体的にリップルがカストディに追加された2018年10月24日の値動きを見ていきます。

23日の終値が51.4円で、24日が50.7円、25日が51円、26日が50.6円、27日が49.9円で取引を終えています。

23日の高値が53円まで伸びたもののその後は、49円~51円の間を落ち着いた動きで推移していました。

大きな値動きがなかったということは、機関投資家にとってはリップルに対する周知理解関心がいまだ低い状態であることも起因しているのではないかと考えられます。

コインベースは100億ドルに相当する資金の取り込みを目指すと公表しています。

積極的に行動を起こしていくと考えられるため、今後の相場の成長にも期待ができそうです。

ただ、大きなニュースにも関わらずビットコインの時のような大きな波は起こらなかったことは確かです。

今の段階ではカストディサービス導入のような大きなニュースでも、投資家たちは慎重な見方をしているようです。

ちあきちあき

全体的には暴落もしていないけど、上がった感じがない。
これからどうなるのかはちょっと様子見している人が多いのかも。

今後の機関投資家たちの動き

リップル,相場

今回のカストディーサービス開始によって、機関投資家が参入しやすい状況が整いつつあります。

機関投資家にとっては仮想通貨市場全体が下落傾向にあるため、今後機関投資家はこの機会に買いに走る可能性が高いでしょう。

仮想通貨全体の取引高は年々増加しています。ビットコインだけでも6割以上上昇したというデータもあります。

機関投資家が本格的に参入するには何かしらの材料が必要になってくるため、今のところは機関投資家による大幅な値上がりはしないと予想されます。

ちあきちあき

仮想通貨全体でいえば成長しているのは間違いない!
これからどう成長するのか期待が集まっているのですね!

今後のリップルの相場はどう変動するのか

リップル,相場

では、今回のカストディーサービスでのリップル追加で今後のリップルの相場はどう動いてくるのか予想してみましょう。

まず、49円~51円台と落ち着いた動きを見せているリップル相場ですが、流れとしてはやや下落傾向にあります。

ただ、下落傾向が続くということは考えられず、一定の段階で機関投資家が買いに走るという可能性は強いと考えられます。

しかし、現段階でも機関投資家が買い増しをしているという報告もあることからリップル相場が大きく下がるということはないでしょう。

そして、何かポジティブなニュースが新たに出てきたときに機関投資家が持つビックマネーで一気に価格がつり上がるのではないかと考えられます。

結論としては、カストディサービスリップル追加によって、リップル相場は下がりにくく高騰する可能性が高まったと考えられます。

ちあきちあき

最初は始まったらバーンと上がるのかな~って思ってたけど、そんなに上がらなかった。
相場は簡単じゃないですね!

カストディサービスは今後仮想通貨業界にどのような影響を与えるのか

カストディサービスにより、今後仮想通貨業界にどのような影響が与えるかはっきりと明言できることは、機関投資家が仮想通貨市場に参入するというところでしょう。それにより、これまで動いてこなかったビッグマネーが仮想通貨市場に流入することになります。

今後は相場を上手く見ることのできる投資家が生き残ってくるのかな?と私は思います。

ちあきちあき

カストディサービスをやってくれれば管理の手間はいらなくなりますよね!
日本でもやってほしい!!!

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちあき
どうも!今回このサイトで記事を書かせていただくことになったちあきです!普段はITデザインをやってます!目標は仮想通貨で頑張って稼いでニートになること!(´∀`)
ちあきの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」