ホーム最新ニュース【マウントゴックス事件に続報】東京地裁はマウントゴックス元CEOマーク・カプレス氏に懲役10年を求刑!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.21 最終更新
さおりん

【マウントゴックス事件に続報】東京地裁はマウントゴックス元CEOマーク・カプレス氏に懲役10年を求刑!

マウントゴックス,仮想通貨,マーク・カプレス

当時(2014年)世界最大となるビットコイン流出事件となったマウントゴックス事件。ハッキングによって流出したビットコインやマウントゴックス社に残った資金などの行方は未だ明らかになっていません。業務上横領などの罪に問われていたマウントゴックス社の元CEOマーク・カプレスは、東京地裁から懲役10年を求刑されました。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

マウントゴックス元CEOマーク・カプレスに懲役10年を求刑

マウントゴックス,仮想通貨,マーク・カプレス
AFP PHOTO / Quentin TYBERGHIEN (Photo credit should read QUENTIN TYBERGHIEN/AFP/Getty Images)

(引用:Fortune)

2018年12月12日、東京地方裁判所の検察官は、仮想通貨交換業者であったマウントゴックス社 元CEO(最高責任者)であるマーク・カプレス(Mark・Karpeles )に対して顧客資金横領などの罪で懲役10年の刑を求刑しました。

東京地裁は、マーク・カプレスがマウントゴックスに集まった顧客資金を他の会社に意図的に移したことやビットコインへの社会的信頼を損なわせた責任を重く見ているようです。

2014年2月、当時のレートで480億円相当のビットコインと現金28億円をハッキングによって流出したといわれているものが、マウントゴックス事件です。ハッキング事件の騒動で信用を失ったマウントゴックス社は破産申請を行い、その後民事再生法の下で再起を図っていました。

さおりんさおりん

2014年に起こったマウントゴックス事件の求刑におよそ5年もかかったわね。ただ、この後もマーク・カプレスは検察の求刑を不服として控訴するから、もう少し決着までは時間がかかりそうね。

マーク・カプレスは2013年の9月から12月の間に、ビットコイン流出後マウントゴックス社に残った3億4000万円も流出したように見せかけて別会社に送金したものとみられています。(マウントゴックス事件の発覚は2月であるが、実際の流出はそれ以前に起こっています。)

マーク・カプレスは「送金ではなく融資!」と主張

マウントゴックス,仮想通貨,マーク・カプレス

2018年10月に行われた判決では、マーク・カプレスは別会社への送金は、一時的な融資であったと検察側が主張した横領の罪を否認していました。

「会社からの貸付金として会計処理した後で、精算するつもりだった」(マーク・カプレス)

(引用:日本経済新聞「ビットコイン交換会社社長に懲役10年求刑 消失巡り」)

しかし、検察側はマーク・カプレスの主張を裏付ける証拠が提示されなかったことから、別会社への貸し付けや返済の意思はなく不正送金を行ったとしてマーク・カプレスの主張を退けています。

融資とは言い難い不正な資金使用の実績、アメリカでも訴訟に

マウントゴックス,仮想通貨,マーク・カプレス

マーク・カプレスは、流出事件後も600万円を高級ベットの購入に当てたり、女性に対して多額の資金をつぎ込むなど、プライベートな事情に不正送金の資金を利用していたようです。

また、マーク・カプレスは、アメリカでもハッキングされたビットコインの交換を求めて顧客から訴訟にあっています。

マーク・カプレスの弁護士はアメリカの訴訟に対して、捜査権を有していないことを理由にこの訴訟は却下されるべきだと主張しています。

さおりんさおりん

破産法を申請しながら、ビットコインの値上がりを受けて民事再生法に切り替えるなど、顧客に返還するべきビットコインや現金をマーク・カプレスはまだまだ隠している可能性があるわね。訴訟を起こしたくなる気持ちもよく分かるわ。

金融庁の仮想通貨への取り締まりはさらに強化

マウントゴックス,仮想通貨,マーク・カプレス

今回のマーク・カプレスへの10年の懲役求刑は金融庁にとって大きな宣伝効果があったようです。仮想通貨による多額の不正送金や脱税を行うことを計画していたものは背筋を凍らせたのではないでしょうか。

金融庁は、仮想通貨売買で出た利益に対する法人税・所得税の取り締まりを強化しています。また、投資家だけでなく仮想通貨交換業者にもより厳格な規制を行っていくことを公表しています。

マーク・カプレスが法人税・所得税の脱税で逮捕されたわけではありませんが、仮想通貨での取り締まりが厳格に行われているという事が今回の判決でよく理解できました。

日本だけでなく世界中で仮想通貨への取り締まりは強化されています。

デンマークの税務機関Skatestyrelsen(SKAT)は、他国でビットコイン取引を行って脱税を図った2,700人に追徴課税を行うことを示唆しています。また、イギリスではマネーロンダリングに遭う可能性がある仮想通貨取引所への監視・規制を強めています。

さおりんさおりん

「仮想通貨=怪しい」というイメージを払しょくする上でも、仮想通貨で不正なことを行った人をしっかりと取り締まってほしいわ。

仮想通貨に関する犯罪が減ることが望まれます。

最終更新日:2018年12月21日

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事