ホーム最新ニュース2019年2月に迫るビットコインETFの承認可否!アルトコインにも影響あり?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.28 最終更新
えりな

2019年2月に迫るビットコインETFの承認可否!アルトコインにも影響あり?

ビットコインETF,アルトコイン

ビットコインETFは12月に承認可否が決まると思われていましたが、2019年2月まで延期になっています。ジャッジの日が来る前に、ビットコインETFのおさらいをしておきましょう。そして、アルトコインにもたらす影響も考察しています。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
えりなえりな

皆さんこんにちは、えりなです!残すところ今年もあと3日となりました。私ちょっと風邪気味かも..。

このまま風邪で寝正月になるのはまっぴらごめん!皆さんもご自愛ください。それでは今回のトピックに行ってみましょう!

何度も申請しては承認が却下されて…。承認がまだかまだかと待たれているビットコインETF。

12月中に承認の可否が決まると思われていましたが2月まで延期になっています。2月の承認書に向けて、ビットコインETFを改めておさらいしましょう。

それにプラスして、ビットコインETFが承認されるとアルトコインにどのような影響をもたらすのかも考察してみました。

そのため今回の記事は、アルトコインの投資家にも注目してもらいたい内容になっています。

改めておさらい!ビットコインETFは上場投資信託のこと

ビットコインETF,アルトコイン

ビットコインETFは、上場投資信託のことです。投資対象となるのは、もちろんビットコインとなっています。

現在の日本では、ビットコインなどの仮想通貨取引をするにあたって、金融庁から許可を受けた仮想通貨取引所を利用する決まりになっています。

ところが、ビットコインETFが承認されると証券会社でもビットコイン取引ができるようになるのです。

これってやばいぐらいの革命じゃないですか?ビットコインETF承認が実現されれば、ビットコイン以外のアルトコインにも大きな影響を与えると考えられており、注目を集めているのです。

価格上昇、信頼性、etc。ビットコインETF承認がもたらしてくれるメリットはたくさんある

ビットコインETF,アルトコイン

ビットコインETFが承認されれば、証券会社でもビットコイン取引ができるメリットが生まれるわけですが、他にもたくさんのメリットが生まれます。

期待されているのは、次にあげるようなメリットです。

メリット①機関投資家の参入で価格上昇の期待

仮想通貨は影も形もないものなので、胡散臭さが漂っている印象は否めません。

仮想通貨に興味がありながらも参入していない人たちは、これを理由にしているケースも多いことでしょう。

ビットコインETFが承認されればビットコインが金融商品になるわけですから、価値を見出す人は増えると思われます。

その結果、期待できるのは保険会社や金融機関の機関投資家の参入です。

普段、機関投資家は多額の資金を用いて資産運用しています。その資金の一部がビットコインに流通すれば、ビットコイン相場が賑わうことは間違いなし!

えりなえりな

その結果、ビットコイン価格が上昇するというわけです。

ビットコインETF承認と共にアルトコインの上昇も期待

ビットコインの上昇に引っ張られて、アルトコインも上昇する期待が持たれています(ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます)。

そうなれば、仮想通貨資料全体の取引量が増えるため、価格が安定する可能性があるのです。

仮想通貨価格は乱高下しやすいので、価格が安定してくれれば、取引しやすくなります。

メリット②証券取引所譲りのセキュリティが得られる

仮想通貨取引で一番注意したいのは、ハッキング事件です。記憶に新しいところでは、2018年を迎えて早々に起こったコインチェック事件が挙げられます。

世界最大規模のハッキング事件として取り上げられ、世界でも話題になった事件です。

仮想通貨業界では、コインチェック以外にもハッキング事件が多数発生しており、仮想通貨の信頼性を失う原因になっていました。

ビットコインETF承認でハッキングリスクが減る期待

ビットコインETF承認されれば、ハッキングリスクを減らせるかもしれません。その理由は、証券取引所のセキュリティにあります。

証券取引所は経済の流れを円滑にする役割を担っているため、安全で公平なセキュリティシステムを構築しているのです。

ビットコインが証券取引所で取引できるようになれば、そのセキュリティシステムを利用できるようになります。

仮想通貨のセキュリティ面での懸念が払拭されれば、新規投資家の参入が増えて、仮想通貨の流通量も増えることでしょう。

メリット③税金が20%に一律される

ビットコインで得た利益は課税の対象となり、確定申告が必要です。

2018年現在の日本では、ビットコイン取引で得た収入は雑所得となっており、収入が増えれば増えるほど払う税金が増える仕組みです。

収入から持っていかれる税金は、最大45%!結構な金額ですよね。

えりなえりな

一生懸命相場の勉強をして稼いでも、こんなに税金が持っていかれるんだったら、素直に喜べないかも…。

ただし、少しの利益であれば、5~10%程度なのでそれほど気にすることでもありません。

株やFXは雑所得なのに20%一律

株やFXで得た収入は、仮想通貨と同じく雑所得になりますが、納める税金は20%で一律されています。

投資という面では仮想通貨と同じなのに、課税のパーセンテージは全く違う扱いなのです。

ビットコインETFが承認されれば、ビットコインは上場投資信託になるため、課税が20%に統一される可能性があります。

もしそうなれば、支払う税金額を気にすることなくガンガン取引できますね。

私が仮想通貨で稼いで、一刻も早く職場を辞めて悠々自適な仕事ができるためにも実現してほしい事柄です。

メリットがたくさんあるのに…ビットコインETFが承認されないのはどうしてなの?

ビットコインETF,アルトコイン

ビットコインETF承認に向けた申請は、これまで何度も行われていますが、一度も承認に至っていません。

ビットコインETFが承認されれば、前述したようなメリットがたくさん得られるのに、どうして承認されないのでしょうか?

ビットコインETFが承認されない理由は「価格操作」「インサイダー」にあり

ビットコイン相場は、株やFXに比べると価格変動が激しいです。ビットコインETFがなかなか承認されない理由は、ここにあります。

仮想通貨の価格変動が激しい裏には、価格操作などのインサイダーが絡んでいる疑いがあるのです。

仮想通貨は誕生して歴史が浅い業界なので、インサイダーを取り締まる制度がはっきりと確立されていません。

えりなえりな

このあたりが問題視されているため、ビットコインETFの承認に至っていないのです。

2019年2月に注目!ビットコインETF承認か?

ビットコインETF,アルトコイン

ビットコインETFの承認は今まで何回も申請を出しており、その度に、審議と却下を繰り返しています。

直近で言うと、2018年11月に承認審査が行われて、可否の判断が2018年12月に予定されていました。

しかし、その判断は2019年2月に延期されています。ビットコインETFの今後の動向に注目です!

ビットコインETFの承認についてはこちらも!

ビットコインETFが承認されるとアルトコインが衰退するかも?

ビットコインETF,アルトコイン

ビットコインETFが承認されてビットコイン価格が上がれば、それに引っ張られるようにアルトコインの価格が上昇する可能性があります。

しかし、アルトコインが衰退する可能性も懸念されているのです。

ビットコインだけに取引が集中する可能性してアルトコインが衰退か?

ビットコインとアルトコインの価格がある程度連動しているのは、取引量のバランスが保たれているからです。

ビットコインETF承認されれば、投資家たちはこぞってビットコインを取引するでしょう。

そうすると、アルトコインの愛好家もビットコイン取引に集中する可能性があり、アルトコイン置いてけぼりになるかもしれません。

アルトコイン愛好家は、この辺りも念頭におきながらビットコインETFの動向に注目してください。

リップル?イーサリアム?アルトコインがビットコインETFに追加されるかも

ビットコインETF,アルトコイン

ビットコインETFが承認されて、金融商品として当たり前な存在になれば、アルトコインもETFに追加される可能性が出てきます。

ビットコインETFに追加されやすいアルトコインは、機関投資家が投資しやすい仮想通貨が選ばれる見込みです。

となると、時価総額2位のリップルと時価総額3位のイーサリアムだと考えられています。

ビットコインETF追加のアルトコイン:リップル

リップルは、長らく時価総額3位につけていた仮想通貨ですが、2018年末に時価総額2位にランクアップしました。

リップルは、ビルゲイツ財団やアメリカ連邦準備制度理事会、などから注目されている国際送金プラットフォームを持っています。

そのプラットフォームの活躍に期待が集まっているため、ビットコインETFに追加される可能性が高いのです。

ビットコインETFの追加のアルトコイン:イーサリアム

リップルに時価総額を抜かれて3位にランクダウンしたイーサリアムですが、現在もその人気は健在です。

イーサリアムは、スマートコントラクトという新しい契約取引の概念を生み出しており、現在も多くの仮想通貨を動かすシステムとして利用されています。

今後は、ソリューションやCasper、Shardingなどの技術を取り入れて、飛躍的な躍進が期待されている仮想通貨です。

【まとめ】ビットコインETFの承認可否に注目!アルトコインにもたらす影響からも目が離せない

えりなえりな

いかがでしたでしょうか?今回はビットコインETFの承認に焦点を当ててみました。

ビットコインETFが2月に承認されたとすると、ビットコイン相場に何かしらの影響を与えるのは間違いありません。

アルトコインにすぐ影響が出るかはわかりませんが、長い目で見ればビットコインETFは無関係ではないはずです。

つまり、ビットコインETFの動向は、仮想通貨投資家は全員が注目しておいた方が良いということ!

仮想通貨のニュースサイトやTwitter、仮想通貨関係者の要人発言などにアンテナを張っておきましょう。

まだ仮想通貨投資をしていない人たちは、この投資チャンスを逃さないために、口座を開設しておいた方が良いかもしれません。

仮想通貨取引所の口座開設は、面倒な手続きがかかると思われがちですが、実は簡単です。

インターネット上の手続きで申し込みは完結します。ただ、本人確認の手続きで多少時間を食うかもしれません。

2019年から副業や投資を始めたいと思っている人達は、今のうちに口座を作っておきましょう!

口座開設のやり方はこちらから!

最終更新日:2018年12月28日

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事