ホーム市況【仮想通貨テクニカル観測】12月29日(土):リップル、ビットコインなど急騰!27日が変化日となった可能性高まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.01.04 最終更新
仮想通貨 ねこ

【仮想通貨テクニカル観測】12月29日(土):リップル、ビットコインなど急騰!27日が変化日となった可能性高まる

今週の仮想通貨相場は、目まぐるしい展開を見せていますが、24日のクリスマスイブ高値から急落、4日間の日柄調整から29日の日本時間0時から急騰しています。このお正月休みからのタイミングで何が起ころうとしているのでしょうか?

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

今週の仮想通貨相場は、久々の強烈な反発からクリスマスイブの24日に戻り高値をつけるものの、世界同時株安の影響を受ける形で急落します。このまま下落してしまいそうな勢いもありましたが、日本時間の29日0時からは急騰を開始しています。

29日の0時からのタイミングというのが何を意識しているのか分かりませんが、昨日もレポートしていますが、昨年の仮想通貨大暴騰相場の際にも、29日から暴騰開始しているというのは偶然でしょうか?

株式相場は12月28日が大納会で、1月3日が大発会となります。今年の特徴から言うと、リスクオフという言葉がこの期間には全く影響を及ぼさないということになります。新たな売りとして考えられるのは、仮想通貨取引所のFXショートくらいということになるでしょう。

マイナーの売りが残っている可能性もありますが、この期間はマイナー自体がお休みの可能性がありますし、ましては、参加者が少ないこの時期にわざわざ売却しようとは考えないでしょうね!

逆に言うと、来年に持ち越したくないという仮想通貨については今回の強烈な反発相場の中で売られている可能性は非常に高いと思われるのですが、どうでしょうか?

こうやって考えると、29日の0時から急騰した理由が分かるような気もするのですが。。

 

まずは、リスクオフの元凶ともいえるNY株式市場から振り返ってみましょう

 

 

チャートは、NYダウの月足の一目均衡表です。

もう、どんだけ上がってんのよ!という感じですが、これはオバマ政権時代のリーマンショック対策として取られた、異次元の金融緩和策による世界的な低金利時代、それによる金余り状態から発生した株高だといわれています。

日本もアベノミクスによる同じく異次元の金融緩和から株高に成功していますよね!

ところが、上のチャートを見てみるといかに危ない状況に差し掛かっているか、というのが見て取れます。現在、月足ベースでは基準線がサポートラインとなって反発しているところですが、基準線を月の終わりに下抜けるようなことになると大変なことになりそうですね!

 

リップルは週足の基準線突破がカギになりそう!

チャートは、リップルの週足の一目均衡表です。

まず、注目していただきたいのは、8月12日の週の年初来安値の27円台から、12月9日の週の安値31円台までがちょうど17週間となっており、お馴染みとなった一目均衡表の基本数値にぴたりと一致しています。つまり、ここが目先の安値となると考えた投資家の買いが20円近い反発相場を構成したと考えられます。

さらに注目したいのは赤い線の基準線です。まず、9月16日の週の大暴騰相場の高値75円も基準線に抑えられており、今回の反発相場の50円も基準線が強力なレジスタンスラインとなっているのが見て取れます。つまり、ここを抜けきらないことから急反落したと考えると納得がいきますよね!

もう一つ注目したいのは緑色の遅行線です。遅行線も実線とぶつかるのは50円前後となりますので、今回の反発相場では50円というのが相当なレジスタンスラインであったことが分かります。

昨日から強烈な反発を見せるリップルですが、50円前後のところには相当強いレジスタンスラインが待ち受けていることにも注意が必要ですし、ということは、50円の少し上のところには大量のストップロスが設定されていることも容易に想像できますね。

ちゃーとは、リップルの日足の一目均衡表です。

注目したいのは、本日の急騰相場ですが、赤い線の基準線を抜いてきており、非常に強い形での上昇となっています。また、昨日のレポートで指摘しましたが、25日移動平均線に奇麗にサポートされてからの急騰ですから、これも非常に強い形といえそうです。

また、27日は変化日となった可能性が高く、36円台は当面の安値となる可能性も頭に入れておきたいところですね。さらに、これも昨日指摘しているように、遅行線から判断すると上か下かのいずれかに大きく動く可能性を感じさせます。

 

お正月休みは上昇しやすい?

以前、仮想通貨のアノマリーということで12月相場は高い可能性についてレポートしたことがありますが、リップルの12月のスタート価格は40.850円、ビットコインは45万1,335円とリップルは現時点で上回ってきていますし、ビットコインも射程圏内に入ってきています。

昨日からの急騰が続くようだと、12月のアノマリーは今年も生きていたということになりますが、どうでしょうか?

さらに、仮想通貨の傾向として土日は上昇しやすいという強い傾向もありますし、ここからさらに急騰する場面があっても不思議ではないという感じですね!

ただし、リップルが上昇した場合には、50円台では参加者は少ないながらも激しい攻防が繰り広げられるかもしれません。

 

最終更新日:2019年01月04日

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」