ホーム税金今すぐできる仮想通貨の節税対策!数がありすぎる節税方法からオススメの一つをご紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はる

今すぐできる仮想通貨の節税対策!数がありすぎる節税方法からオススメの一つをご紹介!

仮想通貨,節税

仮想通貨取引を行っている人が、所得に応じて納めなければならない税金の仕組みをご存知ですか?今回はそんな仮想通貨の節税方法、税金対策について、できるだけわかりやすくご紹介します。

記事上「BitPointキャッシュバックキャンペーン」

目次

はるはる

こんにちわ『はる』です。仮想通貨取引で得た利益にかかる税金ってバカになりませんよね?今回はそんな仮想通貨の税金対策、節税に関する知識をご紹介します!!



脱税せずに節税対策!仮想通貨で得た利益を上手に節税する方法

仮想通貨,節税

2009年に誕生してから徐々にその知名度を上げ、今では社会的な価値を持つ機能まである仮想通貨も出てきましたよね。

そんな仮想通貨の取引所は、近年国内だけでも非常に多くのものが存在し、仮想通貨取引によって大きな利益を得た人も珍しくありません。

しかし、仮想通貨で得た利益は株式やFX投資とは別の形態で税金がかかる事をご存知ですか?

この仮想通貨にかかる税金の仕組みを最低限把握していないと、いくら利益を上げても脱税として罰せられたり、最悪の場合には莫大な税金を納める事ができず破産してしまったりするケースもあるのです。

はるはる

一般的に会社勤め(給与所得者)の方は会社が年末調整をしてくれるので、自分で確定申告をするケースは少ないですよね!!



しかし、こうした給与所得者でも、副業で仮想通貨によって得た利益がある一定以上の金額に達すると税金が発生するので、別途確定申告が必要になってきます。

今回はそんな仮想通貨で得た利益に発生する税金の仕組みや種類、節税に対する正しい知識、税金が発生するタイミングなどを詳しく解説していきます。

まずは仮想通貨の『節税』に関する正しい知識をもつ

仮想通貨,節税

仮想通貨取引を行っている人は、まず税金をできるだけ安くすむようにする節税」や「税金対策」に関する正しい知識を持つ事が大切です。

2017年末、仮想通貨相場は全体的に大暴騰し、莫大な利益を手にした「億り人」も多数いたようですね。

この時期は、後に「仮想通貨バブル」と呼ばれるようになりましたが、逆に仮想通貨取引によって莫大な利益を出した人は多額の税金を納めなければならず心配になった人も居るようです。

そして徐々に仮想通貨の税金は国税庁によって明確化され、もし利益を得た者が税金を納めなければ「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」という、刑事罰が課せられるようになりました。

はるはる

そのため、仮想通貨の利益にかかってくる税金、節税の正しい知識を持つ事が重要になってくるわけですね!!



節税は怖くない!仮想通貨の税金分類と税率、おすすめの計算方法をご紹介

仮想通貨,節税

仮想通貨で得た利益は税金を納めなければならない事はご紹介しましたが、納める税金の金額は人によって異なってきます

ここでは、「節税や税金対策」の知識をつける前に、仮想通貨の節税につながる税金や税率、計算方法などをできるだけわかりやすくご紹介します。

仮想通貨の利益は『雑所得』

仮想通貨の利益は、数ある税金の中でも「雑所得」に分類されており、「5%~45%」の税金がかかる上に、所得税に加えて住民税もかかってきます。

はるはる

つまり、全部の税金を合わせると「最大55%」の税金がかかる事になるわけです!!



下記が仮想通貨で得た利益にかかる所得税率と控除額の一覧表になります。

仮想通貨利益所得税率控除される金額
195万円以下5%0円
195万円~330万円まで10%97,500円
330万円~695万円まで20%427,500円
695万円~900万円まで23%636,000円
900万円~1,800万円まで33%1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円以上45%4,796,000円



上記の税率表を見ると分かる通り、仮想通貨で得た利益にかかる雑所得の税率は「所得により変動する」事から「累進課税」とも呼ばれています。

よくネット上で「仮想通貨の利益にかかる税金は最大55%もかかる」という言葉を見かけますが、この55%はあくまで最大税率であり、莫大な利益を上げている一部の投資家だけです。

はるはる

例えば、仮想通貨の利益が4,000万円以上ある人は、「4,000万円×55%=2,200万円」の税金を支払う必要があるわけです!!



住民税の税率は一律

仮想通貨に雑所得としての税金がかかると同時に、住民税も確定申告で納める必要があります。

基本的に、毎年1月1日~12月31日までの所得、および仮想通貨で得た利益に関して3月15日までに確定申告を行って所得税を納税します。

そして住民税は、確定申告から2~3カ月後に納付書が送付されてきますが、「前年度所得に対して一律10%」と定められています。

仮想通貨の税金計算は『移動平均法』がおすすめ

仮想通貨取引と一言で言っても、実に様々なサービスがありますよね。

仮想通貨の売買を基本として、仮想通貨同士の交換(仮想通貨で他の仮想通貨を購入)、マイニング(採掘)やレンディング、エアドロップやICOへの参加などが挙げられます。

これら全ての仮想通貨購入単位の計算方法として代表的なものが「移動平均法」と呼ばれるものです。

はるはる

仮想通貨の取得価格算定方法については、原則として「移動平均法」を使用するよう以下の様に推奨されています!!



「同一の仮想通貨を2回以上にわたって取得した場合の当該仮想通貨の取得価額の算定方法としては、移動平均法を用いるのが相当です(ただし、継続して適用することを要件に、総平均法を用いても差し支えありません。)。(第4項)」


移動平均法を使って実際に単価を計算してみよう

まずは仮想通貨でもっとも有名なビットコインを購入・売却した時を例にして計算してみましょう。

実際に仮想通貨を売却した時の価格と取得金額の差が「利益(所得)」となります。

では、実際に移動平均法を使って仮想通貨購入時の原価(取得時価)を求めてみましょう。

ビットコイン価格が12万円の時に1BTCを購入し、その後に0.5BTCを75万円で売却した場合、

  • 【売却価格】-【1BTCあたりの平均取得価格】×【売却したBTC枚数】= 【利益(所得金額)】
  • 750,000 円-(120,000円 ÷ 1BTC)× 0.5BTC = 150,000円

となり、「所得金額は15万円」となります。

はるはる

ただ、少し間違えやすいのが、「1BTC当たりの平均取得価格の計算方法」です!!



この計算方法には「移動平均法」と「総平均法」と呼ばれる2つがありますが、基本的には「移動平均法を知っていれば問題はない」ので、ここでは実際に移動平均での計算方法をご紹介します。

基本的には、移動平均法では「仮想通貨を購入する度に平均取得単価を計算する」方法です。

  • 「1BTC 110,000円で購入」する⇒「平均取得単価:110,000円
  • 「1BTC 400,000円で追加購入」する⇒「(400,000円+110,000円)÷ 2BTC=平均取得単価:255,000円

といったように、追加して仮想通貨を購入するたびに平均取得単価を算出する事で、

はるはる

その値を元にして利益(所得金額)を出すのが移動平均法となります!!



仮想通貨の税金を簡単に計算してくれるサービスもある

「移動平均法」を用いて自分で所得計算する方法をご紹介しましたが、インターネット上には様々な仮想通貨で得た利益にかかる税金を計算してくれるサービスがあります。

ここでは、そのいくつかのサービスをご紹介しますので、不安な方はぜひ一度活用してくださいね。

Gurdian(ガーディアン)|面倒な仮想通貨の損益計算から確定申告までサポート

仮想通貨,節税



仮想通貨取引時においての税金関連に特化したサイトで、個人では不可能な計算にも対応しており正確な計算を求める人にはおすすめです。

かいけいセブン|所得税・住民税・手取りの簡易計算ツール

仮想通貨,節税



個人の税金計算に特化しており、所得税や住民税をはじめ、話題のふるさと納税の控除額なども計算できるツールサイトです。

Keiry|仮想通貨の簡単会計に最適

仮想通貨,節税



「仮想通貨の簡単会計」をモットーにしている「Keiry」は、特に初心者におすすめで、サイトの見やすさ、使いやすさが優れていると評判です。

仮想通貨取引時に税金が発生するタイミングは非常に重要!

仮想通貨,節税

仮想通貨取引時にかかってくる税金は「発生するタイミング」が非常に重要と言われています。

つまり、ここを間違えてしまうといくら正確に計算しても正しい所得、税金、控除額がわからなくなります。

ここでは、主に仮想通貨取引時に想定される「4つの税金発生時のタイミング」をご紹介しますので、ぜひ頭に入れておきましょう。

仮想通貨を売却した時

まず一般的に、もっとも多いのが仮想通貨を売却した時に税金が発生するタイミングです。

前述した移動平均法の計算式で使用した「1BTC=100万円」とする時の具体的な例をみてみましょう。

まず1BTCを購入した後に、「1BTC=120万円」まで値上がりしてすべてを売却した場合、その差額がそのまま所得(利益)となりますので、これに税金がかかってくることになります。

  • 売却金額-(購入時の金額 × 売却枚数)=利益(所得)
  • 120万円-(100万円 × 1)=20万円

となり、所得金額は20万円となりますね。

仮想通貨で商品を購入した時

2つ目に、税金が発生するタイミングとしては、ビットコインで商品を購入した場合です。

『1BTC=100万円』の時に1BTCを購入し、その後ビットコインが値上がりして40万円の商品を0.3BTC分購入した場合には、

  • 商品の購入金額-BTC購入時の1BTC価格 × 商品購入時の1BTC価格=商品購入時の利益
  • 40万-(100万 × 0.3BTC)=10万

となり、所得金額は「10万円」となります。

他の仮想通貨を購入(交換)した時

そして、税金が発生する3つ目は、仮想通貨(ビットコイン)で他の仮想通貨(アルトコイン)を購入した時です。

ここでもわかりやすいように、ビットコインでアルトコインを購入した場合を想定します。

まずは『1BTC=100万円』の時にビットコインを1枚購入し、その後ビットコイン価格が上昇してから、価格60万円のアルトコインを0.3BTCを使って購入した場合、

  • アルトコイン購入金額-BTC購入時の1BTC価格 × アルトコイン交換時の1BTC価格=利益
  • 60万-(100万 × 0.3BTC)=30万

となり、差額の「30万円」が所得となります。

以上、主に3つの仮想通貨売却時、および商品や他の仮想通貨購入時の計算式をご紹介しましたが、税金対策や節税を実践するために上記のような知識はしっかり把握しておきましょう。

※【注意点】仮想通貨で算出された所得金額は、他で出た利益・損失などと合算して計算ができない事は覚えておいてください。

ハードフォークやエアドロップで得られる仮想通貨の原価は『0円』

主な仮想通貨で得た所得計算式を上記で3つご紹介しましたが、もう一つ仮想通貨を無料で得られる方法があります。

それが、エアドロップ(無料で仮想通貨を配布する)やハードフォーク(アップデート時の通貨分裂時などに通貨が配布される)により無料で仮想通貨を得る方法です。

はるはる

こうした場合、基本的に無料で貰った仮想通貨という事で取得した原価は「0円」として計算します!!



取得時はいわば仮想通貨を保有している状態なので含み益となり所得は発生しませんが、売却したり交換したり商品を購入した時には、上記と同じ計算式で所得として換算されますので、この点も注意しましょう。

ビットコイン(仮想通貨)の税金に関する「よくある勘違い」を下記にてまとめてみましたのでぜひご覧ください。



仮想通貨取引で利益を出している人必見!脱税せずに節税する対策7選を大公開

Tax reduction

ここまで仮想通貨取引で得た利益(所得)の計算方法をご紹介しました。

今度は「所得金額にかかってくる税金をいかに節税するか」という税金対策をいくつかご紹介しますのでぜひ参考にして下さいね。

節税対策①利益確定させずに長期保有する

基本的に、購入した仮想通貨に雑所得としての税金が発生するタイミングを理解して避ける事が、そのまま「節税する事」につながります。

そのため、仮想通貨の節税対策としてまずもっとも簡単な方法は、含み益を確定させずに「購入した仮想通貨を長期間保有し続ける(ロングホールド)」事です。

はるはる

「ガチホ」とも呼ばれる長期保有ですが、利益を確定させなければ所得も発生しないというわけです!!



もともと株式投資にも言える事ですが、投資の基本的な理念は「その会社の将来性を買う事」で、あの有名なウォーレン・バフェットも長期保有という投資方法をとり巨万の富を築いた事で有名です。

「株券ではなく事業を買う」「株が下落した時に売ってはいけない。むしろ買うべき。」というバフェットの名言からも、その投資理念がうかがえます。

はるはる

ただ、仮想通貨はまだまだ発展途上であり、投機的な意味合いで銘柄を購入して利益を上げようとする人が非常に多いのもまた事実です。



そのため、利確せずに長期保有できる銘柄を探すとなると、購入する仮想通貨はおのずと限られてきます。

できるだけ早い段階で、価格が安いうちにいくつかの銘柄に目をつけてガチホする投資法が、今の仮想通貨に当てはまるのかは難しいところですが、節税面から言えば最高の対策かもしれませんね。

節税対策②個人事業として必要経費を計上する

2つ目の節税対策は、個人事業主となって仮想通貨取引時の利益を経費扱いにする事ですが、このとき経費として認められるのは「仮想通貨取引に関連するもの」となります。

具体的に言うと、仮想通貨の情報収集に使用するパソコンの通信費用、知識を得るために購入した書籍や参加したセミナー代金、仮想通貨取引所に支払う手数料や送金料です。

ここでは、個人事業として仮想通貨で得た利益を計上するための「青色申告」「白色申告」という2つの方法をご紹介します。

青色申告(個人事業主)の場合

本格的な個人事業主として、仮想通貨取引でかかった経費を計上するためには「事業所得」として経費が認められる事が条件となります。

事業所得として認められるにはある一定の条件があり、行っている仮想通貨事業が一般の給与所得者と同じくらいの収入があるかどうか、会社員と同じくらいの時間的な拘束があるかなどです。

サラリーマンが行う副業程度の収入ならば、前述した「雑所得」扱いとなり収入額に応じた税金が課せられます。

はるはる

つまり、現時点で自分が仮想通貨取引のみで生計を立てられるほどになっているなら「青色申告」を検討するのがもっとも節税につながる事になりますね!!



ちなみに「青色申告」を行うには、税務署に会社としての「開業届」の受理や「青色申告申請書」の提出が必要ですが、受理されれば「最大65万円の所得控除がある」点が最大のメリットとなります。

白色申告(副業)の場合

一般的に会社で働くサラリーマンであれば、副業的な仮想通貨取引で得た利益は「白色申告」になりますが、こちらも同じように仮想通貨取引にかかった経費は計上する事が可能です。

はるはる

経費の上限設定はなく、例えば仮想通貨投資に関する話を仲の良い友人と「情報交換という名目」で食事をしても交際費として計上する事も可能なんですよ!!



青色申告として必要な「開業届」は必要ありませんが、確定申告の際には経費として使用しましたというお金の流れを記録する「収支内訳書」を作成し提出する義務があります。

開業して行う「青色申告」では最大65万円の控除が受けられますが、副業程度の収入である「白色申告」の場合でも10万円の所得控除が可能です。

節税対策③毎年少しずつ利益を確定させていく

前述した副業程度の白色申告をするのであれば、利益となる総額が「20万円以内」におさまるようにする事で確定申告をする必要はなくなります。

はるはる

そのため、仮想通貨取引では常に20万円という利益を意識しながら少しずつ利確していくと税金対策になりますね!!



前述した仮想通貨のガチホ(ロングホールド)にも通じる点はありますが、仮想通貨取引において長期的な保有は値下がりのリスクが大きいと思う人はこちらの対策を行う方が効果的と言えます。

節税対策④現在保有中の含み損を確定させる

仮想通貨取引で出た損失は翌年度に繰り越す事ができませんので、年末に含み損のある保有銘柄の損失を「損切り(確定)」してしまう事で利益額・課税を減らす事ができます。

はるはる

つまり、確定申告する年度内の「収益-損失=利益」のうちの損失部分を大きくする事で節税対策につながるというわけです!!



ただ、どうしても長期保有したい銘柄についてはそのまま保有し続ける事でも税金対策にはなります。

保有している仮想通貨がある程度あって、損切りした金額を差し引いた利益によって所得税率が変わる時などには有効な節税方法と言えますね。

節税対策⑤マイニングをして経費計上する

ほとんどの仮想通貨では、マイニングをする事によって通貨報酬などを受け取る事ができますが、このマイニング作業にかかったパソコン購入費用や電気代も経費として計上可能です。

ただし、そのパソコンを申告する事業以外に使用している場合には、仮想通貨取引の分とプライベート分に分けなければならない等、デメリットや面倒な点は多少あります。

そのため、マイニングにかかる費用を計上するには、本格的な事業主としての青色申告時がおすすめと言えます。

節税対策⑥ふるさと納税を利用する

最近、仮想通貨の節税対策として話題の「ふるさと納税」も税金対策としては非常に有効です。

自分の好きな地域の自治体に寄付をする事によって、所得税や住民税が控除されますので、仮想通貨としてだけでなく一般的な節税対策としてもおすすめです。

はるはる

自己負担金が2,000円かかりますが、税金が控除される上に地域の特産品などの返礼品がもらえるのは非常に嬉しいですよね!!



ただ、年々ふるさと納税の還付額は減少しつつあるため、各ポータプルサイトの控除額シミュレーターを使用して概算を見て行うと良いでしょう。

 

節税対策⑦ポイントカードで支払ってポイントを稼ぐ

ほとんどの人が1枚は持っている各種ポイントカードでも節税対策ができるのをご存知でしょうか。

特に有効的なポイントカードが「nanaco」と「waon」ですが、ここではこの2つのポイントカードを利用した節税方法をご紹介します。

『nanaco』を利用して節税対策

やり方は非常に簡単で、「nanaco」にクレジットカードでチャージした後、nanacoを使って支払う事でポイントカードのポイントを比較的多く貯める事が可能です。

このポイントカードを使う方法は、税金の支払いが安くなったり控除を受けられたりするわけではありませんが、クレジットカードポイントが付く事で実質的に節税につながるというものです。

ただ、「nanaco」の場合には一度10万円以上の支払いができないため、

はるはる

分割支払いを利用して1回分の支払いを10万円以内におさえるのがポイントとなります!!



『waon』を利用して節税対策

イオンがサービスとして提供している「waon」でも「nanaco」と同じく、コンビニのミニストップを利用して税金の納付が可能になっています。

「waon」はイオンカードでチャージが可能になっており、チャージした分だけポイントが貯まる仕組みです。

もちろん、「waon」のポイント自体もイオン系列の店舗で利用できるので、

はるはる

使い勝手が良いのが特徴となっており、しっかりと節税対策として使用可能です!!



ただ、税金の支払いはミニストップのみという点には注意しておきましょう。

【まとめ】今すぐできる仮想通貨の節税対策|おすすめはコレ!

Tax reduction

今回は今すぐできる仮想通貨取引で得た利益の節税対策についてご紹介してきましたが、実に様々な税金対策がある事がわかりましたね。

仮想通貨はまだまだ法的な整備が追いついていない部分が多々ありますが、今後仮想通貨の知名度が上がり社会的にどのような位置づけになるのかわかりませんが、将来性が非常に期待されています。

投資という面から見ても、株式と比較して日々の価格変動が激しく相応のリスクを伴いますが、実際に世間では「億り人」と呼ばれる人も何人か出てきているのも事実です。

そんな仮想通貨取引で得た利益にかかる税金を少しでも安くする節税対策において、

はるはる

もっともおすすめなのが「ふるさと納税」ではないでしょうか!!



本業でも副業でも、一律2,000円という自己負担金を支払って自治体に寄付する事で、所得税と住民税が控除されて、さらに特産品などの返礼品まで貰える制度は魅力的です。

ぜひこの機会にふるさと納税やここでご紹介した節税対策を実施してみてはいかがでしょうか。

誰でもできる「ふるさと納税」の簡単シミュレーションについては以下の記事をご覧ください。



記事下「BitPointキャッシュバックキャンペーン」

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

楽天登録
サイド「LINEコンバ」

マイクリ!驚異の2億円調達?!

SPサイド「マイクリmch-start」

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

SPサイド「トレードで勝てるロジック実践中fx-cryptogt-bitmex」

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

PCサイド「トレードで勝てるロジック実践中fx-cryptogt-bitmex」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

CryptoGTの無料登録はこちら

サイド「CryptoGTの無料登録はこちらchika-cryptogt」

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

ランキングに参加してね♡

SPサイド「ブログランキング」 SPサイド「ブログ村」