ホーム市況【仮想通貨テクニカル観測】1月5日(土):リスクオフが懸念される中、上昇を続けるイーサリアム!どこまで行くのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

【仮想通貨テクニカル観測】1月5日(土):リスクオフが懸念される中、上昇を続けるイーサリアム!どこまで行くのか?

仮想通貨, 市況

昨年までは、ビットコインが上昇すれば他のコインも上昇し、下落すれば他のコインも下落するという仮想通貨相場でしたが、2019年は少しばかり様相が異なっているようです。新春早々上昇続けるイーサリアム、安値圏内で動くリップル、ビットコイン、それぞれ今月はどう動くのでしょうか?

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

株式市場が復活するための唯一の処方箋とは

昨年からリスクオフの懸念について、たのしい仮想通貨女子会のテクニカル観測では指摘してきましたが、2019年はいよいよ本格的なリスクオフの動きが強まることになりそうです。

昨日のNY株式市場は前日の急落を上回る上昇となりましたが、チャートを見れば完全に相場は崩れていると考えたほうが無難でしょうね!

チャートは、NYダウの日足チャートで赤いラインは25日移動平均線です。

NYダウは、2019年の初日に600ドル以上下落し、2日目には700ドル以上の上昇と、何とも忙しい動きとなっていますが、テクニカルに見ると、昨年末の暴落で25日移動平均線からの乖離率が大きくなりすぎたため、現在は下落トレンドの中での反発上昇場面というところです。

NYダウは、昨年7月から25日移動平均線をサポートラインとして上昇してきましたが、昨年10月にサポートラインから大幅に下落することで、上昇トレンドから下落トレンドへとトレンドが転換していることが見て取れます。

その後は、25日移動平均線がレジスタンスラインとなっているわけではありませんが、ここを超えたところは絶好の売り場を提供することになっています。

今回もおそらくは同じような動きになると思われますので、NYダウが25日移動平均線前後となると再びリスクオフの動きが強まると考えておいたほうがよさそうですよ!

ただし、一つだけNY株式市場を復活させる処方箋があるといわれており、それは、FRB(アメリカの連邦準備制度)による利上げ政策の方針転換といわれています。この場合には、再び株式市場は活況を取り戻してリスクオフもいったんは遠ざかる可能性があります。

ただし、その先のことは誰にもわからず、これまでのように株価が上昇していくのか、あるいは、単なる時間稼ぎとなるのかは意見が大きく分かれるところです。

仮想通貨相場にとっても、リスクオフの懸念が広がることは厄介な問題となりますが、ゴールド(金)のようにリスクオフで逆に上昇する投資対象もありますし、株式にも全体は下落しても上昇する銘柄はいくつも出てくるはずです。

仮想通貨相場もそのような目で見ていく必要がありそうですね!

 

イーサリアムはどこまで上昇するの?

チャートは、イーサリアムの日足チャートで、赤いラインは25日移動平均線、青いラインは75日移動平均線となります。

昨年末から上昇を開始し、リップルを抜いて仮想通貨時価総額ランキングでも2位に返り咲いたイーサリアムですが、まさに正念場を迎えているといってよいタイミングです。これまで、レジスタンスラインとなってきた75日移動平均線を抜いてきたところで、ここを完全に抜いてくると上値余地が大きく広がりそうです。

イーサリアムの11月の高値は25,099円ですが、この時は75日移動平均線で頭を抑えられており、今回このレジスタンスラインを抜けていくと新たな展開が待ち受けています。

チャートは、イーサリアムの週足チャートで、赤いラインは25週移動平均線、青いラインは9週移動平均線となります。

昨年の5月以降は9週移動平均線がレジスタンスラインとなっていましたが、先週これを突破しています。非常に強い動きとみても良いでしょうね!!

ちなみに、25週移動平均線が今週は25,000円前後のところにありますので、このまま上昇した場合でも25,000円前後というのは意識される可能性が高くなるでしょう!

 

ビットコインの動きは?

チャートは、ビットコインの日足チャートで赤いラインは25日移動平均線、青いラインは75日移動平均線となります。

ビットコインは70万円前後で小康状態が継続していましたが、25日移動平均線から急落後の11月後半に年初来の安値を付けています。

以前のレポートで指摘しましたように、12月中旬にいったん年初来安値にチャレンジにしに来ますが失敗し、現在は反発しているところです。反発後は、25日移動平均線に支えられるようにして推移しています。

経験則からは、仮に再度下落したとしても30万円を大きく下回らない可能性が高く、暴落相場も終盤戦を迎えているようなところにも見えます。

 

期待のリップルはこのまま沈でしまうのか??

チャートは、リップルの日足チャートで赤いラインは25日移動平均線、青いラインは75日移動平均線となります。

すっかりイーサリアムに置いていかれた感のあるリップルですが、ビットコインなどと同様に25日移動平均線に奇麗にサポートされているのが見て取れます。

37円台に下落すると不思議に上昇してくるというのは、サポートラインが効いているということで、多くの人が意識しているラインとなります。まさに、ここ数日正念場を迎えることになりそうですが、サポートラインを大きく割り込まなければ、イーサリアムを追いかけていく展開も期待できそうです!

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」