ホーム最新ニュース【2019年最新】ビットコインETF、コインベース、etc。仮想通貨が上がる要因まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
えりな

【2019年最新】ビットコインETF、コインベース、etc。仮想通貨が上がる要因まとめ

仮想通貨,上がる

今回は、仮想通貨が上がる要因として、2019年最新版の情報をお届けします。ビットコインETC、デリバティブ、コインベース、etc。いろんな上昇要因が目白押しです!買い方針で取引したい人は要チェックとなっています。

記事上「コメントボタン」

目次

えりなえりな

みなさん、こんにちは!えりなです。正月ムードも終わり、タバコ臭い職場での仕事が再開しました(涙)今年こそは、仮想通貨で稼いで仕事を辞めるきっかけを作るぞ!

2019年1月現在の仮想通貨チャートは、どの通貨も方向性がつかめなくて、買うべきか売るべきか判断が難しいところ…。

仮想通貨FXは、売りでも利益を上げることができますが、私の性格だと買いのほうが本音です。

私と同じ方針の人、結構多いですよね?今回はそんな人たちに朗報のトピックをお届けします。

「仮想通貨が上がる要因【2019年最新版】」です。ビットコインETC、デリバティブ、コインベース、etc。いろんな要因があるので一緒にチェックしていきましょう!

仮想通貨が上がる要因①ビットコインETF

仮想通貨,上がる

「ETF」は、証券取引所に上場されている投資信託のことを言います。つまり、ビットコインが投資信託になるということです。

ビットコインが投資信託になるためには、アメリカのSECという期間に承認を認めてもらわなければなりません。

現在、ビットコインETFは承認を申請している最中です。

ビットコインが投資信託になるメリット

「投機」は、相場の乱高下が激しいため、トレード慣れしている人じゃないと利益を上げるのは難しいです。

現在の仮想通貨は、これにあたります。その一方、投資信託は値動きが安定しているため、初心者でも取引しやすいのです。

えりなえりな

ビットコインETFは、この概要を目指しています。

ビットコインETFが承認されれば仮想通貨市場が上昇する可能性あり

ビットコインが投資信託として認められれば、機関投資家たちが参入してくる期待がされているのです。

機関投資家たちは、資産総額約340兆円と言われている投資信託業界でトレードしています。

つまり、機関投資家たちは莫大な資金を持っているということです。

ビットコインETFの承認をきっかけに機関投資家たちが仮想通貨に投資すれば、莫大な資金の一部が仮想通貨市場に流入します。

その結果、ビットコインの時価総額が上がることは間違いなし!ビットコインの上昇に引っ張られるように、その他の仮想通貨も上昇すると見られています。

2019年2月27日までに承認可否が出る予定

前節した説明を読んで、ビットコインETFの承認に期待が高まった人が多いと思います。

そこで気になるのは、「ビットコインETFはいつ承認されるのか?」です。

ビットコインETFは、何回も承認可否が延期されており、ビットコイン下落の要因になっていました。

しかし、その延期も期限を迎えつつあります。その期限は、2019年2月27日!この日までには、ビットコインETFの承認可否が出ます。

ビットコインETFが承認されれば、ビットコイン上昇のきっかけとなるに違いありません。

しかし、承認されなければ下落の要因となるでしょう。2月27日に向けて、すでにカウントダウンは始まっています。

仮想通貨投資家は、要チェックですよ!

仮想通貨が上がる要因②デリバティブ

仮想通貨,上がる

ビットコインETFの承認の可能性が五分五分の中、好意的な反応を見せたのが、大手金融機関によるデリバティブです。

デリバティブというのは、ビットコイン派生商品のことを示しています。

大手金融機関がデリバティブ取引を取り扱えば、機関投資家の参入が見込めるため、仮想通貨市場に多額の資金が流入するに違いありません。

そうすれば、仮想通貨価格が上がる可能性が高いのです。

相次いで報じられるデリバティブ商品の開発

デリバティブ商品の開発は積極的に行われているため、相次いで報じられています。例を挙げると、

  • 米シティグループ
  • 米モルガン・スタンレー
  • ゴールドマンサックス

などがあります。

仮想通貨のデリバティブ商品は、熱心な仮想通貨ファンから眉唾物に思われているようです。

しかし、投資銀行最大手のゴールドマンサックスまでデリバティブ取引に参入しているとなると話は別。

デリバティブ取引は「ゴールドマンサックスのお墨付きをもらった」と解釈できるため、今後の状況は変わってくるでしょう。

デリバティブ取引はビットコインETF承認の背中を押す可能性あり

デリバティブ取引の普及は、ビットコインETFの承認を後押しするかもしれません。

すでに紹介している通り、デリバティブ取引が普及すれば、機関投資家たちの資金が仮想通貨市場に流入します。

仮想通貨市場は、この流れを喉から手が出るほど欲しているのです。となれば、ビットコインETFも承認せざるを得なくなるでしょう。

ビットコインETFとデリバティブ取引はセットでチェックした方が良いかもしれませんね。

仮想通貨が上がる要因③仮想通貨のカストディ

仮想通貨,上がる

カストディは、証券投資家の代理人業務のことです。主に、

  • 有価証券の保管や管理
  • 元利金や配当金の受領
  • 運用資産の受渡し決済や運用成績の管理
  • 議決権の行使

などの代理業務を承っています。これらの概要を代理してもらえば、投資家は投資だけに集中できるため、好評を博しているのです。

カストディーは、今までは証券投資でお馴染みとなっていましたが、仮想通貨のカストディーも誕生し始めており、注目を集めています。

米で公認の仮想通貨カストディが誕生で話題に

アメリカに「BitGo」という会社があります。BitGoは、マルチシグウォレットを仮想通貨業界でいち早く提供し、着実に信頼を高めてきた会社です。

BitGoは、かなり前から仮想通貨のカストディーに寄せており、購入を申請していました。

えりなえりな

そして見事、公認のカストディとして承認を受けたのです。

機関投資家に向けてサービスを提供予定

今後、BitGoは、機関投資家に向けた仮想通貨のカストディを提供する方針です。

仮想通貨のカストディーが機関投資家に広まれば、機関投資家たちが仮想通貨投資に参入してくるでしょう。

そうすれば、彼らの資金が仮想通貨市場に流入して、仮想通貨価格は上がるに違いありません。

仮想通貨市場にとって、機関投資家たちの存在は大きいのです。

続々提供が開始されている仮想通貨のカストディー

仮想通貨のカストディーは、BitGo以外の企業も乗り出しています。例えば、

  • Coinbase(仮想通貨取引所)
  • Gemni(仮想通貨取引所)
  • ゴールドマンサックス(金融)
  • NorthernTrust(金融)
  • 野村HD(金融)

などです。日本の企業も乗り出しているんですね!

これらの企業がターゲットにしているのは、もちろん機関投資家です。機関投資家の仮想通貨参入は、現実味を帯びてきています。

仮想通貨が上がる要因④ステーブルコイン

仮想通貨,上がる

仮想通貨は、株や為替取引に比べると乱高下が激しいため、「投資」ではなく「ギャンブル」と捉える人が目立ちます。

そんな人でも安心して投資できるのが、ステーブルコインです。ステーブルコインは価格が一定なので、ボラリティが起きません。

最も有名なステーブルコインは「Tether(テザー)」

いくつかあるステーブルコインの中で最も有名なのは、「Tether(テザー)」です。海外では、Tetherを基軸通貨にしている取引所も多くあります。

1USDTは常に1ドル

Tetherは、「USDT」と表記されます。
米ドルとペッグしているテザーの場合、1USDTは常に1ドルです。

価格変動に悩まされないため、私生活で利用しやすいコインとして注目を集めています。

Tetherの課題「カウンターパーティーリスク」

Tetherは価格変動のリスクは少ないですが、別のリスクがあります。それは、カウンターパーティーリスクです。

テザーには、Tether社という管理者がいます。テザーが、1USDT=1ドルをキープできるのは、Tether社がその価値を保てるだけのドルを持っているからです。

つまり、万が一、Tether社が破綻したら、テザーの価値は無いに等しくなります。このようなリスクが、カウンターパーティーリスクです。

えりなえりな

Tetherは、このリスクをどうやって克服するのかが課題となっています。

Tetherの信頼が揺らぐ「Tether疑惑」

価格変動しにくいことで話題のTetherですが、その信頼が揺らぐ疑惑があります。それは、「テザーは本当に1ドル=1USDTなのか?」というもの。

実は、誰も証明できる確信がないのです。そして、これとはまた別の疑惑もあります。それは、ビットコインの価格操作です。

「大量に新規発行されたテザーを使ってビットコインを購入し、ビットコイン価格を釣り上げているのでは?」

という疑惑がTetherにはあるのです。テザーが大量に発行されるタイミングで、いつもビットコイン価格が上がっていたため、このような疑惑が出ました。

本来、テザーが新規発行されるのは、ドルと交換される時だけなので、Tetherとビットコインに因果関係はないはずなんです。

しかし、Tetherが新規発行される度にビットコイン価格が上がるとなると、

「Tether社がわざと大量発行したTetherを使って、ビットコイン価格を上げている」

可能性が高いのです。

この疑惑でビットコインの信用はガタ落ちし、2018年1月~2月にかけて、ビットコイン価格が暴落しました。

Tetherについてはこちらも!

【仮想通貨上昇の要因になるか?】Tether以外に増えるステーブルコインたち

前述したように、Tetherにはいくつかの課題や疑惑があります。となると、ステーブルコインは仮想通貨上昇の要因にはならない気がしますよね?

でも、そんなに気にすることはないかもしれません。なぜかと言うと、ステーブルコインは続々誕生しているからです。

例を挙げると、

  • パクソス・スタンダード
  • ジェミニ・ドル
  • USDコイン
  • GMOJapaneseYen

などがあります。

GMOJapaneseYenは、日本の企業であるGMOインターネット株式会社が発行しており、日本円と連動しているんです。

そして、海外ではステーブルコインを上場させる仮想通貨取引所も増えています。例えば

  • アメリカのコインベース
  • 中国のフォビ
  • 世界最大規模のOKEx

などです。このような流れがもっと強くなれば、Tether以外のステーブルコインが注目を浴びるようになるでしょう。

そうすれば、Tether疑惑で仮想通貨市場が振り回されることもなくなります。

実用化が進めば、むしろ、仮想通貨市場全体が値上がりする可能性もあるのです

ステーブルコインの日本実用化は2020年以降か?

日本では一部の企業がステーブルコインの取り扱いに乗り出していますが、まだまだ実用化は進んでいないのは現状です。

日本での実用化はいつ頃になるのか?その疑問に対して、インフルエンサーのブロガー「イケダハヤト」氏は

「ステーブルコインが十分に実証され、社会に浸透するのは2020年頃ではないか」

と述べています。この憶測通りに事が進むなら、そう遠くない未来に実用化されるかもしれません。

仮想通貨が上がる要因⑤コインベースの日本上陸

仮想通貨,上がる

コインベースは、2012年に設立されたアメリカの仮想通貨取引所です。

設立が早かったこともあり、老舗の仮想通貨取引所に成長しました。コインベースは、

  • オフライン管理
  • ウォレットアプリの使いやすさ

などが評判を呼んでおり、利用者が年々増えています。その数2000万人以上!

日本の仮想通貨取引所は、多くても200万人ほどなので比べ物にならない人気です。

コインベースが日本で事業展開!日本円ペアの流動性アップに期待

コインベースの利用者は日本人にもいるものの、馴染みが薄いのが現状です。しかし、今後は日本人にも馴染み深い仮想通貨取引所になります。

なぜかと言うと、日本で事業展開することが決定したからです。海外の仮想通貨取引所が、本格的に日本で事業展開するのは初となっています。

これだけ大手の仮想通貨取引所が日本に上陸すれば、多くのユーザーが口座開設し、日本の取引所のパワーバランスが変わるかもしれません。

えりなえりな

そうすると、日本円ペアの仮想通貨取引が盛んになり、流動性がアップする可能性があるのです。

三菱UFJフィナンシャルグループと提携している点にも注目

コインベースは、日本進出するにあたって三菱UFJフィナンシャルグループと提携を結びました。

コインベースの日本事業が軌道に乗れば、三菱UFJフィナンシャルグループの株価が上昇するかもしれません。

コインベースの日本進出は、三菱UFJフィナンシャルグループの株主たちも注目するべき問題なのです。

日本人CEOの就任でより身近な存在になるコインベース

コインベースの日本進出には期待がかかりますが、「海外の仮想通貨取引所って使いにくそう…」とネガティブに思っている人も多いと思います。

しかし、そんな人の不安も払拭されるはずです。なぜなら、日本版コインベースのCEOは日本人が務めるから!

CEOを務めるのは、北澤直氏という人物です。彼は、

  • 慶応義塾大学法学部卒業
  • ペンシルバニア大学院修了
  • 国際弁護士で6年活躍
  • モルガンスタンレーMUFG証券に6年間在籍
  • 株式会社「お金のデザイン」でCOO

のようなキャリアを誇るスーパーエリート!

そんな彼がCEOを務めるからには、日本人が扱いやすい仮想通貨取引所に仕上がるはずです。日本円ペアの流動性向上に期待が高まります!

コインベースについてはこちらも!

【まとめ】仮想通貨が上がる要因を理解して買いの準備をしよう

えりなえりな

いかがでしたでしょうか?今回は、2019年以降に仮想通貨が上がる要因をまとめてみました。

信憑性の高そうな要因がたくさんありましたね。特に、機関投資家の参入には、期待が高まります!

2018年の仮想通貨相場は下落が中心でしたが、2019年以降は上昇が期待できるかもしれません。

買いの機会を伺っていた人たちは、今年こそチャンス到来かも?虎視眈々と買いの準備をしておきましょう!

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」