ホーム市況【仮想通貨テクニカル観測】1月10日(木):本日変化日を迎えていた仮想通貨相場!反発相場から一転して年初来安値圏内へ急落する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

【仮想通貨テクニカル観測】1月10日(木):本日変化日を迎えていた仮想通貨相場!反発相場から一転して年初来安値圏内へ急落する

仮想通貨,市況

今週の仮想通貨相場は、年末年始の安値圏内を脱しつつあり、上昇傾向を思わせるもので週末あたりのタイミングでは上昇しやすくなる可能性も出ていましたが、その前の段階で売り崩しの動きがでて急落しています。現在、年末年始の安値圏内というところですが、このまま下落していくのでしょうか?

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

今週の仮想通貨相場は、イーサリアムが先導する形から個別物色の流れとなり、トロンなどが上昇する中、本日はリップルが久々に相場を引っ張る動きを見せていました。ところが、株式相場が引けた15時過ぎあたりから、仮想通貨相場は急落し始めるとそのまま一気に大幅下落となり、気づいてみれば年末年始の安値圏内まで一気に下落してしまいました。

15時前までの堅調だった相場を見ていた人からすると、15時以降のこの急落は「何よ、これ~!!!」と思わず叫んでしまった人も多いかもしれませんね。この数日の動きを見ているとなかなか考えにくい動きとなりましたが、機関投資家の参入していない相場ではそれほど珍しいことではなく、リスクヘッジが少ないだけに相場が必要以上に短時間で大きく動いてしまいます。

この先どうなるのかはわかりませんが、現時点では、年末の安値を切っているわけではありませんので、結論から言うとレンジ相場が継続しているにすぎないというところで、ロング派による高値攻めに失敗した形とみるとよいでしょう。

リップルは基準線に頭を抑えられての急落

チャートは、リップルの日足の一目均衡表です。

年末年始の相場では、赤いラインである基準線にずっと頭を抑えられており、基準線が強力なレジスタンスラインとなっていたのが見て取れますね。

本日のリップルは堅調な動きとなりこの日足の基準線にチャレンジしていきましたが、叩き落された形となります。シナリオとしては、今週末あたりにこの基準線を抜いていくと上昇しやすいという感じだったのですが、少しばかり早かったのかなというところです。

ただし、ここは難しいところで、強い相場の場合には早く動き出しますので、強いのかなと思ったところが叩き落される結果となりました。

短い時間のチャートでは長大陰線がでていますので厳しいところですが、日足で見ると年末年始のレンジ相場の安値圏に踏みとどまっているというところですね!

レンジ相場に踏みとどまるのであれば、一目均衡表の雲の下限ラインあたりがサポートラインとなりそうに見えますが、いかがでしょうか?

いずれにせよ、リップルが上昇していくためには、この日足ベースでの基準線を終値で上抜く必要がありますので要注目です。レンジ相場に踏みとどまれれば、再度、基準線にチャレンジするはずですが。。。

 

チャートは、同じくリップルの4時間足の一目均衡表です。

4時間足で見ると長大陰線が発生しており、非常に弱い相場という感じがしてしまいますが、注目してほしいのは一目均衡表の遅行線です。現在、遅行線は大きく下落したものの実線に絡んだ動きをしており、陰転しているわけではありません

弱い相場だと、陰転してさらに大きく下落するものですが、ここで踏みとどまるようであれば、日足ベースと同様にレンジ相場の範囲内の動きとみても良いかもしれませんね!

 

本日変化日を迎えていたリップル

リップルだけではありませんが、実は本日は多くの通貨が一目均衡表の変化日を迎えています

変化日についてはこれまでも何度か指摘してきましたが、12月15日の安値を起点として、9日目の12月24日クリスマスイブ高値を示現し、本日1月10日はちょうど26日目となっています。

多くの投資家が一目均衡表を見ていますので、年初来高値を付けて、これまでレジスタンスラインとなっていた基準線に挑んで跳ね返されたのが強力な変化日である26日目となれば、ロング派は失望売りとなりますし、ショート派は売ってみようかということになるでしょう。

本日の急落の要因はこんなところなのではないでしょうか?

今後の仮想通貨相場はどうなるの?

現時点では、日足ベースでのレンジ相場に収まっていますので、ここを大きく割り込まない限りはレンジ相場とみなします。ただし短時間での急落ですので、売り遅れてしまった投資家の売りがこれから五月雨的に出てくる可能性もあります。

本日が変化日で年初来高値をつけて、さらに安値もつけようとしていますので、そうなると本日の終値や明日以降に本日の高値と安値のどちらが先に抜かれるのかが重要なポイントとなってきそうですね!

とりあえずは、4時間足の一目均衡表の遅行線がどちらに向けて離れていくのかに注目したいです。ここから4本先の実線は急上昇していきますので、そのポイントで上か下かに分かれるかもです。

イーサリアムは調整中の動きか?

チャートは、イーサリアムの日足の一目均衡表です。

前回レポートしましたように、結局は一目均衡表の雲の上限ラインに抑えられて調整中というところです。本日このまま終わると転換線を切ってしまい、基準線がサポートラインとなってきます。

遅行線は陽転しており、イーサリアムもリップルなどと同様に今週末からは上昇しやすいタイミングとなってくる予定でしたが、そのためには、早い時期に転換線を再び上抜いて雲の上限ラインに再チャレンジする必要がありますが、そこまで行けるかどうかがポイントとなりそうです。

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

PCサイド固定「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」