ホームアルトコイン【最新予想】2019年初旬からリップル(XRP)価格が今後上がる理由3つを徹底考察!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はる

【最新予想】2019年初旬からリップル(XRP)価格が今後上がる理由3つを徹底考察!

リップル,2019年

2018年仮想通貨市場全体の低迷など様々な影響により暴騰には至らなかったリップル(XRP)。今回はそんなリップルの最新情報として、2019年のXRP価格が上がる理由を中心に様々な角度から考察します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

目次

はるはる

こんにちわ『はる』です。今回は、2019年リップルにとっても仮想通貨業界にとっても良い年になりそうな話題をお届けします!!



2019年のリップルを含む仮想通貨業界は「機関投資家元年」になると予想

リップル,2019年

2018年のリップル(XRP)は、まさに「仮想通貨の全体相場」という波にのまれた年でした。

しかし、リップル社単体だけでみれば、XRP価格が上がる好材料が次々と発表されました。

世界中の大企業との提携や、リップル社が提供する「Ripple Net」ソリューションの企業への導入と実証実験、リップル(XRP)を基軸とした仮想通貨取引所のオープンなどなど…。

はるはる

時価総額こそイーサリアム(ETH)に抜かれはしましたが、2019年以降は再度浮上してくる事が予想されますね!!



そんなリップルにとって「2019年はいったいどんな年になるのか」、今回は2019年以降にリップルのXRP価格が上がる理由を中心に考察していきます。

2019年初め頃に機関投資家の資金が流入し市場は活発になる

リップルを含むほとんどの仮想通貨は、現状「投機的な意味合い」として投資されており、短期的な売買を目的とした個人投資家が取引しています。

しかし、本来リップルの持つ「国際送金・決済機能」に特化した通貨機能、リップル社が提供する様々なサービスは、長い年月を経て実社会に浸透していくものです。

はるはる

そのため、リップルは短期的な投資というよりも長期的な投資に向いている仮想通貨と言えるでしょう!!

そして2019年に入り、アメリカSECによるビットコインETF(ビットコインが投資対象となる上場投資信託)の承認が下りた時に、大口の法人(機関)投資家たちが参入してくると言われています。

仮想通貨を活用したサービスは多種多様ですが、その中でも金融サービスに関連する規模も非常に大きく、機関投資家の持つ多額資金の流入によって仮想通貨市場は活発化される事が予想されます。

世界最大手のGoogleや日本のビッグバンクの一つ「三菱UFJ銀行」も多額の出資をして認めたリップル(XRP)は、特にこうした機関投資家の買いが入りやしい銘柄の一つになるでしょう。

【最新予想】2019年初旬以降にリップル(XRP)価格が上がる理由3つを考察

リップル,2019年

残念ながら2018年は思ったより価格が上がる事なく低迷していたリップル(XRP)価格ですが、一体「XRP価格はどこまで下がるのか」と不安に思った方も多いはず…。

ここでは2019年以降にリップルの価格が上がる理由、要因を3つに分けて考察していきます。

ただ、2019年に予想される「機関投資家の参入」については仮想通貨市場全体が活発化するために必須となりますね。

それ以外に、リップル(XRP)価格が2019年以降に上がる要因としては以下の3つになります。

  • G20により仮想通貨に関する的確な規制の枠組みが構築
  • リップル(XRP)基軸の仮想通貨取引所、法定通貨取引ペアが増加
  • リップル社の提供サービス『xRapid』が実用化し需要が拡大

となりますが、まずは一つずつみていきましょう。

①2019年後半にはG20による仮想通貨規制の枠組みがしっかりと作られる

G20とは簡単に言うと、「世界各国の首脳陣などが集まり金融や経済など様々な議題について話し合いルールを設けよう」というもので、別名「金融サミット」とも呼ばれています。

つまり、よくニュースなどで聞くG7(主要国首脳会議)にあと13か国を追加してさらに大きな議題を取り上げ話し合う世界的規模のグループの事です。

過去に開催されたG20についての内容を簡単にまとめてみた

2018年に開催されたG20の会議を分かりやすくものすごく簡単にまとめてみました。

  • 3月:仮想通貨市場はまだまだ小さく驚異的なものではないとあっさり終了
  • 7月:仮想通貨のルールについては10月に「FATF(ファトフ)」に見解を求める
  • 10月:「マネーロンダリング対策」「一部では仮想通貨を禁止する国も止むなし」「とにかく世界各国で足並みをそろえよう」という内容で具体的な規制はなく終了

※「FATF」とは、「マネーロンダリングに関する金融活動作業部会」の事を指します。

結果的には「仮想通貨市場はまだまだ小さく驚異的なものでない」とされてあっさりと終わりました。

次回G20は2019年6月・開催国は日本(大阪)

仮想通貨取引を行っている投資家以外の一般人や、世界各国ではまだまだ「仮想通貨」に対する見解が違い知名度も低く、今までのG20で話し合われた内容は仮想通貨に重要性が感じられない内容で終わっていました。

しかし、2019年6月日本で開催されるG20について、財務省もかなり力を入れているようで、「仮想通貨の技術は世界の金融業界を支える力がある」として、国際的な規制の枠組みをFATFに求めるようです。

仮想通貨が規制される事による影響

現時点では、仮想通貨規制については各国によって様々ですが、国際的なルールができる事によって市場にもたらす影響は大きいと言えます。

規制と聞くとどうしてもマイナスイメージが大きいですが、世界的に標準化したルールが出来る事で取引所のセキュリティ機能が向上し、取引をする投資家にもプラスとなる点は多いとされています。

ただ、仮想通貨交換業者(取引所)にとっては、厳しい措置になるとは思いますが、利用ユーザーにとっては安心な取引ができるため、仮想通貨が世界的に普及するために規制は欠かせません。

はるはる

そのため、2019年初旬から6月のG20開催までの間、世界規模で仮想通貨の規制動向に関心が高まると言えるでしょう!!



②世界中にリップル(XRP)基軸の仮想通貨取引所、法定通貨取引ペアが増加する

2018年の仮想通貨リップルの値動きを見ると、ビットコインと連動した動きはあったものの後半になるにつれて連動から外れた値動きが散見されました。

また近年、リップル(XRP)基軸、または様々な法定通貨とXRPペアを追加する海外の仮想通貨取引所が急増しています。

XRP基軸の取引所に関しては、カナダにある「CoinField」や「DCEX」、「Bitrue」、日本のSBIグループが運営する「VC Trade(今後追加予定)」などがこれにあたりますね。

XRP通貨ペアに関しては、2018年の後半だけ見ても、

はるはる

インドネシアやモンゴル、タンザニア、トルコなど様々な国にある取引所がXRPとの主要通貨ペアを追加しているんですよ!!



こうしたXRP基軸や法定通貨との取引ペアを追加した取引所が世界中に増える事で、今まで仮想通貨全体の基軸となっていたビットコインの価格変動の影響を受けなくなる可能性があります。

全体相場の急な価格変動はともかく、ビットコインとの連動から外れる事はリップルにとってはBTC価格にXRP価格が左右されにくくなる事につながると考えられます。

③リップル社のソリューション『xRapid』が実用化し需要が拡大する

2018年10月に開催されたリップルカンファレンス「SWELL2018」で発表されたように、今後リップル社の「Ripple Net」ソリューションである「xRapid」が本格稼働する事になります。


Ripple Netは既に世界中の金融機関を含む200社以上の企業が参加しており、今後「xRapid」を筆頭に、「xCurrent」「xVia」等の普及が進むにつれてXRPの需要も拡大すると見られています。

xRapidパイロットの結果では、アメリカとメキシコ間の国際送金を、

はるはる

「わずか2分、最大コスト削減70%」で成功するなど他の仮想通通貨とは違いリップルには明るい話題が豊富ですね!!



今後、2019年以降には、こうしたRipple Netソリューションの需要拡大や、世界中の金融機関での採用が一気に増加する可能性があり、それがリップルの価格が上がるのに影響を与える可能性は非常に大きいでしょう。

2019年ナスダックに開設予定の仮想通貨取引所にリップルが上場される可能性

リップル,2019年

2018年から2019年の年末年始にかけては、仮想通貨に関する様々なニュースが報道されていますが、その中でもとびきり大注目なのが「ナスダックが仮想通貨取引所を開設する」というニュースです。


ナスダックと言えば世界最大級の証券取引所として知らない人は居ないほど有名です。

はるはる

そんな世界最大規模のナスダックが仮想通貨取引所を開設なんて、仮想通貨市場にとってこれほどの好材料はないくらいですね!!



リップル(XRP)がナスダックの取引所に上場される可能性は『大』

ナスダックの仮想通貨取引所は、日本では2019年1月~3月にかけて開設を予定しているそうで、まずはビットコイン先物取引を開始するそうです。

また、ビットコイン先物以外にもどんな銘柄が上場されるのかは未定ですが、リップル(XRP)が上場される可能性は非常に高いと言われています。

2018年9月28日に報じられたICOジャーナルでのナスダック幹部の話が以下になりますが、その意思が読み取れます。

「もし我々が時価総額順で最初の5つか7つのコインを決めるとしたら、なぜXRPを除外する必要があるのだ?」
~中略
「時価総額が全てだ。リップルとXRPが時価総額で第2位になるのも時間の問題だ。だから彼らを我々の最初の仮想通貨に入れるのは、考える必要のないことだ。」



この言葉やその他のナスダック幹部の話によれば、開設される仮想通貨取引所に上場する銘柄を選ぶ基準の一つが「時価総額」という事だそうです。

リップルと言えば、当初アメリカのコインベースへの上場が噂されて、公式Twitterで完全否定された後も上場する噂があとをたちませんが、それより先にナスダックに上場する可能性が高そうです。

リップルの知名度が爆発的に上がると予想

前述したように、2019年このまま順調にナスダックが仮想通貨取引所を開設、サービスを開始してリップル(XRP)が上場される事になれば、XRP価格が上がる好材料となる可能性は高いでしょう。

リップルは数ある仮想通貨の中でも特に人気が高い銘柄ですが、一般人にとってはビットコインという名前は聞いた事があってもリップルは聞いた事がない人がまだまだ多いのです。

リップル,2019年

確かに「仮想通貨」という名前は世間に浸透してきましたが、ビットコイン以外の銘柄については知らない人が多いのが現状です。

つまり、ナスダックのような世界的に知名度の高い証券取引所がリップル(XRP)をはじめとした仮想通貨を取扱うようになるとリップルの知名度は一気に上がる事が予想されます。

するとどうなるのか…?

いままで仮想通貨(リップル)を知らなかった人達が投資をするようになり、先行者利益を得る可能性が高くなるというわけですね。

リップル(XRP)の2019年最新ニュース(上場予定など)をチェック

リップル,2019年

では次に、2019年のリップル(XRP)に関連するニュースをいくつかご紹介します。

仮想通貨取引所『Bitrue』がリップルの『xRapid』導入予定を公表

2018年末に、シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」が「2019年1週目に新たに5つの取引ペアを追加する」と発表がありました。

そして2019年1月4日、Bitrueは公式Twitter上にて、以下5つのXRP基軸の取引ペアの新規取扱いを発表しました。


Bitrueは2018年に新設されたばかりでシンガポールを拠点とする仮想通貨取引所で、1月5日にはBEEも上場する予定とされており、これでXRP基軸の取引ペアは全22種類となりました。

こうしたXRPを基軸とする仮想通貨取引所が、世界中にどんどんと普及していく事でリップルの知名度や流動性が上がり、

はるはる

XRP価格が上がるのに好材料となる可能性は大きいと言えますね!!



欧州の取引所『DX.Exchange』がリップル(XRP)等10種の銘柄取扱いを開始

2019年1月10日、ナスダックと提携しているエストニアの「DX.Exchange(デリバティブ・エクスチェンジ)」が仮想通貨取引所としてのサービス開始を発表しました。

取引所としてのプラットフォームがナスダックのシステムを採用している事から非常に注目度が高く、リップル(XRP)を含む10銘柄も上場されています。


また、DX.Exchangeが取引所としての特徴の一つが「リップル(XRP)」の取扱いペアで、仮想通貨ではビットコインとイーサリアム、法定通貨では米ドル、ユーロ、日本円での取引が可能になっています。

XRPを基軸に扱ったり、XRPと日本円の取引ペアを取り扱ったりする仮想通貨取引所が今後も増加すると見られているため、日本の投資家としては嬉しいかぎりですね!!

中国3大仮想通貨取引所『Huobi』がリップル(XRP)の取扱いを開始

中国の3大仮想通貨取引所の一つとして有名な「Huobi」が、日本の仮想通貨取引所「BitTrade」を買収して、リップルやビットコインを含む新たな取引ペアを追加しました。

BitTradeがHuobiに株式譲渡をした理由としては、自社が抱えている以下の3つの問題点が挙げられます。

  • 運営内部の管理体制問題
  • セキュリティ体制問題
  • コンプライアンス(法令遵守)体制問題

以上の問題点を、株式譲渡する事でHuobiグループが迅速かつ正確に問題の改善に取り組める環境が整うからと言われています。


Huobiの仮想通貨取引所サービスは、BitTradeにて2019年1月8日より開始すると発表しており、

はるはる

今なら「500円相当のリップル(XRP)」をプレゼントキャンペーン実施中のようです!!



また、BitTradeを買収した事によって、日本人向けの取引所サービスを開始する事になり、日本語公式サイトもオープンしています。

取引ペアについても開催日である1月8日から順次、リップル(XRP)やビットコイン(BTC)と法定通貨である日本円との取引が可能となっています。

こうした世界規模の大手仮想通貨取引所が、

はるはる

「リップル(XRP)=法定通貨(JPN)」の取引ペアを追加した事は日本の投資家にとっては非常に嬉しいですね!!



【リップル2019年最新予想】今後XRP価格が上がる理由3つを徹底考察まとめ

リップル,2019年

さて今回は、新しく年が明けてからのリップル最新情報として、2019年以降のXRP価格が上がる理由3つを中心に記事をご紹介しました。

2018年のリップル(XRP)価格は、ビットコインキャッシュのハードフォークの影響や全体相場の低迷の影響もあり、年末に期待された暴騰は起こりませんでした。

しかし、仮想通貨リップル単体として見た場合には、2018年は非常に好材料となる大企業との提携やXRP基軸の取引所追加、新サービス導入や実証実験の成功など良い内容で終わったと言えます。

2019年は、前述したように徐々にビットコイン基軸から外れながら、

はるはる

再度、時価総額2位のイーサリアムを抜き返すべく、リップル社と仮想通貨XRPの動向をチェックする年となりそうですね!!

特に、アメリカのナスダックが設立する予定の仮想通貨取引所にリップルが上場する事が現実的になれば、XRP価格に大きな影響を及ぼすのではないでしょうか。

2019年も仮想通貨の中でもリップル(XRP)は特に注意すべき銘柄となりそうですね。

2018年に起きたリップル(XRP)の主な提携やサービスニュース等を下記にまとめましたので、ぜひ振り返りとして参考にしてくださいね。



記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

PCサイド固定「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

【今だけ】リップルプレゼント!

サイド「Bitpointキャッシュバックキャンペーン」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」