ホーム市況【仮想通貨テクニカル観測】1月12日(土):今週急落した仮想通貨相場は調整局面なのか、下落トレンドなのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

【仮想通貨テクニカル観測】1月12日(土):今週急落した仮想通貨相場は調整局面なのか、下落トレンドなのか?

1月12日テクニカル観測

今週の仮想通貨相場は、日曜日から上昇しそうな勢いを見せるものも10日に急落し、それまでサポートラインとして機能していた25日移動平均線をも大きく割り込んで推移しています。このまま下落するのかどうか注目されます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

先週の仮想通貨相場は上昇すると強烈な売り物に押されて下落するという繰り返しでしたが、今週日曜日に上昇してからはほぼ下落することはなく推移し、売り物も少なくなったのかとの期待感も出ていましたが、10日(木)に一気に売り物が出ることになり価格は急落、ここまで機能していたサポートライン25日移動平均線を大きく割り込んでいます。

 

ビットコインは遅行線の動きに注目したい

チャートは、ビットコインの日足の一目均衡表です。

日曜日の上昇でいったん雲の中に入り込みますが、そこからは雲の下限ラインに沿って下落しており、10日(木)の急落では赤い色の基準線をも割り込んでいます。11日(金)には円建てビットコインではかろうじて10日の安値を守っていますが、ここを割り込むことは雲の下限ラインから下落していくことにも繋がります。

仮に、雲の下限ラインから下落しても、雲の特徴としてすぐにまた雲の下限ラインに沿うような動きに戻る可能性もあります。そのケースで特に注目したいのが遅行線となります。

晩年の一目散人氏は、遅行線と時間論のみで相場を見ていたともいわれていますが、特に長い時間での遅行線は重要で、ここからの遅行線の動きが、陰転して下落していくのか、または実線に沿って上昇していくのか分岐点を迎えています。

遅行線が陰転して、現在価格が雲の下限ラインからも離れていくようだと、12月15日の安値にチャレンジしに行く動きとなります。遅行線が陰転して実線から離れていくようだとこの可能性に注目です。

ただし、以前レポートしていますが、過去の株や為替相場の経験則からは、12月15日の大底を一度は試しに行くというのは度々繰り返されてきている動きでもありますので、今回もその動きとなる可能性にも注意ですね。

 

NEMは転換線さえ超えられず!

チャートは、昨日コインチェックのニュースから上昇したNEX(XEM)の日足の一目均衡表です。

結局は、タイミングも悪かったということにありますが、10日の急落から11日の材料発表で上昇したものの、日足ベースで見ると日足の終値で転換線すら超えることができない状況となっており、これだけの材料では価格の上昇は難しいということになりそうです。

遅行線を見ても、結局は陰転したままで、ここから上昇している実線の動きについていけそうな気配ではないようです。NEMについては、他のメジャー通貨が上昇した場合には連れ高となるくらいに考えておいたほうがよいかもです。

ただし、連れ高とは言っても、材料が一応は出ていますので、連れ高通貨の中での上昇率は高いかもしれませんよ!いずれにせよ、上昇したとしても赤いラインの基準線と雲の下限ラインは重そうですけど。。

 

イーサリアムは基準線がサポートラインとなるか

チャートは、イーサリアムの日足の一目均衡表です。

リップルが期待はすれとなる中で、仮想通貨ファンの期待はイーサリアムに集中しますが、昨日は基準線まで下落し、本日は基準線を割り込むところからスタートし、現在はかろうじて基準線を上回ってきているところです。

既レポートのように、基準線がサポートラインとなるかどうかは非常に重要であり、ここを割り込むようだとビットコイン同様に雲の下限ラインでの展開となります。

遅行線は陽転したままですので、ここから大きく下落しない限りは日柄調整と見れますが、遅行線が実線に絡んでくるようだとレンジ相場もしくは下落トレンド発生となる可能性に注意です。

気になるのは、先行してクリスマスイブに上昇したリップルが一目均衡表の雲の上限ラインで頭を抑えられて下落していますが、イーサリアムにも全く同様の動きがみられることです。

それほど強い根拠というわけでもないのですが、多くの人が一目均衡表に注目していますので、ここは弱気になりそうなところですね!

イーサリアムについては、基準線がサポートラインとして機能し続けるのか、遅行線がどちらに動くのかで決まりそうですね。

値ごろ感からは買いたくなる水準まで下落したリップル

チャートは、リップルの日足の一目均衡表です。

こちらもすでにレポートしたように、基準線を越えきれずに急落となっており、そのまま転換線と雲の下限ラインをも下抜けています。失望感が強かったと思われますね!

チャート的には非常に弱く見えてしまいますが、遅行線は未だ陰転しておらず実線に絡んできています。他の仮想通貨同様に、ここからは遅行線の実線が上昇していくタイミングですので、実線とともに上昇できるのか、あるいは、陰転してしまうのかのこちらも重要な分岐点を迎えています。

トレーディングの世界では、値ごろ感だけで売買するのはご法度となりますが、リップルの30円台中盤の価格は、ガチホ前提であれば、買いたくなる水準ですよね。。

 

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」