ホーム取引所コインチェックが金融庁のお墨付きに!ハッキング事件以来変わったことは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
えりな

コインチェックが金融庁のお墨付きに!ハッキング事件以来変わったことは?

コインチェック、金融庁

「コインチェック事件」が起こって以来、金融庁から「みなし業者」のレッテルを貼られていた「コインチェック」。そんなコインチェックが、仮想通貨交換事業者として、金融庁のお墨付きをもらうことができたのです。

記事上「BitPointキャッシュバックキャンペーン」
えりなえりな

2018年1月26日に発生したコインチェックのハッキング事件、通称「コインチェック事件」。

世界最大規模の盗難事件として日本国外でも大々的に報道された歴史的事件です。

それをきっかけに、金融庁は仮想通貨事業者の厳しい取り締まりを開始。コインチェックはみなし業者とみなされていました。

しかし、2019年1月11日に仮想通貨交換事業者として金融庁のお墨付きをもらうことができたのです。

コインチェックが仮想通貨事業者として登録完了

コインチェック、金融庁

2019年1月11日、金融庁は、コインチェックが資金決済法に基づく仮想通貨交換事業者であることを認めました。

関東財務局への登録も完了したということで、みなし業者とみなされていたコインチェックは、金融庁公認の仮想通貨取引所となったのです。

ハッキング事件後のコインチェックの動向について

コインチェック、金融庁

2018年1月26日に、大量の仮想通貨
NEMをハッキングで盗まれたコインチェックは、

  • アルトコインの売買を停止
  • ハッキングされたNEMの日本円による補償

などに追われており、仮想通貨取引所としての存在が窮地に追い込まれていたのです。

その後、4月にコインチェックを買収する企業が現れました。それは、大手企業のマネックスです。

えりなえりな

マネックスは、36億円でコインチェックを買収しました。

勝屋敏彦氏が新社長に就任。前社長は執行役員に

コインチェックの買収と同時に、新社長に勝屋敏彦氏が就任することになりました。

氏は、元マネックスグループの取締役兼常務執行役を務める人物です。

ちなみに、前社長の和田晃一良氏は、執行役員としてコインチェックに残ることになりました。

そんなこんなで、新体制になったコインチェックは、仮想通貨交換業者としての登録&業務再開に向けて準備を開始。

  • 業務改善計画を策定&実行
  • 経営管理態勢&内部管理態勢の改善

などを実施し、

  • 仮想通貨の出金と売却
  • 取り扱う全ての仮想通貨の売却

を再開するに至りました。

新社長の勝屋敏彦氏はコインチェック事件を謝罪

コインチェックの新社長に就任した勝屋敏彦氏は、東京証券取引所で会見を開いて、

「昨年1月にNEMの不正流出事件を起こし、お客様、取引先に多大なご迷惑をおかけした。」

と、コインチェック事件について謝罪しました。

その会見の中で、

「コインチェックは、2018年4月にマネックスグループの100%子会社になった」

旨も改めて発言。新体制になってからのコインチェックは

「役員、社員が一丸となって事件の再発防止、管理態勢の整備に取り組んできた」

こともアピールしていました。

新社長「コインチェックの努力は十分ではなかった」

勝屋敏彦氏は、会見の中で以下のようなコメントもしています。

「コインチェックは急成長したITベンチャーだが、経営でバランスを欠いていた。努力はしていたが十分ではなかった」

仮想通貨事業は新しい業界であり、あまりにも大きく成長しすぎました。

旧コインチェックのスタッフが持つスペックをオーバーしてしまった感は、確かに辞めないかもしれません。

コインチェック前社長の和田晃一良氏もコインチェック事件にコメント

コインチェックの前社長である和田晃一良氏(現在は執行役員)も、会見でコインチェック事件についてコメントしています。

「1年前の事件の影響で、さまざまななところにご迷惑をかけてしまい、大変申し訳なく思っている」

とした上で、

「事件が起こる以前から仮想通貨市場はバブルになっており、現在はそれが落ち着いた状況。この状態が本来の仮想通貨の平常だと考えている」

とコメントしています。

えりなえりな

続けて次のようにもコメントしていました。

「この状況だからこそ、新たな技術や商品の開発など、腰を据えた未来への投資ができる。私たちも今後の業界の発展のために努力していきたい」

2019年は、海外の取引所Huobiが日本進出することも決まっていますから、日本の取引所のパワーバランスが変わるかもしれません。

コインチェックにとって正念場となる年になりそうです。

取引所Huobiの日本進出についてはこちらの記事を参考に

金融庁のお墨付きをもらうに至ったコインチェックの体質改善とは?

コインチェック、金融庁

世界最大規模のハッキング事件を起こしたコインチェックが金融庁のお墨付きをもらうのは、簡単なことではなかったはずです。

えりなえりな

一体どのような体質改善を行ったのでしょうか?]

体質改善①経営体制とガバナンスの見直しを開始

コインチェック新社長の勝屋氏は、

「重要なのは経営体制とガバナンスの抜本的な見直し」

として、監査機能の強化に着手。コインチェック内に

  • 新しい執行部
  • それも監督する取締役会

を設置しました。さらに、システムリスクとコンプライアンスのプロフェッショナルを外部から招集して、牽制機能を強化。

3防衛ラインの

  • フロント
  • ミドル
  • 内部監査

モデルを採用し、リスク管理強化にも力を入れています。

体質改善②顧客対応するカスタマーサポートも強化

前述した内容にプラスして、さらに力を入れたのが、カスタマーサポートの体制強化です。

顧客のクレームを受けたり、業務説明する大事なポジションということで、経営資源を惜しげもなく投入しているとのこと。

特に力を入れたのは横断的なリスク管理だそうで、以下のような業務改善を図っています。

  • システムリスクに全般的な監視部署を設置
  • 業務端末のエンドポイントやクラウドのセキュリティ強化
  • ネットワークの分離
  • マルチシグネチャの導入
  • 前通過でのゴールドウォレットの導入
  • セキュリティルールの強化
  • セキュリティ教育の強化
  • CSIRT体制

etc

体質改善④取り扱い通貨の基準を策定

新社長の勝屋氏は、仮想通貨を使ったマネーロンダリング対策にも力を入れています。

その一つの対策として、コインチェックが取り扱ってきた仮想通貨の基準策定にも着手。

ZcashやMoneroのような匿名性の高い通貨の取り扱いを廃止しました。

さらに、金融庁が発表したガイドラインに則って本人確認の厳格化を実施しています。

取引所&販売所として注力

コインチェック事件が発生して以来、取引量が落ちているというコインチェック。

その後の内部体制の整備でコストがかさんでいるため、コインチェックの収益は落ちる一方だったそうです。

2018年11月に業務を再開してからは多少収益は伸びているものの、経常的な収益には至っていないとのこと。

そこで、新体制のコインチェックは、取引所&販売所として足固めする方針です。

当面の間は、マーケティングやプロモーションに力を入れて、ユーザーの信頼を改めて勝ち取ることを目標にしています。

最後におさらい!コインチェック事件とは何だったのか?

コインチェック、金融庁

コインチェック事件について、「仮想通貨が盗まれた」というざっくな印象しか持っていない人もいるようです。

えりなえりな

そこで、最後におさらいしたいと思います。

2018年1月26日に起きた世界最大規模のハッキング事件

コインチェック事件は、2018年1月26日に発生しました。

コインチェックのシステムが外部からハッキングを受けて、仮想通貨NEMが580億円相当を盗まれたのです。

金融業界で世界最大規模の被害総額だったため、外国でもトップニュースで報じられました。

事件の原因はセキュリティの甘さ

ハッキング事件が起きた原因は、コインチェックのセキュリティが甘かったからです。

コインチェックは、仮想通貨をホットウォレットで保管していましたホットウォレットとは、ネット経由での管理のことです。

ハッキングは、ネット経由で起こるものなので、仮想通貨はネット経由していないコールドウォレットで保管するのが常識とされています。

しかし、コインチェックはその御法度を犯していたのです。これじゃあハッキングされても仕方ありません。

公式サイトではコールドウォレットでの保管をアピールしていた

さらに厄介なのは、コインチェックは公式サイトでコールドウォレットで保管していることをアピールしていたことです。

でも実際はホットウォレットで管理していたわけですから、これは嘘ということになります。

がさつな運営体制なんていうレベルではありません!ユーザーが怒るのも当然ですし、離れていくのも当然です。

コインチェック事件についてはこちらの記事も参考に

【まとめ】新体制になったコインチェックの企業努力に注目

えりなえりな

いかがでしたでしょうか?もう終わったと思われていたコインチェックが、金融庁のお墨付きをもらったのは、ちょっと驚きのトピックですね。

以前のコインチェックの社長は若かったため、「こんな若造だからこんな事件が起きるんだ!」というイメージが蔓延した感じは否めません。

しかし、新社長の勝屋敏彦氏はベテランですから、多少安心感が広まったかも?やっぱり「人」って大事ですね。

でも、コインチェックが信頼を取り戻すには時間がかかるでしょう。今後どのような企業努力を見せていくのか?

注目していきましょう!

記事下「BitPointキャッシュバックキャンペーン」

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

楽天登録
サイド「LINEコンバ」

マイクリ!驚異の2億円調達?!

SPサイド「マイクリmch-start」

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

SPサイド「トレードで勝てるロジック実践中fx-cryptogt-bitmex」

トレードで勝てるロジック実践中だよ!

PCサイド「トレードで勝てるロジック実践中fx-cryptogt-bitmex」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

CryptoGTの無料登録はこちら

サイド「CryptoGTの無料登録はこちらchika-cryptogt」

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

ランキングに参加してね♡

SPサイド「ブログランキング」 SPサイド「ブログ村」