ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨市場の時価総額で何が分かるの?今さら聞けない仮想通貨用語について優しく解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちあき

仮想通貨市場の時価総額で何が分かるの?今さら聞けない仮想通貨用語について優しく解説!

仮想通貨,市場,時価総額

仮想通貨の時価総額とは何か?時価総額の重要性を解説しています。時価総額を使った場合投資にどんな良い事があるのかを説明しました。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

仮想通貨市場はビットコインの価格が38万円まで落ちており、市場が安定しなくなってきています。そんな中で投資をするとなると何かの法則性や規則性を考える必要があります。

そんな時に株やFXでも使用する「時価総額」に注目してみました。
時価総額って認知されているようで、実際には知らない事ばかりです。

ちあきちあき

時価総額ってよく知らないまま理解してる気になるからしっかり勉強する事が重要な気がしてきた!

仮想通貨市場に必須な時価総額とは?

仮想通貨,市場,時価総額

仮想通貨取引を行う際に重要なのが「時価総額」です。
時価総額ってなんとなく聞いたことあるけど、よくわからないですよね…。
以下に時価総額についてご紹介しますので、知識をつけて有利に取引しましょう!

時価総額で仮想通貨市場の何がわかる!?

仮想通貨市場の時価総額は一言で表すと「仮想通貨の規模」を示すものになります。

時価総額の計算方法は、「通貨発行量×市場価格」で決まっているので投資家からの信頼性も抜群です。

時価総額が大きければ、仮想通貨はそれだけ多くの投資家に注目されている事になります。

仮想通貨の時価総額が高いという事は、多くの資金が通貨に集まっている証拠になるので、値崩れが起こりにくい事を意味しています。

安定している通貨には、投資家も安心して投資をする事が出来るので、必然的に資金が集まり時価総額が更に高まる仕組みになっています。

つまり、長期保有を考えている場合は時価総額を中心に考える必要性があります。
時価総額が高ければ、今後インターネットショッピングやお店でも利用される可能性が高いのでリスクが低いと考えます。

注意点としては、仮想通貨市場を頻繁に確認している人であれば既に気がついていると思いますが、時価総額が高いから安全という事は話が違います。

今の仮想通貨市場は殆どの場合ビットコインを変換してアルトコインを購入しているので、ビットコインの価格が暴落した場合、時価総額に関係なく通貨全体が暴落する傾向があります。

ちあきちあき

仮想通貨の規模って言葉、個人的に好きかも!今度購入する時は仮想通貨の時価総額を最初に見て決めてみようかな!

仮想通貨市場に重要な時価総額は何がきっかけで変動する?

仮想通貨市場の時価総額の変動は株やFXと大きくは違いません
株の時価総額では企業イメージが反映しておりFXも国のイメージで時価総額が大きく変動します。

つまり、仮想通貨の時価総額は投資家がその通貨を見た時のイメージによって価格が大きく変動するという事です。

例えば、仮想通貨の中で一番有名な通貨であるビットコインが世界的な企業と提携するとなると大きく価格が高騰し、必然的に時価総額もあがります。

過去にも、リップルの価格が30%下落していた時にリップルのCEOが大手企業との提携をツイッターで発表するとその後30%の下落をなかった事にするレベルで大きな高騰を見せました。

仮想通貨市場の時価総額は、株やFXよりも情報的が早く、価格変動が激しい傾向にあります。

時価総額が変動するタイミングはツイッターなどのSNSで新しい情報が発表された時なので、ニュースで発表した時では既に遅いです。

ちあきちあき

情報にいち早く気がついて購入するのは取引の醍醐味だよね!特にSNSは私も常に注意深く見てる!

仮想通貨市場を動かす時価総額ランキング

仮想通貨,市場,時価総額

仮想通貨の時価総額は日々変動するので、毎日確認する事が必要になります。

2018年12月8日現在の時価総額をランキング形式で下に紹介しています。

1 Bitcoin 約67,222億円
2 Ripple 約13,949億円
3 Ethereum 約10,915億円
4 Stellar 約2,491億円
5 Bitcoincash 約2,102億円
6 EOS 約1,776億円
7 Litecoin 約1,691億円
8 TRON 約987億円
9 Cardano 約873億円
10 Monero 約872億円

仮想通貨の時価総額は、一つの判断基準ですが1分度に変動する事からお金の流れがリアルにわかります。

時価総額が大きく落ちたときに投資するというテクニックもあるので、自分なりの投資方法を考えてみるのも一つの手だと思います。

ちあきちあき

時価総額上位にある通貨はやっぱり有名なコインばかりだね!

仮想通貨市場の時価総額上位の通貨に注目!

仮想通貨取引をするのであれば、草コインといわれる1円以下の通貨に手を出すより時価総額上位の通貨に絞って取引する事が良いと言われています。

リスクを抑える事が出来るので、取引初心者の人はまず時価総額上位のコインに絞りましょう。

時価総額1位のビットコインは、仮想通貨が有名になる前から10万円以上の値をつけていました。他のアルトコインと比較すると、ネームバリューが頭一つ抜けています。

仮想通貨取引をした事がない人は、必然的に自分が知っているビットコインを最初に購入するので、今後も価格が崩れにくいと考えられています。

更にビットコインの強みは、世界中の取引所で基軸通貨として取り使われているという事です。

特定の取引所にしかない通貨もあるので、その通貨を購入しようと考えた場合、ビットコインを経由しなければいけません。

言い換えればビットコインは、仮想通貨市場の中心的存在といっても過言ではないと思います。

2位と3位の時価総額はビットコインの約6分の1ですが、数年前と比較するとその差は徐々になくなっています。

更に2位のリップルは元々10位にも入らない通貨だったのですが、銀行との提携や海外大手サイトと契約を繰り返し大きな成長をしました。

時価総額の上位に名前が入ってくると、投資家からの認知もされ、資金が大きく集まりやすくなるので通貨側のメリットも多くあります。

時価総額が高いという事は、少しのお金では市場をコントロールする事が難しい事を意味している為、国が仮想通貨を全面的に認めた時は時価総額の中でも高い通貨が選ばれる事は間違いないです。

ちあきちあき

国が仮想通貨を全面的に認めてくれたら、全盛期の勢いよりも価格が高騰する気がする!法整備をしっかりする必要があるよね!

2018年、時価総額が増えた仮想通貨は?

仮想通貨,市場,時価総額

2018年では、ほぼ全てのコインの時価総額が大きく増加しています。ですが2018年末には、仮想通貨の時価総額は全体的に大きく落ちています。

仮想通貨の中で一番有名なビットコインは、最高値240万から現在の価格は38万円まで下落してしまいました。

時価総額だけを見ると大きく仮想通貨は下落していますが、仮想通貨の底は数年前と比較すると堅くなっている事がわかります。

理由としては仮想通貨が有名になった後、仮想通貨を長期保有しようと考え購入する人が増えたので、底が徐々に上がった結果になりました。

最近では仮想通貨の底は70万とも言われていましたが、70万から38万円になった事から投資家は仮想通貨に投資をする事を避けていますが、一定の売り取引がなくなった後は時価総額は回復していくと考えられています。

実際に時価総額を見ても、20%の下落や20%の高騰が1日で起こっているので、市場取引から目が話せなくなっています。

ちあきちあき

2018年末はどの通貨も時価総額が大きく落ちてしまったよね!ここから這い上がる通貨を自分なりに探さなきゃだ!

仮想通貨市場の指標である時価総額の調べ方

仮想通貨時価総額の調べ方は、「発行枚数×市場価格(リアルタイムの価格)」で計算されます。

仮想通貨は24時間365日取引が行なわれているので、常に時価総額は変動しています。

たとえば、
ビットコイン(1BTC)の価格が50万円で100万枚の流通している場合、5000億円の時価総額という計算になります。

時価総額をサイトで調べるには?

仮想通貨市場の指標の計算を、常にしていると取引には間に合いません。
時価総額をリアルタイムで表示してくれるサイトが数多くあるので紹介します。

年中無休で取引する人も多いと思うのでリアルタイムで数字がわかるというのは投資家にとっては嬉しいです。

CoinMarketCap

コインマーケットキャップは、様々な情報を一度に見る事が出来ます。

  • 仮想通貨の取引高・価格をグラフ表示
  • 各コインページ
  • ウィジェットのツール
  • リアルタイムの仮想通貨ランキング
  • SNS情報を加えたニュース情報

ほかにも、仮想通貨の取引高・価格をグラフ表示では、時価総額、価格、24時間の取引高、供給量、価格の変化、価格グラフを見る事が出来ます。更に今後もアップデートをするとの事。

SNS情報を加えたニュース情報の見方は、SocialのタブでSNSの最新情報を確認する事が出来ます。SNSには、Radditやツイッター情報が載っており、今後はFacebookなども増えていくことが予想がされています。

リアルタイムの仮想通貨ランキングでは、取引する際にどの程度のお金が動いているのかを把握する事が出来ます。

ランキングには24時間と1ヶ月があるので、長期保有を目的にしているのか、短期トレードかを自分で見極めて使用する事が大切です。

ちあきちあき

情報を選択出来るのは良い所だよね!

CoinCap

CoinCapとは、時価総額や値動きを中心的に見る事が出来るアプリです。
現在の市場動向をリアルタイムに知る事が出来るので、投資家には便利なアプリになっています。

更に、自分が保有している仮想通貨の種類や保有量を入力する事でポートフォリオを表示する事も出来ます。

パソコンで市場を確認する場合はコインマーケットキャップを使用し、スマホで市場を確認する場合はCoinCapを使うなど、使い分けができますね。

ちあきちあき

スマホを開きながら見る事もあるからCoinCapは凄い便利だね!

時価総額の新しい計算方法「RealCoinCap」とは

「RealCoinCap」とは、ドイツの起業家Axel Pinckert氏が提唱する時価総額の計算方法です。従来の計算方法より正確な数字を把握する事が出来るので投資家の一つの基準にもなっています。

従来の時価総額は「発行枚数×市場価格(リアルタイムの価格)」で計算されていますが、その計算方法は問題があるという声も同時にあります。

その理由としては、仮想通貨は、既に世の中に出回っている供給量が大きく違うだけではなく、測定単位も決まっていません。更にビットコインキャッシュなどは一定の人数がコインの大半を保有しています。

従来の時価総額を投資家全員が使う場合、資産を多く持っている投資家が取引において価格操作を容易に行なえるだけでなく、情報操作が簡単に出来るということです。

その点、RealCoinCapは「資産の価格×標準化サプライ」で計算されるので細かい計算式に変換する事が出来ます。

先ほど、時価総額ランキングを紹介しましたが、ビットコインやイーサリアムの順位は大きくは変わりませんが、リップルやADAといった1コインの値段が安いコインは大きく順位を落としています。

したがって、RealCoinCapの最大の特徴は測定通貨が変更されないフェアな時価総額の計算が可能という事である。

ちあきちあき

従来の時価総額と違う方法なんだね!信頼性があるって事は今後はRealCoinCapが主流になっていくのかな?

時価総額から仮想通貨市場の何がわかる?

仮想通貨,市場,時価総額

時価総額を知ると、同時に仮想通貨界の動向を知る事が出来ます。

時価総額が持つ特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  • 仮想通貨の順位が大きく落ちた場合や時価総額が徐々に落ちている場合は危険
  • 良い情報が出ると価格が高騰することが多い
  • 高騰すると市場の調整が働き、概ね5%から10%程度下落することが多い
ちあきちあき

購入するタイミングを見極める点でも時価総額は活用できるんだね!

時価総額は仮想通貨投資のヒントとして活用すべき!

時価総額の説明をしてきましたが、仮想通貨を購入する際の一つの情報と考える事が重要です。

時価総額が1位だから購入するという考えでなく、何故その仮想通貨の時価総額が現在その順位に位置付けているのか?今後はどの様に時価総額が動いていくかを自分で考える事が重要になります。

あくまで時価総額は一つのヒントとして活用する事が重要という事です。
時価総額に慣れた後は、RealCoinCapを組み合わせる事によって、自分にあった投資方法が見つかると思います。

ちあきちあき

自分なりの投資方法を見つける事が一番大切だよね!私も時価総額をヒントにして投資してみようかな!

【この記事を書いた女子会メンバー】

ちあき
どうも!今回このサイトで記事を書かせていただくことになったちあきです!普段はITデザインをやってます!目標は仮想通貨で頑張って稼いでニートになること!(´∀`)
ちあきの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事