ホーム最新ニュース【3月に期待!】金融庁が仮想通貨ETF承認に向けて検討を開始!仮想通貨が投資商品になる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
えりな

【3月に期待!】金融庁が仮想通貨ETF承認に向けて検討を開始!仮想通貨が投資商品になる?

金融庁,仮想通貨

仮想通貨の法整備に乗り出している「金融庁」に、新たな動きが!それは、仮想通貨ETFの承認検討です。アメリカですでに承認に向けた動きが出ている仮想通貨ETFですが、日本でも動き出しているんですね。実現する可能性はどれぐらいあるのでしょうか?

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
えりなえりな

皆さんこんばんは、えりなです!2018年1月に発生したコインチェック事件以降、仮想通貨の法整備に乗り出している「金融庁」。

投資家を守るための法整備なので、仮想通貨を全面規制する方針ではないですが、厳しく取り組んでいることに変わりはありません。

そんな金融庁に新たな動きが出ていることがわかりました。それは仮想通貨ETFの承認検討です。

仮想通貨のETFといえば、アメリカではすでに承認に向けたトライがされていますが、日本でもその動きが起きているとは以外!

日本で仮想通貨ETFが実現する可能性はどれぐらいあるのか?実現した暁にはどんなメリットが得られるのか?リサーチしてまとめてみました。

え、そうなの?日本の金融庁が仮想通貨ETFを承認へ動いているらしい

金融庁,仮想通貨

世界中のビジネスリーダーに指示されているアメリカの「ブルームバーグ」。仮想通貨投資家にも愛読者が多い情報誌に、7日、日本の仮想通貨事業に関するトピックが掲載されていました。

それは日本の金融庁が仮想通貨ETFの承認を検討しているというものです。金融庁は、事前に仮想通貨ETFに関する関心度を調査しており、承認の検討に乗り出しているんだとか。

えりなえりな

これは匿名情報筋の情報らしいのですが、本当だとしたら仮想通貨相場に影響を与えることは間違いありません。

仮想通貨 ETF とは ?

ETFは、投資信託のことです。仮想通貨は現在投機商品として扱われていますが、ETFが承認されれば仮想通貨は投資商品に生まれ変わります。

もしそうなれば、現在は取引所でしかトレードできない仮想通貨が、証券会社でもトレードできるようになるのです。

仮想通貨の規制に乗り出していた金融庁が仮想通貨ETFを承認するかな?

仮想通貨はまだ法整備がなされていない業界ということもあり、個人投資家がトラブルに巻き込まれるケースが続出していました。

社会問題化していたこともあり金融庁は投資家保護をするために仮想通貨取引所や法律の規制に乗り出していました。

特に仮想通貨デリバティブについては、「現時点では認められない」としているぐらい厳しい目を向けています。

そんな金融庁が、仮想通貨ETFを承認するでしょうか?ちょっと疑問が残るのは否めません。

3月に提出される可能性がある仮想通貨ETFの調査結果に注目

ブルームバーグによると、仮想通貨ETFの調査は自民党が行っているとのことで、調査結果は3月に提出される可能性が高いと報じています。

今現在は下落傾向にある日本円ペアの仮想通貨ですが、仮想通貨ETFが承認されれば上昇する可能性大!

今のうちから青田買いする準備をしておいた方がいいかもしれませんね。

流動性、セキュリティ、etc。仮想通貨ETFが承認されるといいことがいっぱい起こるよ

金融庁,仮想通貨

仮想通貨が投資商品になると投資家にどんな影響があるのか?ここがいまひとつピンと来ていない人も多いと思います。

仮想通貨ETFの承認は、投資家にとって良いことだけです!主なメリットをこれから上げていきましょう。

仮想通貨ETF承認のメリット①仮想通貨の流動性が上がる

仮想通貨が投資信託になれば、機関投資家も仮想通貨を積極的に取引するようになるでしょう。そうすると、仮想通貨市場は資金が潤って上昇する見込みです。

機関投資家とは?

機関投資家は、証券会社で仕事として投資をしている人たちのことです。

つまり、投資のプロフェッショナルということ!仕事で投資をしている以上、利益を上げ続けなければならないので、腕の立つ人だけが生き残れる世界なんです。

機関投資家が動かす資金は、会社のお金です。もう少し厳密に言うと、お客様から預かっている資金を動かしています。

そのため、彼らは危険な取引をするわけにはいけません。だから、値動きが読みにくい仮想通貨は取引せず、値動きが読みやすいFXや株を選んでいます。

彼らが動かしている資金の総額は340兆円と言われているほど莫大です。

機関投資家が仮想通貨取引に参入すれば、その資金の何割かが流入してくるため、仮想通貨相場は流動性がアップするとみられてます

えりなえりな

そうすれば、値動きが安定しやすくなるため、個人投資家も取引しやすくなるはずです。

仮想通貨ETF承認のメリット②ハッキングリスクが減る

仮想通貨取引をする上で一番怖いのはハッキングリスクです。日本では、2018年1月に発生したコインチェック事件が有名ですね。

その後しばらくして、ザイフでもハッキング事件が起きました。そのため、日本の仮想通貨取引所はセキュリティ強化が課題になっているのです。

仮想通貨ETFが承認されれば、セキュリティ面の懸念を払拭されるかもしれません。なぜなら、証券会社のセキュリティで仮想通貨を守れるからです。

証券会社のセキュリティは、仮想通貨取引所とら比べ物にならないぐらい強固なものとなっています。証券会社でハッキング事件の話を聞かないのは、そういうわけなのです。

金融庁は、仮想通貨取引所のセキュリティを懸念しているので、それを払拭するためにも仮想通貨ETFの承認は必要だと言えるでしょう。

ハッキング事件に関してはこちらの記事を参考に

仮想通貨ETF承認のメリット③個人投資家歓喜!税金が安くなる

仮想通貨投資をする目的はただ一つ。儲けたいからです!私も早く職場を辞められるように日々投資の勉強に勤しんでいます(笑)

だけど、稼ぐと同時に出て行くお金が…、それは税金です。仮想通貨投資で得た収入は、最大45%の税金が引かれます。

一攫千金で億り人になったとしても、約半分が税金で引かれるなんて…ちょっとショッキングですよね。

ところが、仮想通貨ETFが承認されれば税金は20%で済む可能性が高いです。なぜなら、投資商品で得た収入は、税金が20%に一律されているから!

「仮想通貨ETFが承認されても仮想通貨だけは20%じゃないよ」なんて理不尽なことにはならないはずですから、個人投資家は歓喜です。

これは、期待するしかありません。

えりなえりな

金融庁頑張ってちょうだい!

アメリカでの仮想通貨ETFの承認はどうなっているのか?

金融庁,仮想通貨

日本よりも一足先に仮想通貨ETFの承認作業に乗り出しているアメリカ。今まで何回か承認申請が行われてきましたが、その度に却下されています。

直近での承認可否の期日は、2019年2月です。ここでの合否が、日本での承認可否も影響するかもしれませんね。

日本人投資家もアメリカの動向に着目しておきましょう。

アメリカの ETF の動向についてはこちらの記事を参考に

【まとめ】日本での仮想通貨ETFは実現するか?まずはアメリカの動向に注目

いかがでしたでしょうか?今回は、日本の金融庁が仮想通貨ETFを承認する可能性に迫りました。

仮に承認されなかったとしても、申請し続けることで承認されるかもしれません。日本は奥手な国なので、前例も必要でしょう。

それを考えると、まずは「アメリカが仮想通貨ETFを承認するか?」に注目した方がいいかもしれません。

【この記事を書いた女子会メンバー】

えりな
投資で稼いで生きていきたいと本気で考えています(๑•̀ㅂ•́)و✧全てはおっさんとタバコ臭あふれる職場から脱出するため・・!!それを考えれば投資のリスクなんてへっちゃらです笑
えりなの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」