ホームアルトコイン今後に期待のネム(XEM)!仮想通貨ネム(XEM)の将来性と課題をご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.01.18 最終更新
ゆかり

今後に期待のネム(XEM)!仮想通貨ネム(XEM)の将来性と課題をご紹介

ネム

2019年に入って価格が下落している通貨にネム(XEM)があります。世間ではネム(XEM)は期待できないという声もありますが、実は将来性のある通貨なんです!そこで今回は、ネム(XEM)の将来性と課題を解説していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
ゆかりゆかり

こんにちは!ゆかりです(^^♪

2019年に入って未だに下落相場の仮想通貨ですが、いつのなったら上昇してくれるのでしょう(*^^*)じっと待ちたいと思います!

ところで、最近価格が下落している通貨にネム(XEM)があります!ネム(XEM)は、2018年からずっと価格が低迷していることから不安視する声もあります(*_*)

しかし、実は将来性がある通貨なんです!そこで今回は、ネム(XEM)の将来性と今後の課題について解説していきます(*^-^*)

目次

今後に期待!仮想通貨ネム(XEM)の概要

ネム

まずはじめに、ネム(XEM)の概要についてみていきます!以下がネム(XEM)の概要です!(^^)!

  • 通貨名:NEM(ネム)
  • 通貨略称:XEM
  • 公開日:2015年
  • コンセンサスアルゴリズム:Proof of Inportance(PoI)
  • 発行上限:8,999,999,999XEM
  • 時価総額:第16位(2019年1月15日現在)
  • 価格:約6.3円(2019年1月15日現在)

ネム(XEM)の名前の由来は、「New Economy Movement」の略称です!他の仮想通貨の問題点である富の集中化を克服し、「富の分散化」を目的としている通貨です(*^^*)

ゆかりゆかり

すばらしい目的だね(^^♪

また、ネム(XEM)は発行上限が決められているので、通貨量が増加して起こる価格の下落がないことが特徴です!

また、後で詳しく解説しますが、コンセンサスアルゴリズムの「Pol」もネム(XEM)の特徴といえます(*^-^*)

ネム(XEM)は、現状では価格も低迷していますし、時価総額もそこまで高いわけではないことが分かります!

ゆかりゆかり

現在はそこまで目立った通貨ではないのかな(*^-^*)

仮想通貨ネム(XEM)の注目すべき特徴

ネム

ここからは、ネム(XEM)の注目すべき特徴について確認していきます!ネム(XEM)の将来性を語るにはネム(XEM)の特徴を知っておく必要があります!(^^)!

ゆかりゆかり

それではみていきましょう(*´з`)

ネム(XEM)の特徴① 「アポスティーユ」

ネム(XEM)の特徴の1つに、「アポスティーユ」があります(*^-^*)アポスティーユは、不動産の登記や公式文書などの証明する「公証」の機能です!

公証には、日付・署名などの書類の作成が必要です!現在は、この書類作成に時間がかかるという問題があります(‘Д’)また、改ざんのリスクもあります。

ネム(XEM)のアポスティーユを使用すれば、ブロックチェーン技術によって書類作成の手間を削減しつつ、データの改ざんのリスクを削減できます(*^▽^*)

ゆかりゆかり

改ざんされたら困るよね(^^♪

ネム(XEM)のアポスティーユは、特許・著作権・選挙・遺書など改ざんされないように管理する必要のあるものに利用されることが期待されています!(^^)!

ネム(XEM)の特徴② 「PoI」

ネム(XEM)の特徴の1つに「PoI」があります!PoIは、富の分散を目指すために採用された承認アルゴリズムです(*^-^*)

PoIとよく比較されるビットコインのPowでは、演算処理速度が承認に大きく関係します(*^-^*)

簡単に言うと、大きなコンピュータなどを使って早く処理を行った場合の方が報酬が大きくなるという仕組みですね(^^♪

これだと、財力が多い人ほど設備にお金がかけられるため、報酬が多くなることになります!

一方で、PoIは、演算処理速度で判断するのではなく、取引回数・取引量などを総合的に判断してスコアをつけます!ネム(XEM)の報酬は、このスコアが高い人の方が多くもらえるシステムになっています(^^♪

ゆかりゆかり

なるほど、PowとPoIにはこんな違いがあるんだね(*^▽^*)

ネム(XEM)の特徴③ 「ハーベスト」

ネム

ネム(XEM)の特徴の1つに、ハーベストといわれる報酬制度があります!ハーベストとは、ビットコインなどに見られるマイニングに変わるものです(^^♪

先ほどご紹介したPoIで決定されたスコアに応じて、報酬を支払う仕組みになっています(*^▽^*)ネム(XEM)は富の分散を目指しています。

そういう意味でいうと、ハーベストでは一定の基準を満たしていれば報酬としてXEMを取得することができるので、富の分散を支えるものであるといえます(*^▽^*)

ゆかりゆかり

富の分散がキーワードです!

ネム(XEM)の特徴④ 「ブロック生成時間」

ネム(XEM)の特徴の1つに、「ブロック生成時間」があります!ブロック生成時間とは簡単に言うと、どれくらい取引が早く行えるかを示すものです(^^♪

このブロック生成時間が、ビットコインで約10分に1度であるのに対して、ネム(XEM)は約1分に1度とかなり処理能力が高いことが分かります!

このブロック生成時間というのは、ネム(XEM)の今後の実用化にも影響してくると考えられています(*^▽^*)

ゆかりゆかり

ネム(XEM)のブロック生成時間は優れているということです(*^^*)

今後に期待!仮想通貨ネム(XEM)の将来性とは

ネム

ここからは、ネム(XEM)の将来性について解説していきます(*^▽^*)

ネム(XEM)の将来性① 「カタパルト」の実装

ネム(XEM)の将来性として、「カタパルト」の実装があります(*^▽^*)カタパルトとは、ネム(XEM)で予定されている大型アップデートのことです!

簡単に言うとネム(XEM)の性能を改善するイベントのことですね(^^♪このカタパルトが実装されると、ネム(XEM)の性能が大幅に向上するとされています!

例えば、データの処理速度でいうと、現在でも十分優秀なのですが、カタパルト実装後は、1秒間に約3000〜4000件もの処理を行うことができるといわれています!

これがどれくらい優れているかというと、ビットコインで1秒間に約7〜14件、送金速度が速いリップル(XRP)でも1秒間に約1000件~3000件です!

ゆかりゆかり

リップル(XRP)に勝るっていうのは魅力的だね(*^▽^*)

こう考えるとカタパルト実装後のネム(XEM)はかなり性能が高いといえます(^^♪カタパルトの実装は、2018年内に行われるといわれていましたが、現在も行われてません!

今後もいつ実装されるのか分からない状況ですが、もしカタパルトが実装されれば、ネム(XEM)の需要や評価が高まる可能性を秘めています!(^^)!

ゆかりゆかり

本当にカタパルトが実装されるのか疑問視する声もありますが、実装されることを期待したいです(*^▽^*)

ところで、ネム(XEM)といえば、コインチェックの流出事件で有名になってしまいましたが、コインチェック事件について復習したい方は以下の記事がおすすめです(*^-^*)

 

ネム(XEM)の将来性② 処理機能を活かして決済システムへの導入

ネム

ネム(XEM)の将来性として、ネム(XEM)の処理機能を活かした決済システムへの導入があります!ネム(XEM)は、処理速度が速いことが特徴です(*^▽^*)

そのため、ネム(XEM)を決済システムに導入することで決済をスムーズに行うことができるようになります!また、決済手数料も安く済むという利点があります(*^▽^*)

ゆかりゆかり

高い決済手数料と決済速度の遅さは現状の課題となっています!

さらに、ネム(XEM)のブロックチェーン技術によって取引データの改ざんも困難となります!このように、ネム(XEM)の特徴は決済システムと相性がいいといえます!(^^)!

今後、ネム(XEM)の利便性や機能性が認知されることで、決済システムとして採用される例が増加することも考えられます(*^-^*)

決済システムに採用される例が増加すれば、ネム(XEM)の需要や価値が高まる可能性があります!

ネム(XEM)の将来性③ アポスティーユを行政に利用

ネム(XEM)の将来性として、アポスティーユを行政に利用があります!現在、行政では、様々な手続きが行われています(*^-^*)その中では公式な証明書(公証)を取り扱います!

ゆかりゆかり

戸籍や登記簿などさまざまな公式文書を管理しているね(^^♪

これらの手続きは、電子化されている場合や、紙媒体で管理されている場合がありますが、どちらにしても管理するときには、漏洩やデータの改ざんなどが起こらないように対策が必要です!

この対策に現在はかなりのコストがかかっています!そんな中で、ネム(XEM)のアポスティーユを利用すれば、ブロックチェーン技術によってデータの改ざんが困難になります(*^-^*)

また、管理などのコストも削減することができるため、行政にアポスティーユを導入することが検討されています!

行政の公証としてアポスティーユが利用された場合には、ネム(XEM)の利便性が理解されることにつながり、価格や価値の上昇につながるといえます(*^-^*)

ゆかりゆかり

行政としても低コストで高いセキュリティが保てるので、利用しやすいのではないでしょうか(*^^*)

今後に期待も!仮想通貨ネム(XEM)の課題とは

ネム

ここからは、今後に期待されているネム(XEM)の課題について確認していきます!将来性ばかり確認するのではなく、しっかりと課題にも目を向けていきましょう(^^♪

ネム(XEM)の課題① 知名度

ネム(XEM)の課題としては、知名度があります!日本ではネム(XEM)は人気のある通貨です(*^^*)

ゆかりゆかり

日本では比較的人気のある通貨です!

コミュニティーが存在していたり、ネム(XEM)で支払いのできるbarなども存在しています(*^▽^*)しかし、全体としては知名度があまり高くありません!

価格も低迷していますし、時価総額も16位とそこまで多くないことからも知名度がうかがえます(‘Д’)

また、ネム(XEM)の名前を知っていても、ネム(XEM)の利便性機能はあまり知られていません(*^^*)

やはり、コインチェックのネム(XEM)流出事件の印象もあって、なかなか、ポジティブなニュースが広まらないという理由もあります!

ゆかりゆかり

どちらかというと悪いイメージがある方が多いのではないでしょうか(*^^*)

このように、ネム(XEM)の性能やポジティブなニュースを知ってもらうということが今後の課題だといえます(*^-^*)

ネム(XEM)の課題② 「カタパルト」の実装

ネム

ネム(XEM)の課題は、カタパルトの実装です!カタパルトについては解説しましたが、大幅なアップデートによって性能が大きく向上するといわれています(*^▽^*)

ゆかりゆかり

かなり大きなアップデートです(*^-^*)

このカタパルトの実装はネム(XEM)を支持する方には期待されています!しかし、課題もあり、2018年内に実装されるといわれていたカタパルトが未だに実装されていないということです!

カタパルトが実装されるといわれてから今まで大きな動きがないまま来てしまいました(‘Д’)そのため、本当に実装されるのか不安に感じている方も出てきています!

カタパルトの実装によって大きくネム(XEM)の性能が向上するだけに、早く実装してほしいと思います(*^▽^*)

ゆかりゆかり

できるだけ早くカタパルトを実装して頂きたいですね(*^▽^*)

ネム(XEM)の課題③ 他の通貨との差別化

ネム(XEM)の課題として、他の通貨との差別化があります(*^-^*)ネム(XEM)は、処理能力の高さやアポスティーユなど特徴的な機能を持っています!

しかし、他の仮想通貨との差別化ができているかといえば、できていないといえます(*^-^*)

例えば、処理速度にしても、現状ではリップル(XRP)などの方が優れていますし、アポスティーユについても似たような機能を持っている通貨も存在しています!

そうした中で、ネム(XEM)にしかないような特徴を見出すことができなければ、今後さらに需要や価値を高めていくことは難しいかもしれません(*_*)

ゆかりゆかり

他の通貨に負けない魅力が必要です!(^^)!

仮想通貨ネム(XEM)に追い風?ネム(XEM)に関連する明るいニュース

ネム

ここからは、ネム(XEM)に関連する明るいニュースをご紹介します!

ネム(XEM)に関連するニュース① ネム(XEM)の技術を基にした「mijin」の活用増加

ネム(XEM)に関連する明るいニュースとして、ネム(XEM)の技術を基にした「mijin」の活用増加にニュースがあります(*^-^*)

mijin」とは、プライベートブロックチェーンといわれているもので、許可された人しか参加できないブロックチェーンです(*´з`)

mijin」は、特定の人のみが閲覧できるようなシステムで、不特定多数の人に閲覧されると困るものを扱うときに力を発揮します(*^-^*)

以下では、「mijin」の実例をご紹介していきます(*^-^*)

「mijin」の実用例① 地方自治体の行政サービスに利用

mijin」の実例として、地方自治体の行政サービスに利用されたというものがあります(*^-^*)これは、ベルギーの地方自治体の行政サービスに「mijin」を導入する実証実験を行ったというものです(*^-^*)

現在は実証実験の段階ですが、これが実用化することになれば、ネム(XEM)にとっても大きな出来事となります(*^-^*)

「mijin」の実用例② 在宅勤務者や個人事業主などリモートワーカー管理に利用

mijin」の実用例として、在宅勤務者や個人事業主などのリモートワーカーの管理に利用するというものがあります!

これは日本の会社が共同で行ったのですが、在宅勤務者や個人事業主などのリモートワーカーの管理に「mijin」を活用した実証実験を行ったとのことです!(^^)!

ゆかりゆかり

最近は在宅ワークという働き方も増えているよね!

今まで、個人事業主などに仕事を頼んだときに、漏洩してはいけないデータなどの管理を抑止するには、契約書などで指定するしかありませんでした(*_*)

しかし、「mijin」で管理することで、不正にデータを漏洩させるような行為をした時点で不正行動を認知し、未然に漏洩を防ぐことにつながるとしています(*^▽^*)

今は実験段階ですが、これが普及すれば、個人事業主との契約も行いやすくなり、個人事業主の増加にもつながるかもしれません(*^▽^*)

ゆかりゆかり

ネム(XEM)の技術が、社会を変えるかもしれないね( ゚Д゚)

「mijin」の実用例③ ジャパンネット銀行の契約書締結に利用

mijin」の実用例に、ジャパンネット銀行の契約書締結に利用されるというものがあります(*^-^*)

ジャパンネット銀行は、2種類のブロックチェーン技術を連携させた業務システムの実証実験を行ったのですが、そのうちの1つが「mijin」です(*^-^*)

ゆかりゆかり

ジャパンネット銀行は日本の会社だね!

今回、ジャパンネット銀行が「mijin」を含むブロックチェーン技術を利用したシステムの実証実験を行った理由としては、紙媒体で行っていた契約書のデータ化に取り組みたいと考えたからだとしています(*^-^*)

実際、どこの企業でもペーパーレス化は検討されていますが、ジャパンネット銀行はその先駆けとしてブロックチェーン技術を利用したいと考えています(*^-^*)

もしこのシステムが実用化すれば、日本で「mijin」が使用されるようになるかもしれません(*^-^*)

ゆかりゆかり

今後の「mijin」とネム(XEM)に期待です(*^-^*)

ネム(XEM)に関連するニュース② NEM財団が日本支部を設立

ネム9

ネム(XEM)に関連するニュースとして、NEM財団が日本支部を設立したというものがあります(*^-^*)2018年11月28日に、NEM財団が日本支部を設立したことを発表しました!

この日本支部設立は、ブロックチェーン技術を日本に普及することや、ネム(XEM)に関連する情報を提供したり、導入を支援する取り組みを行うために行ったとしています(*^-^*)

このことによって、日本でのブロックチェーン利用が促進されたり、ネム(XEM)の技術を導入する企業がでてくる可能性があります(^^♪

ゆかりゆかり

NEM財団が日本に進出することで、日本でネム(XEM)が認知される可能性もあります(^^♪

ネム(XEM)に関連するニュース③ NEM財団・リップル社等が新団体「Blockchain for Europe」を設立

ネム(XEM)に関連するニュースに、NEM財団・リップル社等4社が、「Blockchain for Europe」を設立したというものです(^^♪

Blockchain for Europe」とは、ヨーロッパに対してブロックチェーンについての正しい理解を広めようという団体です!

ゆかりゆかり

現状では、仮想通貨を使用したシステムには不安を感じる団体も多いです(*_*)

NEM財団など4社は、現在のヨーロッパでは、正しく理解することなくブロックチェーン技術などに対しての規制を議論しているとしています。

ブロックチェーン技術を正しく理解し、適切な規制を求めていく活動を行うとしています!(^^)!

この団体設立にNEM財団が関わっていることで、ヨーロッパにおけるネム(XEM)の存在感が増す可能性もあります!

また、Blockchain for Europeでは、ブロックチェーンの実例としてリップル(XRP)やネム(XEM)の使用例が紹介されるということです(*^^*)

そのため、ネム(XEM)の実用化につながる可能性もあります(^^♪

ゆかりゆかり

実用化につながるとうれしいです!(^^)!

今後に期待!仮想通貨ネム(XEM)の将来性と課題【まとめ】

ここまでで、今後が期待されるネム(XEM)の将来性と課題を解説してきました(*^^*)

最近、価格も低迷していますし、ニュースなどでもあまり大々的に取り上げられないネム(XEM)ですが、魅力があることがお分かり頂けたでしょうか?

今後に期待のネム(XEM)なので、日ごろからニュースなどを確認するようにしたいです!(^^)!

ゆかりゆかり

みなさんも、ニュースなどでネム(XEM)を確認してみてください(*^▽^*)

ちなみに、もっとネム(XEM)を保有している方は、安全に保有したいですよね?以下の記事ではネム(XEM)のウォレットについて解説しています(*^-^*)

最終更新日:2019年01月18日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆかり
就活の到来から全力逃亡中。H〇NTER×HUNT〇Rのヒソカ好きな仮想通貨女子です。夢のハイパーニート生活のために全力で仮想通貨を勉強してます!
ゆかりの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」