ホーム仮想通貨FX攻略【ビットコインFX】移動平均線×RSIで勝率30%UPする5つの手法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

【ビットコインFX】移動平均線×RSIで勝率30%UPする5つの手法

ビットコインFX 移動平均線 RSI

ビットコインFXで勝てる移動平均線とRSIを組み合わせたトレードを紹介します。勝率が30%以上の5つの手法やエントリー根拠・利確・損切り場を徹底解説しているので、ご参考にしてください。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

移動平均線とRSIを組み合わせると本当に勝率が上がるか知りたい!」という人はたくさんいるんじゃないかにゃ?

ねこねこ

この記事を読めば、移動平均線とRSIを組み合わせ勝率が30%上がる手法を学ぶことができるにゃ。

さらに実践的な手法を5つ解説しているから、どんな相場でも安定した成績を残すことができるのだ。

今回は、移動平均線とRSIの組み合わせがいい理由や、移動平均線とRSIを組みあわせた5つの実践手法を紹介するにゃ。

移動平均線とRSIの組み合わせを理解し、ビットコインFXで勝てるようになるために、この記事がお役に立てればいいな。

移動平均線の基本のおさらい

ビットコインFX

まずは、移動平均線の簡単なおさらいからにゃ!

移動平均線の基本的なエントリータイミングは、主に2つだね。

  • ゴールデンクロス
  • デッドクロス

移動平均線のエントリータイミングはこれだけだよ。

早速、画像を使ってエントリータイミングのおさらいからにゃ。

ゴールデンクロスのエントリータイミング


3本の移動平均線がクロスして、上から短期(黄)・中期(赤)・長期(青)の順で並んだらゴールデンクロスの発生だよ。

ねこねこ

ゴールデンクロスが発生したら買いポジション(ロング)だにゃ。

これが基本的なゴールデンクロスの使い方だね。

デッドクロスのエントリータイミング


3本の移動平均線がクロスして、上から長期(青)・中期(赤)・短期(黄)の順で並んだらデッドクロスの発生だよ。

ねこねこ

デッドクロスが発生したら売りポジション(ショート)だにゃ。

これが基本的なデッドクロスの使い方だね。

移動平均線を使った実践的な手法はこちらの記事を参考にしてね!

 

RSIの基本のおさらい

次に、RSIの基本的な使い方について紹介するにゃ。

RSIは、一般的に「売られすぎ買われすぎ」を教えてくれるオシレーター系のテクニカル指標だよ。

真ん中が50%で一番上が100%、一番下が0%なのだ。

RSIは、100%以上に行くことはないし0%以下になることもないよ。

50%を中心として、70%以上になったら買われすぎのためショートを狙い、30%以下の時は売られすぎのためロングを狙うのにゃ。

でも、RSI本来の使い方は売られすぎ買われすぎを見るのではなく相場の勢いを見るものなのだ。

ねこねこ

70%以上になったら買いが強い、30%以下になったら売りが強いと考えるのにゃ。

また、代表的なエントリータイミングは2つあるよ。

  • ダイバージェンス
  • ヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)

ダイバージェンス

ダイバージェンスは、ローソク足の安値とRSIの安値が逆行していることだよ。

ダイバージェンスの形が見えたら、トレンドが転換する兆候と覚えておこう!

ねこねこ

安値に引くのがダイバージェンスのポイントなのだ。

ローソク足では安値を切り下げてないけど、RSIは安値を大きく割り込んでいるね。

ポジションを持っていてダイバージェンスが発生したら、トレンド転換の可能性があるから早めの利確だね。

ヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)

ヒドゥンダイバージェンスは、ローソク足の高値とRSIの高値が逆行していることだよ。

ヒドゥンダイバージェンスの形が見えたらトレンドが続く兆候だと覚えておこう!

ねこねこ

ヒドゥンダイバージェンスは、ダイバージェンスとは違って高値に引くのがポイントだね。

ポジションを持っていてヒドゥンダイバージェンスが発生したら、ポジションを強気でホールドしてもいいよね。

RSIで移動平均線の弱点を補う

ビットコインFX

移動平均線とRSIを組み合わせると、勝率のいい取引ができるようになるにゃ。

2つのインジケーターを組み合わせるのは、移動平均線の弱点をRSIで補えるからだよ。

移動平均線の弱点は、レートよりも一歩遅く表示されてしまうということ。

以下の画像を見てもらうとわかるにゃ。

ゴールデンクロスが発生する前に、移動平均線を上抜けしているよね。

ゴールデンクロスを確認したときにはもう高値付近だから、ここから買うことはできないよね。

ねこねこ

そんな感じで、移動平均線はレートよりも一歩遅いのにゃ。

そこでRSIと組み合わせることで、エントリータイミングの遅さを克服できるのだ。

 

先ほどの画像だけど、レートが移動平均線を抜けたときにRSIは70%にタッチしているよね。

根拠としては、RSIが強い上昇と判断し、さらにレートも移動平均線を上抜けしたから強いという理由で、ロングエントリーすることができるんだよ。

このように移動平均線とRSIを組み合わせれば、乗り遅れずにエントリーすることができるのにゃ。

ビットコインFXに最適な移動平均線とRSIのパラメータ

移動平均線とRSIの基本的なエントリーポイントが分かったところで、次にパラメータを設定していくのにゃ。

パラメータ設定は、20日移動平均線や90日移動平均線などの期間を設定することだよ。

必ず勝てるパラメータの設定方法はないけど、投資家に人気の期間ならあるよ。

みんなが使っている期間なら意識されやすいから効きやすいといえるにゃ。

例えば、移動平均線のゴールデンクロスでの買いをみんながチェックしてるとするよ。

ゴールデンクロスでみんなが買えばレートは上に動くよね。

だからビットコインFXでは、人気のあるテクニカル指標を使ったほうがいいのだ。

早速、移動平均線とRSIの人気なパラメータ設定を紹介していくよ。

ビットコインFXの移動平均線に最適なパラメータ

投資家に人気のある移動平均線のパラメータは、

  • 短期:20日移動平均線
  • 中期:75日移動平均線
  • 長期:100日移動平均線

だよ。

20日や21日など人によって期間設定は少し異なるけど、自分が使い慣れている期間でやることが重要だにゃ。

ねこねこ

今日は25日移動平均線が効いているから25日に設定しよう」ではいけないにゃ。

ビットコインFXのRSIに最適なパラメータ

投資家に人気のあるRSIのパラメータは、

  • 14日間

だよ。

ねこねこ

「14日間」という数字は、RSIの生みの親「J.W.ワイルダー氏」も推奨しているくらいなんだよ!

だから当然全世界の投資家も使っているし、意識されやすい期間といえるにゃ。

ビットコインFXの勝率30%UP!移動平均線とRSIを使った手法

ビットコインFX

移動平均線とRSIのおさらいをしたところで、2つを組み合わせて勝率を30%UPする手法を紹介するよ。

パラメータ設定は、上記で紹介した数値だにゃ。

パターン①ダイバージェンス×ゴールデンクロスの順張り鉄板ロング

  • エントリー根拠:ダイバージェンス発生後のゴールデンクロスのためロング
  • 利確:短期移動平均線(黄色)の下抜け
  • 損切り:直近安値の損切りラインを下抜けしたら
ねこねこ

ダイバージェンスでトレンド転換の期待が高まり、ゴールデンクロスで確信しロングだにゃ。

「ダイバージェンス」「ゴールデンクロス」の2つが重なり、精神的にも強気で取引ができるポイントだね。

利確が短期移動平均線(黄)の下抜けなのは、一旦上昇が収まってからということだよ。RSIも70%を下抜けしているから、下がる可能性も高いね。

損切りは、直近安値の損切りラインを下抜けしたところがいいかも

ダイバージェンスが発生したのに安値を更新するということは、まだまだ下がる可能性があるからだね。

下落は動きが速いからすぐに損切りしないと、大損の可能性もあるから注意が必要だにゃ。

パターン②ダイバージェンス×デッドクロスの順張り鉄板ショート

  • エントリー根拠:ダイバージェンス発生後のデッドクロスのためショート
  • 利確:短期移動平均線(黄色)の上抜け
  • 損切り:直近高値の損切りラインを上抜けしたら

高値付近でダイバージェンスが発生し、そろそろトレンド転換の可能性が高いと判断できるよね。

その後ローソク足が移動平均線を下抜けして、デッドクロスになったところでショートエントリーだにゃ。

短期移動平均線(黄)を上抜けしたら、短期的な目線では下落が収まったことを意味するから、そこで利確をするのがおすすめだよ。

ねこねこ

一番上の高値に損切ポイントを置くとリスクリワードが合わなくなるから、その前の高値に損切りするのにゃ。

リスクリワードは、1:2(損失幅:利確幅)がおすすめだよ。1回勝てば2回負けることができるという考え方だね。

ビットコインFXで勝率100%は無理だから、リスクリワードを1:2にすることでトータルで勝つ作戦にゃ!

パターン③ヒドゥンダイバージェンス後の短期移動平均線(黄色)の下抜けショート

  • エントリー根拠:ヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)発生後に短期移動平均線(黄)を下抜けショート
  • 利確:短期移動平均線(黄)を上抜けしたところ
  • 損切り:損切りラインを上抜けしたところ

ヒドゥンダイバージェンス(リバーサル)発生後にまだトレンドが続くと予想して、短期移動平均線(黄)を大陰線で強く下抜けしたところでショートエントリーにゃ。

利確場所は、短期移動平均線(黄)を上抜けしたところだよ。その前にもみ合っているから、好きなところで利確してもいいのにゃ。

損切りラインを上抜けしたら、一気に上昇する可能性があるからしっかり損切りしようね!

ねこねこ

損切りラインと利確場所のリスクリワードが合っていて、理想のトレードだにゃ!

パターン④ヒドゥンダイバージェンス後のゴールデンクロスの順張りロング

  • エントリー根拠:上昇トレンド中にヒドゥンダイバージェンスが発生+ゴールデンクロスのためロング
  • 利確:短期移動平均線(黄)の下抜け
  • 損切り:損切りラインを下抜けしたら
ねこねこ

上昇トレンド中にヒドゥンダイバージェンスが発生したから、トレンド継続と判断できるにゃ。

その後、ゴールデンクロスも確認できたからロングでエントリーだよ。

利確場は短期移動平均線(黄)を下抜けだけど、順張りトレードだから思い切って引っ張ってみてもいいかもね。

損切りは長期移動平均線(青)の下抜けか、損切りラインの下抜けかのどちらかだよ。

パターン⑤レンジ相場

  • エントリー根拠:RSIも70%~30%の間に入り移動平均線も方向感ないためレンジと判断
  • 利確:上下の赤ライン
  • 損切り:上下の赤ラインを上抜け下抜け
ねこねこ

トレンドが発生し終わるとレンジ相場になりやすいのにゃ。

移動平均線もRSIも、レンジ相場では方向感なく上下に行ったり来たりしているのだ

ポイントをまとめると、

  • レンジ相場では逆張りが基本
  • 赤ライン付近の赤枠では買いを狙う
  • 青枠では売りを狙う
  • 利確場は、反対側の赤ラインにタッチしたところ
  • 上下の赤ラインを抜けたら損切り

上下の赤ラインを抜けたということはトレンドの発生かもしれないからね。

だから、左から3つ目の青枠のショートは損切りだよ。

移動平均線×RSIまとめ

ビットコインFXで勝てる移動平均線とRSIを使った手法を紹介したにゃ。

2つを組み合わせることによって、エントリー根拠が一気に上がり精神的にも強気で取引を行えるようになるのだ。

さらに、ゴールデンクロス・デッドクロスとダイバージェンス・ヒドゥンダイバージェンスを組み合わせれば勝率30%UPも間違いなしだね!

ぜひ、参考にしてほしいのにゃ!

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事