ホーム最新ニュース【最新ニュース】仮想通貨市場低迷に伴い米著名投資ファンドが新たな信用ファンドで調達を発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はる

【最新ニュース】仮想通貨市場低迷に伴い米著名投資ファンドが新たな信用ファンドで調達を発表

仮想通貨,ニュース

2019年に入り現在も低迷を続ける仮想通貨相場ですが、そんな仮想通貨ビジネス界隈を下支えするニュースが報道されました。今回はそんな米著名投資ファンドの新たな信用ファンドによる資金調達発表を中心に仮想通貨市場の動向を探ります。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

はるはる

こんにちわ『はる』です!低迷する仮想通貨業界を危惧した1人の男が信用ファンドを立ち上げ、仮想通貨関連企業向けの投資ファンドを立ち上げました!!



【最新ニュース】アメリカの『Galaxy Digital』が仮想通貨低迷に伴い信用ファンドによる資金調達

仮想通貨,ニュース

アメリカの有名メディアとして有名な経済誌「BUSINESS INSIDER」によると、仮想通貨投資企業「Galaxy Digital」創設者&CEOである「Michael Novogratz氏」が新たな信用ファンド立ち上げたニュースを報じました。

Michael Novogratz(マイケル・ノボラッツ)氏と言えば、著名な投資家としても有名で、将来的な仮想通貨価値を予想してきた人物としても有名ですよね。

今回の報道によると、新たなブロックチェーン企業向け信用ファンドを立ち上げて、2億5,000万ドル(日本円273億円ほど)を調達しようとしているようです。

以前から、Michael Novogratz氏は、仮想通貨やブロックチェーン開発企業が現状の資金繰りに困っている事を危惧しており、

はるはる

今回立ち上げ予定の信用ファンドでこうした企業の支援をしようとしています!!



具体的には、この信用ファンドでは仮想通貨をはじめマイニング機材や不動産などを担保として資金を借りる事が可能と言われています。

今回はそんな仮想通貨業界をうれいて立ち上がった「Michael Novogratz氏」と「Galaxy Digital」に関連する情報をご紹介していきます。

仮想通貨で148億円損した男が運営する『Galaxy Digital』の動向

かつて仮想通貨で天国と地獄を味わったヘッジファンド界の巨頭とも言われる「Michael Novogratz氏」。

Novogratz氏自身だけでなく設立した「Galaxy Digital」でも「1億3,000万ドル以上(148億円相当)の含み損」を抱えている事が報じられています。

2019年初頭に、Galaxy社のカナダに上昇している株式を約5億9,000万円分買い増しし、

はるはる

持ち株比率をおよそ80%まで増やす事で仮想通貨市場への変わらない信念を示しました!!



Galaxy Digital創設者&現CEO「Michael Novogratz氏」とはどんな人物?

Novogratz氏と言えば、2018年末の仮想通貨バブル以前から、ビットコインの保有者として強気な相場観を持ち続けている事でも有名な人物です。

仮想通貨バブル到来を予想し、さらに2019年初頭のバブル崩壊からの下落して「2018年の9月には、ビットコインは6200ドル台にとどまるだろう」とも予想しており保有する事を選択しました。

しかしその後、ビットコインのクライアント内で内輪もめが起きた事や、ビットコインキャッシュが分裂した事、SECがICOの取り締まり強化をし出した事でBTC価格はさらに下落してしまいました。

はるはる

そんなNovogratz氏曰く、今後は仮想通貨での資金調達で衰退したICOではなくセキュリティートークンの時代がくると予想しています。



低迷を続ける仮想通貨業界にとって今回のニュースは朗報

今回報道された「Novogratz氏」が運営する「Galaxy Digital」の信用ファンドとあわせて、他にも現在低迷を続けている仮想通貨業界にとっては良いニュースがいくつか公開されています。

世界No.2の規模を誇る証券取引所「NASDAQ」のベンチャー部門、およびマンハッタンを本拠地とする金融関連会社「CitiGroup」などがブロックチェーン「Symbiont.io」に約21億円を出資しました。


また、2019年第1四半期に仮想通貨や先物取引サービス提供予定の「ErisX社」が、2018年末に「NASDAQ」や「フィデリティ」などの巨大金融機関など21社から共同出資(約31億円)を受けたニュースが報じられました。


低迷を続けている仮想通貨相場ですが、今後有望とされるブロックチェーン企業や仮想通貨関連企業へ巨額出資する大企業の動向は継続中であり、

はるはる

仮想通貨業界にとって非常にポジティブなニュースと言えますね!!



未来の仮想通貨業界に変革を起こす『ブロックチェーンプロジェクト』

仮想通貨,ニュース

ご紹介した仮想通貨業界を代表する強気派の著名人「Michael Novogratz氏」ですが、2019年に期待されていた様々なサービス延期が相次ぐ中、どのような見解を示しているのでしょうか。

仮想通貨市場は最低あと数か月間回復の目途はない!?

Michael Novogratz氏は、Galaxy Digittalの現CEOであるとともに、以前「Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)」の元パートナーであった経歴を持っています。

そんなMichael Novogratz氏曰く、「現在の低迷する仮想通貨市場が再び回復し以前の価格に戻ろうとするのに最低数か月はかかる」との見解を示しています。

2018年末、Novogratz氏の予想では「ビットコイン価格は2019年最初の6ヶ月で回復傾向になり、年末には220万円を超える」との予想をしていました。

しかし、現状まだ低迷をし続ける仮想通貨相場では、これほど回復が早く始まるとは考えていないようです。

こうした仮想通貨市場回復に時間がかかる原因として、

はるはる

「ビットコインETFの承認」や「Bakktのビットコイン先物取引」などの審査が進んでいない点を指摘しています!!



アメリカの仮想通貨規制問題が市場回復や発展の妨げになっている事は確かと言われていますが、Novogratz氏は「最終的にはウォール街の人々や金融機関などがこの分野に参加する」と考えているようです。

『Cosmos(コスモス)』と呼ばれるブロックチェーンへの期待

また、仮想通貨市場の将来性について、Novogratz氏はまだイーサリアムが35ドルだった頃からトークンセールに参加していた「Cosmos(コスモス)」というブロックチェーンに期待を寄せているようです。

Cosmos(コスモス)は、2017年後半からプロジェクトが進められているブロックチェーンプラットフォームで、スマートコントラクトとDappsの機能を併せもっています

複数のブロックチェーン間を接続可能にするCosmos(コスモス)はクロスチェーンプロトコルとも呼ばれており、従来のスケーラビリティ問題を解決できる分散型ネットワークと言われてるのです。

つまり、一度に複数の仮想通貨同士を従来の取引所などを経由せず簡単に交換可能になっている点や、

はるはる

利用ユーザー数、トランザクション数の増加にも対応できる点が特徴となっているんですよ!!



Novogratz氏は、このCosmosのプロジェクトが本格的に稼働する事によって、仮想通貨市場に新しい変革をもたらすと考えています。

今後新たな『ブロックチェーンプロジェクト』が仮想通貨業界を変革する

前述した新しいプロジェクトによって仮想通貨業界に変革をもたらす可能性のあるものは「Cosmos」だけではなく、Novogratz氏以外の著名人もこうしたプロジェクトに期待を寄せています。

例えば、ユニオンスクエアベンチャーズの著名な投資家「Fred Wilson(フレッド・ウィルソン)」もその一人で、

  • Algorand(アルゴランド)
  • Filecoin(ファイルコイン)
  • Cosmos(コスモス)

といったプロジェクトが本格稼働する事で、2019年の仮想通貨業界が完全に変わる可能性を秘めていると述べています。

「Michael Novogratz氏」が今後の仮想通貨市場を予想

仮想通貨,ニュース

ここまで、「Michael Novogratz氏」が持っている仮想通貨業界への期待や見解についてご紹介してきましたが、実際に今後仮想通貨価格は元に戻るのでしょうか。

ここでは、「Michael Novogratz氏」が一般投資家へあてたメッセージを元に今後の仮想通貨市場の動向をみていきましょう。

仮想通貨取引を行う一般投資家へメッセージ『諦めるな』 by Michael Novogratz

2019年2月2日、Novogratz氏は「一般投資家へ向けたメッセージ」を込めて以下の様に自身のTwitter上で発言しています。


「しばらくの間、仮想通貨市場が待っていたことを実現。 それは摩擦だ。 少なくとも数ヶ月は上向きになるとは思えない 。機関投資家が動くには時間がかかります。それらは確実に水面下の下で動いている。 諦めないように!!」



上記のように述べた上で、さらに仮想通貨価格上昇の要因となり得る「機関投資家の参入」についてもやはり時間がかかるのですぐには参入しないとの見解を示しています。

ただ、これらは確実に水面下で動いているため、

はるはる

一般投資家へ向けて「諦めないように」との激励メッセージも送っています!!



Novogratz氏が述べたとおり、現状遅れてはいますがビットコインETFの承認やFidelity、Bakktなどの機関投資家向けのサービスは動いている事は確かですね。

【最新ニュース】米著名投資ファンドが新たな信用ファンドで調達まとめ

仮想通貨,ニュース

今回は「Galaxy Digital」が信用ファンドを開始したニュースとともに、ゴールドマン・サックス出身で仮想通貨投資銀行のCEOである「Michael Novogratz氏」の見解を元に今後の仮想通貨業界を考察してみました。

表面上の仮想通貨相場は低迷し続けているものの、ブロックチェーンや仮想通貨関連企業へ出資する企業が増えつつあるというのは、非常に喜ばしいニュースですね。

また、Novogratz氏の見解にあった「今後数か月は仮想通貨市場の回復は見込めない」という事からも、もうしばらくは市場全体が低迷を続ける可能性も考えていた方がよさそうです。

テクニカル指標でも、今年の6月から後半頃までは低迷が続く可能性があるとの事ですので、

はるはる

本格的な仮想通貨の上昇トレンドが始まるのは2019年後半といったところでしょうか…。



その頃に、期待されている機関投資家の参入により、仮想通貨市場が回復に向かう事を想定しながら投資を行った方がよさそうです。

今後衰退気味のICOに替わって期待されている資金調達手段「STO」についても、ぜひ以下の記事を参考にしてくださいね。



【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事