ホーム最新ニュース楽天が仮想通貨業界に本格参入!JBC2019で楽天が語った内容と今後の展望
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さおりん

楽天が仮想通貨業界に本格参入!JBC2019で楽天が語った内容と今後の展望

楽天,仮想通貨

取引所BITBOXやブロックチェーンプラットフォーム「LINK Chain」を発表したLINEのように、楽天も遂に仮想通貨・ブロックチェーンの業界に本格参入する姿勢を見せています。今回は、そんな楽天の仮想通貨業界参入に関連する内容をご紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

さおりんさおりん

どうも『さおりん』です。遂に楽天が本格的に仮想通貨業界への参入してきそうですね。今回はそんな楽天が今後展開するサービス内容についてご紹介していきます。



目次

楽天が仮想通貨・ブロックチェーン業界へ本格的に参入開始

楽天,仮想通貨

2018年から2019年にかけて低迷し続けている仮想通貨市場ですが、その規模や各仮想通貨としての機能、ブロックチェーン技術は間違いなく日々高まっています。

今まで仮想通貨に全く縁のなかった企業が、仮想通貨関連事業に参入したり提携を結んだりと年年その数は増加傾向にあると言われているようです。

そして今回は、日本最大級のネット通販サイトでお馴染みの楽天グループ」が、子会社である楽天カード株式会社を通じて、日本の仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」を買収しました。

今後、楽天グループが仮想通貨の決済手段をよりスムーズにサービス提供していくためには、仮想通貨交換所としての機能」が必要だったために買収に踏み切ったようですね。


そして2019年に入り、会社名を「みんなのビットコイン」から「楽天ウォレット株式会社」へ商号変更し、今後仮想通貨業界への参入の意思を固めたようです。

実は楽天はブロックチェーンの研究を進めていた!?

楽天と言えば一般的に「楽天市場」というネット通販サイトが有名で、あまり知られてはいませんが、実は2016年にブロックチェーン研究機関をイギリスに設立して研究を進めてきました

イギリスのベルファストを拠点としたこのブロックチェーン研究機関は「楽天ブロックチェーン・ラボ」と呼ばれており、次世代の決済プラットフォームの研究に尽力しています。

さおりんさおりん

また、楽天グループと言えば、「楽天証券」という証券会社も運営している事で有名ですよね。



こうしたFXの顧客を中心に、今後仮想通貨取引所サービスを提供してほしいと期待する利用者の声も大きくなっていた事も同業界への参入のきっかけとなりました。

そこで、今回は2019年1月31日に開催された「JBC2019」にて発表された、楽天の今後の取組みや楽天の仮想通貨市場への参入はどうなるのかを考察していきます。

『JBC2019』が横浜で開催!楽天が発表した今後の取り組みや活用事例をご紹介

楽天,仮想通貨

2019年1月31日、横浜にて「JBC2019(Japan Blockchain Conference YOKOHAMA Round 2019)」が開催され、そこで楽天が今後の仮想通貨事業への取組みなどを発表しました。


今回は、このJBC2019で発表された楽天の今後の取組みなどについてご紹介します。

楽天のブロックチェーン技術への取組みは主に3つ

現在、楽天はブロックチェーンプロジェクトをサービス提供しており、「ブロックチェーン技術に詳しくなくても実用的なビジネスで活用できるプラットフォームを提供する」事がコンセプトとなっています。

楽天が提供するブロックチェーンプロジェクトは主に以下の3つとなっています。

①企業向けのブロックチェーンプラットフォーム

    • 主に企業を対象としたブロックチェーンのプラットフォーム環境をサービスとして提供するとともに、セキュリティの高さや継続稼働可能な機能、クラウドをベースとした開発環境などを提供する。

②仮想通貨売買に関連するサービス

    • 仮想通貨取引所のサービスと楽天が提供するプラットフォームを介して、仮想通貨取引をするための環境を構築可能なサービスを提供する。

③キーカストディサービス

    • ブロックチェーン上での暗号鍵の安全管理は非常に重要であるが、実際の管理は難しい面もあるため、提供するプラットフォームを介して簡単かつ安全に管理できる環境を提供する。

楽天のプラットフォームを使用した活用事例

上記の3つのブロックチェーンプロジェクト内用に加えて、実際に楽天の提供するプラットフォームを使用した活用事例もいくつか紹介されました。

楽天エナジートレーディングシステム

楽天が提供するプラットフォーム上で稼働する「楽天エナジートレーディングシステム」では、二酸化炭素排出権をブロックチェーン上で管理可能な取引システムをサービス提供しています。

『R-Star』サービスの利用

「R-Star」サービスを利用する事で、メッセージとともに仮想通貨も一緒に送る事が可能になります。(現在はトライアル実施中)

楽天ポイントとブロックチェーンシステムを組み合わせたサービス

ご存知の通り、現在楽天では楽天市場などをはじめ、様々なところで楽天スーパーポイントを提供しています。

現在、この楽天ポイントサービスとブロックチェーン技術を組み合わせたまったく新しいサービスを開発中との事ですが、詳細は不明で社内にて実証試験を行っているようです。

『旧みんなのビットコイン』の全株式を2018年8月に取得済み

楽天が仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」の全株式を取得し買収後、今月には新しい取引所としてのサービス開始日が正式に公表される予定で世間から注目を集めています。

楽天が仮想通貨業界へ参入する事による『楽天コイン』の現実化と今後の構想

楽天,仮想通貨

近年、一般企業が仮想通貨業界やブロックチェーン関連事業に参入する数は増加しており、今後も仮想通貨市場が拡大するとともにその数も増えていくと思われます。

ここでは、楽天が「みんなのビットコイン」の全株式を取得・買収して、仮想通貨交換業へ参入してからの構想を中心にご紹介していきます。

仮想通貨取引所『みんなのビットコイン』は行政処分を受けていた

2018年、楽天に買収されるまで、仮想通貨取引所としてサービス提供をしていた「みんなのビットコイン」ですが、実は2018年4月時点で金融庁から行政処分(業務改善命令)を受けています。

「内部監査において適切な検証が実施されていない、法令等遵守や適正な業務運営を確保するための実効性ある経営管理態勢が不十分である」などの指摘を受けていたんですね。

そこへもともとブロックチェーン技術を研究していた楽天の買収という判断とみんなのビットコイン側の利害が一致し、全株式取得に至ったと言われています。

楽天が『みんなのビットコイン』を買収し仮想通貨交換号に参入

上記のような経緯があり、いつかは仮想通貨業界への参入を狙っていた楽天が「みんなのビットコイン」を買収し、2018年8月31日に仮想通貨業界への参入を発表しました。

さおりんさおりん

ちなみに、買収時の取得株式数は全部で5,100株で、買収額は「2億6,500万円」、株式譲渡は2018年10月1日に譲渡されたようですね。



楽天はネット販売事業である「楽天市場」やネット証券である「楽天証券」など、様々なジャンルのサービスを提供している事から、今後こうしたサービスと仮想通貨を結びつけて新たなサービスを生み出す事が期待されています。

楽天の『みんなのビットコイン』仮想通貨取引所運営開始はいつ?

「みんなのビットコイン」公式サイトの「電子帳票の提供再開および取引制限解除につきまして」という公式プレスにて、仮想通貨取引所としての運営を2019年3月31日で終了すると発表しています。

また、楽天市場が運営する事になる新たな仮想通貨取引所の運営開始日については、今の所「2019年4月に運営開始予定」である事を発表しています。

運営元が楽天に替わった事で、新取引所名を「楽天ウォレット」とし、

さおりんさおりん

いったいどんな仮想通貨が上場されるのか、手数料やその他のサービスなどが非常に気になる所ではありますね。



楽天コイン現実化への構想

2019年2月27日、楽天の三木谷会長は、「ブロックチェーン技術を活用して、国内にとどまらず海外での様々なサービスで楽天会員情報と楽天ポイントを管理できるコイン」という構想を発表しています。

この発表された楽天コイン構想が、今後の仮想通貨業界、巨大な楽天有する経済圏でどのようなシナジー効果を生み出すのかは大注目ですね。


上記Twitter上でも、楽天コインは一般投資家にとっても注目されているようです。

楽天の独自通貨『楽天コイン』の全貌と今後の展望・将来性を徹底考察

楽天,仮想通貨

ここまで少し触れてきた楽天が発行する「楽天コイン」とはどのようなものか、今後の展望や仮想通貨としての将来性を考察していきます。

楽天コインの魅力的な特徴と仮想通貨としての将来性

楽天コインはネットショッピングなどをすると使用額に応じて溜まる従来の「楽天スーパーポイント」に「ブロックチェーン技術」を組み合わせた仮想通貨になる予定とされています。

電子マネーのような性質を持った楽天スーパーポイントを使用して、今後は溜まったポイントを楽天コインという仮想通貨に替える事で、

さおりんさおりん

ブロックチェーン技術により世界中で様々な使用方法が確立されてくる可能性は大きいですね。



楽天グループは、もともと自社でブロックチェーン技術の研究をしていた実績もあるので、仮想通貨のブロックチェーン技術を活用した今後の楽天コインの将来性についてはかなり期待はできそうです。

楽天コイン発行はいつ頃になるのか

楽天の子会社でロシアに本拠地を置く「Viver」によれば、楽天コインは2019年発行予定とされています。

仮想通貨取引所である「楽天ウォレット」が4月にサービス提供するので、願わくばそれに合わせていち早く楽天コイン発行を待ち望む一般投資家が多いようです。

ただ、日本に限らず海外においても国ごとの規制があるため、楽天コインの発行も法律面で意識し慎重にならざるを得ないと言えるでしょう。

楽天コインはロシア人がターゲット中心になる可能性

前述したように、楽天コインの発行は、ロシアにある楽天子会社の「Viver」を介して実施されます。

「Viver」は、日本で有名なLINEのような無料通話アプリとして、ウクライナやエチオピアを中心にロシア方面のいくつかの国ではシェアNo.1を誇るメッセージアプリです。

現状、日本のスマホアプリの中で知名度はあまりありませんが、ロシアではなんと「4,500万人」もの利用ユーザーが居ます。

さおりんさおりん

そのため、楽天コインはまずはロシアを中心とした地域での普及に力を入れるのではとの見解が強いようですね。



楽天コインは3種類の法定通貨と交換可能

楽天コインを管理する予定であるロシアの「Viver」ウォレットでは、ロシアの法定通貨である「ルーブル」や「アメリカドル」「ユーロ」に交換が可能です。

もちろん、今後楽天コインの普及に伴って「Viver」が日本でも知名度を上げ利用者が増えれば、日本円での交換も追加されると思われます。

楽天コインと『Viver』の連携により様々な事業で利用可能となる可能性大

楽天,仮想通貨

楽天コインを発行予定の「Viver」との連携が今後の楽天コイン普及のキーポイントとなる可能性は大きいですが、ここではあまり知られていないスマホアプリ「Viver」や今後の展望をご紹介します。

『Viver』とは|今後楽天コインと連携した構想

「Viver」とは、2010年にイスラエルで開発された、日本で大普及しているLINEのようなメッセージアプリで、無料通話も可能となっています。

また、こうしたスマホアプリとしてのメッセージのやり取りや、無料通話を可能にするサービス提供をする会社名でもあります。

2014年に楽天が約9億ドルで買収した時点で、「Viver」の登録ユーザーは10億人を突破しており、特に東ヨーロッパ地域を中心にシェアNo.1、ロシアでもシェアNo.2を占めています。

2018年2月27日にバルセロナで開催された「MWC(モバイルワールド)」を通じて、楽天の三木谷会長は、

さおりんさおりん

今後の「Viverと楽天コインの連携による構想」を述べました。




MWCにより発表された楽天の構想をまとめると、以下の3点になります。

  • 東ヨーロッパで普及中の「Viver」と楽天コインのシナジー効果による事業拡大
  • 「小売り業者とバイヤーとのネットワークを再構築」する事を目標とする
  • 「Amazon」との差別化を強調

楽天は、リクルートが展開しているポイントサービス「ポンタ」に次いで業界2位の立場であり、ご存知のように楽天イーグルスの球団経営やカフェ・デリバリー事業なども幅広く行っています。

さおりんさおりん

つまり、仮想通貨業界に参入した時点で、楽天には既に自社サービスを展開できる経済圏が出来上がっているのです。



こうした楽天がサービス展開している経済圏と仮想通貨とは非常に相性が良いと言われており、今後楽天コインが価値を高めてくると仮想通貨業界に大きな旋風を巻き起こす可能性も大きいですね。

楽天が仮想通貨業界に本格参入する経緯と今後の展望まとめ

楽天,仮想通貨

今回は、日本の大企業である楽天の仮想通貨業界参入について、様々な角度から今後の展望を考察しました。

2019年4月に新サービスとして開始される「楽天ウォレット」の仮想通貨取引所や、独自発行する「楽天コイン」とロシアの「Viver」との連携など、今後どのようなサービスを展開していくのか非常に楽しみですね。

「楽天」というネームバリューもさることながら、

さおりんさおりん

前述したように仮想通貨業界参入時に既に独自のサービス展開が可能な経済圏を持っている点は非常に大きいと思いますね。



また、楽天が発行する仮想通貨ともなれば、様々なジャンルでのサービスにトークンとしての使用が可能となる事が容易に想像できます。

これまで楽天ポイントは日本国内でしか使用できませんでしたが、今後は楽天コイン発行によりブロックチェーンを通じて会員情報やポイント管理などを共有可能になるでしょう。

将来的には、楽天IDと楽天ポイントを活用して、自社で提供する様々なサービスを継続的に利用してもらえるような「楽天経済圏」ができる可能性もありますね。

今回は楽天の仮想通貨業界参入に伴う話題についてご紹介しましたが、現在仮想通貨の中でもっとも注目度が高いリップルの以下記事も参考にしてくださいね。



【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事