ホームアルトコイン【最新ニュース】リップル(XRP)が日本で大人気!保有額でビットコインを上回る!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.02.22 最終更新
はる

【最新ニュース】リップル(XRP)が日本で大人気!保有額でビットコインを上回る!

ニュース,リップル

リップルの日本円建て現物保有額がなんとビットコインを超えるという驚きのニュースが飛び込んできました。今回は、そんなリップルに焦点をあてて、仮想通貨ビットコインとの違いや最新ニュースをお届けします。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

はるはる

こんにちわ『はる』です。日本円でのリップル保有額がビットコイン保有額の上回るという驚愕のニュースが飛び込んできましたのでご紹介します!!



【ニュース速報】日本円建ての仮想通貨保有額でリップルがビットコインを超える

ニュース,リップル

2919年1月20日、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が2018年度の仮想通貨の「現物保有額と現物取引額に関する統計データ」を発表しました。


日本仮想通貨交換業協会は金融庁の認可を受けた自主規制団体であり、みなし業者を含む日本国内の仮想通貨取引所18社の統計情報を開示しています。

この発表された統計により、日本円(JPN)建ての仮想通貨保有額は、

はるはる

なんとビットコイン(BTC)よりリップル(XRP)の方が多かった事が明らかになりました!!



2018年12月次の「現物保有額上位」は以下となります。

  • リップル(XRP):989億円
  • ビットコイン(BTC):656億円
  • イーサリアム(ETH):164億円
  • ビットコインキャッシュ(BCH):61億円
  • モナコイン(MONA):36億円
  • ライトコイン(LTC):14億円

また、同時に公表された2018年12月次の「現物取引高上位」は以下となります。

  • ビットコイン(BTC):4,051億円
  • リップル(XRP):3,051億円
  • ビットコインキャッシュ(BCH):300億円
  • イーサリアム(ETH):213億円
  • モナコイン(MONA):76億円
  • ライトコイン(LTC):5億円

現物購入枚数については、一般的には中期あるいは長期的投資への期待感の表れであり、このデータから明らかに日本人の投資家の間でリップル(XRP)が人気であるかを表している証拠となりますね。

また、上記の2018年12月次統計情報によると、現物の取引高は「7,774億5,100万円」、証拠金取引高は「8兆4,152億円」となっています。

現在、日本仮想通貨交換業協会に加盟している仮想通貨交換業者の「利用者預託金残高」は2,069億円を超える事が確認されています。

リップル(XRP)とビットコイン(BTC)を様々な角度から徹底比較

ニュース,リップル

冒頭でご紹介した日本仮想通貨交換業協会による統計データを見てみると、現状の仮想通貨の中で、リップルとビットコインは特に日本人投資家に非常に人気が高い事がわかります。

という事は、リップルとビットコインの仮想通貨としての違いを理解すれば、今後のトレードの幅も確実に広がるでしょう。

ここでは、リップルとビットコインの仮想通貨としての違いや将来性などを中心にご紹介しますので、ぜひ今後のトレードの参考にして下さいね。

現時点の仮想通貨リップル(XRP)価格チャート

ご存知の通り、仮想通貨の中でも「50%以上のシェアを占めているビットコイン」ですが、現時点の価格(2019年2月20日現時点)は以下になります。

ニュース,リップル



2019年初頭、および1月10日からの暴落からも今では回復しつつあり、「1BTC=435,000円前後」を推移しています。

現状、ビットコインはもっとも市場価値の高い仮想通貨で、他のアルトコインのほとんどはこのビットコイン価格に連動していると言われています。

次に、リップル(XRP)の現在価格(2019年2月20日現時点)は以下の通りです、

ニュース,リップル



こちらも、やはりビットコインと同じく2019年初頭からの低迷から若干回復傾向にあり、現在「1XRP=36円前後」を推移しています。

リップルとビットコインの価格は連動しているのか

現状では、前述したようにほとんどのアルトコインが仮想通貨の基軸となるビットコイン価格の変動と連動しており、海外の取引所を利用する際にはBTCがアルトコイン購入のハブのような役割をしています。

はるはる

つまり、ビットコインの価格が下落すれば、他のアルトコインの価格も同じように下落しやすくなるんですね!!



そして、リップルもビットコインの価格に一応連動はしていますが、連動率は「約50%」となっており、アルトコインの中でも比較的ビットコイン価格の影響を受けにくいとも言われています。

ニュース,リップル



上記がそれぞれの過去チャートになりますが、ロウソク足がビットコイン、オレンジラインがリップル、上が「過去半年間の値動き・下が1日の値動き(2月20日)」になります。

他のアルトコインはある程度ビットコイン価格に連動しながら値動きしているのに対して、

はるはる

特に2018年9月末のリップル価格を見ると、必ずしもビットコインに連動しているとはいえないチャートである事がわかります!!



リップルとビットコイン|仮想通貨としての特徴の違いを比較

では、リップルがビットコイン価格にあまり連動しない要因はいったどこにあるのでしょうか。

リップルが今後ビットコインに連動しにくくなっていく3つの理由

リップルがビットコイン価格に連動しにくい要因は主に以下の3つと言われています。

  • 開発された時の目的が違う
  • 仮想通貨としての性能・技術が違う
  • 管理・マーケティング方法が違う

といった要因が挙げられますが、簡単に言ってしまえば「リップルは他のアルトコインやビットコインと差別化された仮想通貨である」と言えるでしょう。

SBI北尾社長がリップル(XRP)は将来ビットコイン時価総額を抜くと大胆予想

ニュース,リップル

日本の大企業SBIホールディングスの北尾社長が、仮想通貨の中でも特にリップル(XRP)を推している人物なのは非常に有名ですよね。

仮想通貨愛好家とも呼ばれ、実業面でもリップルと提携を組んでいるSBI北尾社長は「将来的にはリップルがビットコインを凌駕する」と予想しました。


2019年1月31日に行われたSBIの決算説明会の場においても、北尾社長は様々な重要発言をしている事から、

はるはる

リップルに対する将来性には非常に期待しているようですね!!



SBIの決算発表会での北尾社長の今後の展望は、下記記事にて詳しくまとめておりますのでぜひ参考にしてくださいね。

リンクカード
「今後『リップル(XRP)の時価総額がビットコインを超える』SBI社長の展望をわかりやすく解説」

ビットコインの時価総額を抜くと期待するSBI北尾社長の今後の展望

SBIの北尾社長によると、リップル(XRP)にとって2019年が非常に重要な年であるとの見解を示しています。

確かに、リップルは世界的にも国際送金など、様々な実証実験の成功や実用例が増加し、既に国際的なレベルの仮想通貨になりつつあります。

はるはる

ビットコインと異なるこうした現時点でのリップルとの差が、将来的な時価総額に表れると述べているんですね!!



北尾社長は、実際ビットコインが、いまだに主な使用例が確立されていない点を問題点として指摘しています。

逆にSBIグループは、積極的にリップル(XRP)と早々と提携しそのシステムの導入を試みているようです。

特に、最近報道されたニュースでは、アメリカのブロックチェーン技術開発企業である「R3社」と提携し、SBIが日本国内に「SBI R3 Japan」設立計画を立てています。


北尾社長は、上記のR3との提携により「リップルのXRPを完璧に実用化させる」という事を目的として述べています。

他の仮想通貨と比べると、連日のようにリップルに好材料となるファンダニュースは報道されており、

はるはる

その勢いがホンモノなのか、今後こうしたリップルやSBI関連の動向には注目ですね!!



【最新】仮想通貨リップル(XRP)に関連するニュース速報

ニュース,リップル

連日のように報道される仮想通貨リップル(XRP)関連のニュースですが、ここでは2019年2月20日時点で最新のリップルのニュースをご紹介します。

ニュース①アメリカの国際送金企業『Remitly』がリップル社に興味深々

2019年2月16日、アメリカの国際送金企業「Remitly」CEOの「Matthew Oppenheimer氏」が、近年世界中で大注目されているリップル(XRP)の国際送金技術に強い関心を示している事を明らかにしました。


「私は今、我々の様な金融機関がコストカットの為にどうやってブロックチェーン技術を取り込んで行けるかを摸索しているところです。そうすればユーザーにとっても送金手数料は安くなるし、安価で送金出来るが時間がかかるACH(Automated Clearing House )よりも送金スピードが速くなる。」



国際送金サービス額年間60億ドル(日本円で約6600億円)とも言われるアメリカのユニコーン企業「Remitly」をはじめ、リップルの提供サービスに興味を示す企業は次々と増加しています。

特に、最近では、世界各国の銀行や送金事業社など金融機関がリップル(XRP)を活用した国際送金サービスを導入しており、Ripple Netの参入企業も200以上となっています。


最近では、マレーシアの大手金融機関「CIMB グループ」が、Ripple Netへの参入を決めた事は記憶に新しく世界中の金融機関から注目されています。

ニュース②JPモルガンの独自発行通貨は『リップルキラー』!?

2019年2月14日、アメリカ大手銀行として有名な「JPモルガン」が独自の仮想通貨「JPMコイン」を発行しました。


この「JPMコイン」の機能は国をまたいだ(クロスボーダー)送金・決済が可能であり、同じ国際送金機能を持つリップル(XRP)やSWIFTにとってまさに痛手になるのではという見解が強いようです。

さらに、アメリカの経済ジャーナリストである「Max Keiser氏」は自身のTiwtter上で、「JPMコインはリップルキラーになる」とツイートした事が話題になっています。


この「JPMコイン」に関するTwitterやJPモルガンの報道内容やリップルキラーとなるという見方に対し、リップル社のがーリングハウスCEOが反論しています。


ガーリングハウスCEOは、2016年時点で「銀行のデジタル資産が発行した銀行の間のみ効率的な決済手段として機能する」と指摘していました。

そして、実際に世界各国の金融機関がそれぞれの独自通貨を発行する事が現実となる中で、異なった仮想通貨を持った銀行同士が取引するには複雑な状況になる事は予想できていたようです。

はるはる

そのため、今後は「リップル(XRP)のような独立したデジタル資産となり得る仮想通貨こそが真に効率的な取引を可能にする」と主張しているのです!!



【最新ニュースまとめ】保有額でビットコインを上回るリップルは今後も日本で人気継続

ニュース,リップル

今回は、新たに日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)によって発表された仮想通貨の現物保有額のニュースと主にリップル(XRP)に関連する記事をご紹介しました。

特に注目すべきニュースとして、現在200以上の企業が参入しているRipple Netに対して、JPモルガンも「INN」と呼ばれるブロックチェーンベースの銀行間送金ネットワークを開発しています。

さらにこの「INN」には、日本のみずほ、りそな、三井住友といった日本を含む主要銀行75行が参加すると発表している点から、

はるはる

今後リップルとJPモルガンの国際送金ネットワーク競争は加熱していく可能性がありますね!!



ただ、仮想通貨全体として見た場合、こうした同じような機能を持つ仮想通貨同士が競争する事により、さらに機能を高める事につながるといった見方もできます。

今回発表された仮想通貨の現物保有額で、リップルがビットコインを超えたというニュースも日本の投資家だけに限らず、今後の時価総額シェアに大きな影響を与えそうですね。

今後も、仮想通貨は世界中で規制強化が進み、真に価値のあるもの以外は淘汰されていくでしょう。

はるはる

その中でも、将来性が高いと世界中から注目されている国際送金・決済機能に特化してリップルの動向は今後も大注目ですね!!



リップルがなぜここまで世界的に注目されているのかは、以下の記事をぜひ参考にしてくださいね。



記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

PCサイド固定「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

【今だけ】リップルプレゼント!

サイド「Bitpointキャッシュバックキャンペーン」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」