ホームTwitterアンケート企画【BTCの取引量が最高級に活発!?】現在が「底値」って本当なのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

【BTCの取引量が最高級に活発!?】現在が「底値」って本当なのか

ビットコイン,底値

どんどん下がり続けるビットコイン価格。とうとう6ヶ月も連続で下がり続けてしまい不名誉な記録を更新してしまいました。しかし、この2月、ついに月足でついにプラスに転じました。これは、ビットコイン価格がいまが底値であり、これから徐々に復活してくるサインなのでしょうか?ここでは今がビットコインの「底値」と言われるわけについてご紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
ねこねこ

仮想通貨ねこの、ももちゃんです!久しぶりの[email protected]登場で張り切ってるニャー!

このところ仮想通貨界でささやかれているのは「ビットコインは今が底値」ってこと。大口や機関投資家がビットコインを買い漁っていたり、むしろもっと底値まで下がるのを待っているなんて言われているんだ。

大量買いの投資家が、このまま下がり続けて価値がなくなるビットコインを買い漁ることはないだろう?!価値が出てくると確信してるからこそ買っている。だからこれからビットコイン価格は徐々に上がっていくと言われているんだ。

今日はいまが「ビットコインの底値」だと言われているわけを説明するニャ!!

ビットコインは今が「底値」と言われるわけ

では、久々にLINE@に復活したねこがビットコインが底値と言われているわけを説明しよう!

ビットコインは2月に過去最高の連続値下がりを更新

2017年末に最高値である200万円台まで上がったビットコインだが、その後は下がる一方。2019年2月にはとうとう連続下落期間記録を更新してしまった!

投資家としてはこのままビットコインは下がり続けるのか?それとも復活を遂げるのか、みんなはきっともう下がるのに慣れてしまって、心配を通り越している状態だよね。

ビットコインはここから上がるという人や、いやまだまだ下がるという人もいて、みんなもどっちが本当なのかわからない状態だと思う!上がるのを信じて「花山薫級にガチホ」している人が大半なんじゃないかな?

テクニカルで2月に久しぶりに月足がプラスになった

実はビットコインの月足(1ヶ月の値動き)は6ヶ月間ずっとマイナスだった。それが半年ぶりにプラスになったんだな。6ヶ月間もマイナスだったのは過去最長と言われている。ここでも記録を更新してしまっていたんだ。ずっとのキャンドルが灯っていたのが遂にグリーンになったんだな。

これは重要な「転換ポイント」だと言われている。

価格は少し下がっているけれど、取引量自体は増えている

でも依然としてビットコインの価格は下がっている。だからそれだけを見て「ビットコインなんてもうオワコン!」とTwitterでつぶやく人もいるだろう。でもそれを鵜呑みにして、ビットコインを手放してしまうのはもったいない!

実はビットコインの価格はどんどん下がっているんだけど、その取引量自体は増えているんだ。もっともこれは、最近の話ではなくて、2018年の年末には確認されており、いまやビットコイン価格が最高だった2018年1月のときの取引量に迫ろうとしているくらいだ。

ねこねこ

取引量自体は減っておらず、2017年から比べると1.5倍くらいになっているのだから、市場が活発化しないわけはないニャ!!

また、機関投資家向けの取引所などもできたりしている。一回の取引量が半端ないだけにいやがおうでも全体の取引量は増えるな!もうオワコンのビットコインだったら、わざわざ新しく機関投資家向けに取引所を作るだろうか

ビットコインはまだ下がるがその後は強く反発と予想される

でもビットコインの価格が復活してくるのは、一筋縄ではいかない。しばらく時間がかかるだろうと見る専門家も多い。仮想通貨投資会社「Galaxy Digital(ギャラクシーデジタル)」の創設者でCEO、億万長者としても有名なMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は機関投資家が参入してくる「2019年の最初の6ヶ月に起こる可能性が高い」としている。

すでにノヴォグラッツ氏の予想通り、機関投資家の取引が増えてきている。もうすでに2019年は2ヶ月ちょっとが過ぎたから残りの4ヶ月でビットコイン価格がじわじわ上がってくるってわけだな。

またハッシュパワーと損益分岐コストで2019年末までに400万円になる!と豪語する投資家もいる。

ねこねこ

400万円はちょっとオーバーな気がするが、あながち嘘とも思えないところがスリリングだニャー!!いずれにしてもビットコインの復活は多くの機関投資家が確信していることのようだニャ!

なお1月24日時点の市況、ビットコインが約39万だったときのレポートも参考にしてみてくれニャ!

ビットコイン投資家「クジラ」が動き出した!

ビットコインがいま「底値」だと言われているわけには「クジラ」と呼ばれる大口投資家が動き出していることも挙げられる!

大口投資家がBTCをこっそり爆買いしてる

実は久しく「冬眠状態」だった、仮想通貨の世界では「クジラ」と呼ばれる大口投資家がこのところ、動き出しているんだ。動き出しているイコール、ビットコインを買っているってことだな。それも一言で言えば「爆買い」だ。

いまではビットコインのブロックチェーンの送金履歴を24時間監視する「クジラウォッチング」(ホエールウォッチング?)なんてアプリがあるみたいだけど、こうしてテクニカルに資金の流れを観察すれば、「底値」や値上がりをはじめるタイミングを知ることができるってことになる。

ねこねこ

大口投資家は底値の一番安いタイミングで買うからニャー!!

機関投資家はむしろもっと下がるのを望んでいる

また、人から預かったお金で運用している機関投資家は、いまよりむしろもっとビットコイン価格が下がることを望んでいる。機関投資家は一般投資家と違って億単位の取引をしている。だからビットコインがこれだけ安くなったというのに、実はもっと下がるのを望んでいるんだ。

ねこねこ

なんせ大量買いだからニャ!1円でも安い方が沢山ビットコインを買えるニャ〜!

機関投資家は2018年末頃に大量のビットコインを「空売り」しており、一般投資家がビットコインに関心を持つきっかけになったのは記憶に新しいところ。それもビットコインの値が高くなったところで売るもんだから、値段は下がるだろう。下がったところでまた買い戻すって方法だ。

思えば年末にビットコインが上がらなかったのは、大口投資家が皆が思っているタイミングで買わなかったからなんだな。年末の段階でもけっこうビットコイン価格は下がっていたと思うけど、それはまだ底値ではなかったってことなんだ!!

2月にBTCの月足がプラスに転換!!BTCは今が「底値」って本当?!(まとめ)

そんなわけでビットコインがいま「底値」と言われるのには、仮想通貨の世界では「クジラ」と呼ばれる大口や機関投資家が大いに関係している。彼らは億単位の取引を任されているので、失敗はできない。だから実に綿密な戦略を立てて、一番底値でビットコインを爆買いしている。

買われたビットコインは徐々にその値段を上げていくってシナリオが頭に浮かぶな。あまりに冬が長かっただけに、それが近い将来にくると思うとなんだかわくわくするね。

いまがビットコインの「底値」だという理由をわかってもらえたかな?そこで質問。

  • ビットコインは今底値でこれから徐々に上がっていく
  • いやいや、ビットコインはまだ下がる

あなたはどっちだと思うかニャ?

なお、底値については、去年の年末にも書いてたニャ!3000ドル底値説というのがあるから、まだまだ下がる可能性もあるニャ!!

 

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事