ホーム取引所仮想通貨取引所コインチェックの口座開設方法|コインチェックでんきでビットコインが簡単に溜まる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.04.11 最終更新
はる

仮想通貨取引所コインチェックの口座開設方法|コインチェックでんきでビットコインが簡単に溜まる!

コインチェック,取引所

過去に580億円もの仮想通貨流出事件を起こした取引所コインチェックですが、現在はマネックス子会社となり信頼を回復しつつあります。今回は取引所コインチェック口座開設方法やお得なコインチェックでんき申込み方法をご紹介します。

記事上「コメントボタン」

目次

はるはる

どうも『はる』です!今回はついに復活を遂げた、今話題の『コインチェックでんき』サービス利用に必要な取引所コインチェックへの新規口座開設方法を中心にご紹介します!!



コインチェックが遂に仮想通貨取引所として再開!ネムも復活し全取扱銘柄13種類に!

コインチェック,取引所

2018年に巨額の仮想通貨投資を流出してしまった事件から約9か月を経て、コインチェックが仮想通貨取引所としてのサービスを再開する事が発表されました。


具体的には、2018年10月30日より仮想通貨取引所業務を再開(新規口座開設の受付・一部の仮想通貨入金・購入)し、現在はマネックスグループ傘下の元、正常に取引業務を稼働させています。

ただ、新規にコインチェックの口座登録をしない、以前コインチェックを使用していた方は新しい入金アドレスの発行が必要となりますので発行しておきましょう。

コインチェックの公式アプリはこちらから登録可能です。

現在、仮想通貨取引所コインチェックはネムを含む全13銘柄を取扱っている

2014年から仮想通貨取引所サービスを開始したコインチェックですが、2019年ようやく信頼を取り戻してきた感じがしますね。

2月22日現段階でコインチェックが取り扱っている仮想通貨の種類はビットコインやリップル、イーサリアム、そして待望のネムを含む13種類となっています。

仮想通貨流出事件、みなし業者による行政処分(業務改善命令)、マネックスグループによるコインチェック買収など、取引所再開まで様々な事がありましたが、一般投資家が思っていたよりも早い再開となったようです。


はるはる

さらには、上記Twitterでもわかるように、「仮想通貨取引所としてコインチェック人気がいかに高かったか」という事がうかがえます!!



今回はそんな無事取引所として再開を果たしたコインチェックの新規口座登録方法や、コインチェックが提供している電気料金サービス「コインチェックでんき」を中心にご紹介していきます。

【超簡単】仮想通貨取引所コインチェックの新規アカウント登録&口座開設方法

コインチェック,取引所

コインチェックは国内でも比較的古参の仮想通貨取引所ですが、マネックスグループの傘下に入った事で信頼感は高くなったと言ってもよいでしょう。

ここでは、これから仮想通貨取引所コインチェックへ新規アカウント登録、口座開設方法を図解入りでわかりやすくご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

まずはメールアドレスで取引所コインチェックにアカウント登録

国内の仮想通貨取引所の口座開設は、基本的に手順はほぼ同じで比較的簡単に登録できます。

しかし、最低限必要となるものが「SMS付スマホ・メールアドレス(できればパソコン用)・写真付き身分証明書(運転免許証やパスポート)などの本人確認書類」となります。

コインチェック,取引所



まずは上記コインチェックの公式サイトへいって、赤枠に「登録したいメールアドレスとパスワード」を入力後、「新規登録」ボタンをクリックしましょう。

すると、さきほど登録したメールアドレス宛に、コインチェックからのメールが送信されるはずですので、受信ボックスを開いてリンク先をクリックすればアカウント登録完了となります。

※メールアドレスではなく「Facebookアカウント」で登録したい方は、「新規登録」の下にある「Facebookで10秒で登録」をクリックする事で同じくアカウント登録できます。

SMS認証による本人確認(スマホの電話番号入力)をする

コインチェックも他の取引所と同様に、メールアドレスによるアカウント登録するだけで仮想通貨トレードは可能ですが、肝心の日本円入金や出金、ウォレットの使用などができません。

そのため、後述する非常にお得な「コインチェックでんき」を利用したい方も、必ずSMS認証による本人確認、そして本人確認書類の提出を行って必ず口座開設を完了させましょう。

まずは、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを取引所のコインチェック公式サイトからログインします。

ログイン後に表示される緑色の「本人確認書類を提出する」ボタンをクリックしてスマホの電話番号を入力後に「SMSを送信する」を押すとスマホのSMSに認証コードが受信されます。

「送信された認証コード」欄にスマホで受信した6ケタのコードを入力すれば本人確認完了となります。

コインチェック,取引所



ちなみにログイン時には、上図のように毎回SMS認証(2段階認証)が必要となります。

本人確認書類を提出する

SMS認証完了後、右上の「取引アカウント」にカーソルを合わせて「本人確認」をクリックすると、注意書きとともに「確認に必要な入力事項」と「本人確認書類の添付ボタン」が表示されます。

コインチェック,取引所



「種別・指名・性別・現住所・職業・取引目的」などを正確に入力し、画面を下の方へスクロールしていくと、「IDセルフィーと本人確認書類の提出画面」が出てきます。

コインチェック,取引所



IDセルフィーについては、上図のように実際に添付して提出する本人が本人確認書類を持って、パソコンやスマホのカメラで上手に撮影し「ファイルを選択する」から撮影した写真を選択しましょう。

ちなみに、アップロード可能なファイルは「png」か「jpg」形式、サイズは50MBまで対応しているようです。

次に下にスクロールしていくと本人確認書類の選択画面がでてきます。

コインチェック,取引所



ここでは、一般的な「免許証」を本人確認書類の事例としてご紹介しますが、コインチェックで本人確認書類として認められているのは主に以下になります。

  • 運転免許証(表裏2面)
  • パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
  • 在留カード(表裏2面)
  • 特別永住者証明書(表裏2面)
  • 運転経歴証明書(表裏2面。交付年月日が2012年4月1日以降)
  • 住民基本台帳カード(表裏面)
  • 個人番号カード(表面だけ、裏面は提出不要)

スマホなどのカメラで免許証全体が綺麗に映るように(文字がしっかりと読めるように)裏表を撮影します。

撮影した写真の裏表2枚をパソコンへコピーして、「ファイルを選択する」ボタンからそれぞれ表と裏をアップロードします。

外国PEPsについては「該当しない」にチェック(該当する方以外)を入れて一番下の「本人確認書類を提出する」をクリックして完了です。

完了すると、画面に「本人確認書類の確認が完了するまで1~2営業日お待ちください」と表示されますので、本人確認書類審査が終わって自宅に書類が郵送されるまで待ちましょう。

はるはる

あとは送付されたハガキを受け取った時点で、コインチェック取引所としての全機能が利用可能となります!!



金融庁が『仮想通貨交換業』コインチェックを認可

コインチェック,取引所

今まで「みなし業者(金融庁の認可がない仮想通貨交換業)」として運営していたコインチェック…。

しかし、遂に2019年1月11日、金融庁から正式に「仮想通貨交換業者」の認可(関東財務局登録番号:第14号)が下りました


上記Twitterのように、今までコインチェックを利用していた一般投資家の間でも話題になっているようで、非常に喜ばしいニュースとなりました。

2018年コインチェックを含む仮想通貨取引所の流出事件などを振り返る

2018年1月26日、日本の仮想通貨取引所コインチェックでなんと580億円相当の仮想通貨ネム流出があった事件はの原因は、コインチェック社の顧客資産を管理する方法にあったと言われています。

当時コインチェックを利用していた利用者の資産ほとんどがオンライン上で管理する取引所内のホットウォレットで管理されており、外部からのハッキング攻撃により多額の顧客資産が盗まれたのが発端です。

この語、コインチェックは業務停止、取引所としての評判は下がり、盗まれた顧客資産をどう補填するのかに注目が集まり、この事件以降他の取引所への規制も強化される要因となりました。


コインチェックからの事件の経緯とその後の対応を発表する記者会見前には、上記Twitterでも分かる通り、多くの記者が集まり仮想通貨業界全体を巻き込むニュースとなりました。

コインチェックが盗まれた顧客の預かり資産を補償する義務はなかった

当時の事件を振り返ってみると、一つの疑問が浮かび上がってきます。

なぜコインチェックは顧客の預かり資産を補償したのか」という事です。

確かにセキュリティ上の膨弱性をついたハッキング被害により顧客の預かり資産は盗まれましたが、そもそもコインチェックはこの事件で盗まれた資産を補償する義務はないのです。

コインチェックの規定に大4条に以下のような記載が明確に規定されています。

「ハッキングその他の方法により当社の資産が盗難された場合 当社は、本条に基づき当社が行った措置により登録ユーザーに生じた損害について一切の責任を負 いません。」


こうした上記の規定を見る限りは、当時は金融庁の許可を得ていない「みなし業者」として取引所サービスを展開していたとはいえ、コインチェックが顧客資産を補償する義務はないんですね。

なぜコインチェックは取引所として顧客資産の補償をしたのか

では、なぜ現実的にコインチェックは定められた規定を覆してまで顧客資産を補償したのかについては、主に以下の3つの理由が考えられます。

  • コインチェックに補償対応できる能力があった
  • 当時はみなし業者であり、仮想通貨交換業としての認可が下りていなかった
  • 今後のコインチェックが展開するサービスへの集客対策

一般的な企業であれば、会社として500億円もの負債を抱えた場合には「返金する能力がなく取引所として破たんする」と考えられます。

はるはる

しかし、コインチェックは盗まれた多額の資産を補償するだけの能力があったんですね!



当時コインチェックが行っていた取引所としての月間収入が100億円を超えていた点や、2014年創業から貯蓄した純資産から補償も可能だった点もあり、補償が可能だったと言われています。

コインチェックのネム流出事件後、取引所としての対応は未来を見据えていた!?

コインチェックはネム流出事件の記者会見で、資産管理方法として「コールドウォレットやマルチシグ」といったセキュリティ対策が不十分だった事を発表しています。

確かに利用者にとってはセキュリティ対策をしっかり行っている取引所の方が安全と思うでしょう。

ただ、上記のセキュリティ対策を万全に行っていたとしてもハッキングリスクは決してゼロにはならず、取引所のリスクはどこでも常にあるのが現状です。

利用者としては「同じレベルのセキュリティ対策をしている取引所であれば、過去に問題が起きていない取引所の方が安全である」と考えるのが一般的です。

つまり、今考えてみると当時のネム流出事件でコインチェックが行った顧客資産の補償は、今後、つまり未来を見据えて「よりセキュリティレベルの高い取引所」をアピールする広告費として捉えていたのかもしれませんね。

コインチェックの仮想通貨取引所としての今後の動向

2019年2月22日現在、コインチェック社は日本の大手証券会社「マネックス証券」に買収されその子会社として取引所を運営しています。

実際、こうしたマネックスのような大企業の傘下に加わる事により、過去の事件を払しょくし取引所としての信頼性を回復される事を予想されています。

つまり、580億円ものネム流出事件があったからこそ、コインチェックを含む日本の取引所のセキュリティはより強化され、コインチェックは今後事業拡大していく事が可能になったのではという見解もあるほどです。

コインチェックが取引所としての業務を再開した時には、Twitterなどでは様々な意見が散見されましたが、やはり今後もコインチェックを取引所として利用していきたいユーザーも多いようです。

はるはる

現在はマネックスの傘下に収まる事により、今後後述する「コインチェックでんき」など様々な仮想通貨サービスを展開していく事が期待できると私は思います!!



今話題の『コインチェックでんき』|今すぐ仮想通貨取引所の口座を開設しよう

コインチェック,取引所

ここまで色々と取引所としてのコインチェックの過去や今後の動向を考察してきましたが、現在サービス展開している超お得な「コインチェックでんき」サービスをご存知でしょうか?

ここでは、コインチェックが展開する「コインチェックでんき」サービスについてご紹介します。

コインチェックでんきが今話題に!提供するサービスは2つ

毎月・毎年増えていく家計の光熱費…、そんな悩みにピッタリのサービスが電力会社とコインチェックが提供する「コインチェックでんき」です。

コインチェックでんきのサービスを利用する事によって、毎月かかる電気料金の割合に応じてビットコインが付与されたり、ビットコインで決済する事で割引が適用されたりします。

はるはる

つまり、普段通り生活する事で割引が適用、あるいはビットコインがドンドン貯まっていくサービス、それが「コインチェックでんき」の特徴なのです!!



地域によってビットコイン付与される割合が違ったり、対応していない地域がまれにあったりと、まだまだ世間では知名度が低いコインチェックでんきですが、今後一気に普及する可能性はありますね。

基本的にコインチェックでんきが展開しているサービスは以下の2つです。【ビットコイン決済プラン】

  • 【ビットコイン付与プラン】
  • 【ビットコイン決済プラン】

コインチェック,取引所



上記のように、電気料金をビットコインで決済できたり、使用した電気料金割合に応じたビットコインが付与されたりする特徴がありますので、自分の仮想通貨利用状況に応じて選択が可能となっています。

コインチェックでんきを利用するには取引所の開設が必要

コインチェックでんきのサービスを利用するためには、仮想通貨取引所コインチェックの口座開設が必要不可欠となっています。

取引所であるコインチェックに用意されたウォレットを通じてコインチェックの決済や付与が行われるからです。

はるはる

そのため、興味のある方はまずは気軽に上記でご紹介している「取引所コインチェックの新規口座開設」をしてから申込みをしましょう!!



これで安心!コインチェックでんき申込み~利用開始までの流れを徹底網羅

コインチェック,取引所

実際に、「コインチェックでんきを利用したい!」と興味を持たれた方も居るかもしれませんね。

そんな方のために、ここではコインチェックでんきに申込みをする実際の流れを網羅しましたので、ぜひ登録時の参考にしてくださいね。

コインチェックでんき申込み手順①取引所での登録の流れ

コインチェックでんきのサービスを、実際に家庭の電気として利用開始するためにまず必要なことは、前述したように「仮想通貨取引所コインチェック」のアカウント登録・口座開設をする事です。

と言っても、最近の仮想通貨取引所への口座登録に関しては、基本的な流れがほぼ一緒で比較的簡単に登録できますので、ここでご紹介している手順に従ってサッと開設しましょう。

コインチェック,取引所


【コインチェックでんき申込み手順】

  • ①仮想通貨取引所コインチェックの口座を開設する
  • ②コインチェックにログイン後、上図の赤枠にある左側メニュー「でんき」をクリックし「プラン」を選択し「ENSに移動して手続きを行う」をクリックする
  • ③ENSサイトで登録情報を入力・確認し、毎月電力会社から届いている「検針票」を元に現電力会社の解約をしてもらう
  • ④「検針票」の写真を撮影し添付・送信する

以上、利用者が自分で行う作業になります。

コインチェックでんき申込時には、取引所に登録している「氏名、メールドレスをENSに自動的に連携」されます。

コインチェックでんき申込み手順②電力会社が行う作業の流れ

ここから先は電力会社が行う作業になります。

  • お住まい環境によって電気メーターを交換する
  • お申込み後「約3週間~1カ月ほど」で電力供給が開始される
  • 電気料金の請求と選択したプラン「ビットコイン付与・決済」が開始される

となりますが、それぞれの段階で登録したメールアドレスにメールが届くようになっていますので、現段階の状況確認ができます。

はるはる

EMS登録時に不明な点があれば、気軽に「EMS(株式会社イーネットワークシステムズ)」に電話(0120-49-1710)して質問してみると良いでしょう!!



再開した仮想通貨取引所コインチェックの口座開設方法まとめ

コインチェック,取引所

今回は、仮想通貨取引所として再開し人気を取り戻しつつあるコインチェックの新規アカウント登録・口座開設方法と、コインチェックに関する記事やお得な「コインチェックでんき」についてご紹介しました。

過去に仮想通貨を流出させてしまった事件は確かに業界を震撼させましたが、通常の取引所であれば破たんしていたと思います。

はるはる

利用者への資産をしっかりと補償したコインチェックの対応は個人的には良かったと思います!!



また、2018年に一時サービスを停止していたコインチェックでんきサービスが再開された事も非常に喜ばしいニュースですね。

現時点では、毎日生活しているだけでビットコインが付与されるサービスは「コインチェックでんき」だけですので、興味のある方は気軽に取引所を開設し検討してみてはいかがでしょうか。

今後コインチェックは、マネックスの子会社として信頼を回復しながら取引所としても良い方法へ向かっていく見解が多いようですので、今後のコインチェックの提供するサービスには注目ですね。

毎月生活しているだけでビットコインがドンドン貯まるお得な「コインチェックでんき」に関しては、以下のサイトにて詳しくご紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」