ホームアルトコインバイナンスコイン(BNB)が全体相場低迷の中で急上昇中!価格上昇の3つの原因を考察
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はる

バイナンスコイン(BNB)が全体相場低迷の中で急上昇中!価格上昇の3つの原因を考察

バイナンスコイン

低迷する仮想通貨相場の中、2019年2月に上昇を続けているバイナンスコイン!今回はそんなバイナンスコイン(BNB)を発行している仮想通貨取引所Binanceのテストネット発表や将来性、今後の展望を考察します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

はるはる

こんにちわ『はる』です。このところ、目立ったニュースがなくてめちゃ退屈してたんですが、世界最大規模の仮想通貨取引所Binanceが、今後、分散型取引所に力を入れ始めたニュースが飛び込んできましたのでご紹介します!!



バイナンスコインの独自チェーンとDEXのテストネットリリースにより価格上昇を後押し

バイナンスコイン

世界No.1と言われている仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が、独自のブロックチェーンである「Binance Chain」と、分散型取引所(DEX)である「Binance DEX」のテストネット開始を正式発表しました。


上記Binance公式Twitterによると、利用者による仮想通貨取引や独自通貨の発行、開発が可能とされています。

また、有名メディア「コインポスト」の調査でもテスト稼働を確認しており、このテスト段階では、ウォレットの秘密鍵の生成やあくまで模擬段階ではあるものの取引が可能となっているようです。



ただ、現時点では模擬テストのため、本物の仮想通貨は送らないようにと上記Twitterで指摘もしています。

『Binance Chain』を利用した『Binance DEX』と従来の仮想通貨取引所との違い

現在テスト稼働している分散型取引所「Binance DEX」と従来の取引所との違いとして、一般利用ユーザーが仮想通貨を保有したまま仮想通貨取引が可能な特徴を持っています。

バイナンスコイン



上記画面が、現在テストネットで稼働している「Binance DEX」ですが、主な特徴は以下になります。

  • ユーザーインターフェースは通常の取引所「Binance」と遜色がない
  • 通貨ペアの末尾に「.B(Binance Chain上のトークンである)」が付いている
  • Binance Chainでは毎秒ブロックが生成される
  • Binance DEX上で起きたトランザクションは即座に承認される
  • 新しいトークンの発行やバーン、送受信などが可能である
  • 独自のアドレスが生成可能である
  • ウォレットの作成が可能である
  • 秘密鍵の生成が可能である
  • 異なるアドレス間でバイナンスコイン(BNB)が送受信可能である
  • Binance DEX利用者になると、新しい取引ペアの追加提案が可能である
  • Binanceの公式ウォレットである「Trust Wallet」「Ledger Nano S」等の他社製ウォレットの使用が可能である

また、テストネット後のメインネット公開日時については、後日と予定されているようです。

はるはる

今回のBinanceからの「Binance Chain」や「DEX」の発表を受けて、バイナンスコイン(BNB)価格が上昇し続けています!!



仮想通貨市場低迷中にバイナンスコインが急上昇している3つの要因を考察

バイナンスコイン

2,018年からいまだ続いている仮想通貨市場の低迷ですが、実際に上昇中のバイナンスコイン(BNB)の価格チャートと上昇を続ける3つの要因を見ていきましょう。

低迷する仮想通貨市場の中でバイナンスコイン(BNB)が急上昇中

バイナンスコイン



上図が上昇中のバイナンスコイン(BNB)の価格チャートになりますが、2019年2月1日に入ってから順調に上値を伸ばしており、一時は1週間で35%もの価格上昇(ビットコインは5%ほど)をしています。

こうしたバイナンスコイン価格上昇の裏には、冒頭でご紹介した「Binance Chain」を利用した分散型取引所「Binance DEX」のテストネット公開ニュースが好材料となった可能性は大きいですね。

では、今回の発表以外にバイナンスコインが上昇している要因はどんなものがあるのでしょうか。

要因①『Launchpad(ローンチパッド)』の成功

「ローンチパッド」とは、ソフトウェア開発、特にオープンソースソフトウェアの開発の為のウェブアプリケーション及びウェブサイトの事で、新しいICOの取組みの事を指します。

今回バイナンスコインが2月に上昇し続けている要因の一つが「ローンチパッドの成功」だと言われています。

同じくローンチパッドで実施された仮想通貨トロンのプラットフォームで動作する「BitTorrent Token(BTT)」に人気が殺到し、わずか15分でICOは完売し、上場直後に一時は10倍もの価格に急騰しました。

仮想通貨市場価値が激減しそうな厳しい状況ですが、こうした新トークンが上場直後にICO割れを起こし急騰するケースは珍しくありません。


はるはる

トロンやBTTについては、CROSSExchangeにて上場され毎日配当が受け取れるようですね!!



こうしたBTTのICOに続き、Binance主導のICO人気に火が付き始めた事もバイナンスコイン(BNB)価格上昇の要因の一つと見られています。

要因②バイナンスコイン(BNB)のバーン効果

「バーン」とは英語で直訳すると「焼却」という意味ですが、Binanceは文字通り仮想通貨としての価値をため、バイナンスコイン(BNB)のバーンを四半期ごとに実施しています。

2019年1月にも、バイナンスコイン(BNB)約10億円分をバーンし今回は6度目となりましたが、このバーンも上昇要因の一つと見られているようです。

市場に出回っている仮想通貨をバーンする事によって、供給量を減少させて希少価値が高まりますが、バイナンスコイン(BNB)は2億BNBという発行上限を最終的に半分間でバーンする予定です。

また、Binanceではバイナンスコイン(BNB)でホワイトリスト入りしている仮想通貨を購入した場合に「手数料が0.1%から0.075%」になり、お得に購入できる仕組みがあります。

こうした仕組みもバイナンスコイン(BNB)を購入する呼び水となっており、今後Binanceの流動性が高まれば、機関投資家の参入にも好材料となりそうです。

要因③バイナンスCEO『CZ氏』の経営手腕による将来性が期待されている

3つ目の要因としては、Binanceの現CEOである「CZ氏」の経営手腕、バイタリティです。

株式市場でも見られるように、企業のトップとなる経営者の事業展開する能力、先見の明といったものが市場に及ぼすケースはよくありますよね。

CZ氏と言えば、世界規模の仮想通貨取引所Binanceを運営し、仮想通貨業界の先導者として市場を引っ張ってきたカリスマ性や豊富な知識、経験、洞察力や行動力を元併せている人物です。

2018年9月に開催された「CoinDesk Consensus Singapore 2018」では、今後の展望を以下のように語りました。


「来年秋までに、世界の全6大陸に2箇所ずつ、計5〜10の仮想通貨取引所を設立したい」



との見解を檀上で示しました。

はるはる

こうしたCZ氏の言動・行動が、今のBinanceという仮想通貨取引所を支えているのは間違いないと言えますね!!



もちろん、CZ氏のこうした見解やTwitter上の発言がバイナンスコイン(BNB)の価格に好材料を与える影響は大きいでしょう。

バイナンスコイン(BNB)が将来性を高く評価されている理由

バイナンスコイン

仮想通貨の中には、バイナンスコイン(BNB)のように取引所が独自発行したトークンも多く含まれており、その中でもバイナンスコインは時価総額とともに人気も高いですよね

ここでは、バイナンスコインの将来性が世界中の投資家から高く評価されている理由をいくつかみていきましょう。

理由①Binanceの仮想通貨取引所としての著しい成長

バイナンスコインは、主に前述した手数料が安くなるなどの理由から、仮想通貨取引所Binanceで使用される事が多いですよね。

つまり、世界一の取引高を誇る仮想通貨取引所Binanceを利用する投資家が増加すればするほど、バイナンスコインの需要や流動性が高まってその価格は上昇します。

Binanceは、仮想通貨取引所として設立してから、1か月半で仮想通貨の取引高トップレベルにまで成長しました。

はるはる

こうした取引所を利用するユーザーが今後も増える事で、バイナンスコインの価値も上昇し将来性は高まります!!



理由②バイナンスコインは使用用途が多い

バイナンスコインは、仮想通貨取引所であるBinanceでビットコインやアルトコインを購入するために使用されたり、Binanceに新規上場する通貨の投票に使用されたりと使い道が多いトークンです。


また、2018年12月から、上記の「Tripio(トリピオ)」と言われるホテル予約専門サービスにもバイナンスコインが利用できるようになりました。

トリピオは、中国だけにとどまらず欧米諸国や日本などなんと45万ほどのホテルが登録されているので、こうしたサービスにおいてもバイナンスコインの需要増加が期待できます。

はるはる

今後は、このトリピオ以外にも決済手段としてバイナンスコインが採用される事がより増えると見られているため、将来性は抜群と言えますね!!



理由③四半期に一度バーン(焼却)される

前述したように、Binanceは四半期に一度「利益の20%のバイナンスコインを買戻してバーン」しており、最終的には市場流通量が1億枚になるまで行われると言われています。

つまり、バーンされるごとにバイナンスコインの価値、希少性が高まり、BNB価格は上昇するため、将来的な価値も同時に上がっていくというわけですね。

仮想通貨ウォレット『Spend.com』がバイナンスコインとリップルをサポート

バイナンスコイン

2019年2月16日、仮想通貨ウォレット「Spend.com」が、新たにバイナンスコイン(BNB)とリップル(XRP)に対応した事を発表しました。


このSpend.comの発表によって、今後は自社で発行している「Spend Visaカード」でバイナンスコイン(BNB)やXRPを使用可能になります。

現在、Spend AppとしてAndroid向けアプリの公開は一時停止しているため、提供アプリはiOSのみとなりますが、他にも前述したSpend Visaカード、企業向けのSpend Businessの3つのサービス提供をしています。

上記でご紹介したような「トリピオでBNBを使用してホテル予約をする」他にも、こうしたバイナンスコインの使い道は今後ドンドンと増えていくでしょう。

バイナンスコイン(BNB)の今後はどうなるのかを大胆予測

バイナンスコイン

バイナンスコインの特徴、将来性の高さはわかりましたが、ここでは実際に今後バイナンスコイン(BNB)がどうなっていくのか、その動向を大胆予測してみました。

仮想通貨Binanceでの取扱い銘柄が増加していく

バイナンスコインの使用用途が増加していくとともに、当然ですが今後Binanceでも取扱う仮想通貨の種類や取引ペアは増えていくと見られています。

Binanceでは、現在140種類以上の仮想通貨を取り扱っていますが、今後その取扱い数は増加して需要はさらに高まるでしょう。

分散型取引所(DEX)を構築していく予定

Binanceが公表しているホワイトペーパーによれば、Binanceは冒頭でご紹介した分散型取引所である「Binance DEX」をより良いものへと構築していく予定のようです。

中央管理者が存在しない分散型取引所では、ブロックチェーンにトレード履歴などが記録されるため、内部での不正や詐欺といった不安要素はなく、Binance DEXが取引所の主流となりそうです。

また、将来的にバイナンスコインは、様々な分散型取引所(DEX)にて主要通貨として使用される予定であるとの記述もあります。

はるはる

そのため、今からバイナンスコインを持っておくと大きな利益になるかもしれませんね!!



カウンターパーティーリスクと好材料の動向に気を付けて投資すべき

バイナンスコインは、一般的な仮想通貨と違って「仮想通貨取引所であるBinanceが独自発行したトークン」にあたりますので、Binance自体の人気に依存してしまうカウンターパーティーリスクを抱えています。

つまり、Binanceが仮に取引所として不祥事などを起こした場合には、たちまちバイナンスコイン(BNB)価格は大幅に暴落してしまうんですね。

ただ逆に、今回のようなBinanceにとって好材料となるニュースが報道されれば、当然バイナンスコインの価格は上昇する可能性は高いでしょう。

そのため、今後はバイナンスコインの価格チャートだけでなく、Binanceの評判自体が価格変動に深く関わってくると思われますので、Binance関連のニュースには特に注視しておきましょう。

バイナンスコイン(BNB)が全体相場低迷の中で急上昇中まとめ

バイナンスコイン

今回は、テストネットがリリースされた「Binance Chain」と「Binance DEX」、そしてバイナンスコイン(BNB)や仮想通貨取引所Binanceに関連する情報をまとめてみました。

実際に触ってみるとわかりますが、「Binance DEX」のユーザーインターフェースはBinanceとの違いをあまり感じさせず非常に使いやすく見やすいデザインとなっています。

今回発表された「Binance Chain」上の資産やその仕組みに関しては、Binanceからの公式発表があり次第追記していきたいと思います。

はるはる

とにかく今後、Binanceの動向によるバイナンスコイン(BNB)価格の変動には要注目ですね!!



現在は全体相場におされて低迷中ですが、仮想通貨の中でも特に注目度・将来性ともに高いリップル(XRP)の動向にも注目する事をおすすめします。

リップル(XRP)の持つ世界中から注目されるほどの将来性を知りたい方はぜひ下記記事を参考にして下さいね。



記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

PCサイド固定「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

【今だけ】リップルプレゼント!

サイド「Bitpointキャッシュバックキャンペーン」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」