ホームTwitterアンケート企画【LINEアンケート企画】LINE×ブロックチェーンのすごいアプリ!あなたはどれが伸びると思う?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.04.05 最終更新
仮想通貨 ねこ

【LINEアンケート企画】LINE×ブロックチェーンのすごいアプリ!あなたはどれが伸びると思う?

このところ、LINEとブロックチェーンの関係が密になって来ています!なんとLINEはブロックチェーンアプリを5つも発表。それぞれのアプリはどんなアプリなのでしょうか?また、LINEがブロックチェーン業界に入ってきたのには、深いわけがあったのです。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
ねこねこ

仮想通貨ねこのももちゃんです!みんな多分、LINE使ってるよね。便利だもんね!

実はブロックチェーンアプリを出しているのをご存知かな?あまり宣伝してないから、知る人ぞ知るものかも知れないニャー!

このところ、続々出ているブロックチェーンベースのアプリ。でもそのほとんどがブロックチェーン専門の会社からで、「LINE」など、誰もが知っている会社から出てるっていうのは珍しいんじゃないかな?

LINEから出ている「ブロックチェーンアプリ」とは?

出典:LINE

LINEは2018年9月、事業戦略「LINE Token Economy」の発表会でブロックチェーンベースのアプリのローンチを発表した。

それによるとなんと2018年9月に2つ、2018年4Qから2019年1Qにかけては3つのアプリが出る予定になってる!

まずは、2018年9月に出たアプリ!

  • Wizball(「知恵袋」的アプリ)
  • 4Cast(ゲーム感覚で未来を予想するアプリ)

の2つだ。

そして、あとは次の3つだ。

  • Pasha(商品の写真をアップロードすればポイントがもらえるアプリ)
  • Tapas(グルメレビューのアプリ)
  • STEP(旅の思い出を共有するSNSアプリ)

どのアプリもただアプリとして使うというだけではなく、投稿するとか、答えてあげるなど何かアクションを起こすとLINE PointやLINK Pointがもらえるのがブロックチェーンならではと言えるね。

ねこねこ

スタンプ買ったりできる、あのLINE Pointがもらえるニャ!!

また、現在はブロックチェーンといいながら、「LINE Chain」という独自ネットで運営しているが、ゆくゆくはユーザー主体での運営を目指しているということだ。

そこですでにリリースされてる、LINEアプリを順番に紹介してみるね!

LINEのブロックチェーンアプリ①4CAST(フォーキャスト)

未来を予測する(英語のForecast)をもじったネーミングの「4CAST」

実はまだ4CASTのアプリはリリースされておらず、モバイル端末のブラウザで見るベータ版だけの提供だ。PCのブラウザでは見れないんだな。もっとも現在は4月の正式リリースに向けて、機能を限定的に停止中だ。

トピックは例えば「来週のミュージックステーションに菅田将暉がゲストで出る?」とか、「3月17日 仮想通貨ビットコインの終値(UTC時間)は?前日比で上がる?下がる?」なんてのもあったよ。

予想は簡単で、

  • 答えの選択肢をタップするだけなのでとっても簡単。
  • 全くそのジャンルはわからなくてもとりあえずタップしておけば当たる時もあるw

もっとも当たりそうもない選択肢はポイント数が高くなっているんだ。中には10000ポイントなんてのもあるぞ!!ちょっとギャンブル要素もあるな。

ねこねこ

実際に使ってみたんだが、ゲーム感覚で未来を予想して、当たるとLINE Pointがもらえるのがかなり面白い!!病みつきになりそうニャ!

また、予想トピックをSNSにシェアしたり、予想したトピックに1日2回正解したりするとLINK Pointがもらえる。ちなみに1LINK Point = 500 LINE Point = 500円。1日2回正解でもらえるポイントは0.02ポイントなので、大量にLINK Pointを貯めようとすると果てしない道だ。

ちびちびポイントを貯めるよりも、1撃で10000ポイントを取ったほうが、デイリーランキングでも上位に浮上するようだ。また、ヤマカンではなく、ある程度自分で答えを調べて、ありえない答えを「消去法」で消していくのもコツだ!

もっとも、LINK pointとして付与されるのは日本だけ。外国ではLINKという仮想通貨が付与される。このLINKは、すでにLINEがやってる仮想通貨取引所BITBOXに上場している。

日本とアメリカではまだ取引所としての認可が降りておらず、仮想通貨として扱うことはできないが、認可が降りた暁には、取引ができるので、それまではLINE Pointに交換せずに(0.1LINK Point=40円程度)たっぷり貯めておくっていう手もあるな。

 

LINEのブロックチェーンアプリ②Pasha(パシャ)

Pashaも実際に使ってみた!こちらは唯一、スマホ用のアプリがリリースされている!

LINEサービスで培ってきた画像処理技術がふんだんに使われているね。

まず、

  • 買ってきた商品を写真に撮って
  • レビューなどを書き込みアップロードする
  • ユーザーもそれを見ることができる

レビューの書き方は、

  • 付属のカメラで商品の写真を撮り、商品名とレビューを入力するだけだ。

レビューの見方はさらにカンタン!商品をカメラでスキャンするだけで、画像を認識するので、書かれたレビューを検索できるのが画期的だ。また、そのままLINEショッピング他のショッピングサイトに飛べるのがすごい!

中にはYahoo!ショッピングやAmazonもあるが、そのまま飛ぶのはもったいない。

ねこねこ

これらのショッピングサイトは、「LINEショッピングを経由」するだけで、LINE Pointが貯まるというのを覚えておきたいニャー!!

だからLINE以外のショッピングサイトでも、欲しいアイテムがあったら、ちょっと手間だがLINEトップページ→LINEウォレット→LINEショッピングのルートを通るだけで、LINEポイントが貯まるのだ!

Pashaの場合はアクティビティを起こすたびにLINK Pointが付与される。ひとつのアイテムごとに0.002LINK Point(1円相当)だからこれまた果てしない道のりだ!

しかし、時々ミッションがあって、特定のアイテムの写真とレビューをアップすると、普段より多いLINK Pointがもらえる。こちらは0.01ポイント(5円相当)だからちょっと手応えあるかな?!w

いずれにしても「コツコツやるのが苦でない人」におすすめのアプリだ。

LINEのブロックチェーンアプリ③TAPAS(タパス)

LINEのブロックチェーンアプリ、3つめはTAPAS。TAPASはグルメのレビューアプリだ。

グルメのレビューアプリというと、ブロックチェーンアプリでも「シンクロライフ」などがあるが、これからもブロックチェーンベースのアプリが増えそうな分野だね。

まだ、アプリはリリースされていないが、どんなインターフェイスなのか楽しみなところ!普通のグルメレビューアプリと違うところは、実際に来店して、レシートを投稿しなければならないところだ。

レシートで情報が抽出されるので、店舗情報とか食べたものなどは自動的に入力できるのがすごいところだ!

もちろん、レシートの情報だけでなく、食べた感想などをうまく書けば、それだけインセンティブが増えるよ。

LINEのブロックチェーンアプリ④Wizball(ウィズボール)

Wizball知恵袋的なアプリだ。

カンタンな本人確認があり、LINEアカウントでログインできるんだ。

質問事項はそれこそ多岐にわたっていて「右肘が痛いんですが、どうしたらいいでしょうか?」的な医学的なものから、「東京駅から青森へ行く安くて楽なルートを教えてください」のような「駅すぱーと」でもいいのと違うか?と思うようなものまで、色々だ。

また、質問するだけでなく「交通系ICカードにもうひとつ機能をつけるとしたら何がいいですか?」的な、アンケートでもOK!

また、解答するのはユーザーだけでなくて、LINEが用意する専門家の場合もあるので、けっこうちゃんとした解答が無料で得られる場合もあるのがお得ポイントかも知れない!

付与ポイントは質問、解答ともにもらえるが、ユーザーの投票によっていい質問をした人、いい解答をした人に多くインセンティブが入るのがユニークだ!

ねこねこ

LINEのブロックチェーンアプリの中では一番稼げるかも知れないニャー!!

LINEのブロックチェーンアプリ⑤STEP(ステップ)(仮)

こちらは、ネーミングも(仮)となってるほど、いちばんあとにリリースされるであろうアプリで、旅行などの体験を共有するロケーションSNSだ。

この手のアプリはブロックチェーンでなくても多いけど、ブロックチェーンならではの特徴といえば、旅行の体験を「BOOK」という単位で公開して、ユーザーから多く閲覧されれば、インセンティブがもらえるという点だ。

「いいね」でなくて、見てくれればインセンティブが入るので、ちょっとオイシイのかも知れないね!

LINEといえば、2018年6月にLINEトラベルも始まったばかりだけど、いずれはこのアプリとつながるのかも知れない。

ねこねこ

そうなるとますます旅行の準備や情報の共有が便利になりそうだニャー!!

 

LINEがブロックチェーンアプリに力を入れている経緯とは

日本人でスマホを持っている人なら、かなりの人数が使っているメッセージアプリ「LINE」。そのアクティブユーザー数は日本だけで7600万、台湾、タイ、インドネシアを入れると1億6400万と言われている。

ねこねこ

ざっくり計算すると、日本のユーザーが約半数を占めてるんだニャ-!

でもこのところ、日本ではユーザー数の伸びは好調なんだけど、グローバル見るとちょっと伸びが滞ってきたようなんだ。それでブロックチェーンを使ったアプリに目を向けてきた感じなんだね。

そこで独自ブロックチェーンLINK Chainを構築して、ブロックチェーンベースのアプリを発表してるようなんだ。

アプリだけではなく、LINEが描く「LINE経済圏」とは?

LINEは思えば「NAVERまとめ」からはじまって、メッセージアプリ、LINEトラベル、LINE Pay、ゲーム、デリバリー、ショッピング、チケット、MUSIC、モバイル、キャリア、バイト、マンガ、ライブから占いまで、なんでもありw

BITBOXという仮想通貨取引所やLINKという独自コインまで持っていることから、いずれはLINEで貯まったポイントをまたLINEで使うという「LINEだけで事足りる経済圏」を作ろうとしているようだね!

Yahoo!などもPayPayを出しており、同じように「Yahoo!経済圏」を作ることを目指しているようだけど、果たして軍配はどちらに上がるのかな?楽しみだね!

ねこねこ

なお、LINEの経済圏構想については下記の記事にも注目ニャ!!

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

【今だけ】リップルプレゼント!

サイド「Bitpointキャッシュバックキャンペーン」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

【今だけ】リップルプレゼント!

固定サイド「Bitpointキャッシュバックキャンペーン」