ホーム最新ニュースクレジットカードのVISA社が遂に仮想通貨に参入!ブロックチェーン製品開発に向けチームメンバー募集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.03.27 最終更新
ゆい

クレジットカードのVISA社が遂に仮想通貨に参入!ブロックチェーン製品開発に向けチームメンバー募集

VISA,仮想通貨

世界的な大手クレジットカード会社の一つ『VISA社』が、自社ブロックチェーンの製品開発の求人を出している事が判明しました!今回はそんなVISA社が、本格的に仮想通貨業界への参入に乗り出すのかを焦点に考察します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ゆいゆい

こんにちわ、ゆいです♪なんとクレジットカードの大手会社VISA」がブロックチェーンの知識に精通した求人募集をしているのをご存知ですかっ♪(*゚▽゚)ノ



遂にクレジットカード会社大手『VISA』が仮想通貨業界に参入

VISA,仮想通貨

アメリカの金融業界大手、クレジットカード会社として有名なVISA社」が、仮想通貨のテクニカルプロジェクトマネージャー求人を開始し話題となっています。

ゆいゆい

アメリカの多国籍企業サービスを展開中のVISA社は、遂に仮想通貨業界に水から参入の意思を示し、今回「仮想通貨のエコシステム専門チーム」の立ち上げを予定しているとの事です♪(*゚∀゚*)



VISA社が発表したテクニカルプロジェクトマネージャーの採用情報を実際に見てみると、今後仮想通貨の知識を持った人材を採用し「VISA Crypto Team(VISAの仮想通貨チーム)」を構築・強化していく様子です。

VISA,仮想通貨



上図は、VISA公式サイトの求人情報ページですが、

「あなたはプライベートブロックチェーン技術に深く精通していて、急速に変化する仮想通貨とフィンテックエコシステムの専門家の密接なネットワークを持っているか?

仮想通貨を支援している技術者に価値を提供するための新製品を開発するというVisaの挑戦に興奮しているか?」



と記載されており、「VISA Crypto Team」のプロダクトマネージャーを募集し、調査チームと共同してVISAの製品戦略を実行してフィンテック業界に新たなサービス製品を提供できる人材を求めています。

『VISA』の仮想通貨業界参入は計画的なものだった

実は、今回発表されたVISAの仮想通貨チームプロダクトマネージャー募集による業界参入はいきなり始まったわけではありません。

この求人発表の約1カ月前に、VISA社で進めているプロジェクト「フィンテックファストトラックプログラム」を欧州・アフリカ・中東地域を中心に拡大した事を発表しているのです。

これまで、決済速度が圧倒的に速いと言われていたVISA社のネットワークシステムですが、仮想通貨業界参入によりブロックチェーン技術を利用すれば、より速くより安心なサービス提供が可能となるのは確実でしょう。

『VISA』がリップルのパートナー企業を買収

また2018年12月、VISA社公式サイトの発表によれば、仮想通貨リップル社のパートナー企業であるイギリスの「Earthport社」を198億イギリスポンド(日本円で約290億円)で買収する事を発表しています。

ゆいゆい

ここまでのVISA社の動向を考察すると、自社では既に仮想通貨のブロックチェーン技術に積極的な開発・サービス提供の準備が進められているのが予想できます♪(´∀`*)


ただし、VISA社の公式発表では、こうした仮想通貨業界への参入やクリプトチームの立ち上げなどといったニュースは出ていません。

仮にVISA社が本格的に仮想通貨およびブロックチェーン業界に参入表明をした場合、送金・決済機能を持ったリップルをはじめとする仮想通貨にとって脅威の存在となる可能性は非常に高いと言われています。

仮想通貨業界参入に伴うクレジットカード『VISA』のクリプト人材募集

VISA,仮想通貨

冒頭でご紹介したVISA社のクリプト人材募集については、求人ポータルである「Smartrecruiters.com」に掲載されているようです。

求人内容を見てみるとわかりますが、採用者はVISAの調査チームと共同して今後のロードマップをトレースし、フィンテック分野に新たな自社の新製品、新サービスを提供できるだけの知識が求められています。

今回の求人募集で採用された場合、勤務地はアメリカ・カリフォルニア州にあるパロアルトオフィスとなるようです。

クレジットカードVISAとマスターカードの手数料値上げにより仮想通貨は追い風!?

VISA,仮想通貨

世界的に有名なクレジットカードの2大企業と言えば、「VISAカード」と「マスターカード」ですが、2019年4月から両社は「現状の手数料を値上げする」事を明らかにしました。

ただ、今回発表されたVISAとマスターカードの手数料値上げについては、あくまで金融機関向けとされているため、両社の加盟店や顧客に転嫁されるケースも考えられます。

そして、今回のこのクレジットカード2社による手数料値上げについて、ビットコインをはじめとする仮想通貨には追い風、好材料となる可能性があるとの見解もあるようです。

ウォールストリートジャーナルの報道によると、VISAとマスターカードの2社は、4月から手数料の値上げを行う予定です。

VISA広報担当者はロイターに対して、今回の手数料変更はあくまで加盟店の商業銀行を対象としたものと限定的である事を明らかにしています。

ただ、こうした手数料の値上げによる費用の負担が加盟店にまで及んだ場合、最終的には利用者に影響を与えるケースも考えられます。

ゆいゆい

つまり、このような事態になった場合、VISAではなくビットコインやライトコイン、リップルなどの「仮想通貨決済」を選ぶ人が出てくる可能性があるかもしれないと言われているんですね♪\(^^)/



クレジットカードのVISAは本格的に仮想通貨ブロックチェーン業界に進出

VISA,仮想通貨

VISAが本格的に仮想通貨業界およびブロックチェーン業界へ進出する事が話題になっていますが、イギリスの「Earthport社」買収の他にも、「InstaRem社」への支援を行っています。

「InstaRem社」はリップル社のパートナー企業であり、この企業をVISAが支援する事により間接的にですが仮想通貨業界へ進出している事になりますね。

ゆいゆい

「InstaRem社」と提携する事によって、VISA社は自社の「フィンテックファストトラックプログラム」への参加を促し、革新的な決済サービス提供をするようです♪



では、VISA社が展開しているこの「フィンテックファストトラックプログラム」とは具体的にどういったプロダクトなのかをみていきましょう。

クレジットカードVISAがフィンテック企業向けに『ファストトラックプログラム』を開始

VISA,仮想通貨

2018年11月13日に発行された日本経済審部の内容によると、VISAがアジア太平洋地域におけるフィンテック企業に対して「フィンテックファストトラックプログラム」を開始したと報道されています。

ここでは、VISAのフィンテックファストトラックプログラムとその内容について考察していきましょう。

VISAのファストトラックプログラムとその内容

フィンテックファストトラックプログラムとは、フィンテック企業が従来持っている決済システムとVISAのグローバルネットワーク「VisaNet」を統合する事によって、VISAの決済が利用可能になるプログラムです。

ゆいゆい

2018年11月から、アジア太平洋地域のフィンテック企業においては、なんと「最短4週間でVISAのネットワークに参加可能となる」と言われています♪



このVISAのファストトラックプログラムは、フィンテック企業が抱える問題に対応し、VisaNet参加条件、手続きを迅速化するなど、VISAのパートナー企業のニーズに応えるものとなっています。

このプログラムに参加したフィンテック企業は、既にVISAが認証したプラットフォームやスポンサーである銀行などの金融機関と接続可能になります。

VISAの提供するファストトラックプログラムは、提携するフィンテック企業やスタートアップ企業の支援を目的にしたプログラムの一つと言われており、具体的には以下のようなプロジェクト内容が含まれているようです。

内容①【投資】

VISAを利用している顧客のために、デジタル決済発展に貢献する可能性を秘めたフィンテック企業に対しての評価や投資を行っています。

最近では、「Klarna、solarisBank、Marqeta、Paidy」といったフィンテック企業があります。

内容②【パートナーシップ】

「EVRY、Jaja、Revolut、Wirecard」などに代表される多くのプラットフォーム、およびフィンテック企業は、既にVISAと提携しており、利用者や加盟店に革新的な決済サービスの体験を提供しています。

内容③【エンゲージメント】

VISAは、国際的に革新的なビジネスモデルを展開している「Visa’s Everywhere Initiative」プログラムを、2016年よりアジア太平洋地域でスタートしています。

※「Visa’s Everywhere Initiative」とは、2015年にアメリカにて開始されたVISAのグローバルプログラムで、北米、南米、ヨーロッパ、アジア、中東アフリカ地域など40カ国以上で展開されています。

ゆいゆい

これまで、なんと2,100 社以上ものスタートアップ企業などが参加し、20億ドル以上の資金を調達していると言われています♪ヽ(´ー`)ノ



内容④【VISA・ワールドワイド】

電子決済の世界的なリーダーとなる可能性を秘めたVISAの目的は、革新的かつ信頼性が高い安全な国際決済ネットワークで世界中を結び、経済繁栄に貢献する事です。

ゆいゆい

Visa社の展開しているビジネスの中でも中核を担う決済ネットワークが「VisaNet」であり、毎秒65,000件もの取引処理が可能と言われています♪



まさにワールドワイドなネットワークであり、様々なデバイスを利用した取引の発展や、どこに居ても決済可能なキャッシュレス社会を構築する原動力となっています。

※VISA公式サイト参考「https://www.visa.co.jp/」

クレジットカードのVISA社が遂に仮想通貨に参入!ブロックチェーン製品開発メンバー募集まとめ

VISA,仮想通貨

今回は、クレジットカードの大手会社の一つ「VISA」が、本格的な仮想通貨およびブロックチェーン業界へ参入する話題についてご紹介しました。

VISAはマスターカードとならび、世界的な金融分野でもっとも影響力が大きいとされるクレジットサービス会社であり、収益性の高いビジネスモデルの原型を作りました。

まだVISAは公式で仮想通貨業界への参入表明は行っていませんが、長期的に見た場合、VISAの現CEO「Al Kelly氏」は、「VISAのプラットフォーム上で仮想通貨を送受信する」可能性を強調しています。

もし今後、VISAが本格的な仮想通貨業界への参入に乗り出す事になれば、世界中で大規模なネットショップなどを運営する個人や企業間で仮想通貨の採用を一気に拡大させる可能性がありますね。

ゆいゆい

そうなった場合、VISAと同じく決済機能に優れていると言われるライトコインやリップルなど仮想通貨のさらなる開発・発展を促す事は間違いないでしょう♪



今後も、VISAの仮想通貨、ブロックチェーン関連ニュースには要注目ですね。

また近年、仮想通貨のブロックチェーン技術がめまぐるしい進歩を遂げている点について、以下の記事でご紹介していますのでぜひ参考にして下さいね。



最終更新日:2019年03月27日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事