ホーム最新ニュース2019年総勢50名による今後の仮想通貨大予想(コインテレグラフ主催)が面白い!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.03.31 最終更新
さおりん

2019年総勢50名による今後の仮想通貨大予想(コインテレグラフ主催)が面白い!

仮想通貨,予想

仮想通貨関連の大手ネットメディア「コインテレグラフ」が非常に面白い企画を実施しているようです。今回はそんなコインテレグラフの2019年総勢50名による今後の仮想通貨大予測についてご紹介していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

目次

さおりんさおりん

こんにちわ、さおりんです。仮想通貨の大手メディアであるコインテレグラフが面白い企画を実施していますので、今回はそれをご紹介していきます。



コインテレグラフ新年特集で総勢50名の著名人が仮想通貨を大予想

仮想通貨,予想



現在、仮想通貨メディアサイト「コインテレグラフ」で、2019年の仮想通貨業界に関して、なんと仮想通貨およびブロックチェーンなどの専門家や著名人50名に取材をした特集を行っています。

2019年に注目すべきテーマに、今後仮想通貨としての将来性が期待できるアルトコインやビットコイン価格を大予想しており、それぞれの人物が2018年の仮想通貨業界を振り返りコメントしています。

2019年現在、まだまだ仮想通貨相場は低迷中ですが、ブロックチェーン技術は日々進化を遂げており、近い将来現実社会での実用化が期待されています。

SECによるビットコインETF承認をはじめ、ゲームや取引所を中心に開発が進むDApps(分散型アプリケーション)分野、ステーブルコイン、カストディサービスなど注目すべき点がたくさんありますよね。

さおりんさおりん

今後、さらに世界中から注目を浴びるであろう仮想通貨業界について、なんと50名もの著名人が様々な回答をしているのです。



今回は、そんなコインテレグラフの面白い仮想通貨特集から、2019年のビットコイン価格を明記した人物の回答を中心にご紹介していきます。

2019年今後の仮想通貨大予想における最高値と最安値予想は!?

仮想通貨,予想

コインテレブラフ主催の2019年注目すべき仮想通貨として、たくさんの著名人が名を挙げた銘柄が「イーサリアム(ETH)・リップル(XRP)・イオス(EOS)」の3つです。

また、ビットコインの価格予想に関しては、今回「回答」した方を中心にご紹介していきます。

仮想通貨,予想



2019年の仮想通貨相場の基軸となるビットコイン価格予想ですが、上図のように、全50人の価格予想平均値はなんと「110万4,000円」となっています。

さおりんさおりん

その中でも、かなり強気な方はビットコイン最高価格予想が「11億円」、最安値価格が「5,000円」とかなり差がついた結果となっているのが面白いですね。



コインテレグラフ特集で2019年ビットコイン価格予想をした20人をご紹介

仮想通貨,予想

さて、今回コインテレブラフで特集されている『今後どうなる?仮想通貨50人の2019年大予測』でビットコイン価格を明記した方の回答と、2018年仮想通貨業界の振り返りをそれぞれみていきましょう。

2019年仮想通貨予想人物【1】リチャード・ユン

韓国著名ビットコイン企業「コインプラグ」をご存知でしょうか?


同社現COOの「リチャード・ユン氏」ですが、2019年注目すべきポイントとして「カストディ・ICOに替わるSTO・トークン化・G20の動向」と述べています。

また、イーサリアム2.0が今後ブロックチェーン業界を大きく発展させるのではと密かに期待しているようです。

ユン氏が2019年おすすめする仮想通貨は、「6カ月後に生き残っており実際のプロダクトをもっているプロジェクト」だと語っています。

通貨としての機能が実用化に向けて淘汰されていく中、生き残った仮想通貨という事でしょう。

その他では、身分証明などのID関連プロジェクトや独自のメインネットを立ち上げているものに興味を持っているようです。

【2019年ビットコイン予想価格】
3,500~1万5,000ドル

2019年仮想通貨予想人物【2】マティ・グリーンスパン

eToroのシニアアナリストとして活躍している「グリーンスパン氏」が注目しているのは、「金融資産のデジタルトークン化」です。

今現在注目されているステーブルコインは既に脚光を浴びているため、商品や国債、株式などのトークンが出現しブロックチェーン上で自由に取引可能になると予想しています。

グリーンスパン氏おすすめの仮想通貨は「イーサリアム・リップル・ダッシュ・BNB」と述べています。

【2019年ビットコイン予想価格】
50万~100万ドル

2019年仮想通貨予想人物【3】アーサー・ヘイズ

ご存知海外の大手取引所BitMexの共同創業者でありCEOでもある「ヘイズ氏」は、2019年にはセキュリティトークンとステーブルコインが魅力的で投資家の注目になると語っています。

また、ICOに替わる資金調達手段として話題になっているSTOについては、規制にさらされて個人投資家が参加できなくなり淘汰されると予測しています。

ヘイズ氏がおすすめする仮想通貨はという問いに対して、真っ先にイーサリアムと答えたそうです。

去年の足手まといが今年のスターになる可能性もあるとして、反発を期待しているようですね。


【2019年ビットコイン予想価格】
1,000万~1万ドル

2019年仮想通貨予想人物【4】フィリップ・グラッドウェル

ビットコイン取引調査会社「Chainalysis」チーフエコノミストである「フィリップ・グラッドウェル氏」は、2019年以降の仮想通貨規制がより明確化されると述べています。

現状複雑になりつつある金融システム管理方法として、仮想通貨を積極的に受け入れる各国の規制当局も出てくると予想しているようです。

また、グラッドウェル氏のおすすめ仮想通貨として、ステーブルコインを挙げており、2019年はステーブルコインが盛り上がる年になると予測しています。

銀行口座を持つことなく仮想通貨版のドルや円が保有可能になり、金融システムはさらにグローバル化すると述べています。

【2019年ビットコイン予想】
市場のファンダメンタルズが明確になるまで、ビットコインの価格水準は予測が難しいと回答。

2019年仮想通貨予想人物【5】Kazmax

仮想通貨サロンもサービス展開している金融トレーダー「Kazmax氏」は、世間ではまだまだ「仮想通貨=怪しい」というイメージがあり、それを払しょくするには実用化促進などの取り組みが重要と述べています。

適正な規制により適正な価格を安定化させることができれば、仮想通貨価値は価格変動が少なくなり好循環を生み、実需の急速化がすすむとしており、他にも税率改定がきわめて重要と語りました。

また、Kazmax氏おすすめの仮想通貨は、すべてのアルトコインがまだビットコインを基軸として動いているので、ビットコイン以外はおすすめしないと回答しています。


【2019年ビットコイン予想】
2019年に背リングクライマックスが到来し、よりボラティリティが拡大、空前絶後の稼ぎ場が再来すると予想しているようです。

2019年仮想通貨予想人物【6】ジャスティン・サン

現在人気急上昇中の仮想通貨トロン(TRX)創始者「ジャスティン・サン氏」が注目するのは、やはりDAppsの爆発的な成長だそうです。

DAppsのトレンドは秋からであり、トロンをはじめとしたDAppsエコシステムが急激に広がっているため、今後開発者や利用者が増加するにつれて普及するのは自然と述べていますね。

さおりんさおりん

そして、サン氏おすすめの仮想通貨は、「ビットコイン以外で注目しているのはもちろんトロンだ」と自身が開発した通貨にかなりの自信を持っている様子です。




そして最後に、今からブロックチェーン業界で働く人に向けて「分散型アプリは注目すべきだ」とアドバイスもしています。

【2019年ビットコイン予想】
3,000~6,000ドル

2019年仮想通貨予想人物【7】サニー・ルー

ご存知、仮想通貨Vechain(VET)創始者として知られる「サニー・ルー氏」ですが、2018年を振り返り、まさにジェットコースターのような1年だったと語っています。

その中でも特に印象的だったのが、世界的に有名企業がブロックチェーン業界に参入を表明してその技術を応用し進めようとしたことです。

ルー氏が2019年注目している点は、「ブロックチェーン技術が発展する10年間の始まり」の年である事、ブロックチェーン技術の普及、そして仮想通貨規制のようです。

【2019年ビットコイン予想】
2,500~10万ドル

2019年仮想通貨予想人物【8】アン・シンシン

中国最大の仮想通貨メディアとして有名な「金色財経」の共同創業者「アン・シンシン氏」ですが、2019年はパブリックチェーンの中から、主要企業が決まる年になると予想。

その他にも、DAppsアプリ分野にも注目しており、この2つが相互に繋がっていて今後の仮想通貨業界発展には欠かせない要素であるとしています。

そんなシンシン氏おすすめの仮想通貨は、イーサリアムとイオス、そしてHuobiが独自発行しているHTトークンだそうです。

【2019年ビットコイン予想】
2,000~2万ドル

2019年仮想通貨予想人物【9】ケヴィン・シュー

中国の仮想通貨特化型ファンド「BlockVC」の現CEOである「ケヴィン・シュー氏」は、他の著名人とは違い、2019年の仮想通貨価格は低迷したままとの発言をしています。

そんな弱気相場の中から真に技術力のある企業以外は淘汰され、特に利用者に幅広く普及すると見られるブロックチェーンプロジェクトは生き残ると予想しているようです。

そんなシュー氏がおすすめする仮想通貨は一風変わっており、しっかりと技術が裏付けされた通貨である「IPFS」や「Polkadot」だそうです。


【2019年ビットコイン予想】
今年の第2四半期から全体的に回復傾向に入ると予想しているようです。

ステーブルコインやカストディサービス等のインフラが好材料となって機関投資家の参入が期待できるとしています。

2019年仮想通貨予想人物【10】パンダマン

パンダマンは、中国系ファンドのジェネラルマネージャーで、著名な仮想通貨市場アナリストだそうですが、詳細は不明となっています。

そんなパンダマンが2019年の仮想通貨で注目すべき点は、今後新たなブロックチェーンのベースとなるものが誕生して、ブロックチェーン3.0、4.0と開発が順調に進むと予想しています。

また、パンダマンが2019年に注目する仮想通貨は、仮想通貨基軸となるビットコインのサイクルに準じたイーサリアムやイオスだそうです。

【2019年ビットコイン予想】
1,800~6,000ドル

2019年仮想通貨予想人物【11】ピーター・ユー

北京を拠点とする仮想通貨のマーケティング会社「WXYコンサルティング」CEOである「ピーター・ユー氏」は、仮想通貨事業のライセンスがもっとも話題になると予測しています。

なぜなら、各国政府が仮想通貨業界を規制する上で、もっとも効果的な方法がライセンス制だという事が2018年でわかったからと答えています。

そんなユー氏が2019年におすすめする仮想通貨はイーサリアムで、昨年11月プラハ開催の技術会議において4段階目となるアップデート「セレニティ」への道筋をしっかり提示していると豪語しています。


さらに、2019年はイーサリアム技術が成熟するとともに現実社会での実用化に注目が集まると述べています。

【2019年ビットコイン予想】
3,000~3万ドル

2019年仮想通貨予想人物【12】ワン・フォン

中国の仮想通貨メディアとして有名な「火星財経」のCEOである「ワン・フォン氏」は、2019年仮想通貨業界で「STO」とデジタル資産の保管サービス「カストディ」が話題となると予想しています。

従来の資金調達手段として実施されてきた「ICO」と比較して「ICOは虫、STOは竜」といった中国人独特の言い回しで、STOを証券トークン化していく事で大規模な市場になると述べています。

そんなフォン氏おすすめの仮想通貨は「パブリックチェーンのトークン」で、シャーディングやパーティション技術のほとんどが2019年内に実現する可能性があると注目しているようです。

【2019年ビットコイン予想】
2,000~8,000ドル

2019年仮想通貨予想人物【13】セス・リム

東南アジアの仮想通貨取引プラットフォーム「SoarEx」CEOである「セス・リム氏」は、2019年ブロックチェーンを介して資産取引が24時間可能になると予想しています。

そのポイントとなるのが「STO」で、今後仮想通貨規制がさらに明確化される事により上場企業の独自トークン発行が増加し、機関投資家の呼び水となると述べています。

さおりんさおりん

そんなリム氏のおすすめは、リップル(XRP)で従来のシステムであるSWIFTの代替となる可能性があると注目しているようです。



リップル(XRP)がいかに将来性のある仮想通貨であるかは、以下の記事を参考にして下さいね。



ただ、それを実現させるためには、今後もっと多くの金融機関やプロバイダー等がRipple Netに参加する必要があるだろうと述べています。

また、リップルの他にもモネロ(XMR)を挙げており、他の通貨よりマイニングしやすい点、匿名性が高くオンラインカジノ等が採用に動くかもしれないと予想しています。

【2019年ビットコイン予想】
2,500~3万ドル

2019年仮想通貨予想人物【14】中村

「仮想通貨で最速で億り人になる方法」というブログを運営している有名ブロガー「中村氏」は、2018年はネガティブなニュースに振り回される1年だったと振り返っています。

2018年は特にSECによる取り締まりが強化され、仮想通貨を証券、取引所を証券取引所としてSECへの登録を義務付ける方針で、実際にいくつかのICOは未登録証券として罰則を受けています。

また、ICOが下火となる一方で新たな資金調達手段「STO」関連の市場が大盛況となっている事から、今後よりSTOの人気が加速するのではと予想しているようですね。

【2019年ビットコイン予想】
短期的には3,000~5,000ドルのレンジ、1年後でも1万ドルは超える事は無い。

2019年仮想通貨予想人物【15】指針

XRPで資産を1000倍にした仮想通貨投資家として話題になった「指針氏」は、2018年はいい意味でも悪い意味でも世間に仮想通貨が認知された年となったと振り返っています。


2019年の注目ポイントについては、従来の仮想通貨関連の体制と調和が図られないと今後の普及は厳しいと指摘し、2019年内に各国独自ではなく国際的な統一規制が整備されてほしいと願っています。

その後に、今話題となっているビットコインETFの承認があると少し長期的な目で予想をしているようですね。

【2019年ビットコイン予想】
半年後「5,000ドル~6,000ドル」、1年後は「8,000ドル~1万ドル」。

ビットコインETF承認の場合は、1年後「1万ドル~1万2,000ドル」と予想。

2019年仮想通貨予想人物【16】henashamp

テクニカル分析系仮想通貨トレーダーとして有名な「henashamp氏」は、2018年を振り返り「ほとんどの悪材料を吐き出した1年となった」と振り返っています。

そんなhenashamp氏が2019年注目するポイントとして挙げたのが、「Return to Normal (正常化)」で、相場操作などがある異常なマーケットは正常化されるべきと厳しい意見を述べています。

2019年、henashamp氏がおすすめする仮想通貨は、リップル(XRP)とゼットキャッシュ(ZEC)で、テクニカルチャート分析した結果もっとも期待できる形であると予想しています。

【2019年ビットコイン予想】
2019年1月中旬頃で、ビットコイン価格が「6,000ドル」ライン上に復帰するかが最初のチェックポイント

1年を通してみた場合には、期待できる高値は「37,000ドル」。

2019年仮想通貨予想人物【17】ナン・ニン

日本の仮想通貨業界事情通・デジタル資産取引プラットフォーム「OceanEX CEO」である「ナン・ニン氏」。

同氏は、2018年のブロックチェーン業界について浮き沈みが激しい年だった反面、様々な仮想通貨プロジェクトが一斉に登場し話題になった年でもあったと振り返りました。

さおりんさおりん

そんなニン氏が2019年に注目する事は、コンプライアンスだと強調し、仮想通貨を含むデジタル資産は、今後いかに法律規制に従って扱っていくかがポイントだと述べています。



また、おすすめの仮想通貨銘柄として、「VeChain(VET)」を挙げています。


現在の様々なビジネスシーンの課題は、ブロックチェーン技術を活用する事で応用し解決可能になる開発が進んでおり、VeChainは提携者数も200社を超えており期待しているようです。

【2019年ビットコイン予想】
2,500~2万5,000ドル

2019年仮想通貨予想人物【18】ニゲル・ヒューズ

某仮想通貨プロジェクト顧問として活躍する「ニゲル・ヒューズ氏」は、2018年は自分が想定していた年とは異なる1年だったと振り返っています。

仮想通貨に投資していた一般投資家はのきなみ個人資産を減らし、ICOに投資していたファンドは壊滅状態、生き残ったのは本当に価値あるプロジェクトだけだと述べました。

ヒューズ氏曰く、2019年はこれまで通りビットコインが仮想通貨の基軸であり続ける事は間違いなく、今後代替となるコンセンサスアルゴリズムに注目しているようです。

2019年おすすめの仮想通貨としては、ダッシュ(DASH)を例に挙げており、既に小売業界で普及し始めており、社会的に実装がしっかりされたプロジェクトと絶賛しています。

【2019年ビットコイン予想】
1万ドルまでいく可能性はあるが、1,000ドルを割れることはないだろう。

2019年仮想通貨予想人物【19】デビッド・キム

仮想通貨投資ファンド「Blue Block Capital」CEOの「デビット・キム氏」は、デジタル資産のバブルは過去に起きた様々な金融バブルと酷似していると述べています。

さおりんさおりん

つまり、「パラダイムシフト⇒ブーム⇒陶酔⇒利益確定⇒パニック」といった5つのステージによるものと説明しました。



2019年は、ビットコインが過去の「金(ゴールド)」のような資産として世界中の投資家に紹介されていく年となると予想しているようです。

そんなキム氏おすすめの仮想通貨は、PoSへの移行を目前に控え重要な時期を迎える「イーサリアム」だそうです。


この第4段階アップグレードの「セレニティ」実施により、イーサリアムの仮想通貨としての真の価値が解き放たれると大絶賛の様子です。

【2019年ビットコイン予想】
1万~2万9,000ドル

2019年仮想通貨予想人物【20】アンディー・チャン

ご存知、海外でも有名な仮想通貨取引所「OKEx」最高運営責任者である「アンディー・チャン氏」は、2018年を一言「ほろ苦い1年」とポロリ…。

ただ、2018年を生き残った真に価値あるプロジェクトこそが、今後の仮想通貨・ブロックチェーン業界を次のレベルに押し上げると予想しているようです。

チャン氏が2019年に注目しているのは、「DEX(分散型取引所)」と機関投資家向けの「OTC取引」と明確に発言しました。

また、チャン氏おすすめの仮想通貨としては、イーサリアムと即答。

その理由として、1,000以上の仮想通貨を支えるもっとも多彩で多様な仮想通貨だからと述べた上で、「イーサリアムの可能性は無限だ」と付け加えて絶賛しています。

【2019年ビットコイン予想】
3,000~2万ドル

コインテレグラフの2019年今後の仮想通貨大予測まとめ

仮想通貨,予想

今回は、ネット上の仮想通貨メディアとして最大規模を誇るコインテレグラフ日本語版で実施された新年特集「今後どうなる?仮想通貨50人の2019年大予測」についてご紹介しました。

50人全員の回答はご紹介できませんでしたが、2019年のビットコイン価格を明確に回答した20人の意見は様々なで非常に面白い見解を持っている事がわかりましたね。

総じて2018年は冬の時代と言われている通り、どの著名人も「こうした時期はいつか必ずくる、それが今だというだけ」とし、2019年以降の仮想通貨、ブロックチェーン業界の発展に期待している様子です。

また、2019年に期待する仮想通貨銘柄やビットコイン価格予想については様々であり、特にビットコイン価格予想については「現段階で予想するのは難しすぎる」という意見がほとんどだったようです。

さおりんさおりん

今回コインテレグラフが実施したこうした企画は、世界中の一般投資家の心をくすぐる非常に面白い内容となっているため、今後もぜひこうした企画は継続してほしいですね。



特に今回、仮想通貨相場が現在も冷え切っている中、ブロックチェーン技術の進歩はめざましいとの見解が多かったですね。

ブロックチェーン技術に関する今後の可能性や、重要なポイントについては下記記事にて詳しくご紹介していますのでぜひ参考にして下さいね。



最終更新日:2019年03月31日

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」