ホーム最新ニューストークンエコノミーが仮想通貨の今後を左右する!?新しい経済のあり方に注目!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さおりん

トークンエコノミーが仮想通貨の今後を左右する!?新しい経済のあり方に注目!

仮想通貨,トークンエコノミー

将来的に仮想通貨およびブロックチェーン業界において、トークンエコノミーが創りだす独自の経済圏が徐々に話題になっています。今回はそんな仮想通貨とトークンエコノミーの関連性に焦点をあてて考察していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

目次

さおりんさおりん

こんにちわ、さおりんです。みなさんは「トークンエコノミー」という言葉を聞いた事がありますか?どうやら仮想通貨と密接な関係を築くモノのようですのでその関連性を探っていきましょう!



今後の仮想通貨ブロックチェーン業界を左右するトークンエコノミー

仮想通貨,トークンエコノミー

最近「トークンエコノミー」という言葉、よく耳にする事はありませんか?

パッと聞いただけでは、仮想通貨取引を頻繁に行っているライトな一般投資家にはなかなかどんなものなのか想像しにくいですよね。

近年、仮想通貨という言葉が世の中に浸透してきましたが、その裏では仮想通貨の流出事件や世界各国による様々な規制、投機的な投資もあり、注目されるのはボラティリティの高さからくる価格とも言われています。

有名なビットコインをはじめとした2017年末の仮想通貨バブルで「億り人」となった人も出現し、「投資」ではなく投機対象としての認識は今もなお続いています。

今回は、そんな今後の仮想通貨やブロックチェーン業界を左右するトークンエコノミーが経済的にどんな影響を与えるのかを解説していきます。

仮想通貨はブロックチェーンを利用したプロダクトの一つに過ぎない

そもそも仮想通貨とは投資目的だけのものなのでしょうか。

近年、仮想通貨におけるブロックチェーンは、従来の技術では不可能だった様々な仕組みを可能にする革新的な技術であり、本質的に仮想通貨価格のボラティリティに左右されるだけのものではないのです。

つまり、仮想通貨はブロックチェーン技術を使用したプロダクトの一つにすぎないという事ですね。

仮想通貨が流動するには実用性と信頼性が必要不可欠

仮想通貨はその名の通り実態がなく、いわば投資家の期待値で成り立っている仮想通貨価格となっています。

では、こうした仮想通貨に実用的な価値が生まれて世の中に流通するには何が必要となるのでしょうか。

さおりんさおりん

それは、信頼性と実用性です。



ご存知のように、円やドルといった法定通貨は各国が保証する通貨であり、それぞれ国の中央銀行などが管理し流通しています。

ほとんどの仮想通貨は、こうした中央銀行などの管理者が存在しない非中央集権的な仕組みですが、その信用性はブロックチェーン技術によってもたらされているのです。

こうした通貨が日常生活の中で実際に使用可能かどうかという点において、法定通貨と仮想通貨に大きな違いがあると言われています。

どんなに信用度が高い通貨であっても、その通貨が実用性に乏しく使用されないプロダクトやサービスであれば流通はしませんよね。

経済がうまく循環するためには、その通貨に実用性が伴ったプロダクトやサービスが存在していなければならないという事です。

そういった意味で、近年の仮想通貨に求められるのが「信頼性」と「実用性」を伴ったプロダクトやサービスが提供でき流通できる機能と言われています。

トークンエコノミーと今後の仮想通貨の関連性

仮想通貨,トークンエコノミー

既にご紹介した事をまとめてみると、トークンエコノミーとは「仮想通貨において通貨の代替となる価値のあるものであるトークンを用いた経済」の事を指します。

では、こうしたトークンエコノミーと仮想通貨はどのように関連しているのかをここではご紹介していきます。

そもそも『トークンエコノミー』ってどんなもの?

トークンエコノミーは、様々なサービスを提供する側が通貨の代替としてトークンを発行し、それを利用するユーザーが購入する事により初めてそこに価値が生まれます。

さおりんさおりん

つまり、こうした価値があり信頼できるトークンを通貨として様々な取引に使用する事で、トークンエコノミーが成り立つんですね。



また、トークンエコノミーは単なる仮想通貨においての意味合いだけでなく、教育や医療といった様々な分野において使用される言葉です。

仮想通貨で使用される意味合いのトークンでは報酬を用いて行動を促しますが、そういった意味では、共通している点もあると言えますね。

トークンエコノミーと仮想通貨ブロックチェーン

トークンエコノミーは、近年仮想通貨分野においてトークンを使用する事で成り立つ言葉だという事がわかりました。

では、トークンと仮想通貨のブロックチェーンにはどのような関係があるのでしょうか。

一般的に、仮想通貨においてトークンを発行する際に重要となるポイントは「そのトークンに信頼性があるか否か」という点です。

ほとんどのトークンは発行した者により、あらかじめ発行数や初期価格が決められています。

しかし、現実的には発行済みトークン数量が限定でなかったり購入したはずのトークンが購入されていなかったり、数量や取引を承認するものがないと安心して取引できませんよね。

さおりんさおりん

そこで、こうした承認の役割を担うのが仮想通貨のブロックチェーンになります。



近年、仮想通貨のブロックチェーン技術は、様々なプロジェクトで応用されていますが、最大の特徴は前述した「正確で透明性のある取引データを第3者が承認してくれる」点にあります。

つまり、あらかじめ発行されたトークンの数量や取引時の記録を第3者が承認する事により、承認者以外が操作できなくなりトークンの価値が生まれるわけです。

そのため厳密に言うと、トークンは仮想通貨ではなくブロックチェーン技術と密接な関連性がある事になります。

トークンエコノミーと仮想通貨の『ICO』

仮想通貨を使用したプリジェクトを行う企業が資金調達のために利用する手段の一つが「ICO」で、ICOを実施する際に独自のトークンを発行します。

よくスタートアップ企業などが独自トークンをブロックチェーン上で発行して、そのトークンの一部を市場で販売し資金調達を行うのもほとんどがICOです。

こうしたICOを実施する際に重要となるのが、企業が行おうとしているプロダクト内容や信頼性です。

そのため、ICOを実施する企業はまずホワイトペーパー(プロダクト内容の記載書)を発行し、一般投資家などに公開する事で自社のプロダクトの有用性、信頼性を認めてもらいます。

また、実際にICOを実施する時に、どのブロックチェーンを利用するのかによって期待度が変わってくるケースも多いようです。

近年では新たな資金調達手段が登場しており、最近話題になったトロンのビットトレントICOでは人気や話題性があり過ぎて「開始数秒で完売」するような事も多々あります。


徐々に下火となりつつあるICOですが、信頼性・実用性ともに期待できるトークンを発行すれば、莫大な資金調達が可能となっています。

今後仮想通貨とトークンエコノミーの時代が到来する!?

これまでご紹介してきた通り、実用性・信頼性のあるトークンの発行によって革新的な経済圏を構築可能になり、トークンエコノミーの時代はもうすぐ到来するとまで言われています。

トークンエコノミーの到来にあわせて、仮想通貨やブロックチェーン技術を利用した新たなプロダクトやサービスが続々と開発されていますよね。

その中でも重要言われているのが「IoT(Internet of Things)」、つまり「モノのインターネット」においてトークンをどう活用していくのかという点です。


つまり、世の中に有用性のあるモノのモノがインターネット上で繋がりあい、そうしたモノ同士が仮想通貨およびトークンを利用して様々な取引を行う時代がくると期待されているのです。

上記Twitterでご紹介した様々なコミュニティーもその一部であり、今後の仮想通貨トークンエコノミーを語る上で必要不可欠なものと言われています。

具体的な事例を挙げるとすれば、例えば自動車が「仮想通貨のウォレット」機能を果たすモノとなってガソリンを入れる時や高速道路料金を支払う時に自動でお金を払うシステムがこれに当たります。

さら時代が進めば、自動で運転する車同士が仮想通貨やトークンといった通貨を利用して、混み合う道路や信号での譲り合いなどが実現する可能性もあるかもしれません。

さおりんさおりん

こうした今後予想できうる仮想通貨のブロックチェーン技術革新により、トークンエコノミーで利用可能なソフトウェア開発も同時に進むだろうと言われています。



また、これらの課題を全て解決するような全く新しいブロックチェーンが誕生するかもしれませんね。

今後の経済視点から見た仮想通貨ブロックチェーン技術の将来性と仕組み

仮想通貨,トークンエコノミー

今後、日本を含んだ世界経済がうまく循環するために、仮想通貨が取引時の支払い・決済手段として使用されるプロダクト、サービスがどんどん増加していく必要があります。

前述したように、仮想通貨は実態のないものゆえにブロックチェーンという圧倒的技術によって成り立っていますが、ここでは仮想通貨のブロックチェーン技術がどれほど凄いのか、その仕組みを解説します。

仮想通貨の仕組み①少額決済(マイクロペイメント)

仮想通貨取引を行っている一般投資家ならお分かりとは思いますが、取引時の手数料は非常に少額ですよね。

また、銀行口座の取引時にも108円ほどの少額手数料がかかりますし、既存の国際送金であれば数千円単位での手数料がかかります。

しかし、国際送金機能に特化した仮想通貨リップル(XRP)を利用する事で、世界中の銀行やウォレット間での手数料は日本円にしてわずか約0.043円と言われています。

現時点での国際送金システムでは、リップルが抜きんでているものの、ビットコインやイーサリアムであっても数円程度で済みます。

さおりんさおりん

こうした送金や決済時だけでなく、様々な取引時にかかる手数料が非常に安くなるにつれて、ビジネスチャンスは拡大するでしょう。



例えば、従来「100万円の売上げを得るために100人に1万円ずつ集めていた」ビジネスモデルが、「1万人に100円ずつ集める」ビジネスモデルも可能になるのです。

仮想通貨の仕組み②改ざんなどが不可能なセキュリティの高さ

仮想通貨のブロックチェーンはその名の通り、各ブロックが連続した鎖状に繋がりデータが格納されています。

各ブロック間に密接な相関関係が存在するので、悪意をもって過去履歴を改ざんするには、それ以降の情報も改ざんして整合性を合わせなければなりません。

そのため、仮装通貨のブロックチェーン上のデータを改ざんする事は極めて困難であると言われており、後から取引情報を変更できなくなるので取引に「信頼性」が生まれます。

仮想通貨の仕組み③迅速で安全な支払い・決済機能

従来の円やドルでの取引と比較すると、仮想通貨取引は圧倒的とも言える迅速な取引が可能であり、口座振込みでも銀行の営業時間を気にする事なく24時間365日取引が可能になります。

基本的に、仮想通貨取引はブロックチェーン上のブロック生成とともに取引が成立する仕組みなので、前述したリップルなら約3秒、もっとも遅いビットコインでも10分で取引が完了します。

さおりんさおりん

仮想通貨取引においては、ブロックチェーン上の台帳に記録・管理して簡潔しており、各ブロックに情報を記録するだけで入出金などの取引が成立可能です。



現在の銀行取引にも大型の電子サーバーが使用(SWIFTシステム)されていますが、こうした銀行や金融機関でもブロックチェーン技術が導入される事で仮想通貨と同じ速度の取引が可能と言われているのです。

つまり、従来のビジネスで月末締め日などのある一定期間による取引が、こうした仮想通貨のブロックチェーン技術を利用する事で取引が即時反映され、締日という概念がなくなる可能性もあるわけですね。

1日の売上げがその日に反映されるような事が可能になれば、資金力が乏しい組織、または個人商店などには非常にありがたく、大企業の経営店にも非常に大きな影響を与えるでしょう。

仮想通貨の仕組み④取引情報の透明化

仮想通貨取引でブロックチェーン上に記録されたデータは、世界中の誰もが閲覧可能であり、仮想通貨が流通する事によって経済は成立すると言われています。

つまり、「いつどこで誰から誰にいくらの通貨が取引されたのか」という、従来であれば不透明だった部分が透明化され公平性が保たれるのがブロックチェーン上の仮想通貨取引です。

さおりんさおりん

個人法人を問わず、取引時の通貨の流れが「見える化」されるので、生産者と消費者の間に信頼性が生まれるわけですね。



さらに取引が透明化される事により不正を行うリスクは高くなるので、取引の信用が増す上に、不正な取引をすれば一気に信用は低下します。

つまり、「取引記録が見える=信用が見える」状態とも言えるでしょう。

仮想通貨の仕組み⑤スマートコントラクト機能による付加価値

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で行われるある一定の流れに「契約を自動実行する機能」を付加できる仕組みです。

こうしたスマートコントラクト機能を利用する事で、ブロックチェーン上での仮想通貨取引において従来人や企業などを挟まずに取引が可能となるのです。

現状では、ECやソフトウェア取引でも実現しているかのように見えますが、EC決済で行われる一般的なクレジットカード支払は即自的ではない上に、直接生産者にお金が支払われずカード会社を通して行われています。

前述した「改ざんが困難」である点と「取引の透明化」があるからこそ、管理者が不在のスマートコントラクト機能を利用した取引が自動実行されても良い環境が出来上がるのです。

今後の仮想通貨ブロックチェーンのトークンエコノミーによる今後の活用

仮想通貨,トークンエコノミー

ここまでトークンエコノミーと関連する仮想通貨のブロックチェーンやスマートコントラクト機能がいかに優れたものであるかが分かりましたね。

ここでは、今後仮想通貨とトークンエコノミーの経済的な活用についてみていきましょう。

トークンエコノミーは利用ユーザー同士が作る独自の経済圏

ブロックチェーン技術は、これまで仮想通貨に応用される形で開発・発展してきた経緯があります。

そして、より活用の場を広げると期待されているのが、従来の通貨に代替可能なトークンを発行し、特定のコミュニティー内で流通させることにより独自の経済圏を形成可能なトークンエコノミーです。

さおりんさおりん

こうした独自の経済圏を形づくるトークンエコノミーでは、コミュニティー内で利用ユーザー同士の取引にモノや提供サービスの対価としてトークンを使用可能になるのです。



ある時は投げ銭としての機能を果たしたり、トークンの保有量に応じたサービス提供や様々なプロジェクトの意思決定に関与できるような参加型のプロジェクトも考えられますね。

仮想通貨のブロックチェーン上でトークン発行される事が重要

これまでにも、サービス業・小売り業などの分野においては、独自のポイントを発行する仕組みはありましたが、これは運営企業が一方的に利用者に対しポイントを付与するだけのものでした。

NANACOやWAONといったポイントカードが有名ですが、こうして運営企業から付与されたポイントは、利用者同士での交換はもちろん現金に換金なども一切不可能ですよね。

しかし、トークンエコノミーでは、各コミュニティー内でトークン自体に価値が生まれるので、同じ趣味の利用者同士が交流し価値(トークン)を交換しあう独自の経済圏が様々な分野で成立すると言われています。

さおりんさおりん

トークンエコノミーで重要なポイントは「トークンがブロックチェーン上で発行される」点にあります。



仮想通貨のブロックチェーンという非中央集権的な特徴によって発行されたトークンの価値が担保され、コミュニティー内で流通する仕組みが形成されるからです。

その結果、個人が保有しているトークンを他人に譲渡可能になり、譲渡された人はさらに別の人に譲渡可能になるのです。

トークンエコノミーで形成される経済圏は、利用するユーザーとの接点を増加させ必要に応じたニーズに応える事が可能であり、利用者の自律的なコミュニティーの活性化を促進させる仕組みとも言えます。

ネコと仮想通貨をゲットする位置情報ゲーム「ビットにゃんたーず」が正式リリース

仮想通貨,トークンエコノミー



ここまで、仮想通貨とトークンエコノミーが作る経済圏の仕組みについてご紹介してきましたが、実際にこの仕組みを既に利用し実現させようとしている企業も存在します。

仮想通貨ARUKによるトークンエコノミーの実現

2019年3月19日、「歩く証明」がコンセプトのスマホ向けゲーム開発会社リアルワールドゲームス株式会社が、iOS&Android向けスマホ位置情報ゲーム「ビットにゃんたーず」を正式リリースしました。


上記公式Twitter上では、すでにプレゼントキャンペーンも開催しているようですね。

さおりんさおりん

「ビットにゃんたーず」はスマホに付加しているGPS機能を使い、健康的に寿命を伸ばす事を目的に歩く事が重要なポイントと言われています。



つまり、同社が開発したこの「ビットにゃんたーず」は、プレイヤーを歩かせるためのインセンティブとして仮想通貨「ARUK」を独自に発行し、将来的にARUKによるトークンエコノミーを目指しているようです。

トークンエコノミー実現を目指す「ビットにゃんたーず」ってどんなゲーム?

「ビットにゃんたーず」は、スマホのGPS機能を使用した時に画面上に現れる座標でネコを撫でるミニゲームが発生、その後にネコの捕獲・育成ができるゲームです。



ゲームを利用するユーザーが自分の地域の特徴的な建造物や場所の写真を撮影してコメントを付けて登録すると、その座標を写真と一緒にネコスポットとして登録も可能となっています。

さおりんさおりん

スポットには申請が必要ですが、見事に承認されるとなんと仮想通貨「ARUK」が報酬としてゲットできる仕組みなのです。



また、同社は今後リリースする予定である「ビットハンターシリーズ作品」や、自社と提携している企業や店舗での支払い手段に仮想通貨「ARUK」を使用可能にする事も目標としています。

今後もこうした「ビットにゃんたーず」のようなトークンエコノミーを目指すスマホアプリが登場してくれば、利用ユーザーは楽しみながら仮想通貨を得る事ができてうれしいですね。

仮想通貨の今後を左右するトークンエコノミーとの関連性まとめ

仮想通貨,トークンエコノミー

今回は仮想通貨やブロックチェーン業界の今後を左右すると言っても過言ではない「トークンエコノミー」に焦点をあてて、様々な角度から考察しました。

トークンエコノミーがリアル社会で実現するためには、まだまだ仮想通貨が発展する必要があるため、今すぐに実現可能とは言い切れない面が多数あります。

しかし、現在インターネットは社会的になくてはならない存在であり、スマホは一人1台が当たり前の時代になっています。

さおりんさおりん

両者とも過去には思いもしなかったモノが当たり前になる時代が到来する事はもはや必然とも言えるでしょう。



こうした現在のインターネットやスマホがそうであるように、今後仮想通貨やブロックチェーンを使用したトークンエコノミーが当たり前の時代がすぐそこまで到来しているかもしれませんね。

この記事内でご紹介した仮想通貨のブロックチェーン技術がいかに優れているのかを、下記記事にて詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にして下さいね。



【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」