ホーム最新ニュースルイ・ヴィトンがブロックチェーン技術を導入!トレーサビリティを用いた高級ブランドの証明方法とは?!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆい

ルイ・ヴィトンがブロックチェーン技術を導入!トレーサビリティを用いた高級ブランドの証明方法とは?!

ブロックチェーン,トレーサビリティ

世界的な有名ブランド「ルイ・ヴィトン」がなんと仮想通貨のブロックチェーン技術を導入し話題になっています。今回は近年急増しつつあるブロックチェーンのトレーサビリティを中心に詳しく解説していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ゆいゆい

こんにちわ、ゆいです♪(^^♪な、なんと今回はあの有名ブロンド「ルイ・ヴィトン」がブロックチェーンプラットフォームの立ち上げを発表しましたのでその話題を中心にご紹介します♪ヽ(*^^*)ノ



あのルイ・ヴィトンがブロックチェーン技術『トレーサビリティ』で真贋(しんがん)証明!

ブロックチェーン,トレーサビリティ

みなさんご存知フランスのはいブランド「ルイ・ヴィトン」が、「ConsenSys」「Microsoft」と共同でブロックチェーンプラットフォーム立ち上げを発表しました。

「AURA」と呼ばれるこのブロックチェーンプラットフォームは、商品追跡のために、2019年5月~6月頃に2つの主要子会社である「ルイ・ヴィトン」と「クリスチャン・ディオール」に導入予定のようです。

今回報道された内容によれば、「AURA」プラットフォームは、JPモルガンの「Quorum」ブロックチェーンプラットフォームをベースとして、イーサリアムのブロックチェーン上に構築される予定です。

AURAブロックチェーンを活用する事によって、従来不可能だった販売時からの記録追跡(トレーサビリティ)を可能にする事ができ、高級ブランド商品「ルイ・ヴィトン」などの真贋証明機能が期待されています。

また、今後はこうしたトレーサビリティの他にも、知的財産の保護や各ブランドによる限定イベント案内、偽広告防止対策にも活用したいとの見解を示しています。

ゆいゆい

今回発表されたAURAのブロックチェーンによるトレーサビリティ機能が成功を収めれば、ルイ・ヴィトンだけでなく将来的には競合ブランドにも同じ機能が波及する可能性がありますね♪(≧◡≦)



他業種でもブロックチェーン技術『トレーサビリティ』導入は増加中

近年、仮想つかのブロックチェーン技術は確実に日々進歩しており、その中でもトレーサビリティ」を利用した商品情報の追跡機能は様々な分野で応用されようとしています。

最近では、実際にアメリカの大手運送会社である「UPS」も商品のサプライチェーンにこうしたブロックチェーン技術導入を開始しています。

ゆいゆい

「Zippy」と呼ばれる新たなブロックチェーンプロジェクトを先駆けとして、Eコマース技術開発企業と共同で立ち上げました♪



また、商品運送システムだけでなく、商品情報のリストアップ機能や配送まで、トレーサビリティを利用したサプライチェーン全体の履歴を追跡可能なシステム開発に力を入れているようです。

そもそもブロックチェーンの『トレーサビリティ』ってどんなもの!?

ブロックチェーン,トレーサビリティ

近年、仮想通貨が世の中に浸透しつつありますが、「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を聞いた事はあっても実際にどんなものか想像できない人も居るでしょう。

ここでは、そんな人のために、仮想通貨のブロックチェーンや冒頭でご紹介したトレーサビリティとはどんなものなのかをわかりやすく解説していきます。

仮想通貨のブロックチェーンとは

ブロックチェーンは、別名「分散型台帳、分散型ネットワーク」とも呼ばれており、もともとは仮想通貨ビットコインの中核となる技術をベースにした機能の事です。

ゆいゆい

「分散型台帳技術」と聞くと、難しそうなイメージがありますが、要は「様々な機能が付加された台帳」の事を指します。



台帳と言えばだいたいどんな使い方をするのかはイメージしやすいかと思いますが、仮想通貨では、この台帳に全ての取引情報を記録しているのです。

ブロックチェーンとは、その名の通り、「ブロック」と呼ばれるデータ単位をある一定時間ごとに生成して、チェーン状(鎖状)にブロックを連結してデータを保管するデータベースという意味合いだそうです。

ブロックチェーンには様々な特徴がある

ブロックチェーンを上手に活用する事で、従来では不可能だった事を可能にする様々な特徴があります。

ゆいゆい

全ての取引記録がブロックチェーン上で整合性を維持しているため、一部で取引データを改ざんされたとしても、他のコンピュータとの多数決により正しいデータが選ばれます♪♪



そのため、ネットワーク上でつながっている複数のコンピュータを同時にハッキングされない限りは、こうした取引データの改ざんが困難であり、セキュリティ面において非常に高い機能性をもっています。

ゆいゆい

また、従来膨大な情報を中央サーバーなどで一元管理していた設備投資や維持費用、人件費などのコストを大幅に削減も可能です。



従来ならよく発生するサーバーダウンやメンテナンス面でサーバーに依存したインフラも、ブロックチェーンでは、一部のコンピュータが仮にダウンしても他のコンピュータにより処理が続行されるのも特徴です。

その他、ブロックチェーン上に書き込んだデータをみんなで共有出来たり、ご紹介したトレーサビリティにより信頼性の高い追跡機能も活用できるのは魅力的ですね。

ブロックチェーンを利用したトレーサビリティとは

そもそも「トレーサビリティ」とは、様々な食品・物品などの流通経路を生産者から最終段階の消費者あるいは廃棄段階まで追跡が可能な状態の事を指します。

例えば、あなたがいつもスーパーで購入している牛肉は「生産者が誰なのか・どこで生産されどのようにして流通したのか」といった流通経路や産地、生産情報などの履歴をたどっていく事ですね。

ブロックチェーンはその仕組み上、自動的に取引時に様々な情報・履歴が記録されるので、非常に信頼性の高い追跡(トレース)機能を持っています。

ゆいゆい

つまり、こうしたブロックチェーンのトレーサビリティを有効活用して、生産履歴の追跡に応用した取組みが、近年様々な分野で実証されてきているのです♪٩(ˊᗜˋ*)و



便利な機能だが今後懸念される問題点もある

前述したように、様々な分野で活用できる可能性を秘めたブロックチェーンのトレーサビリティですが、懸念されている問題点もあります。

【ブロックチェーンのトレーサビリティにおいて懸念される問題点】

  • ①もっとも始めに入力する情報が補償されている必要がある
  • ②実物とデータが一致している必要がある
  • ③大量処理ができない

といった上記3点が主に懸念されている問題点となります。

まず①についてですが、記録された情報が改ざんできない点においてブロックチェーンは優れていますが、そもそも最初に記録される情報自体が間違っていては本末転倒になります。

ゆいゆい

そのため、最初に記録される情報が正確であるという補償が必要になるわけですね♪(*╹▽╹*)



次に②についてですが、例えばある果物が産地でデータ入力されて工場へ輸送された後、小売店へさらに輸送される間、検品やICタグ等で管理されますよね。

ただ、最終的に消費者がこの果物を購入するまでの流通過程において、ICタグをはがしたり、箱の中身を入れ替えたりするケースもあるようです。

そのため、流通プロセスにおいて、箱の未開封状態を保証するといった「実物とデータの一致」をする工夫があれば上手くいきそうですね。

最後に③ですが、ブロックチェーンは仮想通貨ごとに異なりますが、取引量が増加した時に処理性能が落ちて時間がかってしまう「スケーラビリティ」が問題となってきます。

最近では、各仮想通貨を開発した企業がアップデートなどを行いながら、スケーラビリティ問題を改善しているケースが多いですが、世界中の取引量を記録した時の膨大な取引処理が可能だという保証がされていません。

ゆいゆい

これに関しては、今後ブロックチェーン技術が発展してくとともに改善されるとは思いますが、現状では各仮想通貨のブロックチェーン上における取引処理性能に差があります♪ヽ(*´∀`)ノ



ブロックチェーンの『トレーサビリティ』の仕組みと活用事例を徹底解説

ブロックチェーン,トレーサビリティ

2017年末から2018年初頭にかけての仮想通貨バブル、そしてバブルの崩壊から相場は下落傾向に陥り、「仮想通貨冬の時代到来」とも言われてきました。

2019年4月初旬、最近ようやくビットコインが主導となり仮想通貨相場は急上昇し、やっと回復傾向に転じ始めた時期ですよね。

ゆいゆい

ただ、こうした仮想通貨価格が下落しつつも、ブロックチェーン技術は世界中の企業から注目され、リアルビジネスへの実用化を模索してきました♪♪



ここでは、現在のブロックチェーン導入状況や、従来のシステムとの違い、トレーサビリティを導入する理由などを中心に考察していきます。

現在の仮想通貨ブロックチェーン導入の状況

既に、仮想通貨のブロックチェーン技術を様々な分野のビジネスに導入した企業は多数存在する反面、まだブロックチェーン導入により自社のビジネスにどういった影響を与えるのか測りかねている企業も多いようです。

以下は、2018年3月~4月に実施された「Deloitte」による調査で、「ブロックチェーンに対し現実的な見解を持っている企業分野のグラフ」になります。

ブロックチェーン,トレーサビリティ



この調査は、世界7カ国の年間収益5億ドル以上の企業の1053名を対象に実施されており、「自分企業がブロックチェーンの運用を開始した」と答えたのは34%となっています。

この時期の調査としては意外にも34%という数字は多いと思うかもしれません。

しかし、「ブロックチェーン技術の使用に有力なビジネスケースを見出している」と回答したのがなんと74%と大半に及んでいる事を考えると調査時点ではそれほど多くはなかったと言えるでしょう。

重要なポイントは「回答者の41%が翌年内にブロックチェーンの稼働に乗り出す」と回答している点で、2019年に入りブロックチェーン技術を活用し始めた企業が一気に増加傾向にある事です。

ゆいゆい

今後、こうしたブロックチェーン技術に興味を持っている多数の企業が、本格的な導入に踏み切れば、仮想通貨業界にさらなる発展をもたらす事は確実ですね♬(ノ゜∇゜)ノ



ブロックチェーンと従来のシステムの違いをわかりやすく解説

ブロックチェーンとトレーサビリティ機能の関係はご紹介しましたが、従来のシステムとは具体的にどんな違いがあるのでしょうか。

様々な取引上のデータを記録するための分散型台帳であるブロックチェーンは、少し言い方を変えると「より洗練されたデータベース」と言っても過言ではありません。

ブロックチェーンは大まかに、「プライベートチェーン」と「パブリックチェーン」という2種類に分類されます。

  • 【プライベートチェーン】データをある一部の企業や組織が記録・管理する
  • 【パブリックチェーン】記録されたデータに誰でもアクセスができる

一言でブロックチェーンといっても、上記のようなデータを記録・管理できる権限が誰にあるのかという点が違ってきます。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨はパブリックチェーンであり、データの保存や管理・承認などを利用ユーザーたちが行い仮想通貨を報酬として貰える分散型の自律的なシステムが実現できます。

ゆいゆい

一方、プライベートチェーンでは、データを一部の企業や組織が記録・保管し、他の者がデータを書き換える事ができません



しかし、プライベートチェーンの場合、何らかのトラブルが発生した場合、管理している企業が都合の良いデータに改ざんが可能な点から、データに対する透明性や信頼性が懸念されます。

パブリックチェーンであれば、改ざんが行われても利用ユーザーの大半が正しい情報を選択する事で、政府や規制当局、または消費者に対して信頼性をアピールする事が可能です。

なぜブロックチェーンをトレーサビリティに導入するのか

では、なぜ近年様々な企業がこれほどまでに仮想通貨のブロックチェーン技術を導入しようとしているのでしょうか。

その理由は大きく分けて2つあります。

ゆいゆい

一つ目は、「サプライチェーン管理(SCM)をより効率化して、作業にかかる時間とコストを削減できる」点です♪♪



この点は、実際に世界大手企業の「Walmart(ウォルマート)」が実証試験を実施して証明しており、従来約6日かかったマンゴーの生産地特定がなんと「たった2秒に短縮された」結果が出ているのです。

ゆいゆい

そして二つ目は、「最終的に商品を購入する消費者へ商品の品質を証明し、自社ブランド力をアピールできる」点です♪ヾ(๑╹ヮ╹๑)ノ”



この点に関しては、前述したデータが改ざんされる可能性のあるプライベートチェーンでは不可能と言われています。

つまり、仮想通貨のパブリックチェーンが必要不可欠であり、なによりもブロックチェーン上の情報に対しての信頼性が要るのです。

ゆいゆい

将来的にトレーサビリティに対する規制は強化されていくでしょう♪



実際EUでは、全ての医薬品がサプライチェーン上で識別ができるようになると言われています。

偽造ドラッグや商品の生産地偽造、品質の偽造などといった様々な不正や詐欺行為が多々発生しているため、こうした不正行為を無くすには、より信頼性のおける確実なデータが求められているんですね。

様々な分野でも大活躍する!ブロックチェーンの『トレーサビリティ』導入事例

日本国内においても、仮想通貨のブロックチェーン「トレーサビリティ」を活用した導入事例は、まだまだ少ないですが存在しています。

ただ、その情報は現段階では非常に少なく、ほとんどがまだPoC(概念実証)段階で、リアルビジネスへの本格的な導入には至っていません。

食品や医薬品の流通に関わる課題を解決するためのプロジェクトとして知られる「Ambrosus(アンブロサス)」は、既に世界中の企業と提携を結び食品トレーサビリティの導入事例を発表しています。

「Ambrosus(アンブロサス)」は、プライベートとパブリック両方のブロックチェーン機能を併せ持っており、主な代表事例としては以下のものが挙げられます。

  • はちみつのマヌカハニー
  • マダガスカルのブルボンバニラ
  • 韓国のスーパーで販売されている牛肉
  • ホームベーカリー
  • 粉末食品

この中でも特に、韓国の牛肉トレーサビリティに関しては、Ambrosusが韓国の食品大企業「農心」の子会社「NDS」と提携・協力して積極的に動いているようです。

具体的には、スーパーで販売される牛肉の生産地・輸送経路・獣医の診断(バクテリアの有無)・輸送中の温度管理など様々な情報に加えて、購入した消費者はネットを通じて簡単に閲覧可能になるようです。

つまり、スーパーで来店した消費者が、スマホで牛肉のパッケージに貼られたQRコードなどの識別コードを読み取る事によって、その商品に関する様々な情報を得る事が可能というわけです。

Ambrosusは、主に食品と医薬品をターゲットにしている企業ですが、実際に発表された提携企業以外でも提携範囲は徐々に広がっているようです。

ルイ・ヴィトンがブロックチェーン技術『トレーサビリティ』導入まとめ

ブロックチェーン,トレーサビリティ

今回は、財布やカバンなど世界的な一流ブランドを生み出している「ルイ・ヴィトン」が、仮想通貨のブロックチェーン技術「トレーサビリティ」を導入した話題を中心にご紹介しました。

仮想通貨の基幹技術として生まれたブロックチェーンは、近年急速にあらゆる企業が興味を示しており、トレーサビリティを活用した実用化に向けて積極的に動き出しています。

現在やっと回復の兆しを見せ始めた仮想通貨相場ですが、取引所のハッキング被害などのトラブルが多いためあまり良い印象を持っていない人も少なくありません。

ゆいゆい

しかし、近年のあらゆる企業での情報管理や決済機能などで、新たなイノベーションを起こす可能性を秘めた技術でもあります♪(*˘︶˘*).。



ご紹介したように、実際に食品の流通プロセスや不動産、貿易などをはじめ様々な分野の企業が次々とブロックチェーン技術を採用しており、その数は今後も増加していくと見られています。

株式市場でもブロックチェーン関連企業は約50銘柄も存在すると言われており、経済産業省の報告では、国内の潜在的な市場規模は67兆円と試算されている事から、今後ブロックチェーンが幅広い分野で急速に広まると期待されています。

ブロックチェーン技術が以下に優れたものであるかは、下記記事でも事例を挙げて詳しくご紹介していますのでぜひ参考にしてくださいね。



記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

【今だけ】リップルプレゼント!

サイド「Bitpointキャッシュバックキャンペーン」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

【今だけ】リップルプレゼント!

固定サイド「Bitpointキャッシュバックキャンペーン」