ホーム仮想通貨初心者向け初心者でもわかる!ブロックチェーンは何がすごいのか?ブロックチェーンが活躍する業界
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆい

初心者でもわかる!ブロックチェーンは何がすごいのか?ブロックチェーンが活躍する業界

ブロックチェーン,初心者

「仮想通貨のブロックチェーンでなんだか難しそう…」そんな思いを抱いている方必見!今回は初心者でもわかりやすく「ブロックチェーンは何がすごいのか」を中心に徹底解説していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ゆいゆい

こんにちわ、ゆいで~す♪今回はなんとなく仮想通貨はわかってきたけどブロックチェーンの事をもっと知りたい人のために、初心者でもわかりやすく解説していきます♪ヾ(・∀・*)



目次

初心者は必須の知識!近年大注目の仮想通貨とブロックチェーン

ブロックチェーン,初心者

さっそくですが、あなたは仮想通貨の中枢機能とも言われる「ブロックチェーン」をしっかりと理解していますか?

近年、仮想通貨という言葉が世の中に浸透してきたと同時に、なんとなく「ブロックチェーン」という言葉も聞いた事はあるけど詳しくは知らない人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな仮想通貨に興味のある初心者にもわかりやすいように「ブロックチェーンとはどういったものか」という点に焦点をあてて解説していきますね。

  • 仮装通貨に興味があってブロックチェーンの仕組みを知りたい
  • ビットコインとブロックチェーンの関連性を知りたい
  • ブロックチェーン技術は従来とシステムとどう違うのか知りたい

以上のような疑問、興味を持っている人なら非常に参考になる内容となっていますので、ぜひ今後の仮想通貨取引の知識として役立てて下さいね。

【初心者必見】ブロックチェーンをわかりやすく徹底解説

ブロックチェーン,初心者

まずは、仮想通貨に興味を持った初心者の方が知りたい「ブロックチェーン」についての基礎知識を詳しく徹底解説していきますね。

そもそも『ブロックチェーン』ってどんなもの?

ブロックチェーンは日本語で「分散型台帳技術」と呼ばれており、その名の通り「様々なデータが記録されたブロックが網目状(チェーン状)に繋がっているもの」です。

従来の情報システムでは、あらゆるデータを一つもしくはいくつかのサーバーに保管しており、このサーバーへアクセスする権限を持っている人しかデータの取得ができません。

しかし、ブロックチェーンでは、前述したデータベースにあたる「台帳」を複数のサーバーでネット接続し、アカウントを持つ者であれば誰もがデータを共有する事ができます。

ゆいゆい

つまり、「あらゆるデータの一部を複数のサーバーで共有する前提となっているサービス」とも言えますね♪(^-^*)



こうしたブロックチェーンを利用する事で、不特定多数の利用ユーザー同士がお互いデータを管理したり、アップデートや共有を行う事が可能となっています。

仮想通貨において、こういった仕組みを活用する事によって、多数の利用ユーザーに管理してもらう事で、現在の市場における円滑な管理を実現しています。

ある特定のサーバーに依存する事なく、多数のサーバー(台帳)で大容量のデータを誰もが共有可能」な点がブロックチェーン最大の特徴となっています。

ブロックチェーンの基本的な仕組みと流れ

次に、基本的なブロックチェーンの仕組みを理解する事が重要となってきます。

ゆいゆい

前述した「分散型台帳」を可能にしているブロックチェーンの仕組みは、主に以下の3つに分類されます♪(*・ω・)ノ



  • 取引
  • 記録
  • 検証

それでは、一つずつブロックチェーンの仕組みを仮想通貨取引で想定してみていきましょう。

ブロックチェーン仕組み①取引

仮想通貨において、取引とはビットコインやアルトコインなど様々な通貨の送金取引の事を指しますが、実際の仮想通貨取引の流れをみてみましょう。

まずはA君からB君に「仮想通貨Cを渡す」という取引を生成し、生成された取引に問題がなければA君が「署名」します。

最後にこの取引が他のネット上に繋がっているコンピュータ「ノード」と呼ばれるものに伝達し、他のノードはこの取引に不正がないかどうかを確認します。

ブロックチェーン仕組み②記録

次に、取引に問題がなければ「記録」し、マイニングプール(複数のマイナーが協力してマイニングを行う仕組み)に移されます。

仮想通貨のブロックチェーン上においては、通貨ごとに多少違いはありますが、基本的に「マイナー」と呼ばれる者が取引を正式に記録する役割を担っています。

※【マイニング(採掘)】
マイニングとは、正しくトラザクション(取引時の一連の処理)の生成・署名ができたことを証明される、それを記録する事。マイニングを行う者をマイナーと呼び、ビットコインの場合マイニング作業により報酬が貰えます。

ブロックチェーン仕組み③検証

取引の記録が正常に行われているかどうかも、同じくマイナーがチェックし「検証」します。

そして検証が完了した時点ではじめてA君からB君に仮想通貨Cが渡され、この時に取引情報がブロックごとにまとめられて前後の取引と紐づける処理が行われます。

膨大な計算量を処理可能な『ハッシュ計算』と『承認システム』

後述するように、ブロックチェーンは「改ざんが非常に困難(ほぼゼロに近い)」と言われるメリットがあり、このメリットは以下の3点が要因となっています。

  • ブロックチェーン上の各ブロック生成時にはマイニング参加者による承認が必要
  • ハッシュ計算に膨大な計算処理量(マシンパワー)が必要
  • 生成時のブロック内のデータはひとつ前のブロックの結果と紐づいている

※【ハッシュ計算】
ある関数により変換されたデータを「ハッシュ値」、この計算に使用する関数を「ハッシュ関数」と呼び、ハッシュ関数によりデータ計算され算出された値を「ハッシュ」と呼びます。

ゆいゆい

なかなか難しい言葉が連続して出てきますが、仮想通貨のブロックチェーンの仕組みを理解する上では重要となりますので、出来る限り覚えておきましょう♪(○’ー’○)



つまり、「現在生成されているブロック内の情報を改ざんする」には、「現在生成中のブロックよりも速く生成する必要がある」「ネット上で繋がっているマイナーたちに承認される必要がある」という2点が必要です。

さらには、「過去に記録された情報を改ざんする」にはもっと困難な作業が必要になります。

  • ①過去のブロックを改ざんする
  • ②改ざんしたブロックの前後は紐づけられているため、前のブロックを作成していく
  • ③過去のブロックを全て改ざんした後に、さらに先のブロックを作成していく
  • ④上記の作業内容を周りのマイナーに承認させる

という一見して面倒臭い膨大な作業量を高速処理しなければ、物理的に不可能だからですね。

脱初心者!ブロックチェーンによる分散化と未来を想像してみよう

ブロックチェーン,初心者

ここまでブロックチェーンについて、少し難しい言葉などが出てきましたが、理解できましたでしょうか?

とりあえずブロックチェーンは改ざんができないらしくなんか凄い技術らしいね」という事はわかったと思います。

ここでは、仮想通貨知識がない初心者でもわかるように、別の角度から「ブロックチェーン」についてみていきましょう。

ブロックチェーン最大の特徴は分散化にある『非中央集権化』

ブロックチェーンの意味がなんとなく理解できた次は、「非中央集権」「分散化」というこれまた難しそうな言葉が出てきましたね。

でも、意味を知ると見た目ほど実は難しくはありませんので、ここではみんな一度は利用した事がある「ヤフオク」を例にして解説します。

当たり前の話になりますが、ヤフオクには運営会社が存在しており、購入者が安心して取引できるシステムを構築・管理していますよね。

ゆいゆい

一見便利に見えますが、実はこれ…けっこうリスクがあるんです…。(。>ω<)



ヤフー運営会社には当然メインサーバー内にすべての顧客情報が保管されていますが、もしもそうした個人情報が外部に流出したり、ヤフーポイントを盗まれたら…!?

過去に幾度となく起きた仮想通貨取引所のハッキング事件や仮想通貨流出事件など、現代ではこうした事件は当たり前のように世界中で発生しているのです。

つまり、こうしたヤフオクの管理体制のように、運営を「ヤフーオークション」という管理会社が存在している状態を「中央集権」と呼びます。

『非中央集権化』とは管理者(会社など)が居ないシステム

一方で、「非中央集権」とは、先ほどヤフオクの例のように運営する会社などの管理者が存在しない事です。

ゆいゆい

「えぇ!?でも、ヤフオクを運営するのにサービスは稼働するの…!?」といった疑問が当然出てきますよね♪( ̄∀ ̄)ノ



答えは「YES」です。

たとえ中央管理者が存在しなくても、自動で運営する事が可能なのです。

ゆいゆい

そう、ブロックチェーンを活用する事によって!という感じですね♪(^▽^)o



ブロックチェーンには、後述するように様々なメリットやデメリットが存在しますが、まず「分散化」という言葉を抑えておくと理解しやすくなります。

ブロックチェーンによる分散化|もしも年金機構のデータが流出した場合

では、次に「分散化」ですが、先ほど述べたようにヤフオクを運営するにあたりブロックチェーンを活用する事で、「非中央集権化したヤフオクシステム(=分散化したヤフオク)」になります。

では、ここで分散化し非中央集権化したヤフオクシステムのメリットを考えてみましょう。

  • 悪意をもった外部からのハッキング、不正アクセスが難しくなる
  • ブロックチェーンはハッキングが困難なため、個人情報漏えいなどのリスクが減少する
  • これまで運営していた際にかかる人件費やシステム維持費などのコストが削減できる

ブロックチェーンを既存のシステムに導入するメリットは、それぞれの分野によって違ってきますが、基本的上記のようなメリットが得られるのは非常に大きいですよね。

これで初心者もバッチリ!ブロックチェーンのメリット・デメリットを解説

ブロックチェーン,初心者

さて、ここまでご紹介してきた通り、仮想通貨のブロックチェーン技術と非中央集権化システムは理解できましたでしょうか。

ここでは、近年様々な企業がブロックチェーン技術を導入するメリットやデメリットをご紹介します。

ブロックチェーンのメリット①セキュリティ機能が高く改ざんされにくい

ブロックチェーンは、これまでご紹介した仕組みになっているので、外部からのサイバー攻撃(不正アクセスやハッキング等)が非常に困難と言われています。

仮に、データが改ざんされてもすぐに発見できるため、素早く修正できます。

ゆいゆい

ただ、完全に改ざんされないというわけではなく、ビットコインなど一部の仮想通貨には「51%攻撃」と呼ばれる問題も存在します♪♪



ブロックチェーンにおける『51%攻撃』とは

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨では、前述したマイナーがブロックチェーン上の取引承認の役割を担っています。

「51%攻撃」とは、悪意を持ったマイナーがブロックチェーン上で51%以上の計算処理能力を持つ事で、ブロックチェーン上のネットワークをある程度コントロール可能になってしまう問題です。

ブロックチェーンのメリット②運用コストが安い

従来であれば、一企業の全データを管理するには大規模なサーバーが必要で、さらにそのシステムを運用・管理するために莫大なコストがかかってきます。

しかし、ご紹介したようにブロックチェーンは、利用ユーザー全員がデータ管理を行う日中央集権システムなので、これまでかかっていた莫大がコストを削減する事が可能です。

ゆいゆい

また、ブロックチェーンを導入する側だけでなく、利用ユーザーにもメリットがあり、中央集権型よりも手数料が安くなる点は魅力的ですね♪



特に、仮想通貨の国際送金分野はリップル社をはじめいくつかの企業が実働化に向けて積極的に開発・実証実験を行っています。

一般的に大手銀行や金融機関を通して海外へ送金したい場合、1万円を送金するのに何千円という多額の手数料を取られ、さらには送金にかかる日数も遅ければ1週間ほどかかってしまいます。

しかし、仮想通貨のブロックチェーンを活用する事で、こうした送金システムをより安くより迅速にする事が可能で、手数料が数十円で済むのです。

ブロックチェーンのメリット③情報(データ)の信頼性が高いシステム

近年、特に世界中の企業が導入しようとしているブロックチェーンは、従来のシステムと比較すると、信頼性の高いシステムであると大きい期待が寄せられています。

ゆいゆい

実際、ブロックチェーンをもっとも始めに導入したビットコインは、2010年の取引開始から一度も停止した事がないのです♪٩(ˊᗜˋ*)



و

よく仮想通貨関連ニュースで聞かれる「ハッキングによる仮想通貨流出事件」などは、取引所の問題であり、ブロックチェーン上のデータがハッキングされたわけではありません。

それだけ信頼性の高いシステムという事が証明されているからこそ、多くの企業が日々進化していくブロックチェーン技術を導入しようとしているわけですね。

しかし、そんなブロックチェーンにもやはりデメリットは存在します。

ブロックチェーンのデメリット①1秒当たりの取引処理数が少ない

ブロックチェーンは、実は一つ一つのブロックに限られた容量しかデータを記録できませんので、各仮想通貨により異なりますが「毎秒何回取引処理が可能か」が限られてきます。

ゆいゆい

これと比較して、クレジットカード大手であるVISAは、なんと「毎秒7,000回」もの取引処理が可能となっています♪(⊙ꇴ⊙)



ただ近年では、こうしたデメリットも解消されつつあり、サイドチェーンやオフチェーン、シャーディングといった様々な技術が開発されており、将来的には取引処理数における課題は改善すると言われています。

ブロックチェーンのデメリット②法的な整備がまだまだ整っていない

仮想通貨のブロックチェーンは、最近新たに登場してきた技術だけに、現時点で各国の規制当局での法整備が整っていません。

そのため、ブロックチェーンを活用し優れたアプリやサービスを開発しても、それを利用する各国の規制がバラバラで使用可能かどうかが定かではないのが現状なのです。

ただ、こうした法規制の課題は近年徐々に改善されつつあり、日本でも仮想通貨に関連する法律が施行されたように、日々ブロックチェーンに関連する法整備は進んではいます

ゆいゆい

将来的にブロックチェーン技術がリアル社会で実用化される頃には、安心してサービスを受けられるような法規制が整っているでしょう♪(⌒▽⌒)



ブロックチェーンのデメリット③オンライン上でしか動作しない

現状、ブロックチェーンはインターネット上で動作する事が基本となっています。

ゆいゆい

確かに、オフチェーン技術(ブロックチェーン上では記録されない取引)などで、取引自体をオフラインで行うのは不可能ではありません…。



しかし、取引の実行やブロック生成などの情報をブロックチェーン上の他の利用者に通知するにはオンライン上でしかできないのが現状となっています。

ブロックチェーンのデメリット④データ量が膨大で管理がしにくい

当然ですが、ブロックチェーン上にデータを記録すればするほど、データ量が膨大になり管理がしにくくなってしまう課題があります。

結果的に、個人では管理しきれないほどの膨大なデータ量になり、現状ビットコインのブロックチェーンデータは1TB(=1,000MB)を超えていると言われています。

ゆいゆい

これほどのデータ量を個人で管理するにはかなりの負担がかかりますよね…。(T▽T)



こうした膨大なデータによる肥大化を回避するために、ブロックチェーンの一部だけを管理するなどの方法が現在実施されている段階です。

初心者でも簡単!仮想通貨ブロックチェーンを使用した活用事例をご紹介

ブロックチェーン,初心者

さて、ここまでブロックチェーンは非常に便利な技術ではあるものの、まだまだ課題は多く今後も改善していく必要がある事がわかりましたね。

ここでは、実際にブロックチェーンを活用した場合に、現代で有名なサービスに導入したわかりやすい事例をいくつか想定して考えてみましたので、ぜひ参考にして下さいね。

ブロックチェーンを活用した未来①リクルートがない求人サイト

まずは、皆さんが仕事を探すのに欠かせないリクルートの求人サイトですが、実はリクルートを介して就職および転職をすると「その利用者の年収30%がリクルートに支払われる」仕組みになっています。

人材派遣などの業界は儲かっているという噂はよく耳にしますが、仮に年収500万円の人がリクルートを利用して就職した場合、なんと150万円がリクルートの売り上げになるのです。

では、ブロックチェーンを活用して「分散化したリクルート」ではどうなるのでしょうか。

ゆいゆい

一つ考え方を変えると、上記のようなリクルートに支払うはずだった150万円を転職者に支払う事も可能になりますよね♪(≧∇≦*)



さらには、ブロックチェーン上でデータを記録するため、個人情報の漏えいもほぼなくなり、セキュリティ面では非常に安心になるのは魅力的と言えるでしょう。

Amazonが管理しないショッピングなどのECサイト

皆さんも一度はショッピングサイト大手の「Amazon」で商品を探したり実際に購入したりした事がある人がほとんどだと思います。

しかし、このAmazon…、詳しくは記載しませんが、実は利用者側からは気づきにくいように販売者からかなりの手数料を取っているのです。

では、同じようにブロックチェーンを活用して「分散化したAmazon」を想定してみましょう。

ゆいゆい

当然ですが、従来の手数料が大幅に安くなりますので、販売者も購入者も嬉しいシステムになる事は間違いないでしょう♪(*゚∀゚*)



実はこうしたショッピングサイトのブロックチェーン導入は既に動き始めており、OpenBazaar(オープンバザール)というサイトが有名です。

ビットコインを使ったフリマプラットフォーム「OpenBazaar」は、管理者不在の非中央集権的なAmazonを目指しているようですね。

管理者がいないランサーズ

ランサーズは、クラウドソーシングの大手企業として有名で、主に在宅ワークなどの求人を主体として仕事を仲介し紹介してもらう事で、ランサーズに一定の手数料を支払う仕組みになっています。

こうしたランサーズなどのクラウドソーシングを実際に利用してみると分かりますが、実際に働いた給与の何十%もの手数料をランサーズに支払わなければいけません。

かといって、ランサーズ上で直接仕事を募集している雇用主に契約を持ちかけるのは当然「違反」となっている上に、自分だけで仕事を探すには非常に手間がかかります。

単純に考えて、中間マージンとなる手数料は支払いたくはないですが、現時点でランサーズが雇用主と仕事を請け負う個人との間に信頼性を持たせ、未払いなどを防止しているのです。

ゆいゆい

実は、こうしたランサーズのようなクラウドソーシングもブロックチェーンのスマートコントラクト機能を導入する事で実用可能となります♪(o^^o)♪



スマートコントラクトとは、あらかじめ決められた契約をブロックチェーン上で自動実行してくれる仕組みの事で、これにより給与の未払いなどを防止できると言われています。

ゆいゆい

近い将来、こうしたクラウドソーシングも分散化したランサーズのようになれば、フリーランスとして働いている人たちは嬉しいですね♪ヽ(´ー`)ノ



初心者でもわかる!ブロックチェーンは何がすごいのかまとめ

ブロックチェーン,初心者

今回は、仮想通貨やブロックチェーンという名前は聞いた事はあるけどどんな仕組みなのかわからない初心者のために、わかりやすくブロックチェーンの仕組みなどを中心にご紹介しました。

近年、ブロックチェーン技術は急速に進歩しており、仮想通貨における膨大なデータ取引をより迅速かつ効率的に安全性が高い形で管理するために様々な企業が導入を試みています。

さらに、仮想通貨取引以外にも世界にはたくさんの膨大なデータ処理を行う分野が多数存在しているため、様々な分野でブロックチェーン技術が応用可能と言われているのです。

現在、仮想通貨およびブロックチェーンにおいての法規制を必要とする分野もあります。

ゆいゆい

ただ、今後ブロックチェーンがより信頼性を高めていく事によって、幅広い分野でその技術が活用される事が期待されているのです♪(*╹▽╹*)



仮想通貨のブロックチェーン技術を実際に導入した事例をもとに、以下に記事でも詳しくご紹介しておりますのでぜひ参考にしてくださいね。



【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事