ホーム市況4/15(月)堅調な株式相場を横目に仮想通貨相場はどう動く?時価総額は20兆円台固めに!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

4/15(月)堅調な株式相場を横目に仮想通貨相場はどう動く?時価総額は20兆円台固めに!

仮想通貨,相場

4月15日の仮想通貨市況
・土日は残念ながら動きませんでしたが、月曜早朝から仮想通貨相場は上昇してきています
・堅調な株式市場に追随していくことができるのでしょうか

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」
ねこねこ

日経平均株価は年初来高値更新だにゃ~!

日経平均株価が、本日年初来高値を更新してきて懸案であった22,000円台を突破しています。個人投資家による信用売り残は歴史的な増加傾向となっており、逆に、買い残はゴールデンウイークに向けて大きく減少傾向となっています。

それでは、誰が買っていたのかといえば、何と外人投資家でした。これまで外人投資家というと、日経平均株価では大きな売り要因と考えられていましたが、この1か月に限定すると大きく買い越しています。まさに、ここのところで日本株の価格を引き上げていたのは外人投資家ということになります。

何故、外人投資家が急激に日本の株式市場で買い越ししてきたのでしょうか、その理由はひょっとすると仮想通貨相場にも関係あるものなのかもしれません!

仮想通貨,相場

https://coinmarketcap.com/charts/より

 

15日20:05現在の主要仮想通貨の価格は以下の通りです。

通貨価格(円)24時間の変動比
BTC(ビットコイン)575,798+7,500(+1.30%)
ETH(イーサリアム)18,581+243(+1.26%)
XRP(リップル)36.468-0.161(-0.43%)
BCH(ビットコインキャッシュ)33,393+2,012(+6.41%)

 

世界中の投資資金が投資対象を探し求めている

仮想通貨,相場

チャートは、NYダウの週足の一目均衡表です。

2018年に向けて大相場を形成してきたNYダウは、それ以降は大きなサイクルで乱高下を繰り返しています。昨年10月以降は、もはやダメかと思われるほどの暴落をしておきながら、昨年末から今年にかけては急激に株価を戻しています。

現在、3番天井を取りに来ている相場ですが、仮に、このあたりから急落するようだ、これから先、数十年は利用される三尊天井のサンプルになるのではといわれています。

さて、以前もレポートしましたように、債券では逆イールドが示現しており、多くの投資家(機関投資家)は米国経済の先行きに弱気になっています。これまで米国経済を支えてきたのはアップル、グーグル、アマゾンなどですが、さすがに株価も上昇しつくしており、ここから先を買っていこうという投資家がどれほどいるのか非常に不透明なところです。

このことは、原油価格の急騰など、米国株式以外にも多くの投資対象が物色される流れとなっており、遂には、これまで大幅な売り越しであった日本株までも投資対象となったと考えられるのです。(短期かもしれませんが!)

この流れが、今回の仮想通貨相場にも来ているのであれば、そう簡単には下がらないでしょうね!

記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

【今だけ】リップルプレゼント!

サイド「Bitpointキャッシュバックキャンペーン」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

【今だけ】リップルプレゼント!

固定サイド「Bitpointキャッシュバックキャンペーン」