ホーム最新ニューストークンエコノミーで起業が可能に!?スタートアップとトークンの関連性を徹底考察!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さおりん

トークンエコノミーで起業が可能に!?スタートアップとトークンの関連性を徹底考察!

トークン,エコノミー

最近話題になりつつあるトークンエコノミーで個人が起業可能になったり、新たなプロジェクトの資金調達が簡単にできるようになります。今回そんなトークエコノミーに焦点をあてながら、スタートアップとトークンの関連性などを考察します。

記事上「コメントボタン」

さおりんさおりん

こんにちわ、さおりんです。今回はこれから起業を考えている方や、新たなプロジェクトを立ち上げようとしている方向けのトークンエコノミーがもたらす経済圏を中心にご紹介します。



近年多くのスタートアップが注目しているトークンエコノミー

トークン,エコノミー

近年、仮想通貨という言葉が普及し、根幹技術であるブロックチェーンシステムを導入する企業が普及し、様々な分野での製品開発が行われています。

従来、まったくの「0」から起業して新たなプロジェクトを立ち上げるには、多額のお金を調達する手段が必要であり、仮想通貨業界ではICOが大流行していますよね。

実はトークンエコノミーは、こうした新たなプロジェクトを立ち上げるスタートアップ(短期間でイノベーションや新たな新規事業の立ち上げをする事)のエコシステムを大きく進化させる可能性を秘めています。

今回は、そんなスタートアップとトークンエコノミーの関連性やメカニズム、トークンエコノミーのメリットやデメリット、今後の展望などを中心にご紹介します。

スタートアップとトークンの関連性を考察

トークン,エコノミー

近年、一部の起業家はトークンエコノミーがスタートアップのエコスステムに大きく影響する事に気づいて、既に新たなスタートアップを立ち上げています。

さおりんさおりん

そして、こうして立ち上げたプロジェクトには、投資家も積極的に投資しているのです。



実際、先進的なスタートアップの起業家やCFO(最高財務責任者)はトークンエコノミーを研究しており、自社のビジネスにも取り込むために独自トークンの発行準備をしている企業はたくさんあります。

トークンエコノミーによって、こうした企業のスタートアップが急成長可能なモデルが確立されれば、仮想通貨業界にとっても経済全体にとってもイノベーションが促進される可能性は高いと言われています。

スタートアップとトークンは類似点が多い!?

前述したように、一個人や企業などがスタートアップをする時、当然ですがまだ製品や資金が全くない状態からスタートし急成長します。

「製品・サービスもない」「資金もない」「社員数も少ない」といったスタートアップの時価総額が、短期間で数億円以上になるという事は、現代では一般的なのです。

さおりんさおりん

こういった点から見ると、数名のメンバーしかいないプロジェクトのトークン価値が、数億円以上になる点と似ていますよね。



スタートアップの時価総額とスタートアップが独自に発行するトークンの時価総額の相関性をたどっていくと、両者に共通点があるという理解が深まるのではないでしょうか。

なぜスタートアップがトークンを発行するのか

人材・資金・サービス提供商品などが全くないスタートアップが、唯一はじめに売る事が可能なのは「エクイティ(株主資本)」だけと言われています。

例えば、現時点でスタートアップをする企業の時価総額が「5億円」とすると、10%の株式を発行する事で、エクイティ投資家などから5,000万円の資金を調達可能というわけですね。

さおりんさおりん

つまり、スタートアップは株式と引き換えに資金調達をしながら、プロジェクトに必要な人材を集め、サービスを提供あるいは商品を売らなければいけないのです。



どれだけ売れる商品でも作る前に資金が尽きて、株式が売れなくなってしまえば最悪「倒産」してしまいます。

最近では、トークンを独自発行していないスタートアップは、またたく間に大企業にM&A(複数の企業が相互利益のために協力して資本提携や買収などを行う事)されてしまう傾向にあります。

さおりんさおりん

一方でスタートアップに独自トークンを発行している場合はどうでしょうか。

例えば、10億円の時価総額のスタートアップが、提供サービスに関連するトークンを発行する場合、発行したトークンの時価総額は数億円以上にもなる可能性があります。

一般的には、スタートアップの発行したトークンの時価総額がその企業の利益となるため、数億円以上の利益を出しているスタートアップだと、エクイティ投資家たちは安心して投資してくれるでしょう。

結果的に、トークンを独自発行したスタートアップは、トークンを発行していないスタートアップと比較すると、倒産しにくくなると言っても過言ではないのです。

また、スタートアップ時に独自トークンを発行するのに必要な最低限のコストとしては、人件費、弁護士費用だけですので、この理由だけでもスタートアップが独自トークンを発行するのは非常に合理的と言えますね。

スタートアップにとってトークンの可能性はたくさん存在する

スタートアップにとって独自トークンを発行するメリットや将来性はこれだけではありません。

基本的にトークン自体は、市場価値が出る前の段階から配布が可能となっており、トークンを無償で配布する事で円やドルといった法定通貨を使用せずに、個人や法人などの協力者とのコネクションを作る事が可能になります。

DApps(分散型アプリケーション)のゲーム分野が良い例で、独自トークンを発行しそれを集めるゲームを作って、ゲーム内のお金として使用できるようにします。

ただ、この時点では発行したトークンは知名度もなく市場にも流通していないため、あくまで「ゲーム内でのお金」の役割しか果たせません。

しかし、開発したDAppsゲームが後に大ブレイクし日本、あるいは世界的に有名になる事で、発行したトークンに価値が生まれ「ゲーム内のお金=現実のお金」というリアルに稼げるゲームが誕生するのです。

さらに、トークンに市場価値が出ると、有名な大手仮想通貨取引所でも取引可能になりますので、エクイティの代わりにトークンを売る事で資金調達も可能になります。

さおりんさおりん

一般的に、これがトークンセール、ICOと呼ばれるモノですが、これもトークンエコノミーが生み出す可能性の一つでしょう。



トークンエコノミーによるスタートアップの急成長とメカニズムとは

トークン,エコノミー

引き続き、ここでは、トークンエコノミーによる急成長のメカニズムに関して考察していきます。

スタートアップの急成長は『エクイティに価値がつく』事

スタートアップに投資するほとんどの投資家は、コツコツと資産を増やしていく長期投資ではなく、一発ホームランを狙っていると言われています。

さおりんさおりん

実際に、IPO(新規公開株)に時価総額が低くても数十億~数千億円になる企業も少なくありません。



仮想通貨のICOであれば、上場後のボラティリティ(価格変動)も高いためそれ以上の価値になる可能性を秘めているのです。

つまりは、自分の銘柄に対する目利き次第でいくらでもリターンを得る事が可能なので、スタートアップに投資したいと思う投資家は増加しているのです。

こうしたスタートアップに急成長をなかば義務付けられている点と、スタートアップのエクイティに価値が付く事は非常に深い関連性を持っています。

スタートアップのトークン価値はスピードが命!?

スタートアップを実施した企業などは、自社が抱える課題をいち早く改善する事を目標にしています。

スタートアップ企業が急成長するために必要な事は「スピード」と言われており、一般の起業のようにゆっくりしていると他の魅力的なスタートアップに負けてしまうからです。

そのため、独自のトークンを発行するスタートアップは、自社以外でも様々な分野の人、企業の協力を得ながらスピードを命としてトークンを活用しています。

ただ、前述したように発行した時のトークンに価値はなく、トークンの時価総額を急上昇させる事が急成長につながるため、全力でトークン価値を上昇させる努力をするわけですね。

この時、スタートアップがとる具体的な方法としては、一般的に発行したトークンの利用用途を明確にして、できるだけ多くの提携企業を増やす事が挙げられます。

さおりんさおりん

使い道が明確になれば、そのトークンには利用価値が生まれるからですね。



実際にトークンエコノミーを実現しようとしているリアルワールドゲームズ

トークン,エコノミー



皆さんは、「リアルワールドゲームズ」という企業をご存知でしょうか。

リアルワールドゲームズは、仮想通貨DAppsゲーム「ビットハンターズ」を開発中で、現在第一弾タイトル「ビットにゃんターズ」が既にスマホ向けに公開されている企業です。


ビットにゃんたーず(ビトにゃん)は、ゲーム内でスマホのGPS機能を使用します。

実際に歩いて「ネコスポット」と呼ばれる自分の住む街の特長的なものの位置情報を申請、承認される事でトークンが貰える仕組みになっているゲームです。

さおりんさおりん

また、ビトにゃんでは、同社が独自発行したトークン「アルクコイン(ArukuCoin)」をゲーム内で使用します。



他にもリアルワールドゲームズでは、現在非常に精度の高い地図、位置情報データベースなどを開発中です。

例えば、開発した機能と発行したトークンを利用し「1トークン支払うごとに10,000回地図データを取得できる」といった仕様にする事で企業からトークに需要が生まれますよね。

他にも、1トークン支払い1人のお客さんを店舗に誘うようにする事で、店舗からトークンに対して需要が生まれます。

こうしたリアルワールドゲームズのように、新たな発想やサービス提供を考えてプラットフォームの機能を追加していくのです。

新たな機能を追加するのに必要な資金は、エクイティで調達した資金を使用します。

こうする事で、トークンを使用したプラットフォームが完成していき、ビトにゃんのように利用者が増加すると、発行したトークン(アルクコイン)に価値が生まれるという流れになります。

現時点では、アルクコインは発行されたばかりで流動性はなく価値もゲーム内通貨としての役割になります。

さおりんさおりん

しかし、今後スマホGPSゲーム「ビトにゃん」が大ヒットする事で、先行してアルクコインを集めて遊んでいた利用者が億り人になる可能性もある点は非常に魅力的ですね。



トークンエコノミーの何が凄いのかメリットを徹底解説

トークン,エコノミー

ここまでトークンエコノミーを構築する仕組みや、スタートアップとトークンの関連性をご紹介してきましたが、実際トークンエコノミーのどこが凄いのか理解できない方も居るかもしれません。

そこで、ここでは今後の仮想通貨業界をも左右すると注目されている「トークンエコノミー」の魅力的なメリットをご紹介します。

トークンエコノミーのメリット①独自の経済圏をつくる事ができる

トークンエコノミーは、従来各国や大企業が影響力を持つ時代から個人が影響力を持つ時代に変わる仕組みとも言われています。

さおりんさおりん

仮想通貨やトークン、ブロックチェーンの技術が日々進んでおり、これまでは出来なかった事が出来る時代になってきているんですね。



トークンエコノミーは自ら経済圏を形作る事が可能で、今までは円やドルなど法定通貨を使用でしか不可能だった取引もトークンや仮想通貨で購入・取引が可能になります。

つまり日本で言えば、今まで「お金=円」でモノ・サービスを購入するという図式が崩れつつあり、トークンや仮想通貨で様々な取引が行えるので、自分自身が独自の経済圏を作る事ができるのです。

トークンエコノミーのメリット②目に見えない価値が見えるようになる

従来、目に見えなかった価値を数値として認識・使用できたのは、各企業の株価や円やドルなどの法定通貨の価値です。

しかし、トークンエコノミーでは、プロジェクトやアイデア、人気や人脈など、今まで数値化できなかったモノに価値を付ける事が可能になります。

詳しくは後述しますが、海外では日本の様に誰もが銀行口座やクレジットカードを持つのが当たり前というわけではありませんが、こうした国はスマホが普及しています。

さおりんさおりん

実際タイで、Omise社が実施したICOで発行されたトークン「OmiseGO」はスマホさえあれば利用できるため、東南アジア地域を中心に爆発的な人気を誇っています。



さらに携帯最大手のサムスンが発売する仮想通貨スマホと呼ばれる「Galaxy10」では、ウォレット機能を搭載しており、OmiseGOも取り扱うほどになっているのです。


トークンエコノミーのメリット③誰でもトークンを使用して資金を調達できる

今まで個人が企業する時や、企業が新たなプロジェクトを立ち上げる時には莫大な資金が必要で、会社を立ち上げて上場をするという大きなハードルが当たり前のようにありましたよね。

さおりんさおりん

しかし、トークンエコノミーが進んだ世界では、個人がトークンを独自発行し販売する事で誰もが資金調達可能になります。



もちろん、自分が発行したトークンに見合うだけの価値がなければ、投資家は購入してくれませんが、アイデアや知識があり新たな経済を確立できるのであれば、厳しい審査なしで資金調達可能な時代がきています。

トークンエコノミーにデメリットはあるのかを考察してみた

トークン,エコノミー

ここまで、トークンエコノミーの凄さや魅力的なメリットを簡単にご紹介しましたが、どんなものにもデメリットは存在します。

現在、トークンエコノミーのデメリットとして挙げられるのは、

  • モノの「見える化」により個人の価値がハッキリと見えてしまう
  • トークンの価格が安定していない
  • トークンエコノミーの概念がまだまだ普及していない

以上の3点となります。

仮想通貨、およびブロックチェーン、トークンを活用する事で、個人の価値が明確に見えるようになるために、思わぬ摩擦が発生するケースもあります。

分かりやすく例えてみると、Aさんの発行した「トークン価格は10円」、Bさんが発行した「トークン価格は100円」だったとすると、AさんとBさんの信用度には10倍の差がある事になりますよね。

トークンの価格は発行者自身の信用度がハッキリと数値化されてしまうので、この点では今後のプロジェクトの信頼性にも大きな影響を与えるというわけですね。

「信用が目に見えるようになる=メリット」という図式は必ずしも成り立たず、信用度が低い人にとっては逆にトークンエコノミーはかなり厳しい世界になります。

さおりんさおりん

ただ、優良なモノを消費者に配信する「YouTuber」や芸能人、有名ブロガー、そして個人の知識や経験を活かしてビジネスをする人にとっては良い経済になりますね。



ただ、トークンエコノミーという言葉や概念が、現在まだまだ普及していない点もデメリットとなります。

トークンエコノミー自体が、世界中のたくさんの人を巻き込んでいかなければいけない経済圏を作るため、この点がデメリットになってしまうと実現できない世界です。

トークンエコノミーを活用した日本の事例をご紹介

トークン,エコノミー

まだまだ世界的に普及していくと言われるトークンエコノミーですが、それを上手に活用した事例をここでいくつかご紹介します。

事例①タイムバンク

トークン,エコノミー



タイムバンクは「時間」を株式のように売買可能な取引所で、「購入した時間を自分で利用できる」のが最大の特徴です。

さおりんさおりん

つまり、スキマ時間を有効活用したいサービス業者と特別なサービスを体験してみたい利用ユーザーの希望を見事にマッチングしたスマホアプリなのです。



既に、あの堀江貴文氏や田端信太郎氏など、ネット上での著名人が多数時間を売買しているようで話題になっています。

特に知識のある有名人や著名人の時間を購入して、相談できたりするので聞きたい事がある時には非常に良いサービスと言えますね。

事例②VALU(バリュ)

トークン,エコノミー



「VALU」は、株式会社VALUによりサービス提供されているフィンテックサービスで、利用者個人が「VA」と呼ばれる個人株式を独自発行して自由売買が可能なプラットフォームです。

さおりんさおりん

つまり、自分の様々な価値を興味のある人に売買して資金調達できるサービスなのです。



それぞれ個人の価値を可視化する事が可能で、自分の考えたアイデアなどの価値がどれくらいなのかを数値化して判断可能な点が特徴です。

今話題の気になる人や自分の興味のある有名人などの「VA」を購入する事で応援する仕組みになっており、ビットコインを使用して売買が行われています。

さおりんさおりん

わかりやすく例を挙げて説明してみましょう。



Aさんはあるアイデアを持っておりそれを商品化して売りたいと考えていますが、少し凝った素材を使用するため資金が足りません。

そこで、「VA」を売ってそのアイデアを商品化する活動資金を募ったところ、Aさんの価値が認められAさんの発行した「VA」を購入して応援したい人が続出しました。

結果的に、Aさんの「VA」を購入したファンのおかげで、アイデアを商品化でき資金調達もできたので、商品を作る事ができました。

Aさんはできた商品を「優待」として「VA」を購入して応援してくれたファンにお返しする事が出来ました。

さおりんさおりん

と、簡単に説明するとこんな感じの使い方ができるわけで、今後非常に流行りそうで便利なサービスと言えますね。



トークンエコノミーで起業が可能!?スタートアップとトークンの関連性まとめ

トークン,エコノミー

今回は、近年徐々に話題となりつつある「トークンエコノミー」で、個人の起業や会社の新たなプロジェクトに必要な資金調達が可能出来る事、スタートアップとトークンの関連性についてご紹介しました。

ご紹介した通り、トークンエコノミーは無限の可能性を秘めているといっても過言ではありません。

「独自の経済圏をつくる」と聞くと、なんだか凄いと思うけどやっぱりピンとこない人も多いかもしれません。

しかし実際に、トークンエコノミーが地方自治体のトークン化も可能で、アーティストでもあり研究者としても有名な「落合陽一氏」は下記のような意見を述べています。

「沖縄トークンを例にすれば、「みなさんのお金を使って、沖縄をこんなふうにつくり変えて、こんなふうに経済を成長させます」という説得力のあるビジョンを描ければ、その期待に対してお金を集めることができるようになります。

沖縄がICOすることになれば、ドキドキして、ぜひお金を出したいと思う人は日本中にいるはずです。僕なら絶対に投資します。」


さおりんさおりん

なんだか落合さんがこういう意見を述べるとトークンエコノミーがいかに凄いかが理解できますね。



つまり、沖縄という県自体がICOを実施、トークン化して日本国の財源に頼らずに、沖縄県民やそれを応援する投資家の力によりより良い沖縄県を作りかえる事も可能という事です。

このようにトークンエコノミーがもっともっと世の中に浸透してくる事で、自分たちの身の回りで無駄だと感じている事が排除され効率化されていく世の中になっていきます。

こうしたトークンエコノミーの将来的な可能性を感じながら、日々、仮想通貨やブロックチェーンなど様々な情報をチェックしておくと良いかもしれませんね。

トークンエコノミーの無限の可能性については、以下の記事でも詳しくご紹介していますのでぜひ参考にして下さいね。



記事下「GMOコインコンバ」

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事