ホーム最新ニュースブロックチェーンを利用した観光プラットフォームがロシアで立ち上げ!ブロックチェーンは観光にどう役立つ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.06.15 最終更新
ゆい

ブロックチェーンを利用した観光プラットフォームがロシアで立ち上げ!ブロックチェーンは観光にどう役立つ?

ブロックチェーン,観光

近年ブロックチェーン技術は様々な分野で活用されていますが、今回はロシアの自治管区でブロックチェーンを利用した観光プラットフォームが立ち上げられたニュースを中心に、観光とブロックチェーンの関連性などを考察します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

ゆいゆい

こんにちわ、ゆいです♪みなさんは観光は好きですか?今回はロシアでブロックチェーンを活用した観光プラットフォームが立ち上げられたニュースをご紹介します♪(*゚▽゚)ノ



ロシアの自治管区がブロックチェーン活用観光プラットフォームを立ち上げ

ブロックチェーン,観光

2019年6月7日、タス通信によるとロシアのハンティ・マンシ自治管区である「ユグラ」が、仮想通貨のブロックチェーン技術を活用した観光プラットフォーム立ち上げを発表し話題になっています。

サンクトペテルブルグで開催された国際経済フォーラムにて、自治管区ユグラ政府の開発基金「ローマン・ゲンケル氏」が、仮想通貨ブロックチェーンスタートアップの「ユニバーサ社」と今回の立ち上げに合意したそうです。

ゆいゆい

今回発表されたロシアの観光プラットフォームは、ブロックチェーンの分散型台帳技術を使用しお金をタグ付けする事により、様々なお金の不正利用から保護可能です♪(·∀·)



ユニバーサ社は、観光時の商品や宿泊施設、ケータリングサービス、交通機関、そして観光客だけでなく投資家に至るまで全てを繋ぐ複数言語に対応した観光フラットフォーム開発を行っています。

今後、こうしたロシアへの観光と仮想通貨・ブロックチェーン技術を活用したシステムが確立される事により、観光とブロックチェーンは身近な存在になる可能性が期待されています。

ブロックチェーン活用による観光産業の変革・メリットを徹底考察

ブロックチェーン,観光

冒頭でもご紹介した通り、近年ブロックチェーン技術が観光分野でも積極的に活用されつつあります。

仮想通貨による決済導入だけにとどまらず、分散型台帳技術を駆使した「観光客名簿の記録や管理」「観光データ収集や分析」などにも役立っていると言われています。

そんな観光産業が、仮想通貨のブロックチェーン技術の活用によりどんな変革をとげる可能性があるのか、またどんな魅力的なメリットがあるのかをここでいくつかご紹介します。

メリット①観光時に使用する飛行機やホテル予約が簡略化

観光をする旅行者は、宿泊先のホテルや観光施設、利用する飛行機やバスなどの予約が必要ですよね。

こうした予約をブロックチェーン上で管理する事によって、ホテルや飛行機の空き状況をリアルタイムで知る事ができる上、情報を入力するなど従来煩わしかった様々なプロセスを簡略化する事が可能です。

さらに「スマートコントラクト」機能を導入する事で、観光における一連のプロセスを自動実行するシステムが構築可能になり、予約やチケットの発行手続きもスムーズになるでしょう。

ゆいゆい

つまり、旅行者となるサービス利用者とサービス提供者が直接取引を行えるために、従来の「予約⇒チケット発券⇒利用」までの手順が明確でわかりやすくなるんですね♪(´∇`)



また、観光に必要となるこれらのホテル予約やタクシー、飛行機の手配、現地イベントのチケットなどのサービスを利用するために必要なのは「スマホのみ」なので非常にお手軽です。

メリット②旅行代理店などの仲介者なしに予約できるプラットフォーム

近年めまぐるしくインターネットが普及した事によって、日本だけでなく世界中の店舗情報が確認できるようになりました。

さらに、仮想通貨のブロックチェーンという新たな技術が誕生した事により、観光先で利用するホテルや現地の飲食店情報を仲介業者なしで、旅行者自身が直接やり取り可能なプラットフォームが構築されつつあります。

こうした観光プラットフォームは、立ち上げた企業や団体などによりそれぞれ特徴があり多少の違いはあるものの、基本的にはある共通した「一連の流れ」が挙げられます。

  • 観光をしようとする旅行者を募集している店舗が情報を書き込む
  • 書き込んだ店舗情報を見た旅行者が直接コンタクトを取り店舗を利用する
  • 利用した感想を旅行者が観光プラットフォームにレビューする
  • 信頼性が高い情報が保たれる

上記の基本的な流れを観光プラットフォームで再現する事により、仲介者として循環可能で非常に合理的な旅行予約システムが実現可能となります。

ブロックチェーン旅行代理プラットフォームと呼んでも過言ではないこのシステムは、仲介手数料でかかるコストを最小限まで抑えながら、情報の信頼性・透明性を高めて改ざんが不可能な取引記録を保存可能となります。

ただ、このシステムを実現するためには、必要不可欠となるシステム基盤の構築とブロックチェーンによる分散管理システムを行える一定のコミュニティが必要です。

ゆいゆい

もし近い将来、こういたシステムが実社会に実現できれば、私たち消費者にとってブロックチェーン技術は非常に身近な存在となるでしょう♪(≧∇≦)



メリット③独自仮想通貨発行による観光業での地域発展

観光業と言えば、地域の発展を望んでいる市町村は数多く存在しますよね。

これらの市町村がそれぞれ、ブロックチェーンの活用や独自の仮想通貨を発行する事により地域独自の経済圏を作る事ができる上に、地域全体の活性化にもつながります。

地域独自で発行された仮想通貨は、特に観光地、観光施設などでメリットを発揮でき、独立営業を行っている店舗や企業を繋ぐ架け橋となる可能性は大きいと言えます。

今や仮想通貨・ブロックチェーンは世界的にも観光だけでなく様々な分野で注目されており、こうした技術を使用する事で国内だけでなく海外からも注目されるようになります。

ゆいゆい

独自通貨を発行し使用した履歴はブロックチェーン上にしっかりと記録され確認できるので、集客率や観光客の購買意欲分析などにもつなげる事が可能です♪(゜▽゜)



一般的には、仮想通貨を利用した決済方法は世界共通で「スマホを使用しQRコードを読み込む」という方法になりますので、外国人の旅行者もサービスを利用しやすいのはメリットと言えます。

こうした独自の仮想通貨導入に関しては、将来的に低コストで誰もが簡単に実装可能な地域活性化手段の一つであると言えるでしょう。

メリット④観光・旅行サービス全体を改善し効率化を促進

仮想通貨やブロックチェーン技術を導入した場合、基本的に情報は全てブロックチェーン上に記録されますので、簡単に知りたい情報を追跡・収集可能となります。

ゆいゆい

店舗で必要となる統計情報なども簡単に知る事ができるため、様々なサービスの改善や効率化をより促進させる効果が期待できます♪



ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨取引記録を確認可能な検索ツール「ブロックチェーンエクスプローラー」をご存知でしょうか。

一見すると暗号化された文字列なので難しく感じますが、ある程度知識を持っていれば、専門的な知識がなくても理解ができるようになります。

ゆいゆい

従来のように、企業ごとに様々な言語を使用し独自に構築された複雑なシステムを解析するよりもはるかに効率的ですよね♪(*´∀`)



顧客関連のリサーチが重要と言われる観光業界において、ブロックチェーン技術への知識が深まる事で、サービスを向上するための必要不可欠なツールになると言われています。

メリット⑤観光客の宿泊施設・近隣の店舗情報などをマッチング可能

前述した独自の仮想通貨導入をしなくても、複数の提携企業などで「プライベートブロックチェーン」を構築すると、企業間でリアルタイムな情報共有が可能になります。

ゆいゆい

観光を希望する利用者に対して、より自分にあった魅力的な観光地情報やサービスを配信が可能になるわけですね♪(^▽^)o



こうしたシステムを構築した場合、ブロックチェーン上のネットワークに参画している企業間で利用者が望む情報を共有できるようになります。

すると結果的に、利用者の行動に応じて「宿泊先のホテル予約」や「観光先の店舗情報」といった知りたい情報をマッチングしてサービス提供可能です。

また、利用者から見れば、暗号化された状態で管理されるため、必要以上の個人情報を教える必要もなく、自分自身で情報を取り扱えるようになるでしょう。

まさに、利用者にとってもサービスを提供する企業にとってもメリットのあるシステムと言えますね。

観光で有名なカリブ海諸国がビットコインなどの仮想通貨決済を導入

ブロックチェーン,観光

カリブ海と言えば、観光名所として有名ですが、このカリブ海諸国の観光サービスを提供するカリブ海観光局(CTO)が、仮想通貨の導入を検討していると発表しました。

他にも、カリブ海観光局は、現地の様々な企業と提携を結んで、旅行業界にとどまらず関連業界に暗号ベースのアプリケーションも導入予定のようです。

ここでは、そんな観光地として有名なカリブ海諸国と仮想通貨・ブロックチェーン技術との関連性をいくつかご紹介します。

カリブ海の政府・企業は仮想通貨、ブロックチェーン技術を積極的に採用

カリブ海諸国の政府および企業は、経済や財政問題に対応するため仮想通貨であるビットコインなどを積極的に採用しているようです。

カリブ海の地域では、しばらく「低成長・高債務」を経験していため、アメリカ大手銀行はカリブ海の市場から資本を撤退しているほどです。

長年にわたり行ってきた脱リスク政策によって、銀行業務は赤字を生み出し、地元の銀行などに関してはマネロン慣行を援助しているという非難も受けており、外国為替へのアクセスも制限されているようです。

こうした事が、観光や貿易業務に大きく依存しているカリブ海諸国の経済に影響を与えていると言われています。

カリブ海観光局が金融テクノロジー企業と提携

今回発表した内容によると、カリブ海観光局は、観光製品や観光サービスにおいてより効率的なプロセスを促進するため、金融テクノロジー企業「Bitt社」と提携しました。

バルバドスは東カリブ海の島で、英連邦に属する独立国家です。

ここに本拠地を置く「Bitt社」は「Bitt Sutie」を通じて費用対効果の高い仮想通貨決済商品や関連サービスを提供するためにブロックチェーン技術を活用している金融テクノロジー企業と言われています。

両社は、Biit社の仮想通貨ウォレットとマーチャント(ネットショップなどを運営する個人や企業)のアプリが、カリブ海諸国地域の観光や関連分野への経済的参加を促進するために提携したようです。

カリブ海諸国が仮想通貨やブロックチェーン技術に期待する理由

カリブ海諸国の地元住民の多くは、基本的な銀行へのアクセスができない状態にあり、住民の50%以上が銀行口座を持っていないと言われています。

この点は、発展途上国であるアフリカ地域の住民と同じで、銀行口座を持たない代わりにスマホが普及しており、スマホアプリによる送金、決済が行われているようですね。

カリブ海諸国が、観光分野で仮想通貨を使用した支払い・決済サービスを導入する事によって、アメリカからの規制に苦しんでいる企業がドルベースの外貨準備へのアクセスを助ける事につながるのです。

ゆいゆい

仮想通貨は国際貿易だけでなく地域貿易にも使用可能なため、外貨コスト削減に役立ちます♪(*^ω^*)



そのため、カリブ海諸国の企業などは、仮想通貨による支払いにより利益を増加させ、消費者コストを下げる可能性があると考えているようです。

こうした積極的な仮想通貨・ブロックチェーン技術の導入は、近年も行われており、先月アンティグア・バーブーダ政府が、近々仮想通貨取引所を開設予定である事を発表しました。

近い将来、カリブ海諸国の島々でビットコインキャッシュ(BCH)が使用可能なリゾート地がオープンするのではとも言われています。

そうなれば、仮想通貨やブロックチェーン関連企業がカリブ海諸国に次々と進出し、一気にデジタル化した観光地として有名になる可能性もあるかもしれませんね。

ブロックチェーンを利用した観光プラットフォームがロシアで立ち上げまとめ

ブロックチェーン,観光

今回は、仮想通貨、ブロックチェーンを利用した観光プラットフォームがロシアのユグラで立ち上げ発表されたニュースやブロックチェーンと観光分野の関連性などをご紹介しました。

実際、旅行業界ではホテルや旅行業者などが仮想通貨決済を導入している事例が増加しており、スイスやオランダなどでは、ビットコインによる決済対応だけでなくビットコインATMが設置されているそうです。

観光や旅行という枠にとらわれず、将来的には海外のレストラン、レジャー、アクティビティなどの支払いに仮想通貨やブロックチェーン技術の導入は広まりつつあります。

ゆいゆい

今後はさらに海外旅行などで仮想通貨決済するシーンは増えていくのではないでしょうか♪\(^^)/



今回ご紹介した観光分野でのブロックチェーン技術の導入にとどまらず、今後様々な分野でブロックチェーンが導入される事が予想されます。

以下の記事では、IBMがフォルクスワーゲンと提携し、ブロックチェーン技術を活用している事例をご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。



最終更新日:2019年06月15日

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事