ホーム最新ニュースバイナンスがステーブルコインを2ヶ月以内に発行!テザーは今後どうなる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.06.20 最終更新
はる

バイナンスがステーブルコインを2ヶ月以内に発行!テザーは今後どうなる?

バイナンス,ステーブルコイン

バイナンスがなんと自社で独自のステーブルコインを発行予定である事が報道され話題を呼んでいます。今回は、既存のテザー(USDT)の取って替わると見られるバイナンスのステーブルコイン「バイナンスGBP」についてご紹介します。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

はるはる

こんにちわ、はるです!世界最大の仮想通貨取引所バイナンスがなんと独自のステーブルコインを発行するという事ですので、今回はその話題を中心にご紹介していきます!!



バイナンスが新たなステーブルコイン『バイナンスGBP』発行を発表

バイナンス,ステーブルコイン

2019年6月5日、ブルームバーグの発表で、世界最大の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」が、今後1、2カ月以内に独自のステーブルコインとなる「Binance GBP(バイナナンスGBP)」発行が報じられました。


今回ブルームバーグの取材に対して、バイナンスの最高財務責任者「Wei Zhou(ウェイ・ジョウ)氏」は、「バイナンスGBPはイギリスポンドと100%連動するステーブルコインである」点を語っています。

新たに発行される予定のバイナンスGBPは、ステーブルコインの裏付けとなるイギリスポンド「GBP」を銀行などの金融機関に預金する事で利子を得て収益化を図るとの事です。

また、ジョウ氏は今後バイナンスGBPだけでなく、他の法定通貨に連動するステーブルコインも発行予定と伝えられていますが、今の所はアメリカ$に連動したステーブルコインは発行する予定はないようです。

はるはる

バイナンスは、「日本円やユーロといった法定通貨を既存の通貨で安定して利用できるようにする事」を目標として掲げています!!



その上で、世界中の人々が色々な国の法定通貨を使用している状況をステーブルコインにも反映させるべきとの考えを持っているようですね。

独自ステーブルコイン発行によりテザーのシェアは下がる!?

近年、仮想通貨取引所が独自のステーブルコインを発行する発表は増えつつあります。

現状、仮想通貨取引所バイナンスの取引量約半分以上を占めているステーブルコイン「テザー(USDT)」のシェアが、今回の独自通貨発行によりシェアが下がるという見解が非常に多いようです。

最近、「USDTの裏付け資金が100%存在していないのでは」というテザー疑惑問題が話題になっていましたよね。

はるはる

バイナンスは自社で独自のステーブルコインを発行する事で、こうした問題を改善し通貨としての透明性、公平性を高める事を計画しているようです!!



先日の報道では、バイナンスの運営する分散型取引所(DEX)である「Binance DEX」が、日本のIPアドレスをブロック予定である事が明らかとなりました。

このように、バイナンスが進めるステーブルコインなどのプロジェクトが、今後も世界中の仮想通貨市場に非常に大きな影響を与える可能性は非常に大きいと言えるでしょう。

バイナンスの新ステーブルコイン『バイナンスGBP』|発行目的やBNBとの違い

バイナンス,ステーブルコイン
では、今回発表されたバイナンスが新たに発行予定のバイナンスGBPと既存のBNBトークンの違いはどこにあるのでしょうか。

ここでは、バイナンスGBPがどのような通貨なのか、BNBトークンとの違いはなんなのかを中心にみていきましょう。

バイナンス独自のステーブルコインバイナンスGBPと魅力的なその特徴

ご紹介したように、今回バイナンスが独自発行する予定のステーブルコイン「バイナンスGBP」は、イギリスポンドと100%連動します。

ステーブルコインはその特性上、法定通貨を担保にする点が特徴で、仮想通貨の特徴であるボラティリティ(価格変動)の高さを抑える事が可能になります。

はるはる

その結果、ある一定期間、通貨としての安定した価値を維持できるように作られているんですね!!



バイナンスの半分以上の取引量を占めているテザー(USDT)もステーブルコインとして有名で、USDTはアメリカドルと連動しており「1ドル=1USDT」に維持するよう作られています。

つまり、仮想通貨市場全体が下げ相場の時でも、資産をステーブルコインに移しておく事によって資産が目減りするのを防止する事もできます。

仮想通貨取引において、資産の逃げ場を作る事ができる」という点がステーブルコイン最大の魅力といっても良いでしょう。

バイナンスGBP発行の目的とBNBとの違いとは

バイナンスが今回独自にバイナンスGBPを発行する目的は、現状USDTが独占しているステーブルコインの取引量の削減と発表されています。

前述したテザー問題もあり、裏付け資金が100%存在しない疑惑のあるUSDTを今後も取引所として使用していくよりも、自社でステーブルコインを発行した方が信頼性や透明性が高まります。

はるはる

つまり、バイナンスとしては、現状USDTが占める割合を徐々に独自発行予定であるバイナンスGBPに移していく計画を発表し実行予定のようです!!



では、既存のバイナンス自体が発行しているトークン「BNB」と、今回発表されたバイナンスGBPの大きな違いはどこにあるのでしょうか。

BNBトークンは、バイナンスが独自発行した点においては、バイナンスGBPと同じですが、基本的には「バイナンスを利用するユーザーの取引手数料を割り引く」ためのトークンとして発行されています。

もちろん、BNBトークンから他の仮想通貨の購入も可能ですが、バイナンス利用者が増加すればするほど価値が高まっていくトークンという点に違いがあります。

バイナンスは既に発行予定のバイナンスGBPの発行テストを実施していた

今回発表された内容のバイナンスGBPは、既にバイナンスが新たなステーブルコインとして自社の「Binance Chain(バイナンスチェーン)」上で発行テストを実施していた事も明らかになっています。

もともと、テスト段階だったバイナンスGBPですが、ユーザーがそのテストをエクスプローラー上で発見しTwitter上でツイートした事でその存在が報道されたのです。


このツイートに対して、バイナンスCEO「BZ氏」はテスト段階ではあるがイギリスポンド建てのステーブルコインを200ポンド分発行した事を認めています。

バイナンスが『テザー市場』から『ステーブルコイン市場』へ名称変更

バイナンス,ステーブルコイン

実は、2018年11月末に、バイナンスは取引所の50%を占める「テザー(USDT)市場」という名称を「ステーブルコイン市場」に変更したと発表しています。

当時から、テザー問題などの疑惑が上がっていたステーブルコイン「USDT」の代替として、また仮想通貨変動の懸念解消のための対策として、新たなステーブルコイン「バイナンスGBP」の発行を考えたのではないでしょうか。

テザー(USDT)は、2014年に発行され、アメリカドル連動型のもっとも古参となるステーブルコインとして役割を果たしてきましたが、今後は新たに登場してくる様々なステーブルコインの一つという立場になるかもしれませんね。

バイナンスがステーブルコインを2ヶ月以内に発行!テザーは今後まとめ

バイナンス,ステーブルコイン

今回はバイナンスが1、2カ月以内に自社でステーブルコインを独自発行するニュースと、現状バイナンスの取引量の半分以上を占めているテザー(USDT)についてご紹介しました。

バイナンスが発行予定のバイナンスGBPはイギリスポンド連動型ですが、近年ではUSDT同じくアメリカドル連動型のステーブルコインも新たに登場しつつあり注目されています。

イーサリアムのERC20に準拠している「True USD(TUSD)」、Poloniexを買収したCircle社が発表した「True USD(TUSD)」、Paxos社が発行する「Paxos Standard(PAX)」がこれに当たりますね。

ステーブルコインと言えばテザー(USDT)といった時代が終わりを告げ、今後はこうした新たなステーブルコインが続々と登場してくる事が予想されますので要注目ですね。

その中でも、特に「Paxos Standard(PAX)」に関しては特に「テザーに取って替わる」と最近注目を浴びており、以下の記事にて詳しくご紹介しておりますのでぜひ参考にして下さいね。



最終更新日:2019年06月20日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事