ホーム市況【本日7/2(火)の相場予想】これからどうなる?ETH相場価格!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Coingirls公認トレーダー

【本日7/2(火)の相場予想】これからどうなる?ETH相場価格!

本日 7/2(火)のETH価格予想!今は、一旦静観をして待ちの戦略を!
これからの仮想通貨のトレンドに乗り遅れない為の戦略をCoingirls公認トレーダーが大公開!

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

本日 7/2(火)の、ETHチャート予測

BITFINEX $279(14時現在)前日同時刻終値$297 -7%
トレ転の可能性が近い。

今回も、Bitfinexの2時間足チャートで価格予想をしていきます。

前回の投稿を参考にしていただいた方は、しっかりとロスカットは出来たでしょうか?
見ていたラインが否定されたら必ず逃げる必要があります。

BTCの記事でも書きましたが、『絶好の買い場』の定義というのは、リスクに対してのリワードが大きく狙えるところです。
つまり、撤退ラインが近くて、利確のラインが大きく狙える場所のことを定義します。

切らなくて良いということではないので、そこは絶対に勘違いをしないでくださいね。

相場に関しては、ロスカットが出来ない人は絶対に長く勝てません。
損をしたくないという感情が大事な局面で判断を狂わせます。

なので、必ず見ている損切の局面が来たら切るように心がけてください。
さて、ここからETHの値動きを追っていきたいと思います。

現在は、$276の近辺でサポートされておりますが、ここを割ったら大きな下落に警戒する必要があるでしょうね。

もし、ここを割ったら、次の仕込み場は$264と$234近辺に注目をしております。
ここのラインは、2/5 $100からと、6/27 $364がエリオットウェーブ2~3と見ている中で、そこからフィボナッチひいた、0.382と0.5が3~4の終点地点です。

つまり、一度入った調整の終着地点が上記の可能性になると思って見ております。

なので、ここからのメインの戦術は、$264と$233近辺になるかと思います。
ただし、その場合の最後の撤退ラインは$165になりますので、そこまで下がることを想定して仕込みをする必要があるでしょうね。

注目して次のチャンスを待ちましょう。

ここに注目!!イーサリアムのトレード戦略!

■短期的には、こう攻める!
前回の配信を参考に買いのポジションを構築した方は、しっかりとロスカットは出来たでしょうか?
上述しているようにロスカットをしたら次のチャンスを拾えます。必ず見ているところが抜かれたらロスカットはしましょう。
さて、ここからは新しい戦略を立てる局面です。
次の買い場は、$264と$234近辺です。
必ず、1カ所で全ツッパをするのではなくて資金を別けてから仕込みましょうね。
$202を大きく割ったら1度逃げるのが良いかと思います。利確ラインは、直近高値までですね。

■中期~長期的には、こう攻める!
上述したように、短期トレードと同じ戦略で構えるのが良いかと思います。
次がメインの買い場になると思います。しっかりとチャンスをものにしていきましょう。

結論:イーサリアムは今が買い?今が売り?

◎短期的には、今は静観をして次の買い場に備える。
◎中期~長期的には、今は静観をして次の買い場に備える。

※仮想通貨取引所は、少なくとも3つ以上の取引所を開設することをおススメします!
仮想通貨取引は常にハッキングとの闘いです。登録している取引所が何かしらのトラブルが起きた場合には、非常に高い確率で出金制限や、取引制限が入ります。
そんな時にもチャンスを逃さないように、事前の準備を整えておきましょう!
どうせやるならトレードにお得な取引所を選んでくださいね!
↓ ↓ ↓
初心者にもおススメ!取引所比較ランキングはこちらから

「リップルの高騰に備えて今から買っておきたい!」という人には、こちらの記事がおすすめです!

【この記事を書いた女子会メンバー】

Coingirls公認トレーダー
トレーダー歴6年のCoingirls公認女流トレーダー。BTC、XRP、ETHの3大通貨チャートを眺めてるのが好き。
Coingirls公認トレーダーの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事