ホーム市況7/15(月)中国政府がマイニング禁止!仮想通貨相場は大暴落、ビットコインは長期サポートライン上での動きに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

7/15(月)中国政府がマイニング禁止!仮想通貨相場は大暴落、ビットコインは長期サポートライン上での動きに

仮想通貨,相場

7月15日の仮想通貨市況
・中国政府マイニング禁止のニュースに仮想通貨相場は大暴落に
・アルトコインの下落が厳しい状況

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

米FRB議長やトランプ大統領によるネガティブ発言から、今度は何と中国政府によるマイニング禁止というショッキングなニュースが発信されました。このタイミングって偶然でしょうか、しかも休日を狙っての発言ということで、仮想通貨相場は混乱状態となり暴落相場の様相を呈しています。

ビットコインに関しては、そもそも暴騰していましたので、長期的な目線からはいまだ上昇トレンド上にありますが、ほぼ安値状態となっているリップルやイーサリアムの下落は相当厳しいもので、他のコインにも20%を超える下落率のものが多く出ています。

ちなみに、現在大混乱しているのは、世界の投資市場の中では仮想通貨相場のみであり、先週末に史上最高値を大きく更新したNYダウの今晩の動きは気になるところですし、また、ビットコインとともにリスク回避先としての金(ゴールド)相場は、上昇中でありほぼ5年半ぶりの高値を更新しようとしています。

仮想通貨,相場

https://coinmarketcap.com/charts/より

 

15日17:25現在の主要仮想通貨の相場は以下の通りです。

通貨 価格(円) 24時間の変動比
BTC(ビットコイン) 1,108,530 -103,787(-9.37%)
ETH(イーサリアム) 24,363 -4,490(-18.42%)
XRP(リップル) 33.741 -2.001(-5.93%)
BCH(ビットコインキャッシュ) 30,870 -5,772(-18.67%)
ねこねこ

仮想通貨時価総額は30兆円割れだにゃ~!

どうなるのかビットコイン!週足で徹底予測

仮想通貨,相場

チャートは、ビットコインの週足のボリンジャーバンドです。

2つの長方形にご注目いただきたいのですが、左の小さいほうの長方形は、2018年1月からの暴落後の戻り高値(1,083,035円)をつけた4月末から、昨年12月の暴落後の年初来安値(354,350円)をつけた12月前半でこの期間が32週と一目均衡表基本数値33のの近似値となります。

そして、右側の大きな長方形のほうは12月前半の安値から、6月後半の戻り高値(1,495,427円)からの相場となり、今週が31週目となっています。31週というのは基本数値33週の近似値でもあり強い裁縫の長方形の期間32週の対等数値の近似値でもあります。

このことが意味するのは、今週から今月末にかけてビットコインは高値もしくは安値を付けやすい時期にあるということで、仮に、来週32週目で安値を付けるとすれば、7月第1週の1,050,000円を目指すことになり、本日の安値1,072,000円はここを意識したものとなりますし、2018年4月末の戻り高値(1,083,035円)を意識したといっても良いでしょう。

現状、週足上では+1σラインがサポートラインとなっています。ここを割り込むのかどうかが最大のポイントとなりそうです。

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事