ホーム仮想通貨初心者向け仮想通貨の仕組みとは?ビットコインの基本・ブロックチェーン・マイニングなどわかりやすく解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はる

仮想通貨の仕組みとは?ビットコインの基本・ブロックチェーン・マイニングなどわかりやすく解説

仮想通貨,仕組み

これから仮想通貨取引を始める人にとって、仮想通貨やブロックチェーンなどの仕組みが分からない人も多いでしょう。そこで今回は仮想通貨や関連する様々な機能の仕組みについてわかりやすく解説していきます。

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

はるはる

こんにちわ、はるです!今回は徐々に社会に浸透しつつある仮想通貨とその仕組みを中心に解説していきます!



近年、徐々に知名度をあげて新規参入者も増加しつつある仮想通貨業界ですが、まだまだ一般社会には仮想通貨とはなにか、その仕組みを詳しく知る人が少ないのが現状です。

そこで今回は、仮想通貨仕組み」や「代表的な仮想通貨」、そして「初心者に多い仮想通貨に関する質問」をQ&Aでご紹介していきます。

仮想通貨とは

仮想通貨,仕組み

そもそも、一般社会で投資を行わない人にとって「仮想通貨」自体がなんなのかわからない人がほとんどのようですので、まずは仮想通貨についてわかりやすく解説していきます。

仮想通貨は法律で定義されている

「仮想通貨」とは、その名の通り現実的には存在せず、基本的にインターネット上で世界中のユーザーとやり取りが可能なデジタル通貨の一種です。

現在では、仮想通貨はしっかりと日本の法律でしっかりと定義されていますが、その内容をまとめると以下のようになります。

  • 法定通貨(ドルや日本円など)や法定通貨を代替できる資産ではない
  • 仮想通貨そのものは売買可能
  • 通貨として不特定多数の人に支払が可能
  • 電子的な手段で記録・移転する事が可能
  • 法定通貨との相互交換が可能

仮想通貨と法定通貨(日本円)の違い

みなさんが一般的な社会で商品を購入できる日本円などの法定通貨は、日本という国家が法律で定めている通貨ですが、こうした法定通貨と仮想通貨の違いはどこにあるのでしょうか。

まず、法定通貨は各国の公的機関である中央銀行によって発行・管理されていますが、仮想通貨はこうした中央銀行のように通貨を発行・管理するものがおらず、管理者が居なくても通貨として信用性が維持できる点が違います。

他にも、仮想通貨自体には法定通貨のように実体がない点、それぞれの仮想通貨に発行上限枚数が設けられている点、法定通貨よりも送金に便利な機能を持つ通貨として注目されている点が挙げられます。

仮想通貨と電子マネーの違い

よく仮想通貨と電子マネーを同じような扱いで勘違いしている人が多いですが、両者には決定的に違う点が存在します。

電子マネーを支払い手段として利用するためには、あらかじめ法定通貨を入金しておく必要があり、機能的には「電子財布」のような役割を担っています。

一方、仮想通貨の価値(価格)は、日々売買する利用ユーザーの需要と供給バランスによって変動する点が違います。

また、電子マネーは発行した機関により限定的に利用が可能となり、他人への送金機能はありませんが、仮想通貨には決済機能だけでなく送金や決済といった様々な用途があります。

仮想通貨の仕組みをわかりやすく解説

仮想通貨,仕組み

ここまでの説明で、なんとなく仮想通貨とはどんなものか理解できたと思います。

では次に、仮想通貨の持っている機能やその仕組みについてそれぞれ解説していきます。

ブロックチェーンの仕組み

仮想通貨と同じくらいよく聞く言葉に「ブロックチェーン」があります。

ブロックチェーンとは、別名「分散型台帳」とも呼ばれており、その名の通り様々な取引情報をネットワーク上の台帳のようなものに分散して保管しておけるものです。

はるはる

書き込まれたデータは各ブロックに保管されており、それぞれのブロックがチェーンのようにつながっている事からブロックチェーンと呼ばれています!!



ネットワーク上のブロックチェーンに保存されたデータは「ほぼ改ざんが不可能」と言われており、取引データだけが残るため匿名性の高い取引が可能な点が特徴です。

仮想通貨ウォレットの仕組み

「仮想通貨ウォレット」とは、その名の通り仮想通貨を保管しておくための電子財布のようなものですが、このウォレットには仮想通貨自体が入っているわけではありません。

仮想通貨をトレードした後に取引所のサーバーにそのまま自分の資産を保管し続けていると、ハッキングや外部からのサイバー攻撃などにより仮想通貨が流出するリスクがあります。

取引所のような個人資産の保管場所は特に悪意を持ったハッカーに狙われやすいため、トレード後に自分の資産を安全なところに保管する場所が「仮想通貨ウォレット」になります。

はるはる

よく勘違いされますが、実際に仮想通貨ウォレットに保管されているのはあくまで中の資産を引き出すために必要となる「公開鍵」と「秘密鍵」です!!



仮想通貨ウォレットは、後述するこの「公開鍵」と「秘密鍵」によって保有している仮想通貨を管理する仕組みとなっています。

公開鍵と秘密鍵の仕組み

前述した仮想通貨ウォレットやサーバーなどに安全性を高めるために使用されているのが「公開鍵と秘密鍵」です。

公開鍵とは、一般的に公開されている鍵であり、後述する秘密鍵から生成され、基本的に「秘密鍵→公開鍵→アドレス」という流れになります。

わかりやすいように「家」で例えると、アドレスは自分の家の住所、公開鍵は家の錠前にあたり、秘密鍵は錠前を開ける鍵のようなものをイメージするとわかりやすいですね。

はるはる

こうして生成された「公開鍵・秘密鍵・アドレス」により仮想通貨ウォレットで自分の大切な資産となる仮想通貨を管理する仕組みとなっています!!



マイニング(採掘)の仕組み

仮想通貨におけるマイニングとは、実際の取引を記録してその内容が正しいかどうかをチェックする承認作業の事を指し、別名「採掘」とも呼ばれます。

前述したように、法定通貨とは違い仮想通貨は国(中央銀行)のような管理者が存在せず、トレードに参加しているユーザーがあらかじめ決められたルールに基づき管理を行う仕組みになっています。

例えば、WさんがYさんに1BTC(ビットコイン)を送金したとしましょう。

この時、法定通貨のように銀行などが第3者に入る事はなく、誰がいつ何をどれだけ送金したという取引がブロックチェーン上に記録されます。

このブロックチェーンに「Mさんがいつどこからいくら送金したか」という取引記録を残す作業が「マイニング」であり、マイニングをする人を「マイナー」と呼びます。

マイニングは非常に複雑な数値を探す(計算する)作業で、高度な技術を持ったコンピューターが行いますが、莫大な電力を必要とします。

そしてマイナーが取引記録をマイニングする事でブロックチェーン上に情報が記録され、マイナーはその報酬を受け取る事ができるという仕組みになっています。

仮想通貨の価格変動の仕組み

仮想通貨は、過去に急激な価格変動を何度か繰り返しており、今あなたがこの記事を読んでいる間も常に24時間価格が変動し続けています。

基本的に、仮想通貨の価格が変動する仕組みは、需要と供給(買う人と売る人、通貨の流通量など)のバランスで保たれており、需要が供給よりも大きくなると値上がりする傾向にあると言われています。

仮想通貨の価格変動の要因は、一般的には通貨機能としての将来性があり需要が拡大した時やなんらかのビッグニュースで知名度が上がった時、有名な取引所へ上場された時など様々です。

また、仮想通貨はまだまだ発展途上のデジタル通貨である点や、国による規制に左右される点、プロの投資家がいない点などの要因で、株式やFXと比較してボラティリティ(価格変動)が大きくなっています。

代表的な仮想通貨を5つ紹介

仮想通貨,仕組み

あなたは仮想通貨と聞くとどんなイメージを浮かべますか?

ここでは、主要な5つの仮想通貨とその特徴などを簡単にご紹介します。

仮想通貨①:ビットコイン(BTC)

仮想通貨でもっとも有名で代表的なコインと言えば「ビットコイン(BTC)」ではないでしょうか。

ビットコインは、決済機能を持つ仮想通貨として代表的な存在として、また仮想通貨の中でも今では基軸的な役割を持つ通貨として有名です。

仮想通貨の仕組みやブロックチェーン機能の仕組みを最初に形づくり、今世界中で普及しているほとんどの仮想通貨の原型となるのがビットコインと言われています。

仮想通貨②:イーサリアム(ETH)

仮想通貨の流通量(取引高)は、それだけ一般投資家に注目されている証拠でもあります。

現在、ビットコインに次ぐ時価総額第2位に位置するアルトコインNo.1取引高を誇るのがイーサリアム(ETH)です。

イーサリアムは、通貨としての役割だけでなく、ブロックチェーン上にある自動契約機能を付加できるスマートコントラクト機能をはじめに実装した仮想通貨です。

現在では、このイーサリアムのスマートコントラクト機能を元に、それぞれの仮想通貨が、ブロックチェーン上で機能するDApps(分散型アプリケーション)や独自トークンの発行ができる原型を作った仮想通貨と言われています。

仮想通貨③:リップル(XRP)

ビットコイン以上に送金分野で期待されているアルトコインと言えば、やはり「リップル(XRP)」が真っ先に挙げられます。

時価総額でも、現時点でイーサリアムと2位争いを繰り返しているほどの人気を誇る「国際送金や決済に特化した機能」を持つ仮想通貨として有名です。

また、リップルは他のビットコインやイーサリアムとは違って、リップル社という管理会社が運営する仕組みになっているため、非中央集権(中央管理者が不在)の仮想通貨ではない点もポイントです。

仮想通貨④:ネム(XEM)

ネムは「New Economy Movement」の略称で、「実用的なデジタルコインで新たな経済圏を実現する」という理念が込められた仮想通貨です。

イーサリアムのスマートコントラクト機能とよく似た「アポスティーユ」と呼ばれる機能を持っているのが特徴です。

一般企業や政府機関などの大きな法人が利用するスマートコントラクトに対して、ネムは個人や小規模で利用できるといった仕組みの違いを持っています。

仮想通貨⑤:バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコイン(BNB)は、世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceが独自発行したトークンです。

Binanceは、法定通貨を含めた様々な通貨と交換できる取引所を目指しており、BNBはそんなBinance上の取引をより活発にする事を目的としている仮想通貨と言われています。

イーサリアムのブロックチェーン上の規格「ECR20トークン」である点や、BNBを利用する事で取引所の手数料割引が可能な点、利用ユーザーがBinanceに新規上場する仮想通貨を投票できる点など、様々な利用用途を持っています。

仮想通貨の始め方を初心者でもわかるように詳しく解説

仮想通貨,仕組み

実際に仮想通貨取引を始めるにはどうしたらよいかわからない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、「仮想通貨をどうやって購入できるのか」、仮想通貨取引の始め方を初心者にもわかるように詳しく解説していきます。

仮想通貨の始め方①まずは取引所に登録・口座開設する

仮想通貨を購入する方法は、はじめは難しそうに思えるかもしれませんが、実は非常に簡単で、はじめにやる事は「仮想通貨取引所の新規口座開設」です。

現在、日本国内だけで仮想通貨取引所は19社存在しますが、とりあえずおすすめランキング上位の「GMOコイン」にアカウント登録、口座開設すると良いでしょう。

GMOコインは、仮想通貨取引にかかるほとんどの手数料が無料になっており、取扱い通貨も主要なものを取り扱っている上、レバレッジ取引にも対応している点、GMOグループという大企業が運営している点から非常におすすめです。

実際にGMOコインの口座を開設する方法については、以下の記事で詳しくご紹介していますので参考にして下さい。



仮想通貨の始め方②取引所の口座へ日本円を入金する

無事に仮想通貨取引所の口座開設が完了したら、その口座へ自分が普段利用している金融機関から投資したい金額を入金しましょう。

基本的に、どの取引所でも口座を開設してから投資する金額分の日本円を入金しないと売買ができません。

仮想通貨,仕組み

GMOコインの場合は、左の「入出金メニュー⇒日本円」を選ぶと上図のような画面が表示されます

GMOコインが提携している銀行口座を持っている人は、提携銀行から即時入金(無料)を選択するとGMOコイン口座に即座に入金が反映されます。

その他の金融機関から振り込む人は、「振込入金」を選択して入金しますが、振込入金は振込元となる金融機関の営業時間により入金反映が翌営業日になったりしますので注意しましょう。

はるはる

取引所にはそれぞれ提携している金融機関があり、即時入金など即座に入金が反映される便利なサービスを提供しているところもありますので上手に活用しましょう。



仮想通貨の始め方③気になる仮想通貨を購入する

最後に、自分の購入したい仮想通貨を選んで購入します。

仮想通貨,仕組み

上図は、GMOコインでもっとも一般的な取引所の取引板を利用した「現物取引」の購入画面になりますが、他にも販売所での購入や仮想通貨FX、レバレッジ取引などがあります。

右上の赤枠部分の銘柄選択から自分の購入したい仮想通貨を選んで数量や購入したい価格を入力して購入する事になりますが、これらの詳しい買い方についても上記のGMOコインの口座開設リンクからご覧ください。

仮想通貨の仕組みに関するQ&A

仮想通貨,仕組み

さて、ここまで仮想通貨の仕組みをいくつかご紹介してきましたが、ここでは初心者にあるよくある質問をいくつかご紹介します。

取引所と販売所ってどう違うの?

仮想通貨取引所に関する質問でもっとも多いと言われているのが「販売所と取引所の違いがわからない」という質問です。

初心者でもわかりやすく例えて説明すると…、

  • 【取引所】ユーザー同士が買値、売値を出し合うバザーのような仕組み
  • 【販売所】運営会社という店から仮想通貨を購入する売店のような仕組み

となります。

仮想通貨って世界で必要とされてるの?

実は、日本で仮想通貨と言えば、投資のイメージが強いですが、世界的には全く別の利用用途として必要とされている国も存在します。

はるはる

経済危機や政治情勢が不安な発展途上国では、自国の法定通貨が使用不可能になった場合の非常手段として仮想通貨が活用されるケースもあります!!



また、ギリシャでは債務不履行問題が発生した際、莫大な資金が仮想通貨に流入しました。

こうした点を見れば、何かあった時のためのリスク分散先の一つとして仮想通貨が有効活用される事もあるのです。

実際、国際送金分野では、法定通貨と比較して圧倒的に送金にかかる手数料が安い仮想通貨は世界中で注目されています。

仮想通貨はもうバブルがはじけてオワコンって言われてるけど?

2017年末から2018年初頭にかけての仮想通貨バブルで、現実的に「億り人」を出した事で有名になった仮想通貨ですが、2019年の低迷期を抜け出し上昇傾向にある現在でも「オワコン」と言われたりもしています。

しかし、仮想通貨市場で流通している銘柄には、国際送金や決済機能に特化したリップル、スマートコントラクト機能の生みの親であるイーサリアムなど、仮想通貨自体ではなく通貨の持つプラットフォームが期待されている点もあります。

そのため、今後も日本だけでなく世界規模で仮想通貨は実用化され普及していくと言われています。

仮想通貨の仕組みとは?ビットコインの基本やブロックチェーン等まとめ

仮想通貨,仕組み

今回は、近年話題になっている仮想通貨に関する様々な仕組みやビットコインなどの代表的な銘柄、ブロックチェーンの仕組みなどを中心にご紹介してきました。

2019年7月を過ぎて、仮想通貨は基軸となるビットコインをはじめ価格はいったん上昇したものの停滞を続けているのが現状です。

しかし、仮想通貨市場全体で見た場合、法定通貨では実現不可能な機能を持った仮想通貨が今後も成長していき、一般社会に実用化されていくとの見解が多いようです。

はるはる

ただ現状として、仮想通貨の規制面がまだまだ整っていないため、今後は世界各国の規制当局や仮想通貨のさらなる発展が必要なのは確かですね!!



長期的に見た場合、ビットコインをはじめとした仮想通貨の価格はこれからドンドン上昇していく可能性は大きいですので、仮想通貨取引を始めようと思っている人は、それに期待しながら投資を行ってみるとよいかもしれません。

下記記事では、仮想通貨取引所の非常にお得なキャンペーンについて詳しく解説していますので、ぜひ一度試しに無料で仮想通貨をゲットしてみましょう。



【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事