ホーム市況8/13(火)リップル(XRP)大底値圏内へ!リップル価格上昇のための必要条件とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

8/13(火)リップル(XRP)大底値圏内へ!リップル価格上昇のための必要条件とは

8月13日の仮想通貨市況
・昨日のNYダウは大幅安、金価格は急騰もビっコインは小動きに
・リップル、イーサリアムなどは底値圏に到達しているのか

記事上「ランキングここを押してください」
記事上「コメントボタン」

昨日のNYダウは389ドル安と大幅安、本日の日経平均株価も229円安となり、金価格は急騰して戻り高値を更新しています。こうなると、リスク回避相場からビットコインも買われて良さそうなものですが、本日は他のアルトコインと同じく小安い展開となっています。

本年の4月から、ビットコイン相場にリンクして上昇相場を形成していたイーサリアムやリップルなどですが、6月後半にビットコインが150万円弱の高値を付けてからは、まるで2018年1月からの長期下落相場の縮小版みたいに下落しています。ビットコインは、7月後半から反発していますが、これに追随しているアルトコインはほとんどないのが実情です。

ビットコインは上昇するのに、他のアルトコインは追随できないのは何故でしょうか?

この答えな簡単ではないでしょうが、ビットコインの時価総額は上昇していますが、他の時価総額(アルトコインの時価総額)は増えていないということにそのヒントが隠されているようにも思えます。

ただし、どうやらリップルやイーサリアムも価格的には底値に入ってきたという兆候が出始めているようです。

https://coinmarketcap.com/charts/より

13日18:45分現在の主要仮想通貨の相場は以下の通りです。

通貨 価格(円) 24時間の変動比
BTC(ビットコイン) 1,185,985 -11,936(-1.01%)
ETH(イーサリアム) 21,951 -434(-1.99%)
XRP(リップル) 31.130 -0.500(-1.61%)
BCH(ビットコインキャッシュ) 34,851 -140(-0.37%)

 

リップル:底値圏に到達か

チャートは、リップルの月足のボリンジャーバンドです。

リップルの30円前後の価格帯は、2018年以降に何度も節目となってきたところで、ここまで下げてくるとさすがに売られすぎと考える投資家が増えてくることになります。上値も重いのですが、かといって、これ以上大きく下落することはないという水準です。月足のボリンジャーもバンド幅が急激に縮小してきていますので、遠からずどちらかにトレンドが発生しそうな状況となっています。

リップルの1年移動平均線は、以前レポートしましたように、5月6月相場でいったん1年移動平均線の上に出て長期上昇トレンドを期待させましたが、7月には再び下抜いています。リップルの相場に上昇トレンドが発生するためには、最低でもこの1年移動平均線の上回ることが必要です。現在、このラインは39円台前半にあります。

チャートは、リップルの日足のボリンジャーバンドです。

日足では、ボリンジャーバンドのバンド幅が縮小から、-2σラインに接触しており、下落トレンドが発生しそうな状況に見えます。ただし、価格水準が底値圏内にあることや、上記月足や、週足ではレンジ相場の様相を見せており、日足もこのまま下落する可能性よりも、レンジ相場を示唆しているように思えます。

あとは、きっかけ次第ということでしょうか?

ねこねこ

分かっていても大底では買えないものだにゃ~!

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事