ホーム最新ニュースビットコインが60万円台まで急落するというアナリストの予測は本当?それともデマなのか!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

ビットコインが60万円台まで急落するというアナリストの予測は本当?それともデマなのか!

BTC

著名な仮想通貨アナリストの多くが、今後のビットコイン相場について懐疑的な見方をしているようです。ポイントとなるのは、5月に予想される2番底をつける際の動き、そしてビットコインが「有事のデジタル通貨」として機能するかどうかという点です。

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

BTC

ねこねこ

ビットコインの急落説が出ていたが、あの話はどうなったのかにゃ~!

コロナショックから一時的に暴落した世界の投資市場ですが、その後は原油相場を除くと安値からの反発を見せています。

ビットコインもコロナショックの影響から、3月31日には41万円台まで暴落しますが、その後はじりじりと価格を戻す動きを見せています。

このまま順調に戻してくれると嬉しいのですが、そう簡単に戻すのでしょうか?

著名アナリストの中には、今後ビットコインは60万円台前後まで急落していくのではと予想する向きもあり、日本のニュースなどでも報じられていました。

4月末時点では、90万円近くまで戻しているビットコインですが、果たして、このまま順調に戻していくのでしょうか、それとも著名アナリストなどが指摘するように再び急落するのでしょうか?気になるところです。

 

ビットコインの急落を予測するアナリスト

アナリスト
2017年12月に過去最高値を付けたビットコインですが、その後は2018年12月には30万円台の安値を付け、2019年6月には150万円近くまで価格を戻します。

しかしそこからは同年12月に向けて下落し、2018年と同じパターンで底値から価格を回復させ、2020年初頭から上昇トレンドを示現し115万円台まで上昇し期待感を抱かせます。

そんな状況の下、今回のコロナショックにより、2018年12月の安値は何とか守ったものの「またかよ!」と期待を裏切られたと感じた投資家の人も多いでしょう。

上昇すると、何らかの理由で大量の売り物が発生し下落するというパターンから脱出できないビットコイン、そんな状況ですから著名アナリストでなくても、ここから再度ビットコインが安値を伺いに行くのではと予想する人も少なくないでしょう。

仮想通貨アナリストの Michael van de Poppe氏は、ビットコインの価格はかなり疑わしい水準にあり、このまま上昇していかない場合には60万円台まで下落する可能性も考えられると、4月17日にレポートしています。

同様に、多くの著名な仮想通貨アナリストたちがビットコインの価格が上昇よりもむしろ下落する可能性が高いのではと警告しています。

 

ビットコイン急落の根拠とは

ボラティリティ

多くの著名アナリストが、ビットコインの価格に弱気なのにはいくつかの理由があるようです。代表的なモノを見ていきましょう。

収束の気配を見せない新型コロナウィルス感染

すべてはこの理由からなるのでしょうが、未だに世界中に蔓延する新型コロナウィルス感染は収束する気配を見せていません

世界中の主要都市では、緊急事態宣言が発令されており、ほとんどの経済活動が実質的にストップしています。

5月にも緊急事態宣言が解除されて、通常の経済活動に戻ればなんとかなるのでしょうが、このまま緊急事態宣言が延長されるようなことになると、経済的な損失は莫大なものとなります。(すでに多くの都市では緊急事態宣言は延長されています)

高止まりする株式市場のボラティリティ

世界中の投資アナリストの不安を掻き立てる最大の理由は、株式市場のボラティリティが高止まりしているということです。

ボラティリティは恐怖指数とも呼ばれることがあるように、ボラティリティの高い相場では常に暴落と隣り合わせとなります。つまり、上昇する相場とは少しずつ上昇することが多くボラティリティは低く保たれます。

これに対して、急落時や暴落は一気に襲ってきますのでボラティリティは高くなります。3月のコロナショックから依然としてボラティリティは高止まりしており、現在の投資市場では常に急落に備えておく必要があるのです。(4月最終週に入りボラティリティは低下傾向を見せており期待されます)

原油価格相場が一時マイナスに

チャート

4月20日、米ニューヨーク商業取引所でWTI原油先物価格は、一時1バレル(約117リットル)-40.32ドル(約-4,330円)を記録し、最終的には-37.63ドル(約-4,040円)となり、史上初めてマイナスで取引を終了しました。(CFD取引では物理的にマイナスはありませんので、0.01ドルという価格まで下落しました)

これはどういうことかというと、原油輸入国の備蓄分が満杯状態となり、原油の引き取り手がいない状況で1バレル引き取ってもらうのにマイナス価格がついた(1バレル当たり4,040円を支払って引き取ってもらったということです)

現在、引き取り手のない原油を積んだ状態の多くのタンカーが洋上を漂っているそうです。

4月20日は、決済日であったことから一時的にマイナスとなり、その後は元の価格10ドル台に戻っていますが、こんなことは史上初めてのことであり、世界的な低金利を背景として買われていた原油価格が大暴落していることは、仮想通貨相場にとっても他人事ではないかもしれないと考えるアナリストが少なくはないでしょう。

新型コロナウィルス感染により、世界経済がただならぬ気配を見せ始めており、返油価格の大暴落はその始まりなのかもしれません。

 

不景気の株高現象が見られる株式市場

株式市場

ねこねこ

新型コロナウィルス感染の影響で先行き不安な経済状況の中、株式市場は大きく戻しているにゃ~!

チャート

このチャートは、ニューヨークダウの日足チャートです。

史上初の3万ドル台目前まで上昇していたニューヨークダウはコロナショックにより1万ドル以上の暴落となり、3月23日には18,200ドル台まで下落します

しかし、その後は暴落後の反発を見せ、4月末時点では24,500ドル台まで反発しており半値戻しを達成しています。株式格言には、半値戻しは全値戻しといわれるものもありますが、先行き不安な経済状況の中、なぜ株式市場は大きく上昇しているのでしょうか?

答えは、世界各国が緊急事態宣言発令とともに大規模な経済対策も同時に発表したからです。今後、経済活動は一時的に停止することになるとしても、現状ではその穴埋めをするだけの経済対策が取られていると市場は判断しているのです。つまり、ミニバブルともいうべき状況が発生しています。

仮に、5月連休以降から、世界経済が再開すればこのまま株式市場は紆余曲折はあるものの元の成長路線に戻るかもしれません。

しかし、緊急事態宣言がさらに延長されることになれば、更なる経済対策が要望されることになりますし、これに世界各国が対応しきれなくなれば株式市場は大暴落してしまうかもしれません。

現在、有事の金相場は史上最高値を更新し続けており、リスクヘッジ相場として機能しています。

問題なのは、ビットコインも有事の金相場のようになるのか、あるいは上記の原油価格相場と同じ運命になるのかということでしょう。

 

2番底をつけるポイントが勝負所

相場

さて、話を仮想通貨アナリストが、ビットコインの下落を予測していることに戻します。

多くのアナリストが考えているのは、現時点では、ビットコインは「有事の金」相場とはシンクロしておらず、株式市場などのように一時的なミニバブルで買われている可能性が高いと考えています。

つまり、コロナ感染が今後も長期的に継続するようなら、下落する可能性が十分あると考えているのです。もちろん、経済対策が有効性を発揮した場合(コロナ感染がこの1~2か月で収束した場合)には、株式市場と同じように反発上昇すると考えているようです。

ただし、その場合でも、経験則からは2番底を伺いに行く可能性が極めて高く、その時に3月の最安値を守れるのかどうかが最大のポイントとなります。

株式市場は5月上旬にも大きく動く可能性を見せています。株式市場が2番底をつけるのかどうか、あるいは、ビットコインをはじめとする仮想通貨相場が株式市場とシンクロするのか、あるいは、有事のデジタル通貨として機能するのか注目です。

 

ビットコインが60万円まで急落のまとめ

BTC

著名な仮想通貨アナリストの間では、株式市場がそうであるように、ここから一時的に上昇しても2番底をつけに行くという見方が多いようです。

そして勝負どころとなるのは、3月のコロナショック時の安値を守れるかどうかというポイントです。

守れなかった場合、ビットコインは株式市場と同じように沈んでしまうのか、はたまた有事のデジタル通貨として逆行するのか注目です。

ビットコインが安値を付けた可能性?ビットコインの月足チャートが面白い!

✓最後まで読んでくれたあなたに♪
コインチェック

いつもコインガールズの記事を読んでくださり、ありがとうございます♪

私達は、皆様にもっと仮想通貨のことを知ってもらいたい!楽しんでもらいたい!稼いでもらいたい!と思っているので、これからもどうぞ、応援のほどよろしくお願いします!!

ところで皆様、もう取引所は登録していますか?取引所の登録は3分ほどで完了しますが、利用可能まで3日ほど待たないとダメなんです。

仮想通貨の最大の魅力は「突然やってくる高騰」です。「今まさに買い時!!」というときにすぐ買えるよう、準備しておくべきじゃないですか?

まずはアプリのダウンロード数国内No.1を誇る「コインチェック」に登録しちゃいましょう♪

コインチェックなら…

  • 登録料や年会費は無料
  • 通貨取り扱い数は国内最多
  • 取引手数料はもちろん無料
  • 手厚いユーザーサポート
  • コインガールズの豊富な記事でお悩み解決!

ということで、今激アツの取引所なんですよね!まずは公式サイトをチェックしてみてね♪

✓仮想通貨は1,000円から買えて、10倍~100倍になる可能性を秘めています!完全無料で始めて高騰するまで放置もOKなので、登録だけでもしておいて損はないですよ♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事