ホーム最新ニュースビットコイン132万円まで上昇!安全資産相場には短期売りサイン出現でどうなる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 ねこ

ビットコイン132万円まで上昇!安全資産相場には短期売りサイン出現でどうなる?

ビットコイン(BTC)が年初来高値を更新し、約1年ぶりに130万円台まで上昇しています。コロナショックから順調に相場は回復基調となっていますが、ここからさらに上がるのか、あるいは調整入りとなるのか、その重要な鍵となるのが金相場だと考えられます。

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

BTC

ねこねこ

130万円台を突破したビットコイン、次の目標の150万円台はいつかにゃ~?

ビットコイン132万円台まで上昇

上昇相場

先週末に動く可能性の高かったビットコイン相場ですが、ほぼ時間論通りの動きを見せ、レジスタンスラインとなっていた128万円台を突破し、130万円台に突入、132万円台の高値をつけています。

チャートは、ビットコインの日足チャートです。

レジスタンスラインを突破したことから、一気に急騰をと期待していた人も多いでしょうが、いったん130万円を上抜けるものの勢いは継続せず、再び125万円前後の居心地の良いところまで下落しています。

130万円を超えたのは、2019年8月以来ほぼ1年ぶりとなりますので、売り物も相当出るところでしょうから、やれやれの利食いも出ているのかもしれません。

日足チャートでは、遅行線(緑のライン)も好転しており転換線(水色のライン)上に価格が位置していますので、現状は強い相場が継続していると見ることができます。

短期的には、転換線を下回らない限りは強い相場が継続となりますし、転換線を下抜けるようだと調整相場濃厚となります。

タイミング的には、来週前半あたりに遅行線が実線(ビットコインの26日前の価格)に絡んでくることになりますので、遅行線が実線の上に位置し続けるのか、あるいは実線に絡む動きとなるのか、または実線を下回るのかに注目です。

コロナショック以降のビットコイン相場は強い動きをしていますので、一気に150万円相場を期待した人も多かったかもしれませんが、132万円でいったん止まったのにはある理由が存在しています。

それは、安全資産相場全体に短期の売りサインが継続中であり、ビットコインも上を目指しにくい展開になっているからだと考えられます。

時間論から見たビットコイン!今週から動きだす可能性が高い理由

 

金、ビットコインなど安全資産相場に短期売りサインが発生?

売りサイン
ビットコインの上昇に待ったをかけていると思われるのが、安全資産相場全体に点灯している短期の売りサインです。

まずは、ビットコインの日足チャートで見てみましょう。

 

上記のチャートにMACDを加えています。

MACDの2つのラインが8月中旬頃からデッドクロスしており、おまけに今回は「逆行(ダイバージェンス)」現象まで出ています。

実は後述しますが、このMACDのデッドクロスは、ビットコインだけではなく金(ゴールド)相場や銀(シルバー)相場に出ており、直近ではドル円相場でも発生しようとしています。

つまり、リスクオフの安全資産と呼ばれる投資商品全体に短期的な売りサインが出ていることになり、ここは非常に動きにくいというか、金相場、銀相場、ドル円相場の展開を注視する必要が出てきます。

コロナショック以降は強い上昇相場となっているビットコイン相場では、日足上のMACDのデッドクロスは必ずしも下落相場を示現させていませんが、高値圏で出ていることもあり、注意するほうがよいでしょうし、ビットコイン相場が2020年後半には大きく上昇していくと考えるのであれば、ここはレンジ相場への移行という可能性も想定しておくほうがよいでしょう。

なぜ短期的な売りサインなのか?

では、なぜ今回のMACDのデッドクロスを短期的な売りサインと予測するのでしょう?

 

こちらは、ビットコインの週足チャートですが、週足のほうでビットコインのMACDは買い転換が継続中であり、しかも2月上旬の115万円高値から27週目にあたり(基本数値26と1週違い)、いったん高値を取る可能性が高いタイミングであることが見て取れます。

一目均衡表の時間論のタイミングでは、高値・安値をつける可能性とともに価格が離れる(急騰・急落)の可能性もありますが、まだ結論は出ていませんが、今週中にも再度急騰することがなければいったん高値をつけた可能性が高くなります。

そうであれば、中長期的には上昇相場と見れますが、短期的には売りサイン点灯とみることになります。

同様のことは、金相場や銀相場にも見られ、日足のMACDには短期売りサインが点灯しているものの、週足のMACDでは上昇相場継続中となっています。

このように、安全資産相場全体で同じような動きが出ていますので、短期的には上値を追いづらいというところなのかもしれません。

 

金相場の動向に注目

ゴールド

現在のKing of 安全資産と考えられているのは「金相場」です。

金(ゴールド)は貴金属としても有名ですが、歴史的には準通貨の安全資産として多くの人々に保有されています。

実は、金相場と銀相場などはほぼ同じ動きをするのですが、同じ安全資産で「デジタルゴールド」と呼ばれるビットコインでは、必ずしも同じ動きとなっていません

理由は簡単で、市場のプレイヤーが異なるのがその大きな要因と考えられます。

つまり、金相場や銀相場ではほぼ同じプレーヤー(投資家)がトレードしていますので、日中でもほぼ同じ動きをしていますが、ビットコインには仮想通貨独自のプレイヤーが多く存在していますので、動きが異なってくるのです。

ただし、結局のところは同じ傾向で動くということになり、時間差はあるものの同じ方向に動いています。

このことからも、ビットコインの今後の動向を探るのに、金相場の動きは外せないものとなります。

金(ゴールド)相場のチャートを見てみましょう。

 

チャートは、金相場の日足チャートにMACDをのせています。

多くのニュースで報道されていましたが、金価格は8月に入って史上最高値を更新しています。新型コロナウィルスの感染拡大により、投資家の多くが金市場に逃避している姿が見て取れます。

とは言え、さすがに3月のコロナショックから5か月以上も続いた上昇トレンドですから、最高値更新後には多くの利食い売りが出て急落し、この急落によりMACDに短期売りサインが示現しています。

さて、金相場は急落したものの、金投資意欲には非常に強いものがあり、その後は急激な反発を見せており、現状では、史上最高値を再び更新しようとする動きにも見えます。

個人的には、遅かれ早かれ史上最高値を更新するとは考えていますが、さてこのタイミングで更新するのかどうかは非常に判断が難しいところです。

中長期で現物買いをするのであれば、それほど大きな問題ではないかもしれませんが、CFDなどの短期投資の場合には大問題です。

現状の反発は、素直に実需買いが強いと考えれば、史上最高値を更新するのでしょうが、急落時の空売りの投げが中心であれば話は変わってきます

さらに、最高値更新と見せかけて2番天井ということもありえますので、ここは相当の腕自慢の投資家以外は短期では触らないほうが無難でしょう。

ただし、金相場にもう一押しがあった場合でも、そこは買いのチャンスになる可能性が高く、そこを狙う戦略ならありと考えています。

問題なのは、この金相場の動きがビットコイン相場にどう影響してくるのかということになります。

 

再びレンジ相場に戻る場合は買いのチャンス

レンジ相場

金相場がこのまま史上最高値を更新して上昇していく相場になれば、安全資産相場としてビットコインもさらに高値更新して上昇していくことになるでしょう。

また、金相場がもう一押しした場合には、ビットコイン相場も調整入りする可能性が高くなります。

気を付けたいのは、金相場の急落で、このケースではビットコインも大きく急落に繋がる可能性があります。

現在、金相場や銀相場のボラティリティは非常に高い水準にありまりますので、急落時は特に注意となります。

ただ、ボラティリティの高い水準での急落は投げ売りが中心ですので、そこは冷静に拾っていきたいところでもあります。

仮に、ビットコインが押した場合には、一目均衡表の基準線が117万円台にあり、 雲の上限が102万円台にありますので、このあたありの水準は意識されるところとなります。

ちなみに、一目均衡表上の雲が8月20日に交差していますので、このタイミングでの急騰・急落にも注意しておいたほうがよさそうです。

 

ビットコイン132万円台まで上昇のまとめ

ビットコインが年初来高値を更新し、約1年ぶりに130万円台まで上昇しています。

コロナショックから順調に相場は回復基調となっていますが、ここからさらに上があるのか、あるいは調整入りとなるのか、その重要な鍵となるのが金相場だと考えられます。

金相場の動向次第で、ビットコイン相場の動きも決まる可能性が高そうです。

 

ビットコイン128万円まで急騰後に大陰線!調整かトレンド終了か?

✓最後まで読んでくれたあなたに♪
コインチェック

いつもコインガールズの記事を読んでくださり、ありがとうございます♪

私達は、皆様にもっと仮想通貨のことを知ってもらいたい!楽しんでもらいたい!稼いでもらいたい!と思っているので、これからもどうぞ、応援のほどよろしくお願いします!!

ところで皆様、もう取引所は登録していますか?取引所の登録は3分ほどで完了しますが、利用可能まで3日ほど待たないとダメなんです。

仮想通貨の最大の魅力は「突然やってくる高騰」です。「今まさに買い時!!」というときにすぐ買えるよう、準備しておくべきじゃないですか?

まずはアプリのダウンロード数国内No.1を誇る「コインチェック」に登録しちゃいましょう♪

コインチェックなら…

  • 登録料や年会費は無料
  • 通貨取り扱い数は国内最多
  • 取引手数料はもちろん無料
  • 手厚いユーザーサポート
  • コインガールズの豊富な記事でお悩み解決!

ということで、今激アツの取引所なんですよね!まずは公式サイトをチェックしてみてね♪

✓仮想通貨は1,000円から買えて、10倍~100倍になる可能性を秘めています!完全無料で始めて高騰するまで放置もOKなので、登録だけでもしておいて損はないですよ♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

仮想通貨 ねこ
仮想通貨女子会に紛れ込んだ仮想通貨ねこだにゃ。仮想通貨にまつわる面白い話を紹介してくから要注目だにゃ!
仮想通貨 ねこの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」