ホーム市況【BTC相場分析】三尊天井作るか?12000ドルの壁に注目!リスクリワードの考え方を解説【2020/8/24~8/30】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Coingirls公認トレーダー

【BTC相場分析】三尊天井作るか?12000ドルの壁に注目!リスクリワードの考え方を解説【2020/8/24~8/30】

本日のBTCの価格予想を大公開!これからの仮想通貨のトレンドに乗り遅れない為の戦略をCoingirls公認トレーダーが大公開!

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

先週のビットコイン相場振り返り

8月24日~8月30日までのBTC/USDの相場分析・振り返りをしていきます。

先週の注目ポイント

先週一週間を振り返って特に注目したいポイントは、週中までは下降トレンドだったのが週末から上昇トレンドに転換したという点です。

上記の画像はBTCUSDの1時間足チャートです。

先週8月24日(月)からの値動きを赤矢印で表示しています。

週明け23日から27日にかけては下降チャネルの中で下降トレンドが続きましたが、28日に11200ドル付近でダブルボトムをつけて、週末にかけては上昇トレンドに転換していきました。

先週26日(水)の市況記事では「11500~11600ドル付近で戻り売りを狙います。」と書いていました。

エントリーの根拠は26日の記事で具体的に解説していますので、ぜひご覧になってくださいね。

8月26日(水)のBTC相場分析はコチラ

その後、週末29日に下降チャネルを上に抜けてしまったため、エントリーした建値11500ドルで撤退しました。

損小利大のトレードを実現する方法(リスクリワードの考え方)

今日は、読者の方から質問をいただきましたので「損小利大のトレードを実現する方法(リスクリワードの考え方)」をご紹介しようと思います。

ちなみに先週の記事では「意識される水平ラインの引き方」というテーマで解説していますので、そちらもぜひ参考にされてください。

リスクなくしてリワードなし!エントリー前には必ずリスク値を計算すること

皆さんは、ポジションをもつ前にどこで損切りするか、そしてどこで利確するか、あらかじめ決めてからエントリーしていますか?

よく「損小利大のトレードを心がけましょう」と言われることが多いと思いますが、FXの最大の魅力はリスクを最小限に抑えながら、最大限のリワードを狙えることだと思っています。

たとえば、1000円のリスク(損失)に対して、5000円のリワード(利益)を狙っていけるという感じです。

「そんな当たり前のことわかっている」と思う人もいらっしゃると思いますが、その当たり前のことをしっかりと理解しない限り資金を増やすことはできません。

ここでまず、みなさんに理解してほしいことがあります。

トレードで勝つためには、3つの要素があります。

①最適な位置でエントリーすること
②シナリオが外れたらただちに損切りすること
③利益は徹底的に伸ばすこと

この3つです。

この3つのバランスがしっかりと保たれることで、長期的に資金が増えていくのです。

どれか一つがかけてしまってはダメです。

そして、この3つのバランスを保つために大事な考え方となるのが、リスクリワードです。

では、実際にリスクリワードを計算する方法を、先週のトレードを振り返りながら解説します。

上の画像は1時間足です。

先週26日の記事でも具体的に先出していましたが、11500ドルでショートエントリーが発生しました。

この際の損切りは11700ドルとしていて、その後キレイにラインで反発したため、ストップロスを建値に持っていき、プラマイゼロで終わったトレードがありました。

今回はリスクを11700ドルとして、リワードは特に定めていませんでしたが、仮に利確ポイントを「チャネル下限の位置(だいたい10800ドル付近とする)」とした場合のリスクリワードを計算してみます。

こちらがTrading Viewを使ったリスクリワードの数字です。

だいたいですが、リスク1に対してリワード3以上を狙っていけるトレードになっていた可能性がありました。

今回のトレードは思うように下落せず、建値撤退となりましたが、もしシナリオ通りに下落した場合は3倍のリワードを狙っていけたということになります。

ちなみに、Trading Viewでリスクリワードの数字を出す方法は、PC画面左側の「予測・変換ツール」から「ロング・ポジションorショート・ポジション」を選択することで使用することができます。

非常に使えるツールですので、ぜひ有効活用してくださいね。

オススメ取引所はAmanpuri Exchange

今回はリスクリワードの考え方をご紹介しましたが、僕がふだん使用している取引所は「Amanpuri Exchange」です。

「Amanpuri Exchange」では、現物取引はもちろん、レバレッジ取引や自動売買BOTの運用などもできる優れた取引所です。

さらに、取引所トークンである「AMALトークン」を使えば、手数料が”半額”になります。

具体的な詳細は下記の記事で解説されていますので、ぜひご覧になって無料登録してくださいね。
↓ ↓ ↓

今週の展望

今週の相場展望を解説します。

まず、下記の1時間足をご覧ください。

1時間足では、ダウ理論で考えると下降トレンドから上昇トレンドに転換した形に見えます。

短期ではジリジリと上昇していく可能性が考えられます。

続いて4時間足です。

4時間足レベルでは、200MAでサポートされて、三尊の右肩を作りにいっています。

今週注目したいポイントは、12000ドルで反発し、三尊右肩を作るかどうかです。

この12000ドルを超えていけば、さらになる上昇が考えられてきます。

ただし、12000ドルで跳ね返された場合は、長期足での下落が期待できますので、売りを狙っていきます。

以上で今週の相場分析・振り返りは終了です。

【※重要※】

仮想通貨取引所は、少なくとも3つ以上の取引所を開設することをおススメします!

その理由は、仮想通貨の取引所ではいつ何が起こるかわからないからです!

ハッキングが起きてからでは遅いので、リスクを分散するためにも取引所の口座を複数持つことは必須です。

「すでに取引所の口座を持っているよ!」という方は、ぜひ2つ目の口座を開設しておきましょう!

ちなみに、市況分析で使っているチャートの取引所は、「Amanpuri Exchange」です。

ぜひ今すぐ下記の公式サイトから無料で登録してみてくださいね!
↓ ↓ ↓
Amanpuri Exchangeのアカウント開設(無料)はコチラ

【この記事を書いた女子会メンバー】

Coingirls公認トレーダー
トレーダー歴6年のCoingirls公認女流トレーダー。BTC、XRP、ETHの3大通貨チャートを眺めてるのが好き。
Coingirls公認トレーダーの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」

マーケットレポート:市況記事

マーケットレポート:市況記事