ホーム市況【BTC相場分析】そろそろ上値限界でトレンド転換か?エリオット波動の手法を解説-Part3-【2020/11/9~11/15】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Coingirls公認トレーダー

【BTC相場分析】そろそろ上値限界でトレンド転換か?エリオット波動の手法を解説-Part3-【2020/11/9~11/15】

本日のBTCの価格予想を大公開!これからの仮想通貨のトレンドに乗り遅れない為の戦略をCoingirls公認トレーダーが大公開!

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

先週のビットコイン相場振り返り

11月9日~11月15日までのBTC/USDの相場分析・振り返りをしていきます。

先週の注目ポイント

先週一週間を振り返って特に注目したいポイントは、さらに高値更新し、上昇トレンドが継続しているという点です。

上記の画像はBTCUSDの1時間足チャートです。

先週1週間の動きを赤矢印で表示しました。

ご覧の通り、さらに高値を更新し、上昇トレンドが続いてます。

先週の相場は特に手出しができず、様子見が続いた週になりました。

ですが、上昇の勢いも落ちてきており、ここからはトレンド転換のショートを狙っていくのがよさそうです。

ひとまず、転換のサインが出るまでは売りを待つことになります。

エリオット波動の手法を解説

今日はエリオット波動の手法-Part3-をご紹介しようと思います。

エリオット波動は僕のメインの手法とも言え、日々の相場分析で欠かせないテクニカルとなっています。

相場の本質を理解できる優れたテクニカルですので、ぜひマスターしてください。

エリオット波動は解説するとかなりの量になるため、何週かに分けて解説していきます。

先週の記事からの続きになりますので、まだ読んでない方はまずは先週の記事を読んでから本日の記事をごご覧ください。

エリオット波動と相性抜群!フィボナッチ・リトレースメントの使い方

今回は、エリオット波動と非常に相性がいいフィボナッチ・リトレースメンの使い方を解説します。

今回の非常に重要な回になりますので、ぜひしっかりとご覧ください。

エリオット波動の各波動は、フィボナッチを使うことでどこまで伸びるか、どこで止まるか、を予想することができます。

今回2019年12月18日から2020年1月19日までのBTCUSDの波形を元に解説します。

実際のチャートは下の通りです。

非常にキレイな5波形成をしているのが分かると思います。

この波形を元に解説を進めていきます。

2波目の長さ=1波×0.5、もしくは×0.618


まず、基本的に1波の長さを元に各波の長さを計算します。

2波目の長さは、1波目に対して50%戻し、もしくは61.8%戻しになりやすいです。

今回の場合は、61.8%戻しの位置でキレイに下げ止まり、上昇転換しています。

この位置でロングエントリーできれば、損切り幅をかなり限定でき、大きな上昇をつかむことができます。

続いて第3波について解説します。

3波目の長さ=1波×1.618、もしくは×2.00、もしくは×2.168


次に第3波の長さですが、1波に対して1.618倍、2倍、2.618倍になりやすいです。

先ほどは1波の始点から終点でフィボナッチを引きましたが、今度は逆に終点から始点を引きます。

そうすると、1.618倍や2倍のラインが出て来ます。

今回は1.618倍のラインでピッタリ上げ止まったのが分かると思います。

3波の勢いが強い場合は、2倍の長さまで上昇することがあります。

続いて第4波について解説します。

4波目の長さ=1~3波×0.382


続いて第4波の長さですが、4波は1~3波に対して38.2%戻しになりやすいです。

画像のように、1波始点から3波終点を引くと、38.2%の位置で下げ止まり、第5波目に突入しています。

次に第5波の長さを解説します。

5波目の長さ=1波×1、もしくは×1.618


5波の長さは、1波に対して1倍(同じ値幅)か1.618倍になりやすいです。

これはフィボナッチを使って、値幅を図ってずらしてあててください。

今回は1波とほぼ同じ長さになりました。

調整ABC波の求め方

さて、推進5波の長さの求め方はお分かりいただけたと思いますので、最後に調整ABC波の求め方を解説します。

調整波は2波、4波、5波の終了後に出て来ます。

今回は、2波の調整波を使って長さを解説します。

まず、今回もA波を基準に長さを求めます。

B波:A波×0.5、0.618
C波:A波×0.618、×1、×1.618

になりやすいです。

小さくてわかりづらいですが、B波はA波に対して61.8%戻しで、C波はA波と同じ長さです。

ーー

このように、各波動の伸びる長さを予測することができれば、トレンドの初動を頭から尻尾まで掴むことができ、大きな利益を出すことができます。

今回のフィボナッチを使い方は非常に大事ですので、ぜひマスターしてください。

来週は、エリオット波動でのエントリー&利確ポイントについて解説します。

オススメ取引所はAmanpuri Exchange

今回は「エリオット波動」をご紹介しましたが、僕がふだん使用している取引所は「Amanpuri Exchange」です。

「Amanpuri Exchange」では、現物取引はもちろん、レバレッジ取引や自動売買BOTの運用などもできる優れた取引所です。

さらに、取引所トークンである「AMALトークン」を使えば、手数料が”半額”になります。

具体的な詳細は下記の記事で解説されていますので、ぜひご覧になって無料登録してくださいね。
↓ ↓ ↓

今週の展望

今週の相場展望を解説します。

まずは4時間足をご覧ください。

4時間足を見ると、長期で上昇トレンドが続いており、そろそろ下降に転換してもおかしくないと思っています。

ですが、まだトレンド転換のサインが出ていません。

画像のような三尊が出始めれば売りやすくなります。

ひとまず、まだ高値更新のリスクもあり、売れない状態ですので、様子見を続けて、トレンド転換を待ちます。

以上で今週の相場分析・振り返りは終了です。

【※重要※】

仮想通貨取引所は、少なくとも3つ以上の取引所を開設することをおススメします!

その理由は、仮想通貨の取引所ではいつ何が起こるかわからないからです!

ハッキングが起きてからでは遅いので、リスクを分散するためにも取引所の口座を複数持つことは必須です。

「すでに取引所の口座を持っているよ!」という方は、ぜひ2つ目の口座を開設しておきましょう!

ちなみに、市況分析で使っているチャートの取引所は、「Amanpuri Exchange」です。

ぜひ今すぐ下記の公式サイトから無料で登録してみてくださいね!
↓ ↓ ↓
Amanpuri Exchangeのアカウント開設(無料)はコチラ

【この記事を書いた女子会メンバー】

Coingirls公認トレーダー
トレーダー歴6年のCoingirls公認女流トレーダー。BTC、XRP、ETHの3大通貨チャートを眺めてるのが好き。
Coingirls公認トレーダーの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

SPサイド「ランキングここを押してください」

人気記事ランキング

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

コインガールズ記事も配信中!

サイド「NEWS APP」

ランキングに参加してね♡

PCサイド「ブログランキング」 PCサイド「ブログ村」