ホーム取引所​Huobi(フォビ)Japanの手数料を大手取引所GMOコインと徹底比較!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.10.14 最終更新
はる

​Huobi(フォビ)Japanの手数料を大手取引所GMOコインと徹底比較!

huobi,手数料

はるはる

こんにちわ、はるです!今回は、世界的に有名な「Huobi」が日本の取引所「BitTrade」を買収し新設された「Huobi Japan」と、大手No.1取引所の「GMOコイン」の手数料を比較していきます!!



Huobiグループは

  • 取引所サービス
  • マイニング事業
  • ウォレット事業
  • ブロックチェーンの研究機関

なども手掛ける世界規模の企業で、

日本国内のユーザーにも人気がある取引所でした。

 

しかし、2018年12月以降、金融庁の指示により

日本人の利用を停止してしまったのです。

 

2019年1月、huobiグループは、

金融庁認可のビットトレード取引所の買収に成功。

新たに日本人向けのサービスを開始しました

 

今回は、そんな世界規模のHuobiが運営する

「Huobi Japan」の取引所としての特徴

日本で有名なGMOコインと手数料などを

比較しながら解説していきます。

 

Huobi(フォビ)Japanの手数料を一覧表にて確認

huobi,手数料

Huobiの各種手数料を確認していきましょう

Huobiの各種手数料 手数料
現物取引手数料(取引所)
※通貨ペアごと
Maker手数料(指値) Taker手数料(成行)
BTC / JPY 無料 無料
XRP / JPY 無料 0.10%
ETH / JPY 無料 0.15%
BCH / JPY 無料 0.15%
MONA / JPY 無料 0.15%
LTC / JPY 無料 0.15%
ETH / BTC 0.20% 0.20%
XRP / BTC 0.20% 0.20%
BCH / BTC 0.20% 0.20%
LTC / BTC 0.20% 0.20%
入金手数料 【銀行振込】無料(振込手数料は自己負担)
【クイック入金】無料
出金手数料 324円
送金手数料(仮想通貨) 【入金】無料
【出金】※以下、仮想通貨により異なる
BTC:0.0005
ETH:0.005
BCH:0.0001
LTC:0.001
MONA:0.001
XRP:0.1

 

他取引所と比べると、

ビットコインのTaker手数料が無料

というのは非常に魅力的です。

 

ただし、アルトコインの取引手数料は

0.1%~0.2%と相場よりも少し高め

設定されているので注意が必要です。

 

アルトコインのBTC建(ビットコインとの交換)は

手数料0.2%と高めですが、日本円建てなら

メイカー取引が無料になっている点も注目です。

 

Huobi(フォビ)Japanでかかる各種手数料をGMOコインと比較して徹底解説

huobi,手数料

では今度は、Huobi Japanと、日本国内でもNo.1と言っても過言ではないサービスを誇る「GMOコイン」の各種手数料を比較、解説していきます。

手数料①現物取引手数料

Huobi Japanの現物取引でかかる手数料は「Maker手数料」と「Taker手数料」の2つが存在します。

Makerは「取引板に並べられた利用ユーザー同士の希望売買価格がマッチングした時にかかる手数料」、Takerは「既に取引板にある指値、または成行注文で約定した時にかかる手数料」になります。

では、上記でご紹介したHuobi JapanのMakerとTaker手数料ですが、日本最大を誇るGMOコインの現物取引手数料(日本円)を比較してみましょう。

Huobi Japanの現物取引手数料 GMOコインの現物取引手数料
【Maker】0.00%
【Taker】0.00~0.15%
※BTC / JPY:0.00%
XRP / JPY:0.10%
その他:0.15%
【Maker】-0.01%
【Taker】0.05%
※全通貨共通



上記表を見る限りでは、Maker手数料に関してGMOコインがマイナスでやや有利かと思われますが、Takerは逆にビットコインに関してはHuobi Japanの方がお得となっています。

仮想通貨取引に慣れた人は、上手にMaker取引時のマイナス手数料でリベートを狙えますが、初心者でビットコインを購入する人にはHuobi Japanの方が良いと言えるでしょう。

手数料②入金手数料

仮想通貨取引において、頻繁に金融機関から取引所口座へ入金する人にとって非常に重要となる手数料が「入金手数料」です。

では、両社の入金手数料を比較してみましょう。

Huobi Japanの入金手数料 GMOコインの入金手数料
銀行振込:無料(振込手数料は自己負担)
クイック入金:無料
銀行振込:無料(振込手数料は自己負担)
クイック入金:無料



入金手数料に関しては、Huobi Japan、GMOコインともに全く同じサービス内容で、どちらも便利なクイック入金に対応していますね。

手数料③出金手数料

入金手数料は同じでしたが、今度は取引所から自分の金融機関口座へ出金する際の手数料を比較してみましょう。

Huobi Japanの出金手数料 GMOコインの出金手数料
324円 無料



上記の通り、出金手数料だけはGMOコインが無料Huobi Japanは一律324円となっていますので、Huobi Japanを利用して出金する際はある程度まとめて出金した方が良さそうです。

手数料④仮想通貨の送金手数料

仮想通貨取引において、複数の取引所を使い分けている人も大勢いると思います。

そこで、複数の取引所間で、仮想通貨を送金する時にかかる手数料をHuobi JapanとGMOコインで比較してみましょう。

仮想通貨取引所 仮想通貨の送金手数料
Huobi Japan 【入金】無料
※マイナー手数料は負担
【出金】※以下、仮想通貨により異なる
BTC:0.0005
ETH:0.005
BCH:0.0001
LTC:0.001
MONA:0.001
XRP:0.1
GMOコイン 【入金】無料
※マイナー手数料は負担
【出金】無料



上記表の通り、Huobi Japan、GMOコインともに入金は無料ですが、Huobi Japanは送金手数料がかかります。

入金の際は、別途マイナー手数料がかかりますのでその点は注意しましょう。

手数料⑤スプレッド(取引所)

現在、取引所形式を採用しているHuobi Japanですが、販売所以外にもスプレッドは少なからず発生します。

はるはる

スプレッドとは買値と売値の差の事で、その幅が大きければ大きいほど購入時に損益をかかえるため、利益に直結する重要なポイントとなります!!



huobi,手数料


上図は、各仮想通貨取引所のビットコインにおけるスプレッドですが、GMOコインが「37円」ともっとも安いのがわかります。

huobi,手数料


次に、Huobi Japan公式サイトの取引ツールにて取引所のビットコインにおけるスプレッドを見てみると買値、売値ともに「855,834円」でスプレッドが「0円」となっています。

はるはる

これはつまり、購入時にスプレッドが全くないため損をしないという事で、GMOコインよりもお得になっています!!



また、Huobi Japanは、9/27日から販売所もサービス開始されています。

GMOコインにも販売所はありますので、今度は両社の販売所でのビットコインスプレッドを比較してみましょう。

huobi,手数料


上図は、GMOコイン公式サイトの販売所取引ツールによるビットコインのスプレッドです。

買値が「878,408円」、売値が「851,408円」となっており、スプレッドは「27,000円」となっているのがわかります。

huobi,手数料


次に、Huobi Japan公式サイトの販売所取引ツールによるビットコインのスプレッドですが、買値が「878,417円」、売値が「850,505円」となっており、スプレッドは「27,912円」となっています。

若干GMOコインの方がスプレッド幅は狭いように見えますが、販売所では基本的にスプレッド幅が広く、実質的な手数料となっている上にリアルタイムに変動するため、両社ともあまり差がない事がわかります。

つまり、ビットコイン売買においては、取引所を利用する場合、あくまでスプレッドだけを考えて購入するなら「Huobi Japan」、販売所を利用する場合は「どちらも同じくらい」となります。

Huobi(フォビ)Japanの手数料に関する口コミ評判をご紹介

huobi,手数料

ここまで、Huobi JapanとGMOコインの各種手数料を比較してきましたが、次は実際にHuobi Japan利用ユーザーの手数料に関する口コミ評判をいくつかご紹介します。

Huobi評判①取引ツールの操作がしやすい!



2019年、海外取引所のHuobiの日本人利用が金融庁により禁止されてから、日本進出してきたから利用しているとのコメントですね。

Huobi Japanの取引ツールは、やはりもとが「Huobi」だけあって使いやすいようです。

Huobi評判②モナコインの出金手数料が下がった!



仮想通貨の中でも、日本人に根強い人気を誇るアルトコイン「モナコイン」ですが、Huobi Japanにおけるモナコインの送金手数料が「0.001MONA」に下がって喜んでいる声もあります。

Huobi評判③口座開設キャンペーンでリップル(XRP)貰えた!



2019年にBitTradeを買収し取引サービスを開始したHuobi Japanですが、口座開設時のキャンペーンでリップル(XRP)が貰えるキャンペーンはTwitterでも非常に大評判だったようです。

Huobi(フォビ)Japanに関するよくあるQ&A

huobi,手数料

まだ日本に進出して取引所サービスを開始したばかりの取引所だけに、これからHuobi Japanを利用しようと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで次は、初心者向けにHuobi Japanに関するよくある質問をいくつかご紹介します。

Huobi手数料Q&A①新規口座開設からトレードを始めるまでの日数は?

Huobi Japanの新規口座開設時に必要な情報登録、本人確認提出後、画面には「本人確認審査に1~10営業日を要する」との旨が表示されます。

入力した個人情報と提出した本人確認書類があっていれば、わずか1日で済み即郵送物が発送されますが、間違っていると再提出や確認の手間がかかり10日前後かかる事もあるようです。

Huobi手数料Q&A②本人確認書類に使用できるものは?

Huobi Japanの新規口座開設には、本人確認書類が必要不可欠ですが、実際に画像アップロードで使用できるのは、以下の5つとなっています。

  • 運転免許証(表裏の2面必要)
  • パスポート(写真と生年月日、現住所が記載されているページ)
  • 住民基本台帳カード(表裏の2面必要)
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 在留カード(表裏の2面必要)

また、アップロードする際、「ファイルサイズが5MB以下」でないとアップロードできない点は注意しましょう。

特に、最近のスマホに搭載されているカメラは高性能すぎて、デフォルトでかなりのサイズになりますので、画質を多少落として撮影すると良いでしょう。

Huobi手数料Q&A③新しく始まる「販売所」は「取引所」とどう違うの?

Huobi japanは2019年9月末より、今までの取引所と並行して販売所サービスも開始しました。

Huobi Japanだけでなく、販売所と取引所の違いは他社と全く同じです。

取引所は利用ユーザーが取引板に希望価格を並べてマッチングした時にそれぞれ売買価格が約定しますので、あまり現価格とかけ離れた指値注文を出すとなかなか約定できない時もあります。

それに対して、販売所は取引板での注文に慣れていない初心者でもいつでも簡単に仮想通貨を売買する事が可能です。

はるはる

ただ、前述したように販売所を利用する際の取引手数料は無料でも、スプレッド幅が実質的な手数料となるため、その点は注意して利用しましょう!!



​Huobi(フォビ)Japanの手数料を大手取引所GMOコインと徹底比較まとめ

huobi,手数料

今回は中国の3大仮想通貨取引所であり世界規模の「Huobi」が日本に新設した「Huobi Japan」と国内で人気の取引所「GMOコイン」を比較してご紹介しました。

Huobiは、前述したように日本の取引所BitTradeの買収の他にも、SBIホールディングスと提携していたり、日本と非常に関わりが深い企業です。

現在取扱っている仮想通貨の種類はまだまだ少ないですが、全6種全てが日本円の「JPN」と「BTC」ペアでの取引が可能となっています。

はるはる

特に国内の取引所だけでなく、海外など複数の取引所を併用している人にとっては、今後国内でも非常に利用しやすい取引所として注目です!!



また、下記記事では、海外の取引所の中でも日本人利用ユーザーが非常に多いと言われるBitMEXの各種手数料などを分かりやすくご紹介していますのでぜひ参考にして下さい。

 

最終更新日:2019年10月14日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事