ホーム取引所仮想通貨取引所で口座開設すべきおすすめ国内&海外ランキング大公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆい

仮想通貨取引所で口座開設すべきおすすめ国内&海外ランキング大公開!

仮想通貨,取引所,開設

ゆいゆい

こんにちわっ、ゆいです♪今回はどの仮想通貨取引所に口座開設するか迷っている方必見!国内と海外でおすすめの取引所をご紹介します♪



ビットコインをはじめ仮想通貨トレードを始めるならまずは取引所に口座開設!

仮想通貨,取引所,開設

ビットコインやリップル、イーサリアムなど仮想通貨トレードを始めるには、まず国内の主要な取引所への新規口座開設が必要不可欠ですよね。

ここでは、そんな仮想通貨取引所の新規口座開設時に必要なものや開設時の流れを解説していきます。

仮想通貨取引所の口座開設に必要なもの

基本的に、仮想通貨取引所を開設するのに必要なものは以下の3点です。

  • メールアドレス
  • SMS付きの携帯電話かスマホ
  • 本人確認書類(KYC)

とりあえずは、以上の3点を用意してから、どの取引所に開設するのかを決めるとよいでしょう。

ゆいゆい

日本の仮想通貨取引所に新規口座開設する際、法律上「本人確認書類の提出」が義務付けられています♪(^^♪



提出可能な本人確認書類は、一般的には運転免許証をはじめ以下のものとなりますが、取引所によって違ってくるケースもあるようです。

  • 運転免許証(両面)
  • パスポート(顔写真、住所が記載されたページ)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • 運転経歴証明書(交付年月日2012年4月1日以降、両面)
  • 住民基本台帳カード(両面)
  • 在留カード(両面)
  • 特別永住者証明書(両面)

国内に住む外国人の方も居ますので、それぞれ提出する際の書類は異なりますが、基本的におすすめなのが運転免許証です。

運転免許証なら、国内の主要なほとんどの仮想通貨取引所で利用する事が可能となっていますが、免許更新日には注意して提出しましょう。

仮想通貨取引所の口座開設の流れ

仮想通貨取引所の新規口座開設に必要なものは大体分かりましたね。

次は、実際に口座を新規開設する時の一般的な手順をご紹介します。
※ここではGMOコインを例にしています。

①仮想通貨取引所の公式サイトから『口座開設』

仮想通貨,取引所,開設

まずは、開設したい仮想通貨取引所の公式サイトを開いて、「口座開設」ボタンをクリックし、用意したメールアドレスを入力し送信します。

すると入力したメールアドレスに取引所からメールが来ますので、中身のリンクをクリックすればメールアドレスの確認作業とともにパスワードを登録してアカウント登録が完了します。

②個人情報の入力

次に、先ほど登録したメールアドレス(アカウントID)とパスワードを入力してログインします。

取引所によって多少の違いはありますが、画面の指示に従いながら、名前や性別、現住所、電話番号、現在の職業、取引目的、国籍など必要事項を入力します。

この時、必ずあとで提出する「本人確認書類」と同じ情報を入力しないと取引所の審査に引っかかり落ちてしまう場合がありますので注意して入力しましょう。

③本人確認書類の提出し『審査待ち』

無事に個人情報の入力が完了したら、次は本人確認書類の提出にうつります。

仮想通貨,取引所,開設

GMOコインの場合、本人確認書類の提出は事前に用意した免許証やパスポートなどを写真で全体がきれいに読めるように撮影してアップロードしますが、取引所からの郵送時に本人確認をする事も可能となっています。

ゆいゆい

一般的には、用意した本人確認書類の写真をアップロードして提出した方が審査は短くスムーズにいくようですね♪(^-^)



個人情報の入力と本人確認が完了したら、あとは取引所の審査待ち状態となりますが、取引所によっては、この時点で取引所口座が開設され入金、トレードが可能となるところもあります。

④仮想通貨取引所からの郵送物を確認して口座開設完了

本人確認書類を取引所が審査するまでにかかる時間に関しては、口座開設時の混雑具合や入力ミス、本人確認書類と入力項目の違いなどがあると長引く傾向にあります。

ゆいゆい

一般的には、取引所の審査は通常営業日(平日)2~3日となっています♪(·∀·)



その後、無事に取引所の審査を通過すると、口座開設完了のお知らせとともに郵送物が送られてきます。

開封して、記載されたコードを確認・入力すれば、口座開設はすべて完了した事になり、銀行から取引所口座へ入金してトレードが可能となります。

仮想通貨取引所の口座開設審査は厳しい?審査基準に重要な3つのポイント

仮想通貨,取引所,開設

前述した仮想通貨取引所の口座開設した後に行われる取引所の審査に落ちた、審査が厳しいという意見をよくネット上やTwitterで見かけることがあります。

しかし、こうした審査落ちや厳しいと思われている大半が、実は単純な以下の理由によるものだそうです。

理由①免許証やパスポートなど本人確認書類と住所などが違っている

基本的に、仮想通貨取引所の審査は、入力した情報と提出した本人確認書類に記載された情報が一致していないと審査に落ちる場合がほとんどです。

また、提出した本人確認書類写真が不鮮明で読みづらかったり、有効期限が切れている場合も同じように審査に落ちるケースがあります。

ゆいゆい

審査に落ちて再審査のメールが来た時は、再度入力した個人情報と提出した本人確認書類の情報が一致しているかどうかを確認しましょう♪(´∇`)



当然ですが、取引所の口座開設時にウソの情報を入力していても審査に落ちますので情報は正しく入力しましょう。

理由②申込者本人が20歳以下である(未成年がOKの取引所の有り)

国内の主要な仮想通貨取引所の中には、以下のように申込者が20歳未満であっても口座を開設可能なところがあります。

  • coincheck
  • bitFlyer
  • Zaif
  • BTCBOX
  • FISCO

上記の未成年でも取引所口座開設が可能なところは、申込時に「承諾書、および保護者の本人確認書類」が必要不可欠となっています。

取引所の審査に落ちた人で、20歳未満の人は上記の必要書類を再度提出しましょう。

理由③取引所から送られた郵送物を確認していない

意外に多いといわれているのが「郵送されている取引所からの郵送物をまだ開封していない」あるいは「気づいていない」ケースです。

一般的には、ほとんどの仮想通貨取引所が送付する郵送物の中に「口座開設を完了するためのコード」が記載されています。

ゆいゆい

この事を知らずに「まだ開設されないのか」と待ち続けても、当然ですがいつまでたっても口座開設は完了しません…。(T▽T)



通常は、審査にかかる時間は、取引所の営業日(平日)2~3日と前述しましたが、取引所の様々な状況によって異なります。

自分の開設しようとしている仮想通貨取引所が、「郵送物に記載されている口座開設コードを入力し完了する」取引所なのかどうかは事前に確認しておきましょう。

国内で口座開設すべきおすすめ仮想通貨取引所ランキングベスト5

仮想通貨,取引所,開設

ここまで、仮想通貨取引所の新規口座開設に必要なものや一般的な流れを解説してきましたが、実際にはじめて口座開設する時におすすめの国内取引所をランキング形式でご紹介します。

【第1位】GMOコイン

仮想通貨,取引所,開設

仮想通貨取引所の新規口座開設審査日数が日に日に短くなっているという意見もあるほど、GMOコインは口座開設から入金、トレードまでが非常にスムーズな取引所No.1です。


大手企業であるGMOグループが運営するGMOコインは、口座開設が早いだけでなく、セキュリティ体制もしっかりしている上、ウェブツールやスマホアプリの使いやすさにも定評があります。

ゆいゆい

仮想通貨トレードをこれから始めようとしている初心者の方がまず口座開設すべき取引所でもっともおすすめと言えるでしょう♪(^▽^)o



詳細はこちら↓↓

【第2位】bitbank(ビットコイン)

仮想通貨,取引所,開設


国内一安くリップルを買える」と評判のビットコインは、口座開設面でも最短3日という早さがウリの仮想通貨取引所です。

特に、国内取引所の中では、「Maker手数料がマイナス」という利用ユーザーとしては非常に嬉しいメリットがあり、スマホアプリもシンプルで見やすいと評判のようです。


上記Twitterでは、同時申し込みした取引所の中でもビットバンクがもっとも早かったとの事ですが、これは非常にうれしい口コミですね。

【第3位】DMMビットコイン

仮想通貨,取引所,開設


DMMビットコインも、上記2つの取引所と同じく「口座開設から最短3日でトレードが可能」といわれており、販売所形式の取引所ですが初心者でも簡単にアルトコインのレバレッジ取引が可能という点でも評判の取引所です。

ゆいゆい

筆者自身、ここでご紹介した中でも、DMMビットコインがもっとも口座開設がスムーズに完了したという感じがしました♪(^o^)o




ただ、上記Twitterのように、「名前」という個人情報を少し間違えただけで、審査が遅れるだけでなく審査に落ちるケースもあるようで注意が必要です。

【第4位】Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

仮想通貨,取引所,開設


高い流動性と独自トークン「QASH」が唯一買える国内で有名なリキッドバイコインですが、上記3つの取引所と比較すると少しだけ遅く口座開設は約4日程度かかるようです。


上記Twitteの通り、セキュリティも万全で、国内でもビットコイン取引高が非常に多いのが特徴です。

ゆいゆい

そのため、トレード可能な法定通貨ペア数が圧倒的に多いため、日本人だけでなく海外の人からも絶大な人気を誇っています!!



【第5位】coincheck(コインチェック)

仮想通貨,取引所,開設


大手マネックスグループが運営企業として参画し、正式に金融庁認可も取得したコインチェックは、口座開設からトレードまでが最短3日と言われるほど短くおすすめです。

仮想通貨の取扱いが9種類と国内でも豊富なのが特徴で、2018年に仮想通貨流出事件があってからよりセキュリティ体制にも力を入れています。


海外で口座開設すべきおすすめ仮想通貨取引所ランキングベスト3

仮想通貨,取引所,開設

仮想通貨トレードにおいて、国内の取引所に慣れてきた人は様々なアルトコインの取り扱いや高レバレッジトレードが可能な海外の取引所にも口座開設してみましょう。

ここでは、数ある中でもおすすめの海外仮想通貨取引所をご紹介します。

【第1位】BitMEX

仮想通貨,取引所,開設


海外の仮想通貨取引所を利用する際に、真っ先に登録をおすすめしたいのが「BitMEX(ビットメックス)」です。

ゆいゆい

なんとメールアドレス一つで仮想通貨トレードが可能となっており、現時点で国内の取引所のように本人確認書類の提出がなく審査もありません♪(☆∀☆)




そのため、すぐにアカウント登録してトレードが可能な上、取り扱っているアルトコイン全てでレバレッジ取引も可能なので、まずは海外の取引所で登録しておくべき取引所といえます。

【第2位】Binance

仮想通貨,取引所,開設


今や世界最大規模を誇る海外取引所として日本人利用ユーザーも非常に多いBinanceは、BitMEXと同じく海外の取引所として真っ先に登録しておくべきおすすめの取引所です。

ゆいゆい

BitMEXとは違って、Binanceは国内取引所と同じく本人確認書類の提出が必要ですが、2BTCまでは本人確認も不要となっています♪(*´∀`)




また、ビットコインやリップルなど主要なアルトコインをはじめ、マイナーコインも多数取り扱っているため、色々なアルトコインで取引してみたい人には最適です。

【第3位】CryptoGT

仮想通貨,取引所,開設


CryptoGTは、前述したBitMEXと同じくメールアドレスのみで即トレードが可能となっており、最低限の必要事項を入力するだけなので海外取引所の中でもおすすめです。

現在、日本国内では法律規制によりレバレッジ取引時の倍率は最大4倍までと定められていますが、CryptoGTの魅力はなんといっても最大200倍というレバレッジの高さです。


また、上記Twitterにあるように、今なら新規口座開設と同時に超お得なキャンペーンが実施されているようですので要チェックですね。

仮想通貨取引所で口座開設すべきおすすめ国内&海外ランキング大公開まとめ

仮想通貨,取引所,開設

今回は、国内&海外の仮想通貨取引をする際、口座開設すべきおすすめの取引所をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

仮想通貨トレードをこれから始める人は、まず国内のGMOコインなどの主要取引所に口座開設して、トレードの感触をつかみ慣れてきたら海外の取引所を併用するのがベストですね。

ゆいゆい

仮想通貨トレードにおいて、複数の取引所を利用用途に応じて使い分ける事は、実際に利益を出している人によく用いられている手法でもあります♪(*^ω^*)



分散投資というリスク面で見た場合にも利用できますので、仮想通貨トレードに慣れてきたらいくつかの取引所に口座開設してみる事をおすすめします。

以下の記事では、仮想通貨取引所が提供しているスマホアプリについて詳しく解説していますのでぜひ併せてご覧くださいね。

 

【この記事を書いた女子会メンバー】

ゆい
はじめまして、ゆいです!休みの時はいつもさおりんと一緒ヾ(●・v・人・v・○)ノ仮想通貨もさおりんと始めました!いっぱい稼いで一緒にイギリス旅行したいなー。
ゆいの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事