ホーム取引所ビットフライヤーの評判を徹底考察!?他の取引所との手数料なども比較!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.11.01 最終更新
はる

ビットフライヤーの評判を徹底考察!?他の取引所との手数料なども比較!

ビットフライヤー,評判

はるはる

こんにちわ、はるです!!今回は国内で人気のビットフライヤーに関する口コミ評判からわかる特徴をご紹介していきますっ!!



  • 「ビットフライヤー(bitFlyer)ってよく聞くけどどんな取引所…?」
  • 「ビットフライヤーを利用している人の口コミ評判を知りたい!」

仮想通貨を始めたばかりの人は、特に上記のような思いを持っている人は多いのではないでしょうか。

今回は、そんな国内でも人気の高い取引所ビットフライヤーの口コミ評判からわかる魅力的な特徴やデメリット、注意点などを考察していきます。

ビットフライヤーの良い評判と魅力的な特徴

ビットフライヤー,評判


ではさっそく、仮想通貨取引所としてのビットフライヤーの良い評判からわかる魅力的な特徴をいくつかご紹介していますので、ぜひ取引所選びの参考にして下さいね。

良い評判①取引所としてセキュリティ機能が高く評価されている


仮想通貨取引所にとって、利用ユーザーがより安全、安心にトレードできるようにするのに「セキュリティ機能」は必要不可欠な要素ですよね。

自分の開設したビットフライヤーの取引所口座に預入している資金が、外部からのハッキングや盗難により紛失してしまう事を防止するために、ビットフライヤーには「補償サービス」が用意されています。

はるはる

ビットフライヤーと保険会社が提携して、万が一に発生した時のリスクに対して補償サービスを設ける事で、取引所としての高い信頼感につながっているようですね!!

良い評判②初心者にもわかりやすいビットコインFXがウリ!


仮想通貨取引を始めて右も左もわからない初心者さんにとっても、ビットフライヤーはスマホアプリツールが非常に使いやすいと評判で、レバレッジをかけてトレード可能なビットコインFXも高い評価を得ているようです。

2019年10月現時点では、国内の仮想通貨取引所ではレバレッジ最大4倍に規制されていますが、初心者にとっては元資金の4倍でも十分に利益は出せます

ビットフライヤーでは、独自のLightning FXというビットコインFXサービスを提供していますので、仮想通貨FXに興味のある人はこの機会に挑戦してみはいかがでしょうか。

良い評判③ビットフライヤーではモナコインの送金手数料が無料


国内で人気のモナコイン(MONA)ですが、ビットフライヤーでは唯一このモナコインの送金手数料がいまだに無料な点がTwitterでも話題になっているようです。

複数の取引所口座を上手に活用する中級者や上級者にとっても、送金手数料は非常に大事ですので、こうしたメリットを存分に活かすと良いでしょう。

良い評判④ビットフライヤーはビットコイン取引量が非常に多い!


国内取引所の中でもビットフライヤーはビットコインの取引高が非常に多い事で有名です。

はるはる

仮想通貨取引において、取引所の取引高が多いと自分の出した注文が約定しやすいというメリットが生まれるため利益にも直結してきます!!



逆に、取引所の取引高が少ないと、自分の注文が通りにくく、なかなか買い手や売り手が見つからず約定しないというデメリットがありますので、この点は非常に魅力的なメリットと言えるでしょう。

良い評判⑤ビットフライヤーのスマホアプリが超優秀


仮想通貨トレードにおいて、取引ツールの機能性や、取引量が一気に拡大した時の処理の重さなどは、利用ユーザーの使い勝手と利益につながります。

ビットフライヤーが提供するスマホアプリは非常に使いやすく機能も豊富とTwitter上で評判が高いようなので、まだダウンロードしていない人はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

ビットフライヤーの悪い評判とデメリットや注意点

ビットフライヤー,評判

ここまで、ビットフライヤーの良い評判からみえる魅力的な特徴をいくつかご紹介しましたが、やはりどの取引所にもデメリットは存在します。

ここでは、ビットフライヤーの評判からわかるデメリットや注意点をいくつかまとめてみました。

悪い評判①ブラウザ上の取引ツールが重く利用しにくい


ビットフライヤーの良い評判でもご紹介したように、スマホアプリの使い勝手は非常に良いようですが、どうやらブラウザ上での取引ツールは取引量が増加した時などに画面が高まるケースもまれに見られるようです。

この場合、ビットフライヤー公式からは「設定から低負荷モード」へ変更してくださいとのアナウンスがあったようですが、それでも利用ユーザーのパソコン環境次第では思いケースもあるとの評判が多いです。

悪い評判②注文が通りづらい時がある


上記の悪い評判①とも関連していますが、取引所のサーバーに負荷がかかった時に注文が通りづらいケースがまれにあるとの意見ですね。

はるはる

仮想通貨取引において、希望した注文がいかに迅速に処理できるかという点は非常に重要なポイントです!!



スマホアプリはともかく、こちらの悪い評判もブラウザ上のツール使い勝手の悪さとして意見が散見されています。

仮想通貨取引ツールは、利用ユーザーのパソコン動作環境にも依存し、使用PCの動作が遅いと余計に処理が遅くなりますので、頻繁に発生する場合は高スペックのパソコンで試してみるのも良いかもしれませんね。

悪い評判③ビットフライヤーのスプレッドが広い


ビットフライヤーは、GMOコインなどと同じく取引所と販売所両方を完備してサービス提供しています。

しかし、「ビットフライヤー販売所でのスプレッドが広い」という評判が、Twitter上でよく散見されていますね。

ビットフライヤー販売所での取引手数料は無料となっていますが、実質的な手数料となるスプレッド幅が広いと売買した時点で含み損が出るためこの辺は今後改善してほしいところです。

ビットフライヤーと国内人気取引所を比較してみた!

ビットフライヤー,評判

さて、ビットフライヤーの良い評判、悪い評判からみえる様々な取引所としての特徴をみてきましたが、今度は他の国内主要取引所と各種手数料などを比較してご紹介します。

ビットフライヤー比較①ビットコイン取引手数料で比較

まずは、仮想通貨でもっとも取引量が多いビットコイン(BTC)の取引手数料で、ビットフライヤーと他社取引所を比較してみましょう。

仮想通貨取引所名 ビットコイン取引手数料
ビットフライヤー 取引所:0.01%~0.15%
販売所:無料
GMOコイン 取引所:-0.01%~0.05%
販売所:無料
DMMビットコイン 販売所:無料
ビットバンク 取引所:-0.02%~0.12%
リキッドバイコイン 取引所:無料

ビットフライヤーは、他の取引所と少し取引形態が異なっており、取引所は2種類(ビットコイン簡単取引所、Lightning 現物取引所)があり、「約定数量 × 0.01 ~ 0.15%」が取引手数料となっています。

また、ビットコインの売買手数料は、「ビットフライヤー公式サイト」によると、「10万円未満が0.15%」でもっとも大きく「5億円以上が0.01%」と最も小さくなります。

つまり、もっとも安いビットバンクのMaker手数料「-0.02%」で約定すれば良いですが、間違ってTaker手数料で約定してしまうと「0.12%」の取引手数料を取られる事になります。

はるはる

初心者の方は特に、取引板を利用した取引所でのトレードは苦手な人も多いため、このあたりの判断は自分の投資方法や経験により左右されますね!!



また、販売所では取引所とは違い、前述したようにスプレッドが実質的な手数料としてかかってくる点にも注意が必要です。

ビットフライヤー比較②入金手数料で比較

では次に、自分の銀行口座から資金を振込する時にかかる入金手数料を比較してみましょう。

仮想通貨取引所名 振込入金 クイック入金
ビットフライヤー 無料
※振込手数料は自己負担
324円
住信SBIネット銀行は無料
GMOコイン 無料
※振込手数料は自己負担
無料
DMMビットコイン 無料
※振込手数料は自己負担
無料
ビットバンク 無料
※振込手数料は自己負担
対応なし
リキッドバイコイン 無料
※振込手数料は自己負担
無料

ご覧のように、入金に関してはほとんどの取引所が無料で、クイック入金に関してはビットバンクが対応なし、ビットフライヤーはコンビニなどであれば手数料がかかりますが、住信SBI銀行の利用で無料となっています。

仮想通貨取引所を複数利用する人は、ほとんどの取引所で手数料が無料設定されている住信SBI銀行口座を開設しておくことをおすすめします。

ビットフライヤー比較③出金手数料で比較

お次は、取引所口座から自分の銀行へと日本円を出金する時にかかる出金手数料を比較してみましょう。

仮想通貨取引所名 出金手数料
(指定銀行)
出金手数料
(その他の銀行)
ビットフライヤー 三井住友銀行
3万円未満:220円
3万円以上:440円
3万円未満:550円
3万円以上:770円
GMOコイン 無料
DMMビットコイン 無料
ビットバンク 3万円未満:550円
3万円以上:770円
リキッドバイコイン 510円

ご覧のように、出金手数料については、GMOコインとDMMビットコインが指定銀行を問わず無料で非常にお得になっていますね。

はるはる

ビットフライヤーを利用して出金する場合には、三井住友銀行を利用し、ある程度まとめて出金するようにしましょう!!



ビットフライヤー比較④レバレッジ取引(仮想通貨FX)手数料で比較

では最後に、レバレッジをかけたトレードを利用する際にかかる手数料をビットフライヤーと他社で比較してみていきましょう。

仮想通貨取引所名 レバレッジ手数料 スワップ手数料
(ポジション手数料)
ロスカット手数料
ビットフライヤー 無料 0.04% / 日
GMOコイン 無料 0.04% / 日 建玉ごとに0.5%
DMMビットコイン 無料 0.04% / 日 無料
ビットバンク
リキッドバイコイン 無料 1:00, 9:00, 17:00の3回ごとに0.1%を徴収 0.2%

現物取引時にかかる手数料に比べて、レバレッジ取引時の手数料はどこも無料であり、リキッドバイコイン以外は、日をまたいで保有している時にかかるスワップ手数料は同じとなっています。

ビットフライヤーでは、レバレッジをかけたトレードに独自のシステム「bitFlyer Lightning」を導入しているので、詳しく知りたい人は、公式サイトまたは下記記事を参考にして下さいね。

ビットフライヤーとは~仮想通貨取引所としての評判を徹底考察まとめ

ビットフライヤー,評判

今回は、国内の取引所ビットフライヤーの良い評判、悪い評判からみえてくる様々な特徴やデメリット、注意点などをご紹介しました。

ビットフライヤーは、現在日本国内取引所の中でもビットコイン取引量がもっとも多く、仮想通貨初心者の人でもわかりやすい取引所として非常におすすめです。

ただ、レバレッジをかけたトレードをする場合は、特に取引所として独自のシステムを採用しているため、その辺は基礎知識としてしっかりと下調べをしてからの方が良いでしょう。

また、下記記事では、ビットフライヤーの手数料が他社と比較して高いのかを比較していますのでぜひ参考にして下さいね。



最終更新日:2019年11月01日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事