ホーム取引所BitMEXの手数料を日本語でわかりやすく解説!人気取引所と比較してみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はる

BitMEXの手数料を日本語でわかりやすく解説!人気取引所と比較してみた

BitMEX,手数料

はるはる

こんにちわ、はるです!国内の仮想通貨取引所と併用して海外のBitMEXを利用している人は多いですよね!今回はBitMEXの各種手数料について解説します!!



日本国内の仮想通貨取引所に慣れてくると、「より多くの銘柄を選んで投資したい」「国内取引所よりももっと高いレバレッジで取引したい」という願望が生まれてきますよね。

現状、日本国内で営業している仮想通貨取引所の取扱い銘柄数は海外と比較すると圧倒的に少なく、またレバレッジ取引においてもかなり低い倍率である4倍のところがほとんどです。

複数の仮想通貨取引所に口座開設してトレードする事で資金を分散させリスクを防止できる効果も期待できるため、海外の取引所の取り扱う仮想通貨の種類やレバレッジは非常に魅力的と言えます。

はるはる

今回は、そんな海外の仮想通貨取引所の中でも、完全日本語対応しており日本人にも特に人気の「BitMEXに焦点を当てて、各種手数料や他社との比較をしていきます!!



BitMEXの手数料一覧表

BitMEX,手数料

まずは、BitMEXの各種手数料を一覧表にてまとめてみましたので、今自分がトレードしている仮想通貨取引所と比較するなど参考にしてみてください。

仮想通貨 Maker手数料 Taker手数料 Funding手数料 決済手数料 入出金手数料
(BTCのみ)
ビットコイン(BTC) -0.025% 0.075% -0.375%~0.375%で変動
※8時間毎
0.05% 【入金】
無料
【出金】
0.0002BTC~
※推奨0.001BTC
イーサリアム (ETH) -0.05% 0.25% –0.375%~0.375%で変動
※8時間毎
0%
リップル (XRP) -0.05% 0.25% –0.375%~0.375%で変動
※8時間毎
0%
ビットコインキャッシュ (BCH) -0.05% 0.25% –0.375%~0.375%で変動

※8時間毎

0%
ライトコイン (LTC) -0.05% 0.25% –0.375%~0.375%で変動

※8時間毎

0%
イオス (EOS) -0.05% 0.25% –0.375%~0.375%で変動

※8時間毎

0%
カルダノ (ADA) -0.05% 0.25% –0.375%~0.375%で変動

※8時間毎

0%
トロン (TRX) -0.05% 0.25% –0.375%~0.375%で変動

※8時間毎

0%



基本的に、BitMEXでトレードをする際に必要となる各種手数料は以下のものとなります。

  • ビットコイン(BTC)のみ決済手数料あり
  • 各仮想通貨Maker手数料
  • 各仮想通貨Taker手数料
  • レバレッジ取引(ロング)時のFunding手数料(上記)
  • レバレッジ取引(ショート)時のFunding手数料(上記)

上記表の通り、Funding手数料については後述しますが、8時間ごとにかかってくるため、長期間にわたって仮想通貨を保有するトレードには向いていません。

しかし、ビットコインで最大100倍、アルトコインでも最大50倍までのレバレッジがかけられる点は非常に魅力的と言えます。

BitMEXのTaker手数料

BitMEX,手数料

ではまず、BitMEXでトレードする際にかかる「Taker手数料」について解説します。

Taker(成行注文)手数料とは

Taker手数料とは、別名「成行注文」とも呼ばれており、注文を出してからすぐに約定する時にかかる手数料を指します。

BitMEX,手数料

例えば、上図のように、ビットコイン(BTC)を「成行注文」、または注文価格に「10,165ドル」を指値入力して注文すると約定し、その時にTaker手数料がかかる仕組みになっています。

「無期限契約」と「先物契約」の違い

BitMEXには、同じビットコイン取引でも「無期限契約」と「先物契約」の2種類が存在します。

はるはる

両者の違いは「満期と決済がない」という点にあるのが特徴です!!



つまり、無期限契約は「満期がない=ポジション決済期限がない」という事になるので、好きな期間ポジションを保有する事ができます。

Taker手数料も比較的安めに設定されている

BitMEXのTaker手数料は、他の海外取引所と比較しても安く設定されています。

Taker手数料一覧表 ビットコイン(BTC) アルトコイン
無期限契約 0.075% 0.075%
先物契約 0.075% 0.05%



例えば、ビットコインを50万円でTaker注文し約定した時の手数料は「0.075%で375円・0.05%で250円」となります。

BitMEXはMaker手数料がマイナスなのが魅力的

BitMEX,手数料

Maker手数料とは、別名「指値注文」とも呼ばれており、取引したい価格を指値価格で入力注文し取引板に並べて約定させる時にかかる手数料です。

では先ほどと同じように事例を用いてご紹介します。

BitMEX,手数料

例えば、上図のように「ビットコインの現価格が10,157ドル」の場合にMaker注文で約定させるには、現価格では注文を出さず、「10,155ドル」に指値注文を入れて、現価格がこの価格に下がった時に約定させなければいけません。

つまり、Takerとは違い、指値価格を取引板に並べてから約定させるという事が重要になってきます。

Maker(指値注文)手数料とは

Taker手数料でご紹介した通り、Maker手数料にも無期限契約と先物契約の手数料があります。

Maker手数料一覧表 ビットコイン(BTC) アルトコイン
無期限契約 -0.025% -0.025%
先物契約 -0.025% -0.05%



上記を見てみると一目瞭然ですが、BitMEXのMaker手数料は全てリベートが貰える(手数料分が貰える)仕組みとなっていますので、非常に魅力的です。

例えば、ビットコインを50万円で購入した時のMaker手数料は「-0.025%で125円・-0.05%で250円」となり、単純に売買を繰り返すだけでもリベートを稼ぐ事ができるのです。

指値注文をしてもMaker手数料にはならない場合もある

BitMEXには、MakerとTakerという2つの手数料がかかる事がわかりましたね。

しかし、BitMEXでMaker注文をしたにもかかわらずTaker手数料を取られてしまう事がある点には注意しましょう。

はるはる

実は、指値価格を指定して注文をしても、その注文が取引板に並ばずにすぐ約定されると「MakerではなくTaker手数料扱いになる」のです!!



価格変動が激しい時ほどこの現象は発生しやすいため、確実にMaker手数料でリベートを貰いたい場合には、指値価格と現価格がどの程度差があるかを注意して注文を入れるようにしましょう。

BitMEXのFunding(資金調達率)手数料

BitMEX,手数料

BitMEXでは現物取引の他、レバレッジ取引が可能となっていますが、そのレバレッジ取引の際に、ロング(買い)・ショート(売り)ポジションを取っている時にかかる手数料が「Funding手数料」です。

日本国内の仮想通貨取引所であれば、1日をまたいでポジションをとっている時にかかっているのが一般的ですが、BitMEXは「日本時間の5時・13時・21時の8時間おきにかかってくる」点を覚えておきましょう。

ちなみに、Funding手数料はBitMEXツール「資金調達率」のところで確認できます。

資金調達率とは

BitMEX,手数料

前述したように、Funding手数料は上図のように「資金調達率」のところで確認できますが、資金調達率がプラスで「ロング」ポジションの場合に手数料を支払う必要があります。

逆に、「ショート」ポジションの場合は手数料を貰う事が出来る事になります。

ロングポジション ショートポジション
資金調達率がプラス 手数料を払う 手数料を貰らえる
資金調達率がマイナス 手数料を貰らえる 手数料を払う



また、資金調達率がマイナスになっている時、ロングポジションの時には手数料を貰う事ができますが、ショートポジションの時には手数料を支払う事になります。

BitMEXの決済手数料

BitMEX,手数料

BitMEXでは、決済手数料がかかってきますが、この手数料は「保有しているポジションを決済する時に支払う手数料」の事を指します。

冒頭の表でご紹介したように、BitMEXの決済手数料は「一律0.05%」となっています。

決済手数料の注意点

保有ポジションを決済する時にかかる「決済手数料」は、国内の取引所ではほとんど無料ですが、海外のレバレッジ取引を扱っている取引所ではよく見られますので注意が必要です。

例えば10万円分のビットコインをドルに決済した時は50円、100万円の場合には500円もかかるため、この決済手数料も頭に入れて利益を計算するようにしましょう。

決済手数料は保有ポジションを決済するたびにかかる手数料ですので、あまり頻繁にトレードを行うと決済手数料をそれだけ取られる事になりますので注意しましょう。

BitMEXの入出金手数料

BitMEX,手数料

国内の仮想通貨取引所と同じく、海外取引所であるBitMEXを利用する際に重要になるのが「入金・出金手数料」です。

入金手数料

BitMEXは、一般的な海外取引所と同じく「日本円の入金ができない」ので、いったん国内の取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入してBitMEXに送金してからトレードをする事になります。

はるはる

この時、ビットコインをBitMEXに送る際にかかる入金手数料は無料となっています!!



出金手数料

BitMEXを利用して利益が出た後、ビットコインを他の国内仮想通貨取引所などへ送る場合にかかるのが「出金手数料」です。

冒頭でご紹介したように、BitMEXの入金、出金手数料は無料となっていますが、マイナーに支払う手数料は自己負担としてかかってくる点は覚えておきましょう。

BitMEXの手数料を他社と比較

BitMEX,手数料

では次に、BitMEXの手数料が、他の国内や海外の仮想通貨取引所と比較して安いのか高いのかを比較していきましょう。

国内取引所と比較

まずは、BitMEXと国内の仮想通貨取引所でのレバレッジ取引時の各種手数料比較です。

取引所 取引手数料 Funding手数料 決済手数料 入出金手数料
※1
BitMEX 【Maker】
-0.025%~-0.05%
【Taker】
0.075%~0.25%
-0.375%~0.375%で変動
※8時間毎
0.05%
※BTCのみ
※その他無料
【入金】
無料
【出金】
0.0002BTC~
※推奨0.001BTC
GMOコイン 【Maker】
-0.01%
【Taker】
0.05%
0.04% / 日 無料 【振込入金】
無料
【即時入金】
無料
【出金】
無料
DMMビットコイン 無料
※販売所のみ
0.04% / 日 無料 【振込入金】
無料
【即時入金】
無料
【出金】
無料
bitFlyer 0.01%~0.15
※直近30日取引量により異なる
0.04% / 日 約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
※ BTC
【振込入金】
~3万円:216円
【即時入金】
3万円~:432円
【出金】
216円~756円
※2
※3
Liquid by Quoine 無料 0.05% / 日 無料 【振込入金】
無料
【即時入金】
手数料自己負担
【出金】
500円



※1:国内取引所は日本円の入出金、BitMEXのみ日本円取扱いがないため、BTCの入出金手数料を表示
※2:住信SBIネット銀行以外から入金する場合は「324円」
※3:三井住友銀行の場合

日本の国内仮想通貨取引所は、基本的に日本円で仮想通貨を購入できますが、BitMEXのような海外取引所ではビットコインやドルなどで仮想通貨を購入するケースがほとんどです。

はるはる

そのため、日本で開設している取引所の取引手数料よりも、海外取引所の入金、出金手数料が非常に重要になってきます!!



海外取引所と比較

では国内ではなく、今度はBitMEXと他の海外仮想通貨取引所の各種手数料を比較してみましょう。

取引所 取引手数料 Funding手数料 送金手数料
BitMEX 【Maker】
-0.025%~-0.05%
【Taker】
0.075%~0.25%
-0.375%~0.375%で変動
※8時間毎
0.0002BTC~
※推奨0.001BTC
BaseFEX 【Maker】-0.025%
【Taker】
0.075%
-0.30%~0.30%で変動
※8時間毎
0.0005BTC
※変動有り
Bitfinex 【Maker】
0%~0.1%
【Taker】
0.1~0.2%
※過去30日以内の取引量で変動
日々変動有り 0.0004 BTC
※通貨により異なる
CryptoGT 無料(取引所)
※スプレッドは約0.7%(販売所)
約0.012%
※4時間毎
無料
Kucoin 0.1% ※通貨により異なる
※4時間毎
0.0001BTC
※通貨により異なる

BitMEXの手数料を日本語でわかりやすく解説まとめ

BitMEX,手数料

今回は、海外仮想通貨取引所の中でも特に人気が高いBitMEXの各種手数料についての紹介と、他取引所との比較をしてみましたがいかがだったでしょうか。

もう一度わかりやすくBitMEXの手数料についてまとめてみると以下のようになります。

  • Maker手数料は「-0.025%」
  • Taker手数料は「0.075%」
  • レバレッジをかけるとその分手数料が大きくなる
  • Maker手数料にリベートがあるのが魅力的
  • Funding手数料は0.375%~-0.375%で変動するため持ちこさないほうが無難
  • 決済手数料はが「0.05%」かかる
  • 入出金手数料は無料(※送金手数料はかかる)

といったところでしょうか。

はるはる

今回のBitMEXを紹介した記事を見て興味を持った方は、ぜひ一度BitMEXに登録、利用してみてはいかがでしょうか!!



日本国内の仮想通貨取引所と違い、個人情報を記載した証明書の提出などがなくメールアドレスのみですぐにトレードができるので非常におすすめです。

また、国内の仮想通貨取引所と海外の取引所を複数使い分けするメリットを以下でご紹介していますのであわせてご覧ください。



【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事