ホーム取引所コインチェック上場から暴騰したモナコイン!今後の価格動向やおすすめの取引所はどこ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.12.02 最終更新
さおりん

コインチェック上場から暴騰したモナコイン!今後の価格動向やおすすめの取引所はどこ?

MONACOIN

ゆいゆい

最近コインチェックに上場した「モナコイン」が気になってるの!何だか来年に向けて上昇しそうじゃない?(*^^*)

さおりんさおりん

日本で生まれた国産コインだからというわけではないけど、東京オリンピックに向けてモナコインが上昇するっていう噂もあるのよね。

新生コインチェック上場から暴騰したモナコイン

coincheck

2019年5月31日、マネックスグループ傘下となって1年が経過したコインチェックは、日本発の仮想通貨モナコインの上場を公式ブログで公表しました。

NEM流出事件からマネックスグループ入りと、あたかも仮想通貨相場のような経験をしたコインチェックですが、金融庁の登録も認可され、いよいよ本格稼働というところみたいですね!

モナコイン暴騰相場の理由とは

国内では久しぶりの新規コインの上場であったことや、折しも4月初旬から仮想通貨相場に上昇相場の兆候が現れていたこと、また期待される新生コインチェックからの上場ということで、モナコイン相場は2017年を彷彿させるような活況を呈します。

31日にコインチェックから公表されるや、モナコインの価格は118円台から400円近くまで暴騰します。

コインチェックでは、その後700円まで暴騰することになりますが、これはあまりの人気に買いが殺到し実際の価格との乖離が発生したためで、残念ながら取引は成立しませんでした。

いずれにせよ4月のはじめには55円前後の価格でしたから、一気に7倍を超えるところまで買われることになったのです。

ゆいゆい

個人的には、5月31日の前の4月20日に急騰しているのが気になるー(*^^*)

さおりんさおりん

4月20日は他のコインは下落してるよね。良いところに目をつけたわね。

モナコインとビットコインの価格比較

2019年は、前年12月に底入れした仮想通貨相場が再び動意づいた年ということになりますが、相場が動き出したのは4月2日のビットコインの急騰からとなります。この日、1年移動平均線を上抜いたところから、レジスタンスラインを一気に突破していきます。

ビットコイン同様にアルトコインも4月2日から動き出しており、モナコインも同日から上昇相場の兆候が見て取れます。

この相場は、ビットコイン相場と呼ばれるほどにビットコインの上昇力が目立った相場ですが、モナコインと比較してみるとどうでしょう?

2つのチャートを見比べてみてくださいね!

  • ビットコイン:46万円台から150万円弱へ上昇→期間は約3か月
  • モナコイン:57円から400円(取引は成立しなかったが700円台を見せた)→1日

つまり、ビットコインは、約3か月で3倍強の上昇となり、モナコインは1日で7倍強の上昇といなっています。

優劣を比較するつもりはないのですが、モナコインが魅力あるコインであり、今後も期待できそうだということは間違いなさそうです。

コインチェックに上場した「モナコイン」の特徴と今後の価格予想

MONACOIN

2019年の仮想通貨復活相場では、なぜモナコインはビットコインなど他のコインよりも上昇率が高かったのでしょう?

モナコインの将来性と価格予想をし、東京オリンピックとの関連性も見てみましょう!

コインチェックに上場したモナコインの将来性とは

メジャー通貨ライトコイン(LTC)をもとに開発されたモナコインは、2ch(現5ch)から生まれた国産の仮想通貨です。

ライトコインを真似していますので決済速度が速く、2ch生まれですので熱烈なファンも多く(コミュニティが異常に強い)、投げ銭など実用性にも優れています。

また、モナコインはSegwitアトミックスワップを実装しており、1回のトランザクションでたくさんの処理を行うことが可能で、他の仮想通貨と個人間でも直接取引も可能です。(決済手段としての価値高い)

モナコインは決済系のコインとして非常に優れており、今後実用化が広まる可能性を秘めています。

モナコインが今後高騰する可能性について

決済通貨として広まる可能性を持つモナコインですが、チャートから見た価格動向はどうなっているのでしょう?

モナコインの月足チャートに1年移動平均線(オレンジ色)をのせています。

1年移動平均線は、株式市場や為替FXでも非常に役に立つ移動平均線ですが、仮想通貨相場でも重宝されています。

2019年4月からの仮想通貨上昇相場は、すべてこの1年移動平均線を上抜けたところから上昇が始まっています。

モナコインの月足チャートを見てみましょう。

4月の上昇相場では、1年移動平均線は強力なレジスタンスラインとなっており、5月相場でも抜けないままに終わるのかと思われました。

ところが、5月31日にコインチェックから上場が公表されるや、一気に上昇を開始し、1年移動平均線を突破し1日で暴騰してしまいます。

さすがにやりすぎた(上昇しすぎた)相場ですので、11月の月足も陰線と仮定すると6か月連続の陰線となります。

月足では8月に再び1年移動平均線を下回り、またもレジスタンスラインとして機能しているところです。

現在、1年移動平均線の向きは平行な状態であり、価格ももみ合い状態となっており、「きっかけ待ち」で上にも下にもいく様相を示唆しています。

ゆいゆい

そのきっかけって、東京オリンピック・パラリンピックのことかな?

さおりんさおりん

それもあるけど、実はモナコインの半減期が来年7月に想定されているの。

モナコインの半減期が2020年7月に?

半減期って、知っていますか?

半減期を知っていれば、今年4月からのビットコイン相場が始まる前に一儲けできていたはずです。

半減期とは、仮想通貨のマイニングでもらえる報酬が半分になる時期のことを指します。

なぜ、半減期が設定されているのでしょう?理由は大きく2つあります。

まず、報酬を半分にすることでコインの希少性を高める、加えて、将来的に急激な価格変動を避けるためです。

モナコインの半減期は約3年ごとに訪れます。発行上限枚数1億512万のモナコインは、「1,051,200ブロック」生成されるごとに半減期を迎える仕組みになっています。

モナコインの1回目の半減期は、2017年7月16日でしたので、2回目の半減期は2020年7月と見込まれているのです。

ちなみに、前回の半減期の際には、モナコインの価格は2017年5月後半の25円前後から6月後半には100円を超えており4倍以上の値上がりを見せました。もちろん、2017年といえば、仮想通貨相場上昇期ですから、そこは差し引いて考える必要があるでしょう。

それでは、直近で半減期を迎えたコインを見てみましょう。

2019年7月に半減期を迎えたライトコイン

モナコインの原型ともいえるライトコイン(LTC)が今年の7月に半減期を迎えています。
価格はどうなったのでしょうか?

ライトコインの日足チャートです。

2019年4月2日のビットコインの急騰から、仮想通貨相場の復活が始まったことは知られていますが、実はその遥か前から上昇相場を形成していたのがライトコインなのです。

2018年12月に、ビットコインやイーサリアムなど他のコイン同様に安値を付けると、そこからライトコインの独歩高が始まっています。

12月安値の2,500円台から仮想通貨復活相場が始まる4月上旬には11,000円を超え(4倍以上の値上がり)、6月末には15,000円を超えるまで上昇しています。

ライトコインの上昇理由が半減期であったことは言うまでもありません。実際の半減期では価格は急落しており、まさに「噂で買って事実で売る」という相場の格言通りの動きをしました。

このように、半減期は仮想通貨の価格に強力な影響を与える可能性があるのですね!

ちなみに、2020年に半減期を迎える主なコインを紹介しておきます。(時期は予想です)

  • 2020年5月:ビットコイン(BTC)
  • 2020年7月:モナコイン(MONA)
  • 2020年10月:ジーキャッシュ(ZEC)
  • 2021年8月:ビットコインキャッシュ(BCC)

モナコインの半減期を前にして1年移動平均線を上回るようなことがあったら、要注目ですね!

ちなみに、モナコイン1年移動平均線は、月足ベースで大きく下落しなければ2020年4月あたりから上向きに転じます。

モナコインはコインチェックで買うのがおすすめ!

MONACOIN

半減期があるのなら、モナコイン買ってみようか!という人もいるかもしれませんが、初心者におすすめの取引所を紹介します。

コインチェックは初心者でも使いやすい

今、初心者におすすめの取引所が、まさにコインチェックです。

5月31日、コインチェック上場発表をきっかけに暴騰したモナコインですから、コインチェックとは相性が良さそうです。

特に、初心者の場合には使いやすい取引所を選ぶことが大切ですよね!

コインチェックのアプリは、登録しなくてもチャートを見ることができますので、とりあえずアプリだけ入れてみるのも良いかもです。

ただし、コインチェックのモナコインは販売所での購入となりますので、半減期を狙って大きな利益を目指すという中長期投資向きとなり、短期売買には向きません。

海外取引所はモナコインに向かない

仮想通貨の熟練トレーダーの中には、海外取引所を使っている人も多くいますが、モナコインを取り扱っている海外取引所はそれほど多くありません。

日本人には大人気のモナコインですが、海外での知名度はいま一つというところで、Bittrexなどの一部の取引所のみで取り扱われています。

海外取引所は日本円では買えませんので、いったん国内取引所でビットコイン等を購入して送金する必要があります。

モナコインを購入するのなら、国内取引所が圧倒的に便利です。

コインチェック上場から暴騰したモナコインのまとめ

MMONACOIN

日本人に大人気のモナコイン、コインチェック上場で暴騰相場を形成しますが、現在100円前後まで下落してきています。

来年は東京オリンピック・パラリンピックの年で、世界に日本フィーバーが起こりそうですが、仮想通貨の世界でも日本フィーバーが起こるのでしょうか?

オリンピック開催時期に半減期を迎えるモナコインに大注目です。

最終更新日:2019年12月02日

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

今読まれている記事はこちら

サイド「ランキング」 サイド「手数料」 サイド「キャンペーン」
編集長がおすすめする取引所3選
超大手マネックスの傘下で生まれ変わったコインチェックがサービスを再開!アプリのDL数はなんと日本一!
初心者も、2社目の上級者にもおすすめ!
取引所、販売所、レバレッジなどすべてのサービスでリップルなど主要5通貨対応なのはGMOコインだけ!
最短翌日で取引可能なので初心者はまずサクッと登録しておくべき。
取引するだけで稼げてしまう国内最安のマイナス手数料はすごい!モナコインを買うならビットバンクで決まり。レバレッジは非対応なので要注意。