ホーム取引所DMMビットコインの使い方を徹底解説!初心者向けアプリ使用方法やレバレッジ取引をわかりやすく解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はる

DMMビットコインの使い方を徹底解説!初心者向けアプリ使用方法やレバレッジ取引をわかりやすく解説

DMMビットコイン,使い方

はるはる

夏ももうすぐ終わりですね、はるです!今回は国内でも人気の取引所DMMビットコイン使い方をわかりやすく図解入りで解説していきます!!



国内でも各種手数料がほとんど無料として人気のDMMビットコインですが、はじめて仮想通貨取引を行う人や慣れていない人にとっては不安がたくさんあると思います。

  • DMMビットコインの口座開設してみたけど買い方が今いちわからない
  • いきなりトレードするのは不安…。
  • パソコン版のツールは利用した事あるけどスマホアプリの使い方がよくわからない

今回の記事では、上記のような不安を抱いている人のために、DMMビットコインのパソコン版とスマホ版両方の使い方を図解入りで解説していきます。

目次

DMMビットコインの魅力を活かす使い方

DMMビットコイン,使い方

国内には、実に様々な魅力的な特徴を持った仮想通貨取引所がたくさん存在しますが、その中でもDMMビットコインは、取引初心者だけでなくレバレッジ取引を主体とする人にも評判が高い取引所です。

はるはる

DMMビットコイン特徴の一つに「販売所」である事が挙げられます!!



一般的な取引板に注文を並べて売買を約定させる取引所形式ではなく、販売所であれば気軽にいつでも仮想通貨を売買可能な点が最大のメリットと言えます。

また、後述するように、DMMビットコインは販売所でありながら、独自の注文方式を採用していますので、慣れるとスマホアプリでも様々な注文をする事ができます。

現物取引だけでなくレバレッジ取引にも力を入れており、取扱い全通貨がトレード可能となっているため、利益を上げやすいですね。

国内取引所の中でも、DMMビットコインはキャンペーンにも力を入れており、随時利用ユーザーにお得な特典が貰えるキャンペーンを実施しているのも魅力的と言えます。

DMMビットコインの使い方を初心者向けに解説

DMMビットコイン,使い方

ではまず、実際に「現物取引」ができるまでの流れを図解入りで解説していきますが、その前に、トレードをするには「DMMビットコインに口座を開設」しないといけませんよね。

もう既に口座開設してしまった人は次の取引注文方法と使い方へ移動しましょう。

まだDMMビットコインの口座開設が済んでいない人は、以下の記事にて詳しく新規アカウント登録&口座開設方法をご紹介していますので参考に作っておきましょう。



DMMビットコインでは4つの現物取引注文が可能

最初に現物取引をする前に覚えておくと便利なのが、DMMビットコイン独自の注文方法です。

ここでは、DMMビットコインで可能な4つの注文方法について簡単に解説します。

ちなみにこれからご紹介する4つの注文方法は、現物取引とレバレッジ取引の両方で利用可能です。

現物取引注文方法①ストリーミング注文の使い方

DMMビットコイン,使い方

ストリーミング注文とは、DMMビットコインの注文の使い方でもっとも簡単な注文方法です。

上記のように表示されたツールの左側部分が「現物」、右上の赤枠部分が「ストリーミング」になっている事を確認しましょう。

あとは、「売り(Bid)・買い(Ask)」ボタンをクリックする事で表示されている現在価格のまま売買できる方法です。

現物取引注文方法②指値注文の使い方

DMMビットコイン,使い方

次に「指値注文」ですが、その名の通り自分が売買したい価格を入力して注文する方法です。

右上が「指値」注文になっている事を確認して、売買数量を入力してから「売り・買い」を選択後に「注文」ボタンをクリックすると注文できます。

「この価格になったら買いたい」「ここまで上がったら売りたい」といった時などに、自分の希望価格を入力しておくと、あとは勝手にツールが注文してくれる方法です。

上手に使いこなす事で、自分の希望通りの利益が得られる可能性がありますが、逆に指値価格があまりに現在レートとかけはなれているとなかなか注文が成立しない点があるので注意しましょう。

現物取引注文方法③逆指値注文の使い方

DMMビットコイン,使い方

前述した「指値注文」と違って「逆指値注文」は、トレードする価格の範囲を指定して注文する方法です。

わかりやすく例を挙げると、「ビットコイン価格が100万円を下回った時に売る」といったロスカット注文や「110万円以上になったら買い」といった注文をする事ができます。

価格変動の大きい仮想通貨相場において、こうした逆指値注文は大きな利益はもちろん、大きな損失を防止するための要素を含んでいると言えます。

現物取引注文方法④OCO注文の使い方

DMMビットコイン,使い方

最後に4つ目の注文方法として「OCO(One Cancels The other)注文」がありますが、この注文は「一度に2つの注文を出して一方が約定するともう一方をキャンセルする」という方法になります。

これも説明だけではわかりづらいため、具体的に例を挙げてみましょう。

ビットコインの現在価格が100万円の時に取引すると仮定して、「ビットコイン価格が110万円になったら売り注文、90万円になったら買い注文」といった注文をする事が可能です。

はるはる

つまり、OCO注文とは既に仮想通貨を保有している場合、非常に有効的な注文方法です!!



現物取引の方法&使い方をご紹介

では次に、簡単にですがDMMビットコインPC版ツールの使い方、手順を紹介します。

DMMビットコイン,使い方

まずはDMMビットコイン公式サイトからログインし、マイページ左側のメニューから「取引開始」ボタンをクリックしましょう。
DMMビットコイン,使い方

すると上図のようなツール画面が別枠で開きますので、左上の「メニュー」から「現物注文(購入・売却)」をクリックしましょう。

DMMビットコイン,使い方

現物取引の画面が出て、前述した4つの注文方法と同じ画面が出ますので、あとは紹介した通り、「注文タイプ」「売買数量」「売買区分(Bid / Ask)」をクリックすると注文ができます。

はるはる

4つの注文方法の紹介画像では、レバレッジ取引の画面でご紹介しましたが、基本的には現物取引、レバレッジ取引ともに注文のやり方は同じとなっています!!



DMMビットコインのスマホアプリの使い方

DMMビットコイン,使い方

DMMビットコインを利用している人の中には、「PC版のツールのやり方はわかるけどスマホアプリのやり方がわからない」といった人も居るでしょう。

基本的に注文方法の内容などは変わりませんが、レイアウト画面が変わってきますので、ここでは、DMMビットコインのスマホアプリを利用した注文のやり方を解説していきます。

スマホアプリの使い方①アプリをダウンロードする

DMMビットコイン,使い方

まずは手持ちのスマホにDMMビットコインアプリをダウンロードしましょう。

DMMビットコインのスマホアプリは、iOS&Android両方に対応しています。

スマホアプリの使い方②アプリにログインする

DMMビットコイン,使い方

ダウンロードが完了したらさっそくアプリを立ち上げて、パソコン版と同じメールアドレスとパスワードを入力後にログインします。

スマホアプリの使い方③アプリで可能な事を覚えておこう

DMMビットコイン,使い方

無事にDMMビットコインのスマホアプリにログインできたら、上図のような画面になるはずです。

まず予備知識として、このアプリで出来る事をおおまかに把握しておきましょう。

  • 過去チャートの確認
  • 各取扱い仮想通貨の現在価格確認
  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • 日本円と仮想通貨の入出金
  • 口座振替
  • その他マーケット情報などの確認
  • 現在保有銘柄のスワップ・証拠金などの確認

なお、便利な機能として、DMMビットコインアプリでは「どの画面内でも3本線のマークをタップする事でホーム画面に戻る事ができる」点は覚えておきましょう。

スマホアプリの使い方④現在レートの確認方法

DMMビットコインでトレードする際に、現在の各仮想通貨レートがどれくらいなのかを確認する事もよくあるでしょう。

DMMビットコイン,使い方

そんな時は、ホーム画面の「チャート」ボタンを押して、さらに下の「レート」ボタンをタップすると「各仮想通貨の現在レートが一覧で表示」確認できます。

スマホアプリの使い方⑤過去チャートの確認方法

仮想通貨取引において、過去チャートから今後の予測をたてる分析は欠かせませんよね。

DMMビットコイン,使い方

ホーム画面の「チャート」をタップする事で、過去チャートが閲覧できるようになりますので、売買の参考になるよう上手に活用しましょう。

スマホアプリの使い方⑥日本円や仮想通貨の入出金方法

DMMビットコインでの仮想通貨取引を開始する時や追加して資金を取引所口座へ入金したい時、他の取引所へ送金したい時などは日本円および仮想通貨を「入金」する必要があります。

また、取引で得た利益を銀行口座へ出金したい時、他の取引所からDMMビットコイン口座へ仮想通貨を出金したい場合も同様です。

DMMビットコイン,使い方

そんな時には、上図のホーム画面にある「入出金」をタップして、自分の目的に応じた入出金方法をタップしていくだけで簡単に入出金が可能です。

はるはる

入出金を行う際には、特に出金先のアドレスを間違わないように「コピペ」や「QRコード」を使用しましょう!!



一度アドレスを間違って入金や送金をしてしまった場合、資金は戻ってこないので注意が必要です。

スマホアプリの使い方⑦仮想通貨の購入方法(スピード注文)と手順

DMMビットコインの現物取引は、現在ビットコインとイーサリアムのみ対応となっていますが、ここではその現物取引のスマホアプリでのやり方を簡単に解説します。

既にパソコン版ツールでご紹介した画面とほぼ同じですが、スマホアプリには独自のスピード注文が可能となっています。

DMMビットコイン,使い方

ホーム画面から「チャート」を選択した後に、画面下の「スピード注文」を選択しましょう。

すると、スマホアプリならではのスピード注文画面が表示され、ひと目で現在の注文レートを確認しながら数量をタップするだけで注文ができます。

DMMビットコインのレバレッジ取引のやり方&注意点

DMMビットコイン,使い方

ここまで、主にDMMビットコインのPC版ツールとスマホアプリを利用した現物取引のやり方をご紹介してきました。

DMMビットコインではレバレッジをかけた仮想通貨FXも行う事が可能ですので、ここでは取引時に知っておくべき知識とやり方などを解説していきます。

レバレッジ取引の基本ルール

DMMビットコインのレバレッジ取引は、前述した現物取引で利用できる4つの注文方法に加え、2つの注文方法を追加した計6つもの注文が可能となっています。

現物取引では仮想通貨の取扱いがビットコイン、イーサリアムの2つだけだったのに対して、レバレッジ取引では7種の全通貨が注文可能になっているため、レバレッジ主体のトレードをする人には最適です。

はるはる

また、DMMビットコインにおける最大レバレッジは5倍固定となっています!!



レバレッジ取引では6つの注文方法が可能

レバレッジ取引で可能な6つの注文方法のうち、4つは既にご紹介した通りですが、あと2つの注文方法はレバレッジ取引でのみ可能となっています。

レバレッジ取引の注文方法①IFD(If Done)注文

IFO注文は、「if done」の通り、「もし〇〇注文が約定された場合に◇◇注文を新たに行う」注文方法です。

例えば、ビットコイン価格が100万円の時に高いと思った時、「もしビットコイン価格が90万円になったら買いたい」という注文がする事ができます。

上記だけだとだたの指値注文ですが、IFD注文では決済まで完結が可能となっており、「ビットコイン価格が90万円になったら購入して、95万円になったら売る」という注文が可能となっています。

はるはる

上手に活用する事で、新規注文時に利益確定や損切りができる注文が可能なので、現時点で保有中の仮想通貨がない時に重宝する注文方法です!!



レバレッジ取引の注文方法②IFO注文

次に、IFO注文ですが、これはご紹介した「IFD注文とOCO注文」をあわせた注文方法となっています。

例えば、「ビットコイン価格が100万円になったら買い注文を約定させて、その後に110万円になったら利確させるが、90万円まで下がったら損切りする。」という様な使い方が可能です。

はるはる

つまり、新規注文を出したと同時に「利確と損切りを同時に行う事が可能な注文」となっています!!



レバレッジ取引のロスカットルール

DMMビットコインのレバレッジ取引において、価格が大きく変動した時にレバレッジを効かせていると、強制的にロスカットが行われるケースがあります。

基本的にロスカットは、自分が用意した資金以上の損失が出ないように設定されている仕組みで、DMMビットコインでは証拠金(レバレッジ取引を行う時に預ける預託金)維持率が80%を下回った時に実行されます。

国内の仮想通貨取引所だけ比較してみても、レバレッジ取引時に強制ロスカットされる重要な指標となる証拠金維持率は取引所により様々です。

レバレッジ取引の注意点

DMMビットコインでレバレッジ取引を行う際には、常に画面に表示されている「証拠金維持率」をチェックしておきましょう。

含み益が出ている時はよいですが、特に含み損が出ている場合には、証拠金維持率が大きいほどロスカットされやすく、小さいほどロスカットされにくくなるからです。

国内でもDMMビットコインはこの証拠金維持率が非常に厳格です。

はるはる

そのため、証拠金維持率が下回り強制ロスカットされそうだと判断したら、早めに損切りを行う事が非常に重要です!!



DMMビットコインの使い方を徹底解説まとめ

DMMビットコイン,使い方

今回は、国内でも大手企業が運営する信頼感抜群で人気のDMMビットコインの使い方を中心に解説しました。

DMMビットコインは、現物取引こそ仮想通貨の取扱いは現時点で少ないものの、レバレッジ取引では7種類と国内でも非常に多いため、レバレッジ取引を中心にトレードしたい人には最適です。

ここでご紹介したパソコン版やスマホアプリ版の使い方をより理解すれば、自分の投資方法にも幅が出てきますので、ぜひ色々試してみましょう。

また、下記の記事では、DMMビットコインでかかる各種手数料を他社と比較しておりますのであわせて参考にして下さい。



【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事