ホーム取引所仮想通貨取引所の選び方|プロトレーダーが初心者に選ぶコツを伝授!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.09.10 最終更新
たかしま編集長

仮想通貨取引所の選び方|プロトレーダーが初心者に選ぶコツを伝授!

仮想通貨,取引所,選び方

はるはる

こんにちわ、はるです!今回は、仮想通貨取引所選び方にお困りの方にピッタリの情報をお届けします!!

  • 仮想通貨の取引所って安全なの…?
  • 取引所とか販売所とか似たような用語がわかりづらい…。
  • 最初にどの取引所を選んだらいいか全くわからない…。

これから仮想通貨取引を始めたい人にとって、上記のような疑問を胸に抱いている人は意外と多いのではないでしょうか。

実は、仮想通貨取引所選び方一つで、自分の資産で取引する利益が左右すると言っても過言ではないくらい重要なのです。

そこで今回は、実際に仮想通貨トレードでバリバリ稼いでいるコインガールズ専属のプロトレーダーに、「失敗しない取引所の選び方」を聞いてきました!

ちなみにその専属トレーダーさんは、こんな記事を書いています↓↓

このトレーダーさん本当にすごくて、かくいう私も実はちょっぴり稼がせていただいています♪

では、そんなプロのトレーダーさんに聞いた、初心者におすすめの失敗しない「仮想通貨取引所の選び方」です!どうぞ!

目次

仮想通貨取引所の選び方|『取引所』と『販売所』の違いを知ろう!

仮想通貨,取引所,販売所

そもそも仮想通貨取引を始めるにあたり、取引所を選ぶための基礎知識は必要最低限必要となります。

はるはる

その一つが「取引所と販売所の違い」です!!



そもそも「仮想通貨取引所」という名前が付いているのに「取引所と販売所」という形式がある事が初心者に混乱を招いている要因の一つのようですね。

そう、仮想通貨取引所には2つの形式である「販売所形式」と「取引所形式」が存在するのです。

上手に仮想通貨取引所を選ぶための基礎知識として、仮想通貨の取引所と販売所の違いをまずは頭に入れておきましょう。

『販売所』は仮想通貨を販売しているところ

販売所とは、簡単に言えばその名の通り「仮想通貨を販売しているところ」です。

販売しているのは仮想通貨取引所を運営している事業者で、あらかじめ運営元が決めた価格で仮想通貨を販売しており、いつでもその場で売買可能な点が特徴ですね。

ただ、前述したように売買価格は販売元である取引所や運営企業があらかじめ高めに設定(スプレッド)しているので、「取引所」に比べてややコストが高くなる点がデメリットと言えるでしょう。

『取引所』は利用者同士で仮想通貨を売買できるところ

取引所とは、運営元が用意した取引板に売り手と買い手がそれぞれ希望の売買価格を出して、お互いの希望価格が一致した時に取引が成立する場所です。

販売所と違って、取引時に仲介する事業者がおらず売り手と買い手のみで取引が成立するため、その分だけ取引手数料は比較的安くすむため利益を上げやすいという特徴があります。

ただ、国内であまり人気のない仮想通貨取引所によっては、流動性が低い場合に売り手と買い手のマッチングが成立せずにいつまでも売買できないケースが発生する可能性があります。

仮想通貨の販売所と取引所の違いは大きく2つ

次に、取引所と販売所という形式には、大きく分けて2つの違いが存在します。

はるはる

それが、「取引が成立するまでの時間」と「手数料の安さ」です!!



販売所では「購入する・売却する」といったボタンをクリックするだけですぐに注文が成立するため、いつでも気軽に仮想通貨を売買できます。

これに対して、取引所では仮想通貨を売買するには、購入者・売却者の希望額が一致しなければいつまでも売買が成立しないため、その分時間がかかってしまうのです。

ただ、手数料の安さの面から見ると、取引所の方が販売所よりも安く売買できます。

販売所では、いつでも気軽に仮想通貨を売買できる分、価格が高めに設定されているためコストがかかります。

一方で、取引所は運営元が用意するのは取引板のみで売買自体は購入者と売却者が決めて行うため、販売所に比べてコストが安く済むのです。

あなたに向いているのは販売所?それとも取引所!?

取引所と販売所は、どちらもメリットとデメリットがあり、その時々に応じて使い分けるのがベストですが、一般的には利益に直結する手数料が安い取引所を利用するのがベターと言えるでしょう。

  • 多少時間や手間がかかってもとにかくコストを抑えて儲けたい人は『取引所』
  • コストは多少かかってもいいから簡単に仮想通貨を購入したい人は『販売所』

という風に、自分の目的に合わせて使い分けると良いでしょう。

コレでバッチリ!仮想通貨取引所の上手な選び方を徹底解説

仮想通貨,取引所,選び方

現在、国内の仮想通貨取引所だけでも数十社以上が金融庁に認可されており、どれを選んだらよいのか困っている人も多いでしょう。

ここでは、そんな中から自分の投資形態に合った仮想通貨取引所の上手な選び方をご紹介しますので、ぜひ取引所選びの参考にしてくださいね。

選び方①取引所が取扱っている仮想通貨の種類で選ぶ

仮想通貨の種類は、有名なビットコインを始めアルトコインにもイーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュやライトコイン、ネムなど将来的に価値が高まる可能性のある銘柄はたくさんあります。

こうした仮想通貨を「取引所がどれだけの種類を取り扱っているか」という点が、上手な取引所の選び方となります。

各仮想通貨は、開発された経緯、その通貨の特性、人気や流動性などの特徴があり、今後仮想通貨市場はより世界中で拡大していくと見られています。

はるはる

こうした将来性の高い市場だからこそ、仮想通貨取引所がどれだけ種類の多い銘柄を取り扱っているかが重要となるわけですね!!



自分が購入したい仮想通貨を取り扱っている点はもちろんですが、そのほかにも取扱い銘柄が上手に取引所ごとにバラけるように組み合わせて併用するのがベストと言えるでしょう。

選び方②セキュリティ(安全性)の高さで選ぶ

仮想通貨,取引所,選び方

各仮想通貨取引所は、国内であれば金融庁に認可されている取引所を選ぶ事で最低限のセキュリティ体制はあると言えます。

ただ、取引所ごとにサーバーの強度が違うため、サーバーが負荷に耐えられずにダウンしてしまうこともあります。そうなると、せっかくの利益獲得チャンスを逃してしまう可能性もあります。

こうしたリスクを回避するためにも、取引所のサーバー強度やセキュリティ面は、取引所の選び方の重要なポイントとなります。

また、セキュリティ面では、各取引所がどのくらいセキュリティ機能に力を入れているのか、2段階認証やマルチシグ、コールドウォレットでの資産管理などをチェックすると良いでしょう。

選び方③各種手数料の安さで選ぶ

仮想通貨取引を行うにあたって、上級者ほど重視するのが取引所ごとの「各種手数料」です。取引スタイルによっては、取引所の選び方の最重要ポイントとなる人もいるのではないでしょうか。

手数料には、取引所で売買した時に発生する「取引手数料(販売所であればスプレッド)」や仮想通貨を送金する時にかかる送金手数料、日本円の出金手数料などが挙げられます。

この中でも特に注意して見たいのが「取引手数料」と「入出金手数料」と言われており、特に取引手数料は直接利益と結びつくほど重要な手数料です。

取引所名 取引手数料 入出金手数料
GMOコイン Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料
DMM Bitcoin 無料 無料
bitbank Maker:-0.05%
Taker:0.15%
無料(日本円入金)
540円(日本円出金)
0.001 BTC(BTC出金)
Liquid by Qoine 無料 無料(日本円入金)
500円(日本円出金)

上記は、国内でも有名な仮想通貨取引所の取引手数料と入出金手数料になりますが、注目するポイントとして「GMOコインとbitbank」のMaker(指値注文)手数料がマイナスである点です。

はるはる

取引手数料がマイナスという事は、仮想通貨を売買するだけでかかった手数料分を貰えるため非常に大きなメリットと言えますね!!



また、取引手数料が安くても、肝心の銀行への預け入れや他の取引所への送金時にかかる手数料が高ければ利益が目減りするため、この点も重要となります。

選び方④取引所としての機能性・提供サービスで選ぶ

各仮想通貨取引所は、利用者をより多く集客するために様々なサービスを提供しています。

パソコンだけでなく、スマホアプリが充実した取引所では、外出先でも簡単に売買が可能でチャート確認も簡単にできるために非常に便利なのです。

仮想通貨取引で利益を出すには「1分1秒が勝負」といっても過言ではないため、こうした取引所ごとに提供されているサービスや各種ツール、スマホアプリなども要チェックです。

はるはる

ほとんどのツールが無料で提供されていますので、まずは触ってみて自分が使いやすいと思ったツールを使用すると効率的な取引ができます!!



選び方⑤仮想通貨の取引高(取引量)で選ぶ

仮想通貨取引において、取引高の高さは取引が円滑に進むかどうかを決める重要なポイントとなります。

取引高(流動性)とは、その取引所を利用しているユーザー数や活発さの事を指します。つまり、取引所内の流動性が高いほど、自分の注文が通りやすくリスクが少なくなると言われているのです。

国内外の取引所の中には、まだ設立して間もないために利用ユーザーが少ない取引所も存在します。

こうした取引所を中心に利用すると、売買注文がうまく成立しなかったり余計な手間や時間がかかる上、結果として注文金額と購入金額に差が開いて損失を被るケースも少なくありません。

国内の大手取引所であれば、ある程度の流動性は有りますので安心ですが、新興の取引所や海外で知名度の低い取引所を利用する際は十分に注意する必要があると言えます。

その他、仮想通貨取引所を運営している企業の信頼性も要チェック

その他、仮想通貨取引所の上手な選び方として、運営している企業が信頼できるかどうかという点も選び方の重要ポイントとなります。

近年、仮想通貨が発展しつつも、それを取り扱う取引所に対して、不正アクセスやハッキングなどの外部から悪意を持ったサイバー攻撃により取引所の資産が流出する事件が多発しているからです。

この背景は、前述した取引所のセキュリティ機能だけの問題にとどまらず、運営する企業がどれだけセキュリティに力を入れようとしているか、信頼されているかも問題となっています。

こうしたリスクを少しでもなくすためには、しっかりとした大手上場企業が運営していたり、大手銀行が株主となっている仮想通貨取引所を選ぶ事が大切です。

仮想通貨取引所の選び方で注意するポイントをおさえておく

仮想通貨,取引所,選び方

ここまで、仮想通貨取引所の上手な選び方をご紹介してきましたが、ここではさらに取引所を選ぶ上で特に注意すべき点をご紹介しますので、初心者の方は特に意識して頭に入れておくことをおすすめします。

仮想通貨取引所ごとに売買価格は違う

前述したように、どの仮想通貨取引所でどの銘柄を売買する時にも手数料(販売所ではスプレッド)がかかってきます。

そして、各取引所では同じ仮想通貨でも価格が違ってくる点は覚えておきましょう。

仮想通貨,取引所,選び方

上図は、仮想通貨情報の大手メディアサイト「みんなの仮想通貨」で表示された取引所ごとのビットコイン(BTC)価格になります。

仮想通貨の価格はリアルタイムで変動しますので多少の誤差は有りますが、青線の「bitbank」「Fisco」の「買値と売値」を比較してみてください。

はるはる

「Fisco」でビットコインを購入する場合「1BTC=755,000円」、売却する場合「1BTC=746,005円」という価格になっていますね!!



つまりこの買値と売値の差がスプレッド(手数料)と言われており、購入してすぐに売却しても8995円の損失が出るという事になります。

はるはる

一般的に、仮想通貨取引所はこのスプレッドの差が狭いほど損失がないと言われています!!



次に、同じように青線の「bitbank」での「買値と売値」を見てみましょう。

「bitbank」でビットコインを購入数場合「1BTC=748,369円」、売却する場合「1BTC=748,368円」という価格になっており、「スプレッドはわずか1円」と狭いのがわかりますね。

はるはる

上記のように、仮想通貨ごとに取引所での価格差がかなりあるのが一目瞭然です!!



そのため、あらかじめ自分が購入したい仮想通貨はどの取引所が一番安く購入できるのか、さらに手数料もあわせてもっともお得に購入できるのはどこかを調べる必要があるわけですね。

金融庁が認定した仮想通貨交換業者が安心とは限らない

2017年に施行された仮想通貨の「改正資金決済法」により、日本で仮想通貨交換業(取引所)を営む業者は金融庁の許可が必要となりました。

つまり、金融庁の認可を正式に受けている仮想通貨取引所は、信頼性という面では一定の基準をクリアしていると言えます。

ただ、実際に仮想通貨取引所を運営している業者が安全であるかという事と、その取引所で取り扱っている仮想通貨の将来性とは切り離して考えるべきと言われています。

仮想通貨は、株式やFXと違いボラティリティ(価格変動)が非常に高いため、今後の経済状況やその銘柄の開発状況などによって、どの仮想通貨が残っていくのかがわかりません。

仮想通貨購入時には確かに取引所の選び方も非常に重要ですが、同じように自分が購入しようとしている仮想通貨の開発状況やプロダクト内容、業務提携などといった現状を把握する事も大切なのです。

はじめは国内、慣れたら海外の取引所を利用

日本国内の金融庁に認可されている仮想通貨取引所は、審査の基準が非常に厳しいという点もあり、取扱い仮想通貨の種類が世界的に見て少ないのが特徴です。

そのため、多くの一般投資家たちはより様々な仮想通貨売買を求めて、海外の仮想通貨取引所を利用しています。

海外では、取引所ごとに差はあるものの、国内では考えられない数の仮想通貨を取り扱っており、多いところではその取扱い数は200以上にもなるのです。

さらに、日本国内では法律でFX取引時のレバレッジ倍率は25倍が上限とされています。

はるはる

しかし、海外の取引所「CryptoGT(クリプトジーティー)」では、なんと200倍のアルトコインFXが可能となっており非常に魅力的な面もあります!!



ただ、レバレッジが高いという事は、稼げる金額が大きくなる反面、損失も同じ分だけ大きくなるため初心者にはおすすめできません。

日本国内の仮想通貨取引所に慣れてきて、国内では取扱がない銘柄をどうしても売買したい時には海外の取引所を利用するのも良かもしれませんね。

仮想通貨の稼ぎ方は毎月変わる!ボラティリティの大きさを上手に利用

仮想通貨取引を既に行っている方はご存知ですが、株式などと違い仮想通貨価格は非常にボラティリティ(価格変動)が高く、それがメリットでもありデメリットにもなる魅力となっています。

ビットコインやアルトコインをはじめ仮想通貨ごとの価格変動はもちろんですが、取引所ごとでも変動の差はあるのが現状です。

さらには、ちょっとした好材料となるニュースが発表された時や、経済の状況などによって一気に暴騰・暴落するので、毎月稼ぐ方法が違ってくるのです。

一般的には、現在のように仮想通貨相場全体が停滞、または下落傾向の時にも利益が出せるFX取引に対応している取引所は人気が高い傾向にあります。

こうした仮想通貨取引のリスクを最大限排除し、少しずつ利益を出したい人であれば、Zaifの積立型サービスなどを利用するのも良いかもしれませんね。

結局もっともおすすめの仮想通貨取引所はどこなのか!?

仮想通貨,取引所,選び方

ここまで取引所の選び方について詳しく解説しましたが、「じゃあ結局一番おすすめの取引所はどこなの!?」と思うかもしれませんね。

はるはる

結論から言うと、「自分に最適な仮想通貨取引所は自分の投資方法や購入したい銘柄に左右される」という事です!!



ビットコイン取引がしたい人であれば、ビットコイン取引が安く特化したサービスをしている取引所、仮想通貨FXで大きく稼ぎたい人ならFX取引のサービスが充実している取引所という事になりますね。

とはいえ、仮想通貨をこれから始める初心者にとって「最初にココだけは口座開設しておいた方が良い取引所」はあります。

仮想通貨,取引所,選び方

それが上図の「GMOコイン」で、他の仮想通貨取引所にはない魅力的な特徴がたくさんあります。

  • 取引所の運営企業が東証一部上場の有名な「GMOインターネット」で安心
  • 取引時にかかるほぼ全ての手数料がなんと無料
  • 初心者には非常に嬉しい年中無休のアフターサービス
  • 仮想通貨FX取引も可能で、FX取引に特化したスマホアプリ「ビットレ君」
  • 現物取引・FX取引において全5種の仮想通貨の売買が可能
  • 随時、様々な無料キャンペーンを実施している

などなど、数え上げたらキリがないほど「登録しておいて絶対に損はしない仮想通貨取引所」と言えるでしょう。

そのため、この記事を読んでもまだ迷う人はとりあえず最初に「GMOコイン」の口座開設をして、現物取引やFX取引、取引所や販売所の違いに慣れるのがおすすめです。

公式サイトをチェック↓↓

また、「各種手数料や仮想通貨FX取引など各項目別の取引所ランキングがもっと知りたい!」という方は下記記事をぜひ参考にしてくださいね。



仮想通貨取引所は複数口座開設して用途で使い分けるのがベスト

取引所,選び方

選び方の最初に「販売所と取引所の違い」についてご紹介しましたが、これで最低限の基礎知識が一つ身につきましたね。

次に、「仮想通貨取引所はいくつ開設したらよいか」という疑問ですが、結論から言うと「仮想通貨取引を効率的に行うためには口座は複数持っていた方がおすすめ」と言えます。

仮想通貨取引所の口座を複数開設する事で、取引に関するリスクを最低限避けるだけでなく、以下でご紹介するような様々なメリットが得られます。

理由①投資に対する資産リスクを下げる(分散投資)

近年、仮想通貨という言葉が世の中に浸透しつつありますが、それを取扱っている取引所も万能というわけではありません。

インターネット上で様々なサービス提供をする以上、取引が集中した時にサーバーが時折ダウンしたり、セキュリティの穴をついて外部からの不正アクセスやハッキングといった被害を受ける可能性もあるのです。

過去2018年初頭に起きたコインチェックのネム流出事件でも、実際に複数口座を開設している投資家は、そこまで慌てた様子がなかったようです。

その他にも、仮想通貨取引所を運営している企業の経営持続が困難になり取引所自体が破たんするケースも考えられます。

はるはる

取引所が破綻してしまうと、保有している仮想通貨を別の取引所へ送金する必要も出てきますよね!!



そうした場合、前もって複数の口座を持っている事で、こうしたトラブル発生時にも慌てずに対応可能な点はメリットと言えますね。

理由②色々な仮想通貨取引が可能になりチャンスが増える

現在、仮想通貨の種類は非常に多く存在しており、有名なビットコインの他にもアルトコインやトークンなど世間にまだまだ知られていないお宝通貨はたくさんあります。

ただ、仮想通貨取引所がそうした仮想通貨を取り扱っていなければ、いくら投資家が購入し保有したくてもできませんよね。

そのため、どうしても自分が欲しい仮想通貨がある場合、その銘柄を取り扱っている取引所の口座を開設し購入するという方法しかありません。

はるはる

つまり、取扱い仮想通貨の数があらかじめ多い取引所ほど、利益を上げるチャンスは広がる事になります!!



対応通貨が多い取引所の口座を複数開設する事によって、こうしたチャンスはさらに上がるため、各取引所で取り扱っている仮想通貨の種類は必ず確認するようにしましょう。

仮想通貨初心者がはじめに一つの取引所だけで取引をしていると、その取引所で取り扱っていない仮想通貨が、いざ値上がりしそうな時にチャンスを逃す事にもなるのです。

現在、日本国内の仮想通貨取引所は金融庁の規制が厳しく、取扱い通貨の種類が少ないですが、海外では100種類以上の取扱いがある取引所は多数存在しますので、取引に慣れたら海外の取引所を併用すると良いでしょう。

理由③仮想通貨取引所ごとの提供サービスやキャンペーンを利用可能

国内、国外を含めて、各仮想通貨取引所は「なんとか自社の運営する取引所に口座を開設してもらうために様々な無料キャンペーン」を実施しています。

当然、各仮想通貨取引所にはアルトコイン取引に特化していたり、仮想通貨FX取引に向いていたりと様々な特徴があるため、自分の取引形態に合わせて取引所を使い分けるのが一般的です。

はるはる

例えば、ビットコインならこの取引所で売買する、FX取引ならレバレッジが高いこの取引所を利用するといった感じですね!!



こうして、各仮想通貨取引所の特徴を掴みながら、それぞれ自分の投資方法に合わせて併用していくと効率的、かつ安全に投資できるのでおすすめです。

仮想通貨取引所の選び方まとめ

今回は、仮想通貨取引を行う上で初心者が迷いやすいと言われる「上手な取引所の選び方」や取引所を選ぶ際の注意点を中心にご紹介しました。

もう一度、「仮想通貨取引所の上手な選び方」をおさらいしてみると…、

  • 選び方①取引所が取扱っている仮想通貨の種類で選ぶ
  • 選び方②セキュリティ(安全性)の高さで選ぶ
  • 選び方③各種手数料の安さで選ぶ
  • 選び方④取引所としての機能性・提供サービスで選ぶ
  • 選び方⑤仮想通貨の流動性で選ぶ
  • その他、仮想通貨取引所を運営している企業の信頼性も要チェック

となります。

はるはる

仮想通貨取引所を選ぶ際には参考にしてみると、きっとあなたの投資方法にピッタリの取引所がみつかるはずですよ!!



今回の記事の他にも、初心者にわかりやすく国内の仮想通貨取引所ランキングを下記記事でご紹介していますので、ぜひこちらも参考にして下さいね。



最終更新日:2019年09月10日

【この記事を書いた女子会メンバー】

たかしま編集長
たのしい仮想通貨女子会編集長のたかしまです!日本一たのしい仮想通貨メディアにするべく仮想通貨女子一同頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!
たかしま編集長の他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事