ホーム取引所ビットコインの買い方をGMOコイン取引所・販売所別に詳しく解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.11.23 最終更新
はる

ビットコインの買い方をGMOコイン取引所・販売所別に詳しく解説!

GMOコイン,ビットコイン,買い方

はるはる

こんにちわっ、はるです!今回はGMOコインでビットコイン買い方をご紹介していきます!!



詳細はこちら↓↓

GMOコインでビットコイン(BTC)を買う前に必要なポイント

GMOコイン,ビットコイン,買い方

GMOコインは、ビットコインをはじめて購入する人にも非常に使いやすいと評判の仮想通貨取引所の一つです。

しかし実際に、GMOコインを利用してビットコインの買い方を紹介する前に、いくつか必要になる事があります。

ポイント①ビットコインを購入するためのGMOコイン口座開設

現在、日本国内で仮想通貨トレードをするためには、取引所の口座開設が必要不可欠です。

はるはる

そして人気のGMOコイン取引所に新規口座開設するためには、「メールアドレス・SMS付きの携帯&スマホ・本人確認書類」の3つが必要なんですよ!!



そのため、ビットコインの買い方を知りたい人でまだ取引所口座を開設していない人は、以下の記事を参考にしながら、ぜひ初心者におすすめのGMOコインで口座開設してみましょう。



ポイント②GMOコイン口座への入金

無事にGMOコインの口座を開設できたら、次はビットコインを購入するための資金を「入金」しなければいけません。

これは、GMOコインだけでなく他の取引所でも、まずは「口座開設⇒入金⇒トレード(ビットコインを購入)」という流れになります。

はるはる

GMOコイン口座への入金方法については、以下の記事で分かりやすく解説していますので、参考にしながら入金をしてみましょう!!





ポイント③販売所と取引所の違いなど基礎知識をつけておく

さて、GMOコインに日本円を入金できたら、

はるはる

あとはビットコインの買い方を知れば、はれてあなたもビットコイントレーダーとなります!!



しかし、いきなり入金した資金全てを使用してビットコインを購入したとしても、利益を出せる可能性は非常に低いでしょう。

トレードに最低限必要な、ビットコイン売買に関するトレードや仮想通貨取引所の基礎知識がないからです。

GMOコインを利用したビットコインの買い方は後々ご紹介するとして、最低限GMOコインが提供している2つの取引形態(販売所と取引所)に違いは覚えておきましょう。

販売所と取引所の違い

国内の仮想通貨取引所には、それぞれ「販売所・取引所」という販売形態により仮想通貨を売買しています。

GMOコインでは、この販売所と取引所の両方を完備している点からも、初心者から上級者まで利用しやすいと言われる理由となっているのです。

では、販売所と取引所の違いはどこにあるのでしょうか。

  • 【販売所】運営会社があらかじめ決めた売買価格でいつでも仮想通貨売買が可能な所
  • 【取引所】利用ユーザー同士が希望価格を出し合いマッチングして売買が成立する所

基本的には、上記のような違いがあり、一般社会で例えれば「販売所は売店のようなところ」で「取引所はバザーのようなところ」とイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

また、販売所は初心者でも簡単に売買可能ですが、運営会社があらかじめ設定した価格でしか売買できないため、どうしても買値と売値の差額「スプレッド」が発生するため、余分な手数料がかかります。

これに対して、取引所は利用ユーザーが出した売買価格を表示する取引板を利用して、売り手と買い手の希望がマッチングした時に売買が成立します。

取引所では、基本的に運営会社は取引板を提供するだけですので、ビットコインなどの売買にかかる手数料は販売所に比べて非常に安くなっている点を覚えておきましょう。

詳細はこちら↓↓

GMOコインを利用したビットコイン(BTC)の買い方をご紹介

GMOコイン,ビットコイン,買い方

さてここまででGMOコインの口座開設・入金、販売所と取引所の違いがわかりましたね。

ではさっそくビットコインの買い方を販売所と取引所別に分けてご紹介していきます。

ビットコイン販売所での買い方

まずは、ビットコイン販売所でビットコインの買い方を解説していきますので、GMOコイン公式サイトからログインしてみましょう。

GMOコイン,ビットコイン,買い方

上図がGMOコイン販売所でのビットコイン購入画面になりますが、買い方の流れとしては以下のようになります。

  • ①GMOコインホーム画面の左メニューから「販売所」をクリック
  • ②購入したい仮想通貨銘柄(ここではビットコイン)を選択
  • ③ビットコインの「現在レート」を確認
  • ④必要であれば過去チャートもココから確認
  • ⑤ビットコインの買い方を「数量」か「金額」で選択
  • ⑥選択した数量を入力
  • ⑦「購入」ボタンをクリック

基本的には、上記のような流れで初心者でも簡単にビットコインを購入する事ができます。

ビットコイン取引所での買い方~現物取引~

GMOコイン,ビットコイン,買い方

次は、取引所(現物取引)でのビットコインの買い方ですが、選択していく項目が少し増えて画面がやや変わってはいますが、流れは基本的に同じです。

  • ①GMOコインホーム画面の左メニューから「取引所⇒現物取引」をクリック
  • ②緑枠が現在レートで、この取引板に買値と売値を並べます。
  • ③銘柄選択はココに移動しているので気を付けましょう
  • ④必要であれば過去チャートもココから確認
  • ⑤ビットコインの「現在レート」を確認
  • ⑥「成行」で買うか「指値」で買うかを選択
  • ⑦売買区分「買い」か「売り」かを選択
  • ⑧選択した数量を入力
  • ⑨「購入」ボタンをクリック(青丸にチェックを入れると確認画面をスキップ)

取引所は、販売所と違ってGMOコインでビットコインを購入(売却)しようとしている利用ユーザーが、中央の「取引板」に希望注文価格を並べており、それが表示される仕組みになっています。

GMOコインでは「Maker取引手数料が-0.01%」とマイナス設定なので、この取引板に自分の希望購入価格を並べて約定すれば、本来かかるはずの手数料がもらえますので非常にお得です。

ビットコイン取引所での買い方~仮想通貨FX(レバレッジをかけた取引)~

GMOコイン,ビットコイン,買い方

最後に、レバレッジを効かせた仮想通貨FX(取引所)を利用したビットコインの買い方をみてみましょう。

  • ①GMOコインホーム画面の左メニューから「取引所⇒レバレッジ取引」をクリック
  • ②現物取引とまったく同じ取引板です。
  • ③銘柄をビットコインに選択します。
  • ④必要であれば過去チャートもココから確認(※1)
  • ⑤ビットコインの「現在レート」を確認
  • ⑥「成行」で買うか「指値」で買うかを選択
  • ⑦売買区分「買い」か「売り」かを選択
  • ⑧選択した数量を入力
  • ⑨「購入」ボタンをクリック(青丸にチェックを入れると確認画面をスキップ)

上記のようにほとんど現物取引でのビットコインの買い方と変わりません。

【※1】仮想通貨FXトレードでは、下図のように、より詳しい「WEB.TRADER」機能を利用して、ビットコインチャートを表示しながら注文を出す買い方が可能となっています。

GMOコイン,ビットコイン,買い方

また、GMOコインを利用しレバレッジを効かせたFXトレードでは、レバレッジ倍率はどの銘柄も4倍固定となっている点は覚えておきましょう。

GMOコイン,ビットコイン,買い方

ビットコインをGMOコインで購入するメリット

GMOコイン,ビットコイン,買い方

さてここまでで、GMOコインを利用したビットコインの買い方が大体わかったと思いますが、他社と比較してGMOコインでビットコインを買うメリットはどこにあるのかをいくつかご紹介していきます。

メリット①GMOグループが運営企業なので安心感・信頼感がある

GMOコインは、今では日本国内でもサービスが充実した初心者にも大人気の仮想通貨取引所として有名ですが、取引所を運営しているのはGMOインターネットグループの子会社です。

国内でも大企業で東証一部上場企業である「GMOグループ傘下が運営企業」ということで、取引所を利用するユーザーとしては、安心感や信頼感につながっています。

仮想通貨トレードを行う上で、こうした取引所を運営している企業の資本力や経営力は非常に重要で、価値のあるサービス提供ができるかという点でもポイントとなります。

メリット②取引所と販売所の両方を完備している

既に「取引所と販売所の違い」については解説しましたが、国内だけでなく海外も含めて仮想通貨取引所の全ては「販売所か取引所」どちらかの販売形態を持っています。

DMMビットコインのような販売所形式のみ主体で運営している取引所もあれば、ビットバンクのように取引手数料に力を入れた取引所形式のみで運営している取引所もあるわけです。

はるはる

では、「販売所と取引所はどちらがお得なの!?」という意見が出てきますよね!!



前述したように、販売所と取引所のどちらもメリット・デメリットを持っているため、自分の投資資金や投資方法、サービス提供ツールなどに合わせて複数の取引所を使い分けるのがベストと言えるでしょう。

メリット③取引手数料をはじめとした手数料が全て安い

GMOコインが初心者から上級者トレーダーに至るまで、人気の取引所である理由に「買う種手数料が全て安い」という非常に魅力的なメリットがあります。

GMOコイン各種手数料一覧表

取引手数料 販売所での取引手数料 無料(スプレッド有)
現物取引時の手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
レバレッジ取引時の手数料 無料
レバレッジ取引時のポジション手数料 建玉ごとに0.04%/日
(日本時間朝6:00時点)
入金手数料 振込入金 無料
(振込手数料は自己負担)
クイック入金 無料
出金手数料 無料
仮想通貨の送金手数料 無料
(マイナーに支払う手数料は自己負担)

上記の一覧表を見てわかる通り、GMOコインを利用した時のビットコイン取引時にかかる取引手数料だけでなく、日本円の入出金手数料や仮想通貨の送金手数料までもが全て無料となっています。

はるはる

国内でもこれだけ各種手数料が無料でお得な取引所はGMOコイン以外ないといっても過言ではありません!!



こうした各種手数料は、トレードで得た利益に直結する非常に重要なポイントとなりますので、大きなメリットといえるでしょう。

メリット④わかりやすいレバレッジ取引が可能

日本国内の仮想通貨取引所でも、レバレッジ取引や仮想通貨FX取引がトレード可能なところは限られてきます。

自分がトレードしたい銘柄が「現物取引には対応しているけどレバレッジ取引には対応していない…」といった事や逆の事もよくあるケースです。

しかし、GMOコインでは取り扱っているビットコインを含んだ全仮想通貨が全ての取引に対応しているため、上記のような「対応していない」面では困ることはないのは大きなメリットと言えます。

メリット⑤スマホアプリの評判が高い

GMOコインは、前述したパソコン上の取引ツール「WEB.TRADER」だけでなく、近年普及し続けているスマホアプリの提供にも力を入れています。

GMOコインには、入出金や送金からビットコインなどのトレードも可能な「GMOコイン仮想通貨ウォレット」アプリと、仮想通貨FX取引に特化した「ビットレ君」というアプリがサービス提供されています。

GMOコイン,ビットコイン,買い方

これらのスマホアプリは、今まで自宅でしかビットコイントレードができなかったというデメリットを改善しました。

はるはる

外出中でも気軽に入出金やトレードも可能にする非常に便利なアプリとなり今では必要不可欠といっても過言ではないほど普及しています!!



ビットコインの買い方に慣れてきたら、ぜひGMOコインが提供する2つのスマホアプリを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

以下の記事では、上記2つのスマホアプリのチャート機能や使い方をご紹介していますのでぜひご覧ください。



ビットコインをGMOコインで購入するデメリット

GMOコイン,ビットコイン,買い方

ここまでGMOコインの取引所としての魅力的なメリットをいくつかご紹介してきましたが、どんな取引所にも残念ながらデメリットが存在します。

ここでは、GMOコインを利用する上でのデメリットをみていきましょう。

デメリット①ビットコインをはじめ取り扱い銘柄が少ない

国内の仮想通貨取引所の中でも、GMOコインは仮想通貨の取り扱い種類が少ないと言われています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)

2019年11月現時点、GMOコインでは上記5つの銘柄を取り扱っていますが、他社と比較するとやはり少ない部類に入ります。

ただ、GMOコインにはそれ以上の魅力的な利用するメリットがたくさんありますので、今後新規上場銘柄が増える事に期待しましょう。

デメリット②GMOコイン販売所でのスプレッドが広い時がある

スプレッドとは、GMOコインの販売所でビットコインなどの仮想通貨を購入する時の「買値と売値の差額」の事を指します。


スプレッドは24時間リアルタイムに値動きしていますが、上記Twitterのように、GMOコイン販売所でスプレッド幅が非常に大きくなることがあるようです。

はるはる

わかりやすく上記Twitterに照らし合わせて具体的に説明してみましょう!!



GMOコインでビットコインを購入した場合、「ASK(買)1,395,972円」に対し。「Bid(売)1,323,472円」となっているため、約73,000円ものスプレッドが発生する事になります。

つまり、この時点でGMOコインの販売所を利用してビットコインを購入した時点で「約-73,000円」もの含み損が発生し、それが実質的な手数料として徴収されるわけです。

スプレッドは販売所でも取引所でも少なからず発生しますが、特に各取引所の販売所でビットコインを購入する際は、取引手数料だけでなくスプレッドも注意して購入するクセをつけましょう。

GMOコインでのビットコインの買い方を取引所・販売所別に詳しく解説まとめ

GMOコイン,ビットコイン,買い方

今回は、国内でも初心者から上級トレーダーまでたくさんの人が利用しているGMOコインでのビットコインの買い方を、取引所と販売所別に詳しく解説しました。

これからビットコインに興味を持ってトレードを始める方は、ぜひこの記事でご紹介した内容、特に販売所と取引所の違いやスプレッドなど最低限の知識をつけてから取引すると利益を得やすくなるでしょう。

GMOコインには、販売所と取引所の両方がサービス提供されていますので、ぜひ自分の投資方法にあったビットコインの買い方を見つけてみてはいかがでしょうか。

また、下記記事では、ビットコインの買い方を初心者でもわかりやすく解説していますので、ぜひこの記事とあわせて参考にしてくださいね。



最終更新日:2019年11月23日

【この記事を書いた女子会メンバー】

はる
今年の春から大学生ですo(^▽^)o仮想通貨は将来がちょっと不安で、投資の勉強を始めたのがきっかけ。目標はうちにお猫様をお迎えすること!仮想通貨は楽しんでやっていきます。
はるの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

今読まれている記事はこちら

サイド「ランキング」 サイド「手数料」 サイド「キャンペーン」
編集長がおすすめする取引所3選
超大手マネックスの傘下で生まれ変わったコインチェックがサービスを再開!アプリのDL数はなんと日本一!
初心者も、2社目の上級者にもおすすめ!
取引所、販売所、レバレッジなどすべてのサービスでリップルなど主要5通貨対応なのはGMOコインだけ!
最短翌日で取引可能なので初心者はまずサクッと登録しておくべき。
取引するだけで稼げてしまう国内最安のマイナス手数料はすごい!モナコインを買うならビットバンクで決まり。レバレッジは非対応なので要注意。