ホーム取引所GMOコインのスプレッドを検証&比較!高い評判がホントか調査してみた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.10.05 最終更新
さおりん

GMOコインのスプレッドを検証&比較!高い評判がホントか調査してみた!

さおりんさおりん

こんにちわ、さおりんです。取引をするときのスプレッドって、とっても重要なポイントですよね。

 

スプレッドは「隠れ手数料」と呼ばれることもあって、

知らずに取引していると、気づかないうちに

損をしてしまっている可能性もあります。

 

さおりんさおりん

先に今日の記事のネタバレをしちゃいますが、「GMOコインスプレッドが小さい」ので初心者にも上級者にもおすすめです!

 

今回は、

  • GMOコインのスプレッドって何?
  • GMOコインのスプレッドは高いって本当?
  • 各取引所のスプレッドを比較してみたい!

などなど・・・

 

今回は、GMOコインのスプレッドに関する

アレコレをわかりやすく解説していきます!

 

GMOコインなら最短翌日から取引できるよ↓↓

人気取引所のスプレッドを検証&比較してみた

さおりんさおりん

まずは日本国内で人気の取引所10社
スプレッドを検証&比較してみました!

 

まずは「取引所」のスプレッド一覧です。

目安として300円以下のスプレッドを青色にしてみました!

取引所名 スプレッド (6/5) スプレッド (6/6) スプレッド (6/7) スプレッド (6/8) スプレッド (6/10) スプレッド (6/11) スプレッド (7/2)
仮想通貨,取引所,手数料,リキッドバイコイン 62円 107円 136円 185円 163円 6円 846円
仮想通貨,取引所,手数料,ビットフライヤー 320円 580円 360円 954円 791円 402円 1000円
仮想通貨,取引所,手数料,ビットバンク 1円 1円 1円 1円 1円 1円 475円
仮想通貨,取引所,手数料,コインチェック 310円 570円 308円 193円 462円 316円 950円
仮想通貨,取引所,手数料,Zaif 380円 774円 675円 45円 175円 735円 115円
仮想通貨,取引所,手数料,BTCボックス 1,567円 1,096円 1,903円 54円 1,182円 1,006円 1,658円
仮想通貨,取引所,手数料,ビットポイント 1,282円 2,782円 1,000円 1,000円 570円 1,719円 354円
仮想通貨,取引所,手数料,GMOコイン 264円 265円 146円 265円 184円 265円 844円
仮想通貨,取引所,手数料,Huobi 1,586円 879円 1141円 1,358円 20,090円 1,847円 27,529円
仮想通貨,取引所,手数料,フィスコ 6,100円 8,945円 4,000円 33,725円 4,950円 13,995円 29,965円

こうしてみると、GMOコイン取引所の

スプレッドは比較的小さいほうですね!

 

さおりんさおりん

スプレッドだけを見ると、リキッド、ビットバンクが頭ひとつ抜け出している印象です。

 

ただし、入金手数料出金手数料などのことを

考えると、やはりGMOコインがおすすめですね!

 

各種手数料に関しては、以下の記事がおすすめです!

 

GMOコインの販売所で重要な『スプレッド』とは?

GMOコイン,スプレッド

仮想通貨取引所を選ぶとき、

あなたは「取引手数料無料」という

取引所に焦点を当てて探していませんか?

 

確かに「取引手数料無料」という言葉は

国内の取引所でよく見かけますが、

果たして本当にお得なのでしょうか!?

 

GMOコイン販売所の2WAYプライス方式とは

スプレッドのお話をする前に、

まずは「販売所」について少しだけ解説させてください。

 

仮想通貨の取引所には、

  • 取引所
  • 販売所

という2種類のサービスがあります。

GMOコインやコインチェックなど

両方のサービスをやっている取引所もあります。

 

さおりんさおりん

一般名称としての「取引所」と、サービスとしての「取引所」は分けて考えたほうがわかりやすいですね。

 

取引所は、利用者同士が「注文板」を利用して

ビットコインなどの仮想通貨をトレードするところ。

 

販売所は、GMOコインがビットコインなどの

仮想通貨を販売・買取しているサービスです。

 

販売所ではGMOコインが価格を決めているので、

私たちが自由に価格を決めて取引することはできません。

 

簡単にいうと、購入価格と売却価格の

2つの価格が提示されていて、

私たちは「買う」「売る」の

2つから選択する方式です

 

この方式をGMOコインでは、

2WAYプライス方式と呼んでいます。

 

ちなみに、GMOコインの「仮想通貨FX」でも

2WAYプライス方式を採用しています。

 

GMOコイン販売所のスプレッドは「買値と売値の価格差」

そもそもスプレッドとは、

買値と売値の価格差のことを指します。

 

GMOコインの販売所では、

買値と売値をGMOコインが決めています。

 

買値と売値には価格差が設定されていて、

その価格差がGMOコインの利益になるということです。

 

取引所にもスプレッドは発生しますが、

GMOコインが決めているわけではなく、

自然発生的に起こるものです。

 

そのため取引所のスプレッドは非常に小さく、

通常の取引においては無視しても良いレベルです。

 

重要なのは、事業者(GMOコイン)が

価格設定する「販売所のスプレッドです。

 

【GMOコイン販売所のスプレッド – サンプル】
GMOコイン,スプレッド

GMOコインの販売所や仮想通貨FXのトレードでは、

「売却価格」と「購入価格」の差である

「37,316円」がスプレッドということになります。

 

買うときは相場よりも2万円ほど高い価格

売るときは相場よりも2万円ほど安い価格

取引することになるので、利用者にとっては

ちょっと損だということがわかるかと思います。

 

『取引手数料無料』でもスプレッドがかかる

GMOコインでは、

  • 販売所でトレードするのか
  • 取引所でトレードするのか

によって、手数料は大きく異なってきます。

 

さおりんさおりん

えぇ!?でもGMOコインって取引手数料無料なんじゃないの?」と不思議に思った人もいるのではないでしょうか。

 

確かに、GMOコイン販売所での取引に

かかる手数料は無料ですが、実際には

リアルタイムに発生するスプレッドが

実質的な手数料となっているのです。

 

【GMOコインの取引手数料一覧】
GMOコイン,スプレッド

上図は、GMOコイン公式サイトでの

取引手数料一覧表です。

 

  • 販売所
  • 仮想通貨FX

でかかる取引手数料は無料なので、

一見「まったく手数料がかからない」

ように見えますよね。

 

しかし、実際には販売所では、

運営会社が隠れ手数料(スプレッド)を

設定しているので、実質的には手数料が

かかってしまっています。

 

GMOコイン販売所を利用した時のスプレッド一覧

では実際に、GMOコインの販売所

利用した時のスプレッドをみてみましょう。

仮想通貨名 買値 売値 スプレッド 割合
ビットコイン 1,300,066円 1,261,640円 38,426円 2.96%
イーサリアム 34,004円 31,704円 2,300円 6.76%
リップル 46.077円 42.321円 3.756円 8.15%
ライトコイン 13,099円 12,213円 886円 6.76%
ビットコインキャッシュ 47,744円 43,197円 4.547円 9.52%

※上記は2019年6月28日時点のスプレッド

(%は小数点第3位切り上げ)ですが、

あくまで参考程度に見てください。

 

スプレッドの幅は、各仮想通貨取引所間で

リアルタイムにどんどん変わっていきます。

 

GMOコインのスプレッド幅は、現価格の

約10%(ビットコインのみ約3%)と言われていますが、

実際見てみると10%は超えていません。

 

ちなみに、GMOコイン取引所での

取引手数料(Taker)「0.05%」の場合に、

100万円分のビットコインを成行(Taker)で

購入・約定した時の取引手数料は

500円の手数料がかかります。

 

その反面、販売所でトレードした場合には、

取引手数料は無料ですが、代わりに

手数料があらかじめ反映されている

スプレッドが発生します。

 

さおりんさおりん

つまり、「取引手数料が既に売買価格に含まれている」と言えばイメージしやすいのではないでしょうか。

GMOコインのスプレッドを他社の取引所と徹底比較

GMOコイン,スプレッド

では、ここまでご紹介したGMOコイン販売所、および仮想通貨FXで発生するビットコイン(BTC)のスプレッドが、実際に安いのかどうかを他社と比較しながらみていきましょう。

スプレッドの幅は仮想通貨取引所ごとにリアルタイムで常に値動きしているため、正確な数字を計測するのは困難ですが、あくまで参考としてみてくださいね。

GMOコイン販売所を利用した時のスプレッドと他社の比較一覧表

ではまず、上記でご紹介したGMOコイン販売所でのビットコインの「買値、売値、スプレッド」はそのままで、他社取引所のスプレッドを下記にまとめてみました。

仮想通貨取引所 BTC買値 BTC売値 スプレッド 割合
GMOコイン 1,283,397円 1,245,465円 38,426円 2.96%
DMMビットコイン 1,254,944円 1,251,197円 3,747円 0.29%
bitflyer 1,298,467円 1,234,208円 64,259円 4.99%
Zaif 1,300,890円 1,218,528円 82,362円 6.33%
コインチェック 1,290,700円 1,213,080 77,620円 6.01%

いずれも販売所でのビットコインのスプレッドとなりますが、GMOコインは中間といったところでしょうか。

DMMビットコインに関してはスプレッドが非常に狭いように見えますが、取引所ではなく基本的には「販売所形式のみ」となりますので、常にこのスプレッドを手数料として取られる事になります。

逆に、GMOコイン販売所のスプレッドは上記のように「約3%」となっていますが、販売所ではなく取引所を利用する事でスプレッドはほぼなくなる点がポイントになります。

【注意】GMOコイン販売所のスプレッドは広がる事もある

GMOコイン販売所のスプレッドは、他の販売所と比較した結果「高くもなく安くもない」という事がわかりました。

ただ、GMOコインに限った事ではなく、仮想通貨取引所のレートは常に変動しておりこれに応じてスプレッドの差も狭くなったり広くなったりする時があります。

さおりんさおりん

つまり、スプレッドは固定されているわけではないという事ですね。

特に、全体相場の価格変動が激しい時には、各取引所のスプレッドは広がる傾向にあると言われていますので注意しましょう。

しっかり取引手数料を抑えて利益を伸ばすには取引所を利用するのがおすすめ

ここまでご紹介した通り、スプレッドは販売所で広くなる点、仮想通貨取引所ごとに異なる点、価格変動の激しい時は広がる傾向がある点がわかりましたね。

販売所での実質的な手数料がスプレッドとなりますが、取引所では各利用ユーザーが指値を出し合って売買が成立するため、スプレッドはほぼありません。

さおりんさおりん

そのため、どうしても取引手数料を抑えて利益を少しでも伸ばしたいというのであれば、販売所ではなく取引所を利用すると良いでしょう。

GMOコインは、販売所も取引所も完備されているため、自由にどちらの取引も可能となっている上に、取引所の指値(Maker)手数料はマイナス設定なので取引すればするほどその分手数料が還元されて利益となります。

ただし、GMOコインのように取引所が利用できるところでなければこうしたトレードは不可能です。

上記で比較した各販売所のスプレッドは、DMMビットコインの販売所は非常に狭かったですが、DMMビットコインは基本的に販売所のために、取引所形式で仮想通貨を売買できません。

仮想通貨取引所を選ぶ際には、スプレッドだけでなく、こうした取引所か販売所かの違いにも気を付けて選ぶと良いでしょう。

実際に登録して取引してみよう↓↓

最近GMOコインのスプレッドが小さいというSNSでの評判は本当!?

GMOコイン,スプレッド

2019年に入ってから、GMOコインを長く利用しているユーザーから「GMOコインのスプレッドが狭くなった!」という声がしばしばTwitterなどのSNSでささやかれているようです。


今回はそんなGMOコインのスプレッドが本当に以前よりも狭くなったのかを調査してみました。

以前のGMOコインのスプレッド

ちょうどTwiter上に、以前のGMOコインのスプレッドがツイートされていましたので、今回はビットコインキャッシュを比較して調査してみました。


上記Twitterは、2018年11月18日にツイートされていますが、その時のGMOコインでのビットコインキャッシュのスプレッドは、購入価格が「41,999円」で売却価格が「34,362円」となり「7,637円」となっています。

さおりんさおりん

パーセンテージで計算してみると、なんと「購入価格の18%」とかなり広めの時があったようですね。

1BCHを購入する際に、実質的な手数料となる「18%ものスプレッド」を支払わなければならないとなると、購入する気にはなれませんよね。

現在のGMOコインのスプレッドはかなり縮小されていた!

では、現在2019年6月29日時点でのGMOコインにおけるビットコインキャッシュのスプレッドを見てみましょう。

GMOコイン,スプレッド

上記が現在のビットコインキャッシュですが、購入価格が「47,128円」で売却価格が「42,640円」となりスプレッドは「4,488円」となっています。

さおりんさおりん

つまりパーセンテージでは「9.52%」となり、前述した以前のスプレッドよりもはるかに縮小している事がわかります。

GMOコインのスプレッドは近年『縮小傾向』にある!?

結論として、以前よりもGMOコインのスプレッドは縮小しており、その傾向はいまだ続いているとの見解が多いようです。

取引手数料無料でも、販売所を利用するユーザーにとってスプレッドは売買時につきまとう実質的な手数料ですので、縮小傾向にある点はありがたいと言えます。

また、現在GMOコインで大々的に実施しているキャンペーンにも注目です。

GMOコイン,スプレッド

出来高による20万円キャッシュバックキャンペーンも魅力ですが、ビットコインのスプレッド(BTC)が毎週1回仮想通貨FXにおいて100円台まで縮小するキャンペーンを実施しているのです。

さおりんさおりん

ビットコインの仮想通貨FXを主体にGMOコインでトレードしている方にとっては、またとない大チャンスと言えますので積極的に利用しましょう。

また、現在開催中のGMOコインのキャンペーン詳細については、下記記事にて詳しくご紹介していますのでぜひ参考にして下さいね。

 

GMOコインのFX・スプレッドが高いと評判なのはホントか考察まとめ

GMOコイン,スプレッド

今回は、国内でも人気の仮想通貨取引所GMOコインの仮想通貨FXと販売所での取引時に発生するスプレッドが高いという評判が本当かどうかを考察してきました。

実際に、他社の販売所と比較した結果、GMOコインは安くもなく高くもない結果となりましたが、最近になりスプレッドが縮小傾向である事がわかりましたね。

今後、GMOコインが現在実施しているビットコインのスプレッド縮小キャンペーンに合わせて、アルトコインのスプレッドも狭くなっていけば、利用するユーザーはさらに増えるのではないでしょうか。

さおりんさおりん

まだGMOコインを利用した事がない人は、ぜひこの機会に新規口座登録をして実際のスプレッドを体感して比べてみるのもよいかもしれませんね。

GMOコインの新規口座開設方法については、下記記事にてわかりやすく解説していますのでぜひ参考にして下さい。

 

最終更新日:2019年10月05日

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事