ホーム取引所仮想通貨取引所は金融庁の登録認可制に!日本の取引所が世界で最も安心できる理由とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.01.28 最終更新
さおりん

仮想通貨取引所は金融庁の登録認可制に!日本の取引所が世界で最も安心できる理由とは?

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

金融庁

金融庁のHPによると、金融庁は、「日本の金融機能の安定を確保し、預金者、保険契約者、金融商品の投資者その他これらに準ずる者の保護を図るとともに、金融の円滑を図ること」を任務としています。

ゆいゆい

金融庁って、日本のスーパーエリート集団が集まるところよね?仮想通貨取引所も金融庁から認可されれば超安心ということ?

さおりんさおりん

超安心とまではいかないけど、金融庁に監督・指導されているから、安心して利用できるわね。もちろん、投資は自己責任だけどね。

2018年1月に約580億円ものNEM流出事件を引き起こした旧コインチェックは、当時金融庁から登録事業者としての認可が下りておらず、「みなし業者」のままであったことはニュース等で大きく報じられていました。

この金融庁の認可が下りなかった理由が、旧コインチェックのセキュリティ対策にあったと言われており、金融庁の審査がいかに厳しいものであるのかを物語っているようですね。

今回は、金融庁の仮想通貨交換事業者の登録認可制について分かりやすく解説していきます。

ここまで厳しい審査を受けている仮想通貨取引所は日本だけ

審査

仮想通貨には、次世代テクノロジーや新し資金調達法など非常に多くのメリットが指摘される反面、詐欺、ハッキング、資産流出なども指摘されることが多く、実際に多くの犯罪や事件が発生しています。

誰からも管理されない仮想通貨は、デジタル暗号通貨としてネット上で自由な経済圏を確立します。

しかし同時に、マネーロンダリング(資金洗浄)の温床ともなり、また、ハッキングによる流出事件に加えて、詐欺集団にも狙われることになりました。

 

成長する仮想通貨市場に法整備が追い付いていない、あるいは、誰からも管理されないはずの仮想通貨を規制するのはおかしい、などの議論もありました。

そして、2017年4月の改正資金決済法により、日本国内で営業する仮想通貨取引所は金融庁の登録事業者の認可を受けることが必要となります。

仮想通貨取引所は金融庁の登録認可制に

ゆいゆい

仮想通貨取引所が金融庁の登録認可制になったということは、国内の取引所は安心できるというメリットもあるけど、金融庁の規制を受けるという面ではどうなの?

さおりんさおりん

規制=悪という風潮もあったけど、最近の郵貯問題を見ていると、規制緩和がかえって悪となっているようにも見えるし、難しいところね。

金融庁の仮想通貨交換事業者登録認可制は、海外ではほぼ考えられないような厳しいもので、事実、海外取引所の多くは日本市場から撤退していくことになりました。

これをどうとらえるのかは置いといて、間違いなくいえることは、日本の仮想通貨取引所は世界で最も厳しいといわれる金融庁の認可を受けた、すこぶる安心感のある取引所と言われるようになったということです。

金融庁登録認可済みの仮想通貨取引所一覧

令和2年1月20日現在、金融庁登録認可済みの取引所は22ヵ所となります。

22社の取引所名と金融庁登録認可取得日を記載しておきますので、ここはサクッと流し見てください。

登録先 登録年月日 仮想通貨交換業者名
関東財務局 平成29年9月29日 株式会社マネーパートナーズ
平成29年9月29日 QUOINE株式会社
平成29年9月29日 株式会社bitFlyer
平成29年9月29日 ビットバンク株式会社
平成29年9月29日 SBI VCトレード株式会社
平成29年9月29日 GMOコイン株式会社
平成29年9月29日 フォビジャパン株式会社
平成29年9月29日 BTCボックス株式会社
平成29年9月29日 株式会社ビットポイントジャパン
平成29年12月1日 株式会社DMM Bitcoin
平成29年12月1日 TaoTao株式会社
平成29年12月1日 Bitgate株式会社
平成29年12月26日 株式会社BITOCEAN
平成31年1月11日 コインチェック株式会社
平成31年3月25日 楽天ウォレット株式会社
平成31年3月25日 株式会社ディーカレット
令和元年9月6日 LVC株式会社
令和元年11月27日 株式会社LastRoots
令和元年12月24日 Fxcoin株式会社
近畿財務局 平成29年9月29日 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
平成29年9月29日 テックビューロ株式会社
平成29年12月1日 株式会社Xtheta

金融庁の認可を受けた仮想通貨取引所ランキング3選

仮想通貨

金融庁登録認可済みの取引所は22社もあるので、多すぎてどこに口座を作ればいいのか分からない、という人は多いはず。

こんな人のために、初心者でも安心して利用できるおすすめの取引所を3つ選んでみました。

初心者におすすめNo.1「コインチェック」

仮想通貨,取引所,コインチェック

今一番おすすめの仮想通貨取引所は、話題のIEO(※)を検討中のマネックスグループ傘下の新生コインチェックです。

もともと国内人気ナンバー1の取引所でしたが、2018年1月のNEM流出事件を引き起こします。

その後、マネックスグループに買収され新生コインチェックとして完全復活しています。もちろん、金融庁の登録業者の認可も取得済みです。

コインチェックなら、初心者でも安心して利用でき、かつ使いこなすことができます。

コインチェックがオススメな理由

  • 圧倒的な使いやすさ、アプリDL数国内ナンバー1
  • 取扱通貨数11種類は国内最多
  • ネット証券大手のマネックスグループが運営で安心・安全性は抜群
  • 話題のIEOを検討中

※ IEOとは、Initial Exchange Offeringの略で、従来型のように仮想通貨プロジェクトがネット上で投資家を募集するのではなく、仮想通貨取引所を通して資金調達を行う方法のことです。仮想通貨(トークン)は取引所が投資家に販売します。

取引所は、仮想通貨を選ぶ際に審査を実施し、将来有望なプロジェクトのみ扱いますので、信頼性が格段に上がります

大手取引所なら「GMOコイン」

GMOコイン,評判

コインチェックとともにおすすめなのが、インターネット大手のGMOグループが運営するGMOコインです。

GMOグループは、FX最大手のGMOクリック証券も運営しており、そのノウハウはGMOコインでも大いに活かされており、新規参入組ながら急速に存在感を発揮しています。

GMOコインがオススメな理由

  • FX最大手GMOクリック証券のノウハウを活かした使い安さ
  • 取引所・販売所が取扱通貨7種類全部で利用できる
  • 仮想通貨FX公式専用アプリ「ビットレ君」が大人気
  • 現物取引にかかる手数料がすべて無料

FXにチャレンジするなら「DMMビットコイン」

DMMbitcoin,ランキング

 

現物取引のみならず、将来的にはFXにもチャレンジしたいという人におすすめなのがDMMビットコインです。

DMMビットコインも、大手企業DMMグループの仮想通貨取引所で、国内トップクラスのDMMFXのノウハウが十分に活かされています。

やはり、グループ企業にネット証券やFX会社があると豊富なノウハウがあるため、安心感や安全性、使いやすさなどが格段に違ってきますね。

DMMビットコインがオススメな理由

  • 7種類の通貨でレバレッジ取引が可能なのは国内ではDMMビットコインだけ
  • 高度なテクニカル分析が可能、アプリも使いやすい
  • 365日対応のカスタマーサポートで初心者も安心
  • FXで培った高い取引所運営能力

金融庁の登録認可制が生まれた背景とは

マネーロンダリング

日本の金融庁は、世界で初めての暗号通貨に対する法整備ということで高い評価を受けています。

投資家保護の観点

預金者や投資家保護は金融庁の重要な役割となります。

仮想通貨取引所も顧客資産を預かり、管理することになりますが、管理体制が整っていない場合には顧客資産が紛失してしまうというリスクも十分にあり得ます。

そこで、資産の分別管理(取引所の自己資産と顧客資産を別口座に分けて管理するなど)や厳正なセキュリティ対策を実施することを義務づけています。

仮想通貨取引所の破たんを防ぐ

二十数年前のバブルの崩壊では、大企業であった山一證券や拓殖銀行が倒産したことは記憶に新しいところですが、金融庁には金融機関の倒産を未然に防ぐという役割があります。

金融庁は、旧大蔵省の銀行局と証券局という主要4部門の2局を独立させた新しい中央省庁で、バブルの崩壊を受け新たな金融時代に対応すべく設立されています。

仮想通貨取引所の破たんといえば、2014年のマウントゴックス事件が有名ですが、このような事件が起こらないように金融庁はしっかりと監視します。

マウントゴックス事件についてはこちらの記事も読んでみてくださいね!

 

マネーロンダリング対策

3つ目はマネーロンダリング対策ですが、実はこの問題が金融庁にとっても最も頭の痛い問題であり、かつ重要な任務となります。

マネーロンダリングとは、資金洗浄と訳されますが、一般的には税金逃れや、犯罪で得た資金を跡が残らないように換金してしまうことを言います。

問題なのは、仮想通貨とはその特性上から匿名性が非常に高く、個人情報が洩れることが少ないためマネーロンダリングとの相性が抜群というわけです。

さおりんさおりん

さらに厄介なのが中国人民元の存在で、共産党政権下における信用のない人民元から、米ドルなどに換金したいという巨額の資産が仮想通貨を利用してのマネーロンダリングの機会を常に窺っているのです。

2017年末の仮想通貨大暴騰劇の最大の要因は、中国人民元のマネーロンダリングではと言われていますが、人民元と仮想通貨の価格の動きは驚くほどリンクしているのです。

ご参考までに、ビットコインと人民元の月足比較チャートを添付しておきます。

人民元チャート

ゆいゆい

そういえば、マネックスグループに買収されたコインチェックは、買収後すぐに匿名三羽烏と呼ばれ人気の高かったモネロ(XMR)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)を取扱通貨から廃止したよね?あれって金融庁への忖度ってこと?

さおりんさおりん

忖度かもしれないけど、金融庁の登録認可を取得するためには必要であったことは間違いないわ。

 

金融庁の登録認可が世界で最も厳しいといわれるのは

金融庁

世界で初めて施行された仮想通貨の法整備ということで、高い評価を受けている金融庁の登録認可制。

その中身が厳しすぎるのでは?との指摘がある反面、日本の仮想通貨取引所は世界で一番安全な取引所であるともいわれるようになっています。

それでは、この厳しすぎる(?)登録認可を受けるために必要な条件、また、違反した場合に課せられる鬼より怖いといわれる行政処分について説明します。

金融庁の認可を受けるためには

金融庁の登録認可を受けるために必要な基準をわかりやすくまとめてみました。

・資本金は1000万円以上で、経営が安定していること
具体的には、黒字経営が継続していて資本金が1000万円以上の企業となっており、この条件が基準となっていることで、最低限の信頼性と安全性のある会社であることが条件となります。

・分別管理を実施すること
取引所と顧客(ユーザー)の資産を別々に管理することが義務付けられています

この制度は、もはやグローバルスタンダードとなっていますが、改正資金決済法では、証券会社などと同様に公認会計士等による分別管理監査が義務付けられました

分別管理により、万が一仮想通貨取引所が破たんした場合でも顧客(ユーザー)資産は守られることになります

・定期的に外部監査を実施すること
金融庁の登録認可を受けた仮想通貨取引所には、定期的に外部監査を受けることが義務付けられます

これにより、仮想通貨取引所が金融庁の定める基準を順守しているかを確認します。

万が一、金融庁の基準が順守されていない場合には後述する行政処分の対象となります。

・本人確認の徹底
犯罪防止や、マネーロンダリング対策からも口座開設時の本人確認の徹底が義務付けられています。

海外取引所の中には、メールアドレスのみで本人確認無しで口座開設可能なところが多くあります。どちらが良いかは別として、本人確認されたくない人は海外取引所を選択するでしょうね!

・仮想通貨取引所の運営能力があること
当然ですが、取引所を運営していく十分な能力が必要とされます。

取引所としての運営能力ですから、企業経営のみならずセキュリティ対策(マルチシグ、コールドウォレット等)も重要な要素となります。

親会社やグループ企業に、ネット証券やFX会社があるとそのノウハウが活かされ非常に有利です

マルチシグやコールドウォレットについて詳しく知りたい人はこちらの記事も読んでみてくださいね!

 

仮想通貨取引所にとって鬼より怖い行政処分とは

クルマを運転する人の中には、行政処分を受けたことのある人もいるかもしれませんが、道路交通法での行政処分とは「免停」や「免許取り消し」のことで、免許が停止、あるいは取り消されるという非常に厳しい処分のことです。

さおりんさおりん

金融庁による行政処分も同じことで、基準を順守していない取引所については、「営業停止」や「登録免許取り消し」窓の非常に厳しい処分が課されることになります。取引所にとっては鬼より怖い行政処分と言われています。

銀行、証券会社、保険会社、ローン会社などの金融機関にとって、この行政処分の対象となることは顧客の信用を一気に失墜してしまうことになり、業績にももろに反映してしまうのです。

 

「仮想通貨取引所は金融庁の登録認可制に」まとめ

仮想通貨取引所

今回は、2017年4月施行された世界で最も厳しいともいわれる金融庁の仮想通貨取引所の登録認可制について解説してみました。

金融庁の登録認可を受けた取引所は、世界で最も信頼性の高い取引所であり、定期的な監査により安心して利用することができます

ランキング等を参考にして、取引所に口座を開設し、将来性の高い仮想通貨の世界に参加してみませんか!

 

✓最後まで読んでくれたあなたに♪
コインチェック

いつもコインガールズの記事を読んでくださり、ありがとうございます♪

私達は、皆様にもっと仮想通貨のことを知ってもらいたい!楽しんでもらいたい!稼いでもらいたい!と思っているので、これからもどうぞ、応援のほどよろしくお願いします!!

ところで皆様、もう取引所は登録していますか?取引所の登録は3分ほどで完了しますが、利用可能まで3日ほど待たないとダメなんです。

仮想通貨の最大の魅力は「突然やってくる高騰」です。「今まさに買い時!!」というときにすぐ買えるよう、準備しておくべきじゃないですか?

まずはアプリのダウンロード数国内No.1を誇る「コインチェック」に登録しちゃいましょう♪

コインチェックなら…

  • 登録料や年会費は無料
  • 通貨取り扱い数は国内最多
  • 取引手数料はもちろん無料
  • 手厚いユーザーサポート
  • コインガールズの豊富な記事でお悩み解決!

ということで、今激アツの取引所なんですよね!まずは公式サイトをチェックしてみてね♪

✓仮想通貨は1,000円から買えて、10倍~100倍になる可能性を秘めています!完全無料で始めて高騰するまで放置もOKなので、登録だけでもしておいて損はないですよ♪

最終更新日:2020年01月28日

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

今読まれている記事はこちら

サイド「ランキング」 サイド「手数料」 サイド「キャンペーン」
編集長がおすすめする取引所3選
超大手マネックスの傘下で生まれ変わったコインチェックがサービスを再開!アプリのDL数は、2020年も国内No.1!
初心者も、2社目の上級者にもおすすめ!
取引所、販売所、レバレッジなどすべてのサービスでリップルなど主要5通貨対応なのはGMOコインだけ!
最短翌日で取引可能なので初心者はまずサクッと登録しておくべき。
取引するだけで稼げてしまう国内最安のマイナス手数料はすごい!モナコインを買うならビットバンクで決まり。レバレッジは非対応なので要注意。