ホームアルトコイン仮想通貨リスクの今後は?2020年の価格はどうなるのか徹底予想!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さおりん

仮想通貨リスクの今後は?2020年の価格はどうなるのか徹底予想!

✓1分で読める!編集長おすすめの取引所コーナー♪
コインチェック

金融業界で屈指の実力を持つマネックスの傘下に入り、生まれ変わった「新生コインチェック」!

アプリのダウンロード数は日本一で、今一番使われている取引所ではないでしょうか!?

「雨降って地固まる」という諺(ことわざ)の通り、ハッキング事件があったことでセキュリティが非常に強固になっており、実は今編集長が一番信頼している取引所なんです。

登録も取引も無料なので、まずは公式サイトで詳細を確認してくださいね↓↓

✓仮想通貨に興味あるなら、超おすすめだから使ってみてね!

Lisk

ゆいゆい

新年早々、株式市場が大変なことになってるね!仮想通貨への影響はどうなの?

さおりんさおりん

アメリカ大統領選挙の年は大変化が起こりやすいけど、まさかの展開よね!今のところは仮想通貨は逆行高というところで、リスクオフで株式市場から資金が仮想通貨市場に避難してきているみたい。

ゆいゆい

そういえば、スマートコントラクト搭載の仮想通貨リスクがあるけど、リスクがらみで買われたりして?

さおりんさおりん

ゆい、リスクはRiskではなくLiskなんだけど・・・

2020年、昨年までの超安定相場から一転、株式市場や為替市場は大混乱に陥ろうとしているようです。これから先、リスクヘッジ、リスクオン、リスクオフなどリスクにまつわる情報が氾濫することが予想されます。

世の中にリスクが氾濫し多くの投資家がリスクを意識するようになります。

洒落ではないのですが、仮想通貨にもリスクという時価総額38位に位置する将来有望なコインがありますね。Risk(危険)ではなく正式名称はLiskですが、これから仮想通貨を始めたいという人には気になる通貨になりそうですね。

今回は、仮想通貨Liskの今後がどうなるのか、買うべきか見送るべきかを初心者にもわかりやすく解説していきますね!

「仮想通貨の危険性」を知っておきたい人は、こちらの記事をご確認ください。

 

仮想通貨リスクってどんな通貨?

Lisk

リスク(Lisk/LSK)ってどんな通貨?

聞いたことはあるけど特徴などはよくわからない、こういう方も多いでしょうね。

リスクは国内取引所のコインチェックなどでも取り扱われている、2016年5月に公開された仮想通貨です。今では時価総額ランキング38位(2020年1月時点)に位置する、知る人ぞ知る将来有望なコインです。

仮想通貨リスクの特徴

仮想通貨リスク(Lisk)はイーサりアム(ETH)などと同じようにスマートコントラクトを搭載し、分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)として機能します。

これにより、ブロックの中に取引記録だけでなく契約情報も記録することが可能となり、将来的には第三者を介さない取引が可能になると期待されています。

さて、これだけならば時価総額第2位のメジャー通貨イーサリアムでもいいじゃん、というお話になりますが、仮想通貨リスクが注目されるのはその仕組みです。

仮想通貨リスクの仕組みとは

仮想通貨リスクが注目されるのは、その仕組みにサイドチェーンが利用されていることと、開発環境にJavaScryptが採用されていることです。

サイドチェーン

サイドチェーンとは、メインチェーンとは別に複数のチェーンを利用する仕組みのことです。

ビットコインやイーサリアムなど通常の仮想通貨は、基本的に1本のチェーンで成り立っています。

仮想通貨リスクの最大の特徴ともいえるサイドチェーンは、メインチェーンとは別に複数のチェーンを利用することでセキュリティをより強固なものにし、取引速度も格段に早くすることが可能です。

1本のみのチェーンでは、バク不正アクセスが発生した際に修復するのに大変な負荷がかかりますが、複数のチェーンが利用できればサイドチェーンに書き換えることで修復できますので高い柔軟性を持つことになります。

 

JavaScrypt

分散型アプリケーションプラットフォームというとその代表的な存在はイーサリアムです。

イーサリアムも優れたコインであることに疑いはありませんが、よく指摘される問題として開発言語にsolidityという独自の言語を利用しなければならず、イーサリアムを利用するにはsolidityを習得する必要があります。

これに対して、リスクでは開発環境に一般的なプログラミング言語であるjavaScryptのコードで開発されていますので、より多くのプログラマーが扱いやすいという非常に大きなメリットがあります。

仮想通貨リスクのマイニング

ゆいゆい

仮想通貨リスクって発行上限枚数がないと思うけれど、マイニングはどうなっているの?

さおりんさおりん

リスクでは、今後通貨量が増えても問題ないようにDposというマイニング承認システムが採用されているの!

仮想通貨リスクでは、マイニング承認方式にDpos(Delegated Proof of Stake)を採用しています。

Dposでは投票形式でマイナーを決定します。リスク(LSK)ホルダーはリスクのセキュリティを高めてくれる人にマイニングを任せるという投票形式でマイナーが決定されます。

これによりあらかじめ投票者を決めることができるので承認速度がとても迅速です。リスクのマイニング承認速度は10秒前後と言われており、PoW採用のビットコインなど比べると段違いの速さを実現しています。

なお、仮想通貨リスクではマイニングのことをForging、投票することをVotingと呼んでいます。

Voting

Votingとは投票することですが、初心者でも簡単にマイニング報酬が得られますので覚えておきましょう。

Votingでは、リスクでマイニングする人を投票形式で101人決定するというものです。投票した人がマイナー(Forgingする人)に選ばれると、その人が取引承認することで分け前として継続的な報酬を得ることが可能です。

2020年、仮想通貨リスクの価格はどうなる?

Lisk

ゆいゆい

リスクって名前の割には何となく良さそう!60円前後だし、買いたいって人も多いかもね?

さおりんさおりん

12月に少し気になるニュースも出ているようだけど、価格がどうなるのか気になるわね!

仮想通貨リスクの将来性

2019年12月に仮想通貨リスクに関して気になるニュースが出ています。

仮想通貨リスクは従業員52名のうち21人を解雇し、残りは32名になったいうのです。

ゆいゆい

それってヤバくない?

さおりんさおりん

約40%のレイオフのようね。でも終身雇用という概念のない欧米では日本とは事情が異なるので、額面通りには受け取らないほうが良いわよ。

12月13日にこのニュースが出てから、リスク(LSK)の価格は70円から50円近くまで4日連続下落しましたが、17日に底値となりそれ以降は回復しています。

2018年以降の仮想通貨相場大暴落により、多くのブロックチェーン企業は苦しい時期を迎えています。レイオフは日常茶飯事というところでしょうし、それより大切なのは開発状況が進んでいるのかどうかということですよね。

リスク(LSK)の日足チャート分析

チャート

リスク(LSK)の日足チャートです。

オレンジ色のラインは1年(365日)移動平均線です。他の仮想通貨同様に2018年6月後半に戻り高値を付けていますが、1年移動平均線が綺麗にレジスタンスラインとして機能しており、今後も強く意識されるラインとなります。

2019年12月17日に日本円で50円近くまで下落しますが、これは上記レイオフのニュースが出た12月13日から4日後となり(黄色い矢印部分)、ここで大底を打った可能性を示唆しています。

今後12月13日の50円の安値を下回らない限り、1年移動平均線の向きが下落から平行へと転じてきますので、そうなると価格は上昇しやすくなります。

仮に、1年移動平均線あたりまで上昇するとしても、価格的には今の2倍ということになりますし、1年移動平均線を上抜くようなことになると、大変な状況となります。(開発状況次第では可能性はゼロではないでしょう)

リスク(LSK)の週足チャート分析

チャート

リスク(LSK)の週足チャートです。

現在のトレンド趨勢を教えてくれるボリンジャーバンドで見ていました。

2019年6月に高値を付けてから急落し、ボリンジャーバンドのセンターラインを下抜け、さらにそのままマイナス1σラインまで下抜けており、その後は一度もマイナス1σラインを上抜くことなく現在に至ります。

ボリンジャーバンドのマイナス1ラインが強力なレジスタンスラインとして機能している状況です。

週足チャートからは、このレジスタンスラインとなっているマイナス1σラインを上抜くことが重要となりますが、未だセンターラインが下向きとなっており、よほどの急騰場面でもない限りはこのままレンジ相場へと向かいそうに見えます。

ただし、気になるのは下の青いラインの時間の部分で、6月高値から12月安値までの期間が26週となっており、一目均衡表の基本数値と合致しています。

実はこの26週という数字は、他の仮想通貨の相場にも同様の期間で多く出ており、6月からの仮想通貨下落相場が終了した可能性を示唆しているのです。

いずれにせよ、仮想通貨リスクの本格上昇のためには、開発状況の進捗が重要ですから今後も目が離せそうにありませんね。

 

仮想通貨リスクを取り扱うおすすめの取引所は

Lisk

チャート分析からは、価格が安値にある可能性を感じさせるリスク(LSK)ですが、国内取引所ではどこで購入することができるのでしょうか。

国内取引所でリスク(LSK)を購入するには販売所での購入となります。

スプレッドが気になるという場合には海外取引所を利用するという選択肢もありますが、頻繁に売買しない長期投資なら国内取引所のほうが断然便利です。

コインチェック

国内取引所でリスク(LSK)購入に最もおすすめの取引所は、昨年後半から本格的に動き出しているコインチェックです。

コインチェックはこんな人におすすめです

  • 仮想通貨取引がはじめてでも簡単に購入できる
  • 財務状況のしっかりした安心できる取引所を利用したい
  • スマホアプリを利用したい

マネックスグループ入りした新生コインチェックは、金融庁の登録事業者の認可も受け、以前の使いやすさNo.1取引所というメリットは残しつつ、有名金融グループの傘下となり安心・安全な取引所に生まれ変わっています。

海外取引所で購入する場合にも国内取引所から送金する必要がありますので、その場合にもコインチェックにアカウントがあるといいですね!

bitFlyer

国内では老舗といってもよく、取引量も多いbitFlyerでも販売所でリスク(LSK)を購入することができます。

bitFlyerはこんな人におすすめです

  • 取引量の多い取引所で安心して取引したい
  • 旧コインチェックの流出事件がいまだに頭から離れない

bitFlyerもコインチェック同様に初心者でも簡単に利用できる取引所に改善されてきました。コインチェックとともにアカウントを所有しておきたい取引所です。

Binance

仮想通貨は初めてだけどFXの経験がある方、あるいは、海外FXの経験者などでスプレッドの狭い取引所で取引したいという方にはBinanseがおすすめです。

海外FXとは異なり、仮想通貨で海外取引所を利用する場合には上記のように国内取引所経由となります。

 

仮想通貨リスクのまとめ

Lisk

仮想通貨リスクについてもまとめてみました。

時価総額76億円(2020年1月時点)とそれほど大きな金額のプロジェクトではありません。しかしながら、それでも時価総額ランキングでは38位に位置しており、その有望な将来性から開発状況の進捗自体では思いもかけないような展開が待ち受けているかもしれません。

新年早々から、金融市場は大波乱と言展開を見せていおり、ビットコイン(BTC)はすでに大きな上昇を見せています。このままの状況が続くようだと、アルトコインの多くにもその余波が流れてきそうですね!

 

✓最後まで読んでくれたあなたに♪
コインチェック

いつもコインガールズの記事を読んでくださり、ありがとうございます♪

私達は、皆様にもっと仮想通貨のことを知ってもらいたい!楽しんでもらいたい!稼いでもらいたい!と思っているので、これからもどうぞ、応援のほどよろしくお願いします!!

ところで皆様、もう取引所は登録していますか?取引所の登録は3分ほどで完了しますが、利用可能まで3日ほど待たないとダメなんです。

仮想通貨の最大の魅力は「突然やってくる高騰」です。「今まさに買い時!!」というときにすぐ買えるよう、準備しておくべきじゃないですか?

まずはアプリのダウンロード数国内No.1を誇る「コインチェック」に登録しちゃいましょう♪

コインチェックなら…

  • 登録料や年会費は無料
  • 通貨取り扱い数は国内最多
  • 取引手数料はもちろん無料
  • 手厚いユーザーサポート
  • コインガールズの豊富な記事でお悩み解決!

ということで、今激アツの取引所なんですよね!まずは公式サイトをチェックしてみてね♪

✓仮想通貨は1,000円から買えて、10倍~100倍になる可能性を秘めています!完全無料で始めて高騰するまで放置もOKなので、登録だけでもしておいて損はないですよ♪

【この記事を書いた女子会メンバー】

さおりん
いつも暴走するゆいに手を焼かされてるゆいの相方のさおりんです。大変だけどおかげで仮想通貨を早く始められたし良い友達です(๑•᎑•๑)今はけっこう真面目に仮想通貨に取り組んでます。
さおりんの他の記事を読む

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングも応援してね♡

関連記事

今読まれている記事はこちら

サイド「ランキング」 サイド「手数料」 サイド「キャンペーン」
編集長がおすすめする取引所3選
超大手マネックスの傘下で生まれ変わったコインチェックがサービスを再開!アプリのDL数は、2020年も国内No.1!
初心者も、2社目の上級者にもおすすめ!
取引所、販売所、レバレッジなどすべてのサービスでリップルなど主要5通貨対応なのはGMOコインだけ!
最短翌日で取引可能なので初心者はまずサクッと登録しておくべき。
取引するだけで稼げてしまう国内最安のマイナス手数料はすごい!モナコインを買うならビットバンクで決まり。レバレッジは非対応なので要注意。